来週月曜にダンナが会社の人の結婚式に出席するということで、
ご祝儀のためのお金を新券(ピン札)に両替しようと、先ほど銀行へ行って参りました。
ちなみに万券を五千円券へ両替するだけだったのですが・・。

前に仕事をしていた時は、月初になると本部から振込みがあるのでそれを引き出し、両替し、切手や文具品の購入など運営資金として当てていく・・というのはごく普通の仕事の流れとしてあったので、たいして困惑することもなく、以前の通りに両替票へ記入をして持っていったのですよ。

ただ、新券との両替というのは各銀行で記入法とか違うのかな〜と思って、窓口で直接
「あの〜、新券の両替の場合何か書かないといけないですか?」
と尋ねたところ、両替票をざっと見た窓口のお姉さんが、
「あ、申し訳ないんですけど・・・」
と言いかけたので、
(ん?もしかして、もう新券切れちゃったのかな?)
と不安になっていたら(両替件数が多いと、銀行に置いてある新券が足りなくなってしまい両替を断られることも多々ある。)

「今年の11月にお札が新しいものと切り替わるため、もうこちらには五千円札の新券は置いてないんですよ・・。」

マジですか!?( ̄□ ̄;)

万券の新券はあるが、五千円券の新券はないのだと云う。(そのへんの意味が分からん)
「他の銀行さんは分からないんですけど、ウチでは・・」
というお姉さんの申し訳なさそうな声に、
「あ、じゃ、じゃぁいいです、はい、スミマセン」
と、慌てて出て行こうとしたら、
「あ、良かったらこれお持ちください」
と言われ『新・日本のお札図鑑』というものを手渡されてしまいました・・(笑)
興味のある方はリンク先から日本銀行へどうぞ♪

しかし、次の新券発行までまだ1ヵ月半くらいあるやん。
それまでずーっと五千券への両替はできないってのかい?T銀行さん。
仕方がないので、明日郵便局にも行ってみるかねぇ・・。
そんな最近の両替事情なのでした。
都市銀行なら平気なのかも。
これだから地方銀行は・・ちっ(←失礼)

今夜はダンナがどうしても食いたいとダダをこねて買わされた『ベトナム風生春巻』と、肉野菜炒め。