TOPRSSSUK2
旅行計画
ダンナの会社では『一年のうちに必ず一度、有休や公休日とは別に連続した5日間の休暇を取らなければならない』という、ありがためいわ・・いやいや大変に社員思いの規則があります。
それを、我が家では来週取ることになっており、その行き先を決めたのがついこの前の日曜。
せっかくの長期休暇だというのに気合いの入っていない夫婦。

で、いざ気合いを入れて考えた結果、
10月3日→私の実家へ。(東京だからどこへでも出られる)
10月4日→東京ディズニーランド(またはシー)へ。(保険のおばちゃんに優待券をもらったので)
10月5日〜8日→金沢で3泊4日。(私の個人的趣味)
10月8日〜9日→飛騨高山で1泊2日。(9、10日が高山祭りらしいので)
という、私が体が弱いこと知っている人たちなら、
「あんた、そんな強行日程で大丈夫なの?」
と言われそうな濃密な計画になってしまいました・・・。

高山の方は、さすがに9、10日に今さら宿を取ろうと思っても本当にどこも一杯らしく、仕方がないので前日入りして当日見てそのまま帰ることに。

しかし、何でこういうことを計画すると男ってのは人任せなんでしょうね。
私:「・・で、ここのお店とか行ってみたいんだけど。」
夫:「ふんふん。」
私:「そっちは一泊目の会社の保養所の予約だけしといてよ。社員番号とか所属とか聞かれたら分からないし。」
夫:「え〜〜〜、オレ最近ホント仕事忙しいんだよ。やっといてよ。」

(仕事を口実にするとは)卑怯ナリ、キテレツ!!!

私:「なんでさ!それくらいやっといてくれてもいいでしょー!?他のホテルの予約やチケットや全部私がやるんだから。」
夫:「どうせ家にいるんだから、いいじゃん。」

(言葉の)暴力ナリ、ブタゴリラ!!!

あんたも一緒に旅行するんでしょうが!ちょっとは参加しろよ!
仕事がわりと余裕だったときに、何で参加してこなかったんだよ!
あれだけ「どうする?どこ行く?」って聞いたのに、「あ〜、どうしようねぇ〜」って言いながらバイオハザードばっかりやりおって!

・・・というわけで、私がすべて手配をしているわけです。
なんか書いてるうちにまた腹が立ってきたよ。
で、きっといざ金沢とか行ったら
「で?どこ行くの?」
とか言うんだ。自分はどこに行きたい・・とか全然調べないでさ。
私はあんたのツアコンじゃないんじゃ!!

旅行前から亀裂の入っている夫婦仲vv
さぁ、無事に旅を終えて帰ってこられるのでしょうか。

今夜はくりぃむしちゅー(元 海砂利水魚ではない)

警察に出頭だっ!(誤解を招くな)
あ、あれ??すくすくさんが大規模メンテに入る・・という表示を見たのですが、
いつの間にか終わってます・・?(28〜30日までってあったのに)
ううむ・・よく分からないけどまぁいいか。
すくすくさんは、意見や質問を送るとわりと早急に対応やお返事をしてくださるので、いつもとても助かっております♪
これからも宜しくお願い致しますm(__)m

まぁそれはさておき。
表題通り、警察へ行ってきました。
何をしに?・・・・ただの免許更新。
今は誕生日の前後1ヶ月までに免許更新の手続きをしに行かないと無効になってしまうわけです。
「アレ?しまちゃんの誕生日は8月3日だよね?そしたら、9月3日までじゃないの?」
という、免許証不所持のアナタ!(誰に言ってるのだ)

「手続き」は当然9月3日までに行かないと免許無効になります。
んでも、初回者ということで『初回者講習』なるものを受けないと新しい免許証はもらえないんですね。
まぁ地域にある免許センターに行けば手続きも講習も一日で終わるんですが、何しろウチの方では免許センターがえらい遠い!!
そんな所まで行ってられっか!!
という人は、近くの警察署でとりあえす更新の手続きだけはできます。その手続きをしておけば、私の場合9月30日まで免許証は有効なのです。

でも、その『講習』だけはそれを開催してくれている自動車学校へ行って受けてこないといけない。
でないと新しい免許証がもらえない。
しかし、『初回者講習』というのは参加人数が少ないらしくどこも月1回程度しかやってくれない。(ウチの方はね)
『違反者講習』は頻繁にやっており、前までは初回者も違反者も一緒くたにやっていたようですが、ウチの方では最近これを分けるようになったらしいです。(全国的にそうなんかな?)
バス&徒歩で30分くらいの自動車学校で次やるのは9月7日・・ということで、それは受け終えてたんですが肝心の新しい免許証を一体いつ取りに行けばいいのか?
警察署の受付のおばちゃんは
「2〜3週間くらいで新しい免許証ができますので講習を受け終えたら取りに来てください」
とは言っていたが、勝手に行っていいのか?何か通知が来るのか?
・・と思って待ってたんですがそんな気配がまったくないので、そろそろリミット!とばかりに行ってきたわけです。

チャリでえっちらおっちら30分ほどかけて着いて受付へ。
「ハンコ持ってきてます?」
そんなこと手続きの時一言も言わなかったじゃねぇか!!
確かに、受付のボードには
『新免許証の受け取りには旧免許証とハンコが必要です』
って書いてあるけどっ!
でも、言ってくれなきゃ分かんないよう(>_とはいえ、初回者だから大目に見てくれたのか、それともそういうハンコ忘れの輩が多いことに慣れているのか、淡々と
「じゃ、ここにフルネームでサインしてください。」
とだけ言われて終了。
30分かけて来ても、受け取りは5分足らず。

しかし、これで学びました。
警察署の受付のおばちゃんはとても暇そうだ。
だったら、もう少し愛想よくしてもバチは当たらんと思うのだが・・。

それにしても免許証の写真・・死人のように顔色が白い。
何故か?日焼け止めのせいです。
そして、寝起きのようなボーっとした顔。
自分の写真なんて大きらいだあぁ〜〜!!

今夜はダンナ体調不良のため、鶏雑炊。


MP3プレーヤー
最近のiPodブームに触発され、買ってしまいましたMP3プレーヤー!
もともと欲しいとは思ってはいたのですが、誕生日プレゼントとして決めてからこの2〜3ヵ月さんざん悩み、商品・値段の比較やネット上での評判などあらゆる手段を駆使しましたが…結局コレになりました♪

ええ・・画像が見辛いですかね?
まぁ詳しく見たい方は「Nextway」のHPで「D Cube collo」というのをご覧いただければ良いかと。
なんというか、「たまごっち」?と思わせる形が大変かわいいですv
もっといいやつはいろいろあると思うのですが、とりあえずMP3プレーヤーというものは初めて買ったので(それまではPC内で聴くだけだった)、スペック重視よりも外見的にかわいいかそうでないかで選んでみました(笑)
ファイルを外へ持ち出せるのがいいですネ〜♪
けっこうMP3ファイルがたまっていたので、「外でも聴きたいなぁ」と思っていたのですよ。

ねこのこちゃんに新宿ヨドバシへ付き合ってもらい、実物を見たとき思ってた以上にかわいかったので、その後もけっこう悩んだのですが決めました。まぁ、
「一つ買えばそのうち自分にどんな機能が欲しいかわかってくるよ」
という弟の意見もあったんですけどね。
あまりこれといった機能はないようですが、それでもいいんです!
とりあえずは満足しとります。

ホントはエンコーディング機能内蔵のがちょっと欲しかったけどね(←本当に満足しとるのか・・)

今夜はアジの開きと肉じゃが!

【es】〜エス〜
昨日、テレビ東京でこんな映画がやってました。
実は前々から名前は知っており、是非一度観たいと思っていたので
興味津々で観ていたわけです。

あらすじ:
ある大学の心理学部で、ある実験が試みられた。被験者は新聞広告によって集められた24名。彼らは、無作為に「看守役」と「囚人役」に分けられ、監視カメラ付きの模擬刑務所に収容された。二週間、いくつかのルールに従いながら自分の役を演じること、それが彼等に与えられた仕事だった。
ただの一般人たちが「役」を演じるだけだったはずのこの実験。
やがて看守役は役以上に看守になりきり、独自のルールのもと凶暴化し始め、囚人役は囚人らしく卑屈になっていく。
そしてこの実験の結果は・・・。

1971年、実際にスタンフォード大学心理学部で行われた実験だが、わずか7日目で実験は中止。現在、この実験は禁止されている…。

というような内容です。(参考サイトはこちら

なんというか・・人って「役」や「立場」が与えられただけで、こんなに変わるものなんでしょうか?
グループができると、そこからリーダー的な人間が出てくるのはわりと普通のことかもしれません。しかし、そのたった一人が下す命令でグループ全体が動いて、やがて狂気に走っていくというのは何故なんでしょう?
現在のいじめや集団での犯罪など、当てはまるかもしれないことはたくさんあります。戦争だって同じことではないでしょうか。

「誰も止められなかったのか?」というのと、「誰も止めようとしなかったのか?」では意味が全然違います。
良心の残っていた看守役もいました。
でも、築き上げられてしまったそのグループの中で一人良心を残していても、何にも変わらなかった。
それどころか、「裏切り者」としての罰を与えられてしまう。
圧倒的な存在(それが正しいかそうでないかは関係なく)を示す看守役のリーダーに対し、初めは「それはよくない」「そんなことをしてはいけない」と言っていた人々も結局リーダーに屈服してしまいます。そう、せざるをえない状況になっていくのです。
いや、もしかしたら段々と「痛めつける」ということに快感を覚えていくのかもしれませんが・・。

「集団」の中にいると人は変わっていく。
それは多分、普通に生活をしているはずの私たちにしても例外ではないでしょう。強い者の下で自分を保つにはその命令に従うのが一番簡単なのですから。
それが「強い側」の集団だったらなおさらですよね。
私は「弱い側」にいたことがあります。
集団ではなく、たった一人ぼっちでしたけど。
だけど、あきらめちゃいけない、戦うことを忘れちゃいけない、と思えているうちは私は「強い人間」でいられます。「自分」を保っていられます。
何の取り得もないけど、「自分」をあきらめずに今までやってこれたことが私の一番の誇りでもあるのです。

「アイヒマン実験」という服従心理について行われた実験があるそうです。ちょっと口では説明しにくいのですが、実験の内容についてはこちらのサイト様の、第42編220章を参考に。
アドルフ・アイヒマンという人物についてはこちらのページを参考にさせていただきました。

こういう精神的にくる映画は、言いたいことや考えがいくつも浮かんでくるのに、なんだかとても言葉にはし辛いですね(^^;
拙い感想で申し訳ない。

とりあえず今夜は、秋刀魚(一匹100円だった♪)と豚汁です。

ペットショップの休日
昨日の続き。

結婚式が終わったダンナと合流し、3人でペットショップへ。
にゃあぁ〜〜かわえぇのうう〜〜♪
と、子犬子猫コーナーで動かないワタシ。

その中に最近大人気の茶色いトイ・プードルの子犬がいたんですが、
これがまた女の子(60万もしてた・・)なのにえらい元気がいいというか、
周りの子犬たちを押しのけて係のお姉さんに向かっていくという、何とも自己中なお嬢さんでして(笑)
それを見てダンナが、

夫:「あいつはジャイアンだな。」
私:「でも女の子だよ。」
夫:「じゃぁ、ジャイ子だ!」

というわけで、勝手に命名して友人も含め3人で「ジャイ子ジャイ子」と、わいわい騒いでいた。
あと、けっこうトロいミニチュアダックスを「のび太、のび太」と言ってみたり・・プチ☆ドラえもんワールド。
しかし、トイプーって黒と茶とで全然値段が違うんですね。
黒は30万くらいだったんかな?
確かにかわいいけどさぁ・・あんな毛むくじゃらに60万・・。

その後、カメやらヘビやら魚やらも見て回りました。
「ニモはおらんのか、ニモは。」
と言いながら熱帯魚コーナーを探していると、友人が発見し、
友人:「あ、ファインディング・ニモ」
私 :「え?ファイティング・ニモ?」
夫 :「ん?フィッシィング・ニモ?」

どれも違います。(友人を除く)

そんなバカ夫婦。

あと、リスとかも売ってて、カゴの中をぐるぐるぐるぐる・・延々と回ってたな。モモンガとかも売ってた。
でも、「動物のお医者さん」(マンガ)では、モモンガはペットに適さないとあったのだが。実際はどうなんでしょうね??
ちっちゃくうずくまって寝ていたので、かわいかったけど♪

夫婦どちらも実家で犬を飼っているので犬好きなのですが、
今の家ではペットは飼えず。
ダンナは「猫でもいい!」と言うが、どっちにしてもダメだろう。
いずれ引っ越すんだろうが、それまで何も飼えないのはちと寂しいなぁと思い、実家の犬に会いたくなってしまったのでした。

ガシャポンの休日
ダンナの実家が大宮近くなので、ダンナが同期の結婚式に行ってる間、
埼玉県民の友人と大宮で遊んできました。
と言っても、あまり遊び方を知らない我々。
LOFTを下から順に巡り、ガシャポンコーナーでやたら散財しました。
あ、でも最近のガシャポンってすごいんですよ〜v(≧∇≦)v

友人がGETしたのが『学研 科学と学習ミニコレクション』
(すみません、うまいリンク先がないので興味のある方は
私が時々徘徊しに行く「ガチャコロドウ」さんとかで
検索してみてくださいm(__)m)
の「水車小屋1/80モデル」と「アリの巣観察セット」(笑)
でも、水車小屋のはけっこうよくできていて、水車を回すと
脱穀する(?)様子がちゃんと再現されててインテリアにもピッタリ!(ホントか)

私は『ぼくの小学校〜4時間目〜』
これがまたいいんですよ〜!
私はどうしても「算数編」が欲しかった・・。
数え棒とか計算カードとか懐かしくないですか?
しかし私がGETしたのは「理科室編」と「給食編」と「運動場編」。
まぁ、給食編もあのパンの箱とかえらい懐かしいですがね。

で、何故か友人の「アリの巣観察セット」と私の「運動場編」を交換。

あと、『ちびギャラリー』のガシャポンがあったので、それを少々・・。
これはゲーセンで見かけて「かわいいなぁ」と思っていたので、
いつかGETしてやろうと思っていたのでした。

この後ブックオフに行ったりソフマップへ行ったり、
あまり女性がふらつかなそうな所をふらついておりました(笑)
明日へ続く・・

今夜は鶏肉と野菜の酢醤油煮とじゃがいも(ダンナの実家から大量にもらった)のきんぴら。

嫁姑問題??
帰ってきました。ようやく。

やっぱり、ダンナの実家というのはこう・・いろんな意味で気を遣うよね。まぁ世の嫁さん方に比べればリラックスしてる方かもしれませんが。
向こうも気を遣っているのが分かるんだけど(何で自分の家で気を遣わなきゃならないんだ、と思われてたりして)、こっちもなんだか居心地悪いったら(笑)
いや、基本的にいい人たちですよ。ご両親とも。
でも義母上とか・・時々こっちがオロオロしてしまうようなことをすら〜っと言ったりするからなぁ。(多分、悪気はない)

例えば。

ダンナは毎週日曜は必ず食材の買い物に付き合ってくれるんだが、
買い物にいちいち口出すのでわりとうるさいですよ・・って話をしたら、

義母:「あらそうなの?ウチにいた時は全然そんなのに興味も示さなかっ
たのに。結婚した途端そんな変わっちゃって・・」
義父:「まぁでも一緒に買い物行くとそうなるよなぁ?」
義母:「でも、今まで一度もそんなことしなかったのに。」
私:「あ・・でもウチも兄や弟はそういう時は全然興味示さなかったですし・・(汗)」
夫「ってか、アレだよ。自分の稼いだ金を遣うから口出すだけだよ。」
義母「ふーん・・・(何となく不満げ)」

普段わりと天然な雰囲気の義母上だが、自分の意見(言いたいこと?)はしっかり言うというか、さすが私と同じ8月生まれしし座のO型だわ・・と思わせるような気の強い面を表す。

まぁ実母(この人も8月生まれしし座のO型だ)が気の強いヒトだから、ちょっとやそっとの気の強いお方は男女問わず負けないつもりですけども。(実際、仕事してるときはどこかのオヤジと電話で大口論した・笑)
でも、ダンナの母上となるとねぇ・・。
まぁこれもお付き合い。
所詮他人ですから(←オイオイ)

やはり嫁姑というのは、難しいものかもしれませんな。

突然ですが…
私のあだ名(?)が「しまりす」になった理由って何でだったんだっけ?>友人
「ぼのぼの」のしまりすくんが元だというのは百も承知なんだが…f^_^;

幼き日々・・
最近、朝晩めっきり涼しくなってきました。Tシャツ一枚と膝丈パンツで寝ると朝方少し寒いくらい。
ああ、またイヤな冬がやってくるのね(泣)

夏生まれだから・・というワケではないんだろうけど、冬は苦手です。冷え性だからとにかく手足が冷えること冷えること。寝る前は布団の中にアンカを入れてじっくり温めておかないとホント眠れない。
温度差と感想肌のせいですぐに皮膚が赤くなり、痒くてたまらなくなる。
ダンナの車がエアコンをつけるとすぐ調子悪くなるので、夏も冬も車内のエアコンはほとんどつけられることがなく、寒い(または暑い)思いをしなければならない。
洗濯物はなかなか乾かない。
朝6時半くらいに起きても朝日が昇っていないので真っ暗だ。
雪が降る→地面が凍る→転ぶ→外出したくなくなる、の連鎖が発生するので引きこもり状態になる。
などなど・・

とにかく冬は苦手だ。
だからこそ、今くらいの気象というのはとても気持ちヨイ。
今日は近くのダイソーへ買い物へ行くついでに河原に目をやっていたら、トンボが飛んでいた。

本当に小さい頃は兄弟・親戚が男ばっかりだったせいか虫捕りとか探検ごっことか男の子の遊びばっかりしてたから、未だに虫とかザリガニとか触るのは全然平気ですね。
でも何故か魚はダメ。あのぬるるっとした感触が・・。
昔はカエルになったばかりのチビガエルを素手で何匹も捕まえたもんなんだけどなぁ〜。
で、兄弟と従弟たちでバケツにわんさか入れて、水(多分かなりの量)も入れて、フタをして一晩経って見てみたら一匹残らず全滅していたという・・(^^;
きっと脱出を試みてはフタに邪魔され、あえなく底の深い水へ落ちていったんだろうなぁ・・まだちっちゃいのにメシも食えずなぁ・・そりゃぁ死んじゃうわなぁ・・。
でも、その後きちんと家の周りの土を掘り返して、全部どわ〜っと埋めて供養してやりました。

ん・・こんなことを書くつもりではなかったのだが・・。
偶然にも昨夜、土を掘り返してたら冬眠中のカエルが出てきた、という
夢を見たのでなんとなく思い出してしまったのでした。

今夜はひき肉とナス・キャベツのピリ辛炒めとのりもやし(もやしをさっと炒めてちぎったのりを乗せてポン酢で食べる。うまいよ♪)

追伸:明日からダンナの実家へ行ってきます。火曜過ぎまで帰ってこないから更新できない・・かも。携帯からできたらやりまふ。

携帯より
再チャレンジ!画像出るかな?

最近の両替事情
来週月曜にダンナが会社の人の結婚式に出席するということで、
ご祝儀のためのお金を新券(ピン札)に両替しようと、先ほど銀行へ行って参りました。
ちなみに万券を五千円券へ両替するだけだったのですが・・。

前に仕事をしていた時は、月初になると本部から振込みがあるのでそれを引き出し、両替し、切手や文具品の購入など運営資金として当てていく・・というのはごく普通の仕事の流れとしてあったので、たいして困惑することもなく、以前の通りに両替票へ記入をして持っていったのですよ。

ただ、新券との両替というのは各銀行で記入法とか違うのかな〜と思って、窓口で直接
「あの〜、新券の両替の場合何か書かないといけないですか?」
と尋ねたところ、両替票をざっと見た窓口のお姉さんが、
「あ、申し訳ないんですけど・・・」
と言いかけたので、
(ん?もしかして、もう新券切れちゃったのかな?)
と不安になっていたら(両替件数が多いと、銀行に置いてある新券が足りなくなってしまい両替を断られることも多々ある。)

「今年の11月にお札が新しいものと切り替わるため、もうこちらには五千円札の新券は置いてないんですよ・・。」

マジですか!?( ̄□ ̄;)

万券の新券はあるが、五千円券の新券はないのだと云う。(そのへんの意味が分からん)
「他の銀行さんは分からないんですけど、ウチでは・・」
というお姉さんの申し訳なさそうな声に、
「あ、じゃ、じゃぁいいです、はい、スミマセン」
と、慌てて出て行こうとしたら、
「あ、良かったらこれお持ちください」
と言われ『新・日本のお札図鑑』というものを手渡されてしまいました・・(笑)
興味のある方はリンク先から日本銀行へどうぞ♪

しかし、次の新券発行までまだ1ヵ月半くらいあるやん。
それまでずーっと五千券への両替はできないってのかい?T銀行さん。
仕方がないので、明日郵便局にも行ってみるかねぇ・・。
そんな最近の両替事情なのでした。
都市銀行なら平気なのかも。
これだから地方銀行は・・ちっ(←失礼)

今夜はダンナがどうしても食いたいとダダをこねて買わされた『ベトナム風生春巻』と、肉野菜炒め。

『誰も知らない』
先週末実家へ帰ったついでに、『誰も知らない』を観てきました。映画の掲示板等で評価が極端に分かれていたし、カンヌで賞を取ったので興味もありどんなものかと・・。

通常私たちは映画を観るとき、ストーリー構成やカメラワーク、演出、効果、演技力など様々な項目を頭の中で無意識に評価しているものだと思います。だからこそ、映画を観終わった後で「あのシーンが良かった」「あの人の演技がカッコ良かった」といった感想が生まれてくるのでしょう。
しかし、正直言ってこの映画を観た後そういったものは私の中に一切浮かんできませんでした。
代わりに心の中に残ったのは、どこまでも重く・・切ない「何か」。

淡々と進んでいくストーリーは、ただ子供たちが生きていこうとする日常を繋いでいくだけです。これを「どこかおもしろいのか分からない」「見る価値などない」と評する人たちの感覚も、あながち間違いではないかもしれません。
私は昔から本を読んだりするとき「行間を読む」ということが好きであり、また大事なことであると教えられてきました。「文章」という形では浮き彫りにされないモノを行間から自由に見つけ出し、感じ取り、考えていく。それは楽しい作業でもありました。

今回のこの映画は、まさにその作業そのものではないかと思うのです。目に見えている「映像」だけを追っていれば、それは何の変哲もない「親に置き去りにされた子供たちの日常」でしかない。若干、中だるみ感があるのも否めない。
でも、そこから何か見つけ出せるものがたくさんあると思うわけです。だからといって、私の中で「いい映画」「素晴らしい映画」というような感動や慟哭があるわけではありません。ただ・・言葉にできないけれど確実に身体の奥の方で「何か」がどすん、と居座ってしまった感じなのです。

短いながらも教育関係に携わってきた私としては、子供たちが笑って、遊んで、ケンカして、怒って、泣いて・・という当たり前にできるはずのものを抑え込まなければいけないことがどれほど辛いことか、少しだけ知っているつもりです。

ただ、誰かに甘えたいだけなんです。
ただ、幸せになりたいだけなんです。
ただ、安心できる場所が欲しいんです。

親の責任だとか、こんな事件を起こさせてしまう社会の現状だとか、そんな難しいことは私が小さく考えたところで何も分かりません。
だけど、私の名前を呼んでくれた弾むような声とか、挨拶のたびに笑いかけてくれる明るい笑顔だとか、悲しいときに泣きついてきた子の涙とか、そんなたくさんのシーンを私は宝物のように大事に記憶に残しているのに、そんな当たり前の子供らしい「権利」すら表に出せない子供たちが私の思っている以上にたくさんいるのだろうということが、たまらなく悔しいのです。

偽善者ぶるつもりは到底ないのだけど、一人でもこんな子供たちが減ってくれれば、と。幸せになってくれれば、と。
祈らずにはいられなかったのでした。


或る日の我が家
ふと、何かのきっかけでこんな会話になりました。

私:「私って何に似てると思う?」
夫:「え?似てるもの?う〜ん・・・(考えてる)・・・タンス?(しかも疑問形)」
私:「‥何故。」
夫:「‥直感。」

意味も根拠もなく直感でソレかい。

私:「いや、せめて生き物にしてほしいんだけど。」
夫:「えー生き物?う〜ん・・・・・じゃぁ、キキトン。」
私:「どのへんが似てるの?」
夫:「えっ・・・・・(考えてる)・・・・・バナナ持ってるとこ。」

・・・持ってねぇよ。(しかも微妙に生き物ではない)

夫:「難しいよ〜。じゃぁオレは?何に似てるの?」
私:「カンヌで賞取った柳楽優弥くん。」
夫:「ホント?あの子けっこうカッコよくなりそうじゃん♪
   ねぇねぇ、どのへんが似てる?(←嬉しそう)」
私:「目つきの悪いとこ。(即答)」
夫:「・・・・・そこだけ?」

そう。そこだけ。

そんな低レベルな争いが日夜繰り広げられている我が家の一幕。

今夜はグラタン♪(ただし、ホワイトソースは素を使う)

父へ
週末、実家へ帰ってきました。
相変わらずみんな好き勝手に生きているらしく、それはそれで変わらぬ実家の風景として楽しいですけどね。

そんな中、夜遅く父が仕事から帰宅し一人寂しく夕飯を食べていたので話のお相手をすることに。
もともとマスオさん(=母方の祖父母と同居)な父。
気疲れもするし、愚痴も溜まるんでしょう。
気の強い母に愚痴や文句が言えるはずもなく(笑)
息子たちはそんなことには無関心・・とくれば、必然的に話し相手は昔から一人娘の私の役だったワケです。

先月私の誕生日があり、21日くらいに実家へ帰るとかいう話を母から聞き、心待ちにしていたらしい父。
ダンナの仕事の都合により行けなかったのがとても残念だったらしく、
「天ぷら(私の大好物だ)奢ってあげようと思って、お金下ろして待ってたのに・・仕事も入れてなかったのに・・。」
とスネられてしまいました(^^;

何やら仕事のスケジュールを見せて(見せられて)もらうと、今年いっぱい土日も平日もほぼ休みなく仕事が入っているらしく、普通の会社員だったら労基法で訴えられそうな詰め込みっぷりで、さすがに心配になりましたよ。

おまけに最近、記憶がなくなるまで飲んでどこかで転んだらしく、気づいたら背広に穴は開くわ、前歯は欠けるわ、腕は血だらけだわ、商売道具の(ピアノの先生だからね)手も腫れ上がるわ・・という事件を起こしたらしい。母は呆れ返っていた模様。

でもね、ホントもういい年なんだから記憶がなくなるまで飲むとかは止めて欲しいし、できれば適度に休みも取って欲しいのですよ。
だって、心配だもの。
大好きな父なんだから、長生きして欲しいし元気でいて欲しい。
世の中のお父さん方みんなに言えること。
お父さんどうもありがとう♪
あまり無理しないで頑張ってね。


ありゃりゃ
ん〜携帯から添付した写真が出ませんねぇ。
仕方がないので、PCから♪(結局やるのか)

ちゃんと表示されるんやろか・・?

ってか、できないっぽい。
どうやるんだ〜!?

そういえば知る人ぞ知るゲーム、「マイネリーベ」。
コナミスタイルのメルマガの紹介文がまたどうしようもない。
『伝説の美少年誘惑シミュレーションがついにPS2に登場!』
美少年誘惑シミュレーションって・・・Σ( ̄ロ ̄lll) 
誘惑されんのか?それともこっちがするのか?

・・・されるんだろうなぁ・・・(笑)

だって美少年だもの。
興味はそそられつつも、きっと買わない♪
どこまでもダメ人間になる気がするから(←もう遅いけどネ☆)

携帯より
携帯からの投稿が可能というわけで、試しに…。ちなみにダンナにはコレをやってるのは内緒なので土日の更新はスキあらば!って感じになりそうですf^_^;さちから「今日のメニュー」のリクエストがあったので、できればやります(笑)今日は夜実家へ帰るのでありませ〜ん♪お別れは最近のジニーの写真で!

おっちょこちょい
一度ここに登録をしておいて「登録名間違えた!!」と、
再び登録し直すあたり、すでにつまづき気味だ・・。

いやいや、ドンマイ自分!と無意味に己を
励ましつつ、まだごく少数の友人にしかURLを知らせていなかった
ことに心のそこからホッとしたり。

あれだよね、やっぱ人間間違いって付き物だし。
「しまちゃんてばそういうおっちょこちょいなトコがかわいいよね☆」
とか、言ってくれれば万事OK!
・・ってか、むしろ言ってくれ>友人

さ、前の登録はしばらくしたら消そう。

2004 - September
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
Profile
名前しまりす
血液型O型
星座獅子座
現在、医療事務勉強中。
知識欲が空回りする今日この頃。
カテゴリー
日記(29)
コイバナ(1)
愚痴(4)
ゲーム(1)
映画・DVD感想(2)
旅日記(8)
最新記事
  • 本当に腹立たしいダンナの話。
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団・上巻
  • 新聞勧誘
  • 音楽熱
  • ダンナ実家帰省にて
  • 過去記事
  • 2004年11月
  • 2004年10月
  • 2004年09月
  • リンク
  • 新古今しまりす集
  • midi