せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2009年09月12日  今月の「どっちが勝ち」
 将棋世界の10月号P.98をご覧下さい。

 後手勝ちとみえて、先手勝ちの手順がある、というつくりなのかと思うのですが、私の腕ではその手順の発見が難しい。

・先手玉は桂馬を渡せない。角も渡せない。持ち駒が歩だけになるのもダメ。
・普通に▲5二角△7一玉▲2五角成は△6四歩と桂馬を外されてだめ。この筋に角を打つのは同様にダメ。

。。。。。先手投了。。。。(所要時間10分。もっと考えれば、ましな思案がでるのだろうか。今日は昼前から外出なので、往復の電車で考えてみます)

 

AM 10:41:49 | Comment(7) | [将棋]

2009年09月12日  日航、デルタと資本提携
 記事が色々と出ていますね。とりあえず一つリンクしておきます。こちら。

 日航のウォッチャーという人種は密かに棲息していて、飲み会などで同類を発見するととても喜んだりします。私も実はこの人種でして、この記事を興味深く読みました。

 包括的な文章を書く気はないのですが、
・赤字会社なのに株主優待券を発行している(試算だと140億円/年くらいになるようですが)
・これまでのシートの高級化による客単価増の狙いはおかしかった、と自省していない。
・広告費が多すぎる。
・年金債務でオフバランスになっている分が巨額すぎる。
と色々不思議なところがありました。こういう足元を見つめなおすことから経営改革というのは始めるのが常道ではないでしょうか。

 路線の廃止等には既に着手していますが、販管費が3100億円超の会社が、売上の激減に対処しようとすれば、外からの注入だけではかなり不足感があります。。


AM 09:33:50 | Comment(427) | [経済]

2009年09月12日  森内、挑戦
 挑戦者が一巡して、前竜王と現竜王の七番勝負になりました。想像ですが、森内九段は前の七番勝負でのパフォーマンスに満足してないのではないかと思うので、気合もひとしおではないでしょうか。でもプロだから、案外、過去のことは気にしないものかもしれませんね。

 この挑戦者決定戦第3局の将棋は同形角換わりから深浦王位の新手。一手損だとそもそも7四を防ぐために6三に金や角を打つ必要はないのですから、一手損角換わりよりも同形の後手の方が損が大きいのではないか、と自分では思っていて、同形の後手をやったことはありません。ネット将棋や職団戦でも一手損はされたことはありますが、同形は皆無で、アマの同形角換わり腰掛銀への評価はネガティブなのではないでしょうか。。

 この将棋、個別の手の論評は全く手に余るのですが、2図時点で、
・7四金の遊び駒化が確定
・4五銀が中途半端
・壁銀が気になるけれど飛車の横利きもあり、先手玉は暫く安泰
だがら、後手が辛そう、と思っていました。それにしても2図での▲6二角成は雰囲気のよい手でした。(私が馬を愛好するからかもしれないけれど)

 この形の将棋は後手が右金を使いきるような方策を立てないと辛いのではないでしょうか。佐藤新手以降しばらくはこの金がいまいちでも後手が戦えていた時期はありましたし、今の堀口新手(2六飛)以降も後手が悪くはないのですが、今日のような将棋をみてみるとアマは後手をもって戦うのは相当に大変と思います。

 竜王戦はこれで佐藤、佐藤、羽生、森内と濃い挑戦者が続いていますが、今回も4−3かな、という予想です。

AM 08:49:44 | Comment(17) | [将棋(角換わり)]

2009年09月12日  このブログの立ち方について
 いきなりコメント数が増えていて驚きました。

 この日記の目的は「自分なりのへぼな読み筋を晒して、他の方々からの知見をいただきたい」ということにあります。時々はプロの方々もいらっしゃいますし、たびびとさんのご意見も勉強になります。もとより、24でR点が2400程度ですので(最近、ちょっとだけ増えてうれしい)プロの読みとはもう全然別レベルです。そういうこともあり、roiさんが私の意見に批判的なコメントをされてもよいと思います。

 「へぼな読み筋」は将棋に限らず、経済とか歴史とか他の事象にも及んでおります。将棋の以外にも重心を置いているところがありますが、「自分はこう考えるので、自分の意見として表明してしまうが、他の人が別の意見や情報をいっていただけるならうれしいなぁ」というスタンスです。あんまり分野を広げると、何のブログか分からなくなるので、将棋中心にしていますが、本当は企業経営とかも書いてみたい気持ちはあります。。。

 戻りますが、自分の将棋観というかむしろ相場観の方が適切な用語かもしれませんが、そういうものは確固としてあり、

1.大駒の活性化を意図したい(だから王座戦第1局みたいなのは悲しい)
2.玉の安全性を重視したい。堅さは正義。
3.持ち歩の数を重視する。
4.軽い攻めには憧れるが、自分がやると失敗する。駒は連携して攻めなり守りなりをしたい。(だから最近の角交換系の将棋にはついていきにくい)
5.攻めてもらう方が攻めるより楽。だから藤井システムにされるのは歓迎。
6.居飛車穴熊が粉砕されると落ち込む。
7.居飛車の銀冠は豆腐。振飛車の銀冠は遠い。

 最近の高段の将棋は、セオリーを乗り越えた向こう側にあり、私の相場観が通用しないところが多いのですが、それを確認する作業としてもこのエントリーで意見を書いておくのは意味があるんではないかなぁ、と思っています。

 書き方で不快に思われる方がおられるかもしれませんが、王座戦に限っていえば、13連勝中の棋界最強者が先勝すれば、「まぁ3連勝なのかな」と感じてしまうのが相場ということではないでしょうか。山崎七段は好青年で、以前お話をさせていただいたときも好感を抱いていますので、2局目以降は頑張ってほしいですね。

 今後ともよろしくお願いします。

  

AM 08:21:29 | Comment(441) | [日記]

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp