せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2009年07月14日  王位戦、木村先勝
 第1局。昨日の封じ手段階では後手指しよいかと思った将棋は千日手に。千日手にするつもりなら、昨日の段階ですればよいのでは?と一瞬不可解でしたが、木村八段は打開か千日手かを深浦王位に考えさせることで消耗を図ったのかもしれませんね。指し直し局は木村先手だから、昨晩の間に色々と仕込みをできます。

 で、指し直し局。1図は△3五歩と打ったところ。ここまでは、飛車、桂馬の比較で後手が勝り、角の打ち込みを先に果たし、で後手がかなりよいと私は見立てていました。この手も最初は「なるほど、銀を2四に呼び込んでしまえば、先手の桂馬は一生働かないという計算か・・・」と感心したのですが、どうも違いました。本譜のように▲7四歩〜▲5一角を喰らって、先手玉頭に厚みを築かれた上に、2四銀とわざわざ銀を取りにいって後手を引いてしまうのでは、一体何をしているのか訳が分かりません。それにしてもなぜ、△3五銀と上に銀は上がっていったのでしょうか? この辺、指し手の意思を推測することは私の腕では不可能です。。

 1図では△7七歩成から攻めていって悪くなかったのではないかと思うのですが。。。

 木村二冠まであと4勝ですか。あながちないとはいえないかもしれません。


PM 08:57:51 | Comment(164) | [将棋(矢倉)]

2009年07月14日  今頃ですが竜王戦片上―森下戦
 今日は王位戦やら竜王戦やら順位戦やら実況過多。ちょっと前までは実況日照りだったことを思えば、隔世の感があるといえば言い過ぎかもしれませんが、将棋連盟さんは負荷平準化をもう少し意図してほしいと思います。

 さて、先週行なわれた竜王戦本戦の片上―森下戦について、今更ですが、感想はまとめておきます。

 相矢倉でしたが、午後の段階では森下九段の指し手がいかにもこなれていなくて、6三歩の屈服を余儀なくされるなど作戦負けの気配が濃厚。かつてこの戦形で一時代を築いたのに勘が悪くなっているのでしょうか。(でも王座戦もいいところまでいったし、活躍ぶりは相変わらずですが。。)

 夕食休憩前の片上六段の▲5五銀の進出にはびっくり。蟄居状態の8四銀が7五に出られるのであれば、後手の森下九段としても夢見心地だったのではないでしょうか。で、1図。ここで森下九段は飛車を見切り、△9八歩を決行。これでは折角の端攻めも5筋方面に手がかりがないので「追う攻め」にしかならない。ここは△9三飛といったんはためておいて△9八歩や△6九銀と先手からもらえる駒とのミックス攻撃を考えたいところではないのでしょうか。

 後手玉も相当に堅いので戦いは続きましたが、本譜の後手の攻めは効率が悪く、勝ちにくい将棋でしたね。。。


PM 07:32:17 | Comment(286) | [将棋(矢倉)]

2009年07月14日  肉の吉野屋(等々力)
 高級店で食べているばかりではないので、家の近所で私の支持の高いお店をご紹介。大井町線等々力駅下車、等々力渓谷と反対側の角にあります。ここをご覧下さい。

 ここは肉よりも揚げ物を買う人が多い。だいたい午後7時過ぎには完売してしまう。私は機会に恵まれれば、ここでメンチカツ、コロッケ、カニクリームコロッケ、アジフライのいずれかを購入し、食べながら家路につくことにしている。行儀が悪いのは承知だが、それだけおいしいんです。

 メンチカツは衣にヤマイモを刷り込んでいるのかな?さくっとしている一方、お肉の甘みが感じられて特に我が家では人気です。夏、等々力渓谷に涼を求めてこられる人は買い求められてはいかがでしょうか。

PM 07:22:44 | Comment(439) | [食べ物]

2009年07月14日  王位戦第1局
 この組み合わせへのファンの関心度はどのくらいなのか、ちょっと分かりかねるのですが、私は注目しています。羽生、佐藤、森内、渡辺の絡まないタイトル戦はいつ以来でしょうか?

 将棋は先手深浦王位がゴキゲン中飛車から金を進出させる数年前に流行った形を採用したのですが、封じ手まで進んでみると、どうも後手が良さそうに思えます。

(理由)
1.千日手に持ち込める権利のあった後手の木村八段が打開した。指しにくさを感じているのであれば、こうはしないはず。
2.先手の玉にはまだ手数が必要だし、歩越飛車も不自由。角も前線から後退した。
3.左銀を活用するイメージが先手に見えない。
4.小さいようでも金銀交換は金が得。
5.先手の持ち駒である銀の活用場所もみえない。

 あそこまで金を突進させる必要が先手にはあったのでしょうか?

AM 12:27:22 | Comment(153) | [将棋(中飛車)]

2009年07月14日  吉田屋(新橋)
 吉田屋(新橋)に行きました。お店の情報はここにあります。

 内幸町駅を下車、虎ノ門方面に少しだけ移動した古びた界隈にある、「おばあちゃんの家」みたいな店構え。急な角度の階段を上り、お座敷でコースをいただいた。

 枝豆+冷や奴+刺身+野菜焚き+焼き鳥+板わさ+肝焼き+鰻重。肝心の鰻系の出来映えだが、肝焼きは苦みが程々にありつつも、コクもあり、おいしい。鰻重はここもご飯がやや少なめだが、タレが甘ったるくなく満足。時間がかかったことから、この鰻は下焼きはしていなかったのかな? 区別がつけられる舌ではないのが残念。

 接客は小さい店だけあり、反応がよい。焼き鳥の時に七味がでていなかったり、と細かいところに取りこぼしがあるが、「まぁ、いいかな」と思ってしまう雰囲気の良さがこのお店にはある。


AM 12:06:18 | Comment(450) | [食べ物]

2009年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp