せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2009年03月01日  美濃囲いは豆腐
 今日放送のNHK杯戦の久保−行方戦。歩を突いていない美濃囲いの脆さが如実に表現されていました。

 序盤4手目で行方八段は相振りを意思表示。解説の福崎九段は「驚いた」ようですが、さすがに初手▲5六歩でゴキゲン中飛車を許すのは気分が悪いでしょ。私でもこういう厚かましい指し方を先手がするのであれば、躊躇わずに飛車を振ります。将棋世界の「読みとイメージ」でもこの局面は取り上げられていて、相振りが理論的には正しいはず、といったトーンでしたよね。

 行方八段の相振りですが、私が観戦していても指し手の意味が通じやすく、円滑に流れているように感じました。先手の銀がぎこちない動きをするのに対し、順調に前線に駒を動員し、角銀交換を強行。2図になります。

 ここでの▲8四歩が「さすが!」という反撃。先手の穴熊は意外と抵抗力があります。こういう時は、△同歩▲8三歩△同銀▲4一飛成△5一金寄と守備重視で戦うものと私は教わったものですが、行方八段は現物の金に魅入られ、△4八竜を決行。(でも、局後の感想戦ではやはり△同歩がよかったような感じでしたね)

 ▲8三歩と久保八段がしたところで、用事があってせんすはしばし中座。戻ってくると3図に8二銀と7一金が置いた局面になっていました。しばらく脳の中で手順が組みあがらなかった。3図からの△7一金打が意外です。ここは当然△5一金寄と先手を取りたいところですが、▲4四竜と引かれると簡単ではありません。しかし、△7一金は普通は指が行きそうもないところです。。

 実は序盤で△8二玉がやや早いのではないか、と思いはしました。(普通は7一に置いておいて、様子見をするものでは?) であっても、ここまで見事に後手玉の囲いの弱さを直撃できる久保八段の切れの良さには感動です。そして、穴熊はやはり地上最強の囲いなんですね。






PM 04:16:37 | Comment(3) | [将棋(その他)]

2009年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp