せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2008年12月29日  情熱大陸
 将棋界では羽生、谷川、渡辺、佐藤に続く本番組の登場、かつ素材はかつてないほど揃っている、というわけで、知人にも大いに宣伝しておいたのですが。。。宣伝しなければよかったと後悔しています。

 昨年の佐藤さんの場合は、ご本人の苦悩とか思考が割りと伝わりやすいところもあり、また伝えようという意欲もありで、竜王戦自体の結果は出なかったものの、「女性トイレに無意識に入りそうになる様」「空咳」「食事へのこだわりと奥様の献身」等からこの世界の厳しさが伝わってくるものがありました。あの番組をみた知人の一人は、当人が某資格試験に落ち続けていることもあり、「あれを私にやれというのは無理」と視聴を推奨したこと自体を詰られるほどインパクトがありました。

 また前々回の渡辺篇では竜王戦第6局の緊迫した雰囲気がよく伝わってきていて(森内竜王が▲1八玉と指した時のどよめきが今でも耳に残っています)、見られる絵でした。

 それに比べると、今回の番組は極めて平板なつくりで、羽生、渡辺両トップ棋士に食い込んだとはいい難い。第7局の3日後に羽生さんにスタジオまで来てもらって、締めの質問が「渡辺さんの勝因は何でしょうか」「それは渡辺さんに訊いてください」で、そのまま番組終了というのはあんまり。むしろ、第7局終了2日後の囲碁将棋ジャーナルの自戦解説の方がよほど素直に回顧していたように思います。

【気になったシーン】
・平泉までの往復の移動、グリーン車とは思えない。少なくとも復路で竜王は普通車に乗っていた。
・第4局が逆転勝ちになった瞬間の控え室で某紙将棋担当記者が顔をしかめていたように見えた。やっぱりそういう空気だったの?
・取材陣のスリッパの脱ぎ方が・・・
・橋本七段、ひょっとしてちょっと体格がよくなった?

【よかったシーン】
・つるの氏の小学校訪問。仕切りは堀口七段だったようですが、ああいう取り上げ方はありと思います。
・野村監督はこの世界のことをあまり知らない様子でしたが、他の世界の人に訊いてみるというのも一興でしょう。
・柊くん、かわいい。二歩も分かっているみたい。竜王の教え方をテキストにすればいい教科書になるのでは。

 次に将棋界で取り上げられるとすると誰でしょうか。里見さんでしょうか。

PM 03:19:51 | Comment(33) | [テレビ]

2008年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp