せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2008年12月23日  隣の乗客と詰将棋
 今朝のことである。早朝出勤の私は電車の座席に身を沈めて、詰将棋を解いていた。以前の将棋世界の付録から適当に引っ張ってきては、回すことにしている。ピアニストがチェルニーを繰り返し練習するのと同じ感覚である。指し将棋の機会は減ってはいるが、実力の減退を食い止める効果を期待してのことである。

 隣に高校生が着席した。若いころの郷田さんをちょっと太らせたような感じで、その辺のズボンをずらしてはいているような連中とは一線を画した真摯さと育ちのよさを感じる。その彼(ここでは合田くんと呼ぶことにする)が、私が取り組んでいる詰将棋本を明らかに覗き見ている。

 私も電車の中で隣の人が読んでいる文庫本だとか新聞記事に目がいくことがある。どうも私の読む速度は他の人よりも早いようで(あんまり吟味していないからかな)、「早く次のページにいってくれ〜」といらいらしてしまうことがある。そういうせっかちさを他の人が押し並べて持っているわけではないとは思うが、この時、私は「合田くんが次を解きたいかもしれないので、頑張ろう!」と気合を入れた。もう少し正直にいうと、恐らくは都内名門高校?の将棋部員かもしれない彼に侮られてはならない!という矜持もあったと思われる。(ヘボでもプライドはある)

 合田くんが私の隣に座っていたのは4駅、10分弱の時間。それなりに頑張った私は初心者向けの7手詰め〜9手詰めばかりとはいえ、20問くらいは解いたはずだから、彼を待たせなかったと思うが。。。それでも、ページをめくって、直ぐに彼が頷くこともしばしばあり、慌てなかったわけではない。逆に3秒程度で次のページにいける時は、快い感覚があった。

 私が学生の頃は将棋世界以外の本をほとんど読まなかったが、今時の学生はどうやって将棋の情報を収集しているのだろう。2ちゃんねるには棋譜サイトがあり、それなりの棋譜数が確保されているので、それなりの解析はできるだろうが、詰将棋の感覚はそれなりにマニュアルモードのままなのだろうか。


AM 12:17:30 | Comment(0) | [将棋]

2008年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp