せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2008年09月21日  入玉は難しい。。。
 最近、羽生、深浦、木村の3人以外の将棋についてほとんど触れていないような気がする。。というわけで、今日のNHK杯戦の森下九段対渡辺竜王戦です。

 「さすがにこれは入玉確定だな。。。竜王二回戦で敗退か、この調子では竜王戦七番勝負が思いやられる」などとぶつぶついいながらみていたら、いきなり森下九段の玉が寄ってしまいました。あの局面からよくぞ勝ちへの手順を構築したものだ、と竜王の着手に感心しつつも、森下九段の粘りのなさに懸念も覚えたのです。。

 序盤に戻りますが、1図は先例も非常に多い局面ですが、ここでの▲1六歩は割りと少数派のはずです。一応、検索してみたのですが、森下九段自身は最近の順位戦(1月の対堀口戦)で同じ手を指しているものの、多数派は▲3八飛か▲3七銀です。私自身は▲3八飛がよいのではないかと考えています。理由は2図まで進んだ時に7筋の位を占有できていないのが、いかにも当たりがきつくなりそうでいやだからです。▲3八飛としておき、△7三銀なら3五歩△同歩▲同角△7五歩▲同歩△同角▲6五歩△3一玉▲4六角△9二飛▲5七銀△2二玉▲6六銀右△4二角▲7五歩(進行例としては今年3月の順位戦佐藤−屋敷戦)とすれば、先手玉の安全度がかなり違うはずです。

 これは好みの問題だし、実際、本譜の通りでも先手にとって悪くはなかったようで、3図まで進むと先手の勝勢は明白。途中で7三銀をボロッといただけたのは驚きましたが、竜王ブログによると渡辺竜王自身も銀を直接渡すのは疑問、みたいなニュアンスでしたね。

 でも。。ここで▲2五歩は入玉に通じた人なら考えにくい着手。まず7七の金と8七成銀(遊び駒になりそうリストNO.1)との交換は気前がよすぎる。▲6七金とかわしておくのが受けのならいのはず。感想戦を聞く限りでは森下九段には寄せ合って勝つことも思考の中にあったようですが。。。どっちつかずに思えます。

 「△2八角がみえていなかった」という趣旨の発言も聞こえたように思いましたが、後手からみれば他に手段がなさそうなのは分かりそうなものなのに、意外です。。

 △6二桂を食って心が折れてしまったのかもしれませんが、10年くらい前の森下−森内の順位戦の死闘を記憶している方からすると、投了1手前の▲7四桂を見逃してしまったのも意外感が強いですね。ちょっとみていて、考えてしまった一局でした。

 



PM 10:31:30 | Comment(495) | [将棋(矢倉)]

2008年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp