せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2007年11月02日  裁判員制度
 会社で制度説明会があった。職場から何人か引き抜いて聴くように言われて、法学部出身という理由で動員された。

 検事さんが挨拶してから、DVD「裁判員制度」を参加者で視聴した。面白い。昼過ぎからなのに誰も寝なかった。 

(キャスト)
西村雅彦、加藤夏希、橘ユキコ、樋口浩二、川俣しのぶ、野沢太三(元法相)、渋谷哲平(懐かしい。。。)、金子貴俊、川崎麻世、中村雅俊(監督)

 噂には聞いたことがあるけど、ベテランの俳優さんや女優さんが出演していて、充実した出来でした。西村雅彦の主役が会社の業務状況が気になるのに、全く問題なく進行しているのだが、「あなたが休んでも会社は平気なんですよ〜だから裁判員精度に前向きになってね〜」というメッセージなんだろう。

 終了後、質疑応答に移行。場内からは、それでも予想された質問。

Q「私は●●という重要な業務をしているのですが、裁判員に選出されたらお断りできないのでしょうか」
A「事業の遂行に著しい支障がある場合は認められます」

 個人商店や中小企業で社長が一手に経営を握っていて、裁判当日が融資/増資交渉当日とか、棋士が抽選に当たってしまったものの裁判当日が名人戦、というのならどうか分らないですが、普通の会社の社員では辞退はだめでしょう。私みたいにひねくれてしまうと自分を相対化してしまって、こういう質問が口から出ることは全くないのですが、実直な方は仕事に真摯であるゆえにこういう風に考えられるのでしょうね。

 でも、基幹業務とはいえピンチヒッターの一人も立てられないほど余人を持って代え難い人がいてはいけないと思いますよ。暗黙知の領域に属するスキルがあるなら、可能な限り早々に文書化する、OJTを活用するとかして若い人にも教え込むとかするべきです。さらにいえば、この制度に協力を表明している企業で、担当者が業務のために裁判員になれない、なんていうことは肯んじえないだろう、と思います。うちの部署なら、みんな歯を食いしばって頑張りますが。。

 実施はもうすぐです。私はこの制度には関心があったので、説明を受けるまでもなく協力するつもりでした。



PM 08:55:22 | Comment(48) | [日記]

2007年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp