せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2007年03月06日  丸山九段の中座飛車観
 日曜放送のNHK杯戦(佐藤−野月)で、解説者だった丸山九段がポツリポツリと漏らした言葉が印象的。私も1年半以上、後手中座飛車をしていませんが、同感できるものがありました。

1.自分の後手番中座飛車の成績は必ずしもよくなかった。
2.攻め筋が限定されている。
3.憶えなければならないことが多い。
4.歩切れに苦しむことが多い。
5.後手の囲い(中原囲い)は抵抗力がない。

 1はそうかな? 手元のDBでは後手番横歩取りの彼の成績は50勝43敗、対戦相手のレベルを考えれば悪くはないし、大きな勝負でも対谷川の名人戦や対羽生の棋王戦でいずれも最終局に勝利しています。

 それでも2〜5は実感なのでしょうね。5などは囲いの片方が崩れてもまだまだ戦えることがある、といった解説を聞いたことがありますが、実際にはなかなか。。。採算が悪化する前に事業撤退を決断した経営者と同様に、ここ1年くらいの中座飛車の実績の悪さをみれば、丸山九段の先行きを見通す眼力はやはり大したものだったといえるでしょう。


PM 10:42:57 | Comment(167) | [将棋(横歩取り)]

2007年03月06日  王将戦第6局
 今日からですね。明日は朝日OPの挑決もありますが、もう少しイベントを分散することはできなかったのでしょうか。もったいない。

 将棋は羽生王将が四間飛車を選択。対羽生戦の成績が悪い佐藤棋聖ですが、居飛車穴熊にさえ潜ればかなり勝率が改善されます。にもかかわらず、△5五角からの急戦を決行します。この形は結構、羽生王将の勝率がよかったように記憶していますが(以前の王位戦や棋王戦番勝負における対谷川、棋王戦挑決における対森内など)、なぜなんでしょう。やってみたかったのだろうか。損じゃん、などと思いつつ、棋譜を並べました。

 封じ手の局面まで進むと、後手の攻め味が私にはさっぱり思いつきません。先手も角をどうやって使うのよ、とか金がひとりで前線にいって何ほどのことができるのよ、などと思わないのではないのですが、どっちを持つの、ときかれれば、先手を持ちたいです。

PM 10:28:32 | Comment(0) | [将棋(四間飛車)]

2007年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp