せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2007年01月15日  週刊将棋配達されず
 金曜日は実況中継が多かった。普段のA級順位戦だと終局後丁寧なフォローがあるのだが、この日はB1、B2にも興味深い対局があるせいか、藤井―深浦戦の勝敗の分水嶺については今日に至るまで特に追記はなされていない。

 1図の局面のちょっと前では私は先手の勝ちと思った。先手玉の一手すきは恐らくは息切れするので、その時点で後手玉に一手すきがかかるはずだろうと。1図で「詰めろではない」との解説もあったので、そうか、と納得もした。しかし、結果は深浦勝ち。1図に戻って激指しにかけてみると先手よしだが、彼が予見した手順は本譜の手順と同じだった。不思議ですね。

 私は昨日の朝から今日一杯まで熊本に出張していた。朝、新聞受けを見たところ、まだ週刊将棋が来ていなかった。今日帰ってきた時点でもまだ配達されていない。そういう理由で、真相がどうか分からないのだが、明日には検証できるだろうから自分の所見を書いておこう。

 普通に考えれば▲3三金は芋筋のはず。だから▲6三角とかでしばりたいのだが、これは詰めろではない。他に詰めろがないか探してみたが、飛車の横利きが強大でどうしてもよい手が思いつかない。そうするとどっちも二手すきどうしなら後手の方がよいということなのか。

 ちょっといやな予感が生まれて1図の先手玉が詰めろになっていないか確認をしてみた。△8八金〜△7八桂成とされるとかなりやばそう。案の定、先手玉は詰んでしまった。実況はその点では正しくなかったということになる。要は1図ではもう先手には勝ち目がなかった、そういうことでよいのだろうか。

 そうなると先手の攻めが有効だったのか、ということになるが、60手前後の局面を冷静に見てみると、先手の桂香を突撃させた戦果が金との交換で、敵玉が角筋から外れているのでは藤井システムの本当の狙いとはいえないのでは。ひょっとして、ずっと後手がよかったのかな。

 真相を知るのがややこわい。




PM 11:09:51 | Comment(19) | [将棋(四間飛車)]

2007年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp