せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2006年11月30日  渡辺快勝。2−2。
 今日は休暇(3日に仕事をした代休ですね)。家の用事はそこそこあったので竜王戦にかじりついていたわけではないのですが、トラックはしていました。

 佐藤棋聖の気性の過ぎたところが悪い結果になったのか、といっては言い過ぎでしょうか。封じ手時点で後手が勝ちを収めるプロセスを想像してみると、「馬の圧力をかわして飛車銀を上手く交換→飛車で桂香を拾う→端攻め」あるいは「左銀に左翼を任せて飛車を右翼に大転換→竜は作られるが1段目へ飛車の横利きで防ぎ、縦の攻め合いでごちゃごちゃ」か。私が勝手にそうは思っていただけですが、そうはなりませんでした。

 封じ手は▲3八飛。以下△3二飛▲2八飛に△3一飛と突っ張り。△2二飛だと先手の気が変わって四枚穴熊を構築されるのを指を加えて眺めるしかない、という危惧によるもののようですが、先手の右銀にどいてもらったところで馬を標的にするような指し方はありえなかったのか。

 さらに▲3五銀に△3四銀はどうせなら歩を打ってもらってでていきたいところだけに、うーん。こういう場面では何か有効手を指して先手の無理攻めを誘いたいところですが、私の頭ではその「有効手」を思いつかない。やっぱり、先手の作戦勝ちだったのか、という気がしてきました。

 BS中継が入ってすぐの局面が3図。解説ではここで△3八角としておいてはどうか、と佐藤棋聖は絶対に選択しそうもない手を推奨していましたが(実際、感想戦では「大したことがない」という声が聞こえた)、本譜は△6五桂。真っ先に佐藤棋聖が後悔していた手ですが、一目、本手ではない。こういう食いつかれているところで、駒を渡すことが前提になる攻め、さらに自陣周辺に空隙を作ってしまう手が好手になる期待値は5%を切るでしょう。。。△2一歩▲4二竜△3八角として馬の召還と桂馬を取ってのポチポチ攻めをみて焦らせる、というのはダメだったのかなぁ、というのが、今時点の私の感想です。
 

PM 06:43:50 | Comment(6) | [将棋(中飛車)]

2006年11月29日  竜王戦第4局一日目
 竜王戦第4局が始まりました。やはり普通には進んでいません。

 後手番佐藤棋聖のゴキゲン中飛車は予想の範疇ですが、居玉のまま9筋を突き越し。2003年の王将戦七番勝負第2局で似たような指し方をして、佐藤王将(当時)はいいところなく挑戦者の羽生さんに負けたことが思い出されます。

 さらに平然と▲5六角打を許します。ここからの馬製造の評価については意見が分かれるかもしれませんが、少なくとも竜王戦挑決2局(この時は丸山九段は馬を作ったが、歩損)よりは損なはず。ただ、角換わりなどでは「8三の馬は別に痛くない」という評価を聞いたことがありますし(高橋九段談)、本当のところは分りません。少なくとも私は馬が大好きなので、この瞬間は先手をもちたいです。

 そこから先の駒組みですが、私が先手なら後手の8筋の歩が切れていることもあり玉頭位取りをしたいところ、渡辺竜王は穴熊へ。封じ手の局面ではむしろ後手の8筋の歩が切れている点がメリットになっているようにみえます。



AM 12:01:46 | Comment(4) | [将棋(中飛車)]

2006年11月27日  佐藤棋聖、日本シリーズ制勝
 JT杯決勝の佐藤棋聖―郷田九段戦は、最近の佐藤棋聖の将棋らしく、もう常識も何もあったものではない大乱闘。序盤で角道が開いている状態で端に2手かけ、さらに一手損角交換、さらに自ら飛車交換とは一体。。。これが研究された状態で繰り出されるのですから、対戦相手の疲弊は並みではないと思います。

 いくつか感想をいえば、

・△5四銀を急ぐ必要はあったのか? バランス重視で△4二金が先ではないのか。
・でも、本譜のように進行するなら関係ないか。
・1図には「なるほどここからいくのか。竜が窮屈になりそうだし、端も弱くなるとはいえ、仕方ないのか」と頷いたのに、解説では「これはやや指し過ぎで難しくなった」とのこと。でも、後手の馬との対抗上、やむをえないように思うし、代わる手もないのではないか。
・とはいえ、2図になるとやはり中段竜は弱く、絶好の標的になってしまい、後手有利に思える。ここでの▲4六歩はかなり無理を背負っているでしょう。
・3図で△8八歩が正着らしいが、私には百年かかっても思いつきそうもない。

 これで佐藤棋聖、今期ツアー2勝目。残る試合は5。銀河戦以外は全て最後の2人に残っています。



PM 09:15:26 | Comment(2) | [将棋(四間飛車)]

2006年11月27日  斎田倉敷藤花
 倉敷藤花戦、清水さんの方が強いか、と旧来思考そのままの予想を私は持っていましたが、きっぱり覆して、斉田さんの奪取でした。

 第2局、きれいにさばけたと思ったところからあっという間に苦戦になっていく棋譜を眺めて、「これではやっぱり苦しいのではないか」と踏んだのですが、第3局は快勝でしたね。

 清水さんは相変わらずの左美濃→銀冠ですが、さすがに見切られているのではないか、あの加藤九段ですらスタイル変更を模索している中、作戦の間口を広げた方がいいのではないか、と思えます。こちらの感想は明日に。

 これで来期NHK杯戦女流枠の行方が気になりますが、タイトル保持者が4人いることですし、トーナメントを開いて実況すれば受けると思います。


PM 09:02:15 | Comment(0) | [将棋(四間飛車)]

2006年11月26日  それにしても加藤九段
 ついに飯塚六段も抜いて6連勝ですか。

 以前と違い、ワンパターンな序盤、平気で駒損といった傾向が見られないので、程々の昇級の可能性はあると思います。

 が、それがいいことなのか、どうか。今期の森九段の苦戦振りをみるにつけ、その思いは深いのですが、一方、もう一度彼をNHK杯戦でみたいのも正直なところ。

 昇級しなくても、前期の土佐七段のように昇級争い→成績の落ち込みの例もあります。どっちにしろなるようにしかならないのですが、彼の対局はウェッブでライブになるように席順を考慮していただきたいものです。

PM 01:57:55 | Comment(0) | [将棋]

2006年11月26日  不詰みだったのに
 この前のB1順位戦の高橋―島戦。終わりまで付き合えず、110手目のところで「まぁ高橋勝ちですな」と思い、布団に入った私が翌日発見したのは「島勝ち」

 納得がいかないものの中継記事にも特段の解説はなく、今朝配達された週刊将棋で確認をしてみました。

・1図で▲7八金なら詰まない、と記事の指摘はそうでしょうが、金合いは高橋九段がいうようにいかにも指しにくい。
・2図で▲7七金とせずに桂馬を跳ねて合いをしておけば、金を一枚余分に渡さずにすみ、高橋勝ちになっていたというのも納得ですが、先ほど金を使いにくかったと感じた高橋九段がなぜここで金合いを選択したのか。

 秒読みの嵐の中で思考の一貫性を維持させるのは、高段者でも容易ではないのですね。。。


PM 01:52:01 | Comment(0) | [将棋(矢倉)]

2006年11月25日  竜王戦第3局:三浦八段の指摘
 今日の囲碁将棋ウィークリーは三浦八段の解説。図で▲4八銀としておけば、まだまだ難しかったのではないかとの指摘です。この手はちらとは考えたのですが、押し寄せるウェッブ解説の波の中で深堀をすることは一度もありませんでした。

 改めて考えてみたのですが、△同銀成は▲6八金と寄られ、△5八成銀からの千日手コース以外に寄せがさっぱり見つかりません。(8五桂を動かせないので、他の捨て駒を試みたのですが、それらしい筋を発見できず) 三浦八段によると、正確に指せば後手に分があるようでしたが、本当のところはどうなんでしょうか。

 名局は後から後から色々な筋が出てくるものですが、この将棋もそういう将棋なのでしょう。


PM 10:53:55 | Comment(5) | [将棋(矢倉)]

2006年11月24日  王将リーグ:挑戦決定持ち越し
 森内名人―佐藤棋聖戦は名人の快勝でした。さすがにこの相手に7連勝もするのは大変ですね。

 居飛車の視点でみていきますが、本局の佐藤棋聖の構想(△5一角から7三角)は、自分の相手がしてくれたのなら、とてもありがたいです。先手の飛車のこびんが開いていないのですから、7三に角が来ても全く気になりません。逆に左銀で角を圧迫する筋もありそうで、先手は攻め幅が広がります。何よりも5五歩を無条件で取らせてもらえるのでは、欣喜雀躍してしまいます。

 さらに金を4二に上がっているため、飛車による迎撃もままならず。。。中飛車の完敗もやむをえません。佐藤棋聖の今期の敗北の中でも内容のなさでは極め付けですが、これなら却って後にも残らず、日曜日の日本シリーズ、さらに竜王戦に臨めることでしょう。野球でもパーフェクトを食らった後で快勝というのはよくあることですし、この将棋を落としても挑戦確率は75%ありますので、あまり痛くない敗戦で済むと思われます。


 

PM 08:15:33 | Comment(2) | [将棋(中飛車)]

2006年11月23日  「大和証券杯」
 この種の棋戦が創設されるのを待っていました。

・日曜日の午後8時に開始
・持ち時間30分
・上位棋士のみの出場
 
 この3つは将棋ウォッチ側のニーズをよく考慮したものです。

 今時の一人当たりの平均余暇は4時間/日。この数字の意味を考えれば、ある種のスポーツ興行は娯楽として成立していないことが容易に想像されます。

「相撲」 午後6時に終わって、一体、何をしろと。

「プロ野球」 重みの乏しいレギュラーシーズンの試合を140以上もテレビで見ろという方がおかしいのではないか。米国でも視聴率が10%を越えるのはワールドシリーズくらいと小林至氏が言っていました。さらに所要時間の制限がないために、容易に「4時間」を越えてしまいます。野球は見るスポーツとしては辛いものがあるのです。

 対してその辺を上手く処理したのが先日のバレーボールなのではないかと思うのです。あのイベントはMVPが6位に沈んだ日本の選手だったとか、5位決定戦の前座に決勝戦が行われたとか、タレントさんが意味もなく出しゃばっていたとか、突っ込みどころが多いのではありますが、一定の時間内には終わるし、CMとの相性も考慮している点など、見る側、金を払う側の都合をよく織り込んでいることは評価すべきです。

 翻ってわが将棋界の場合、これまで4回くらいは書いていますが、

・順位戦観戦を完走できるファンは一体何%なのか。
・タイトル戦は平日の業務時間内に終わることが多い。

 「いくらいい内容でもみてもらえない芝居は空しくないか」というのは皮肉がきつすぎるにしても、ある程度本音です。(私はみているが) 今の制度だと2日制の対局数は最大で28局。この数字であれば、特殊性の中であってもよいかと思いますが、順位戦は野球のレギュラーシーズンゲームに相当する日常イベントであり、興行としては受けの悪い形態になっています。

・さらに、順位戦を戦った棋士の疲労は格別

 このことを当の棋士本人も自認しているようですから、順位戦により将棋連盟の資本(=棋士)の回転率が落ちているといってもおかしくはないでしょう。普通の企業であれば、回転率を上げる施策を考えるはずです。

 そうした背景を抱えている中で、トップ棋士の消耗の少ない棋戦、観る方の便益を考慮した棋戦の創設は方向性の転換を示唆しているのかもしれませんね。

 ただ、多くの人が指摘しているように不正対策を「不正をする棋士はいない」の一言で片付けてしまうのは乱暴です。棋士を医師、会計士、社員、弁護士なんでもいいのですが、他の職業に置き換えてもらえれば、世間に通じる理屈ではないことは自明です。むしろ発想を変えて、対局している棋士の様子をウェッブカメラで撮影、同時中継をすれば、不正対策と同時にファンの関心にも応えるものと考えます。


PM 08:04:32 | Comment(4) | [将棋]

2006年11月23日  かわいそうな歩
 昨日からの佐藤棋聖のスケジュールはなかなか強烈。対局の疲れはなかなか抜けないそうですが、その辺は別格の対処をしてもらえるものと思います。

 さて王将リーグの郷田九段戦。後手番で最近すっかり愛用のゴキゲン中飛車をまたも採用ですが、郷田九段の思想がよく分からず、私は困惑しています。

 堂々と2筋の歩の交換に出たものの、飛車をぶつけられては1図のように▲2三歩と謝る一手。その後は後手がこの歩を特に代償もなしに捕獲して(2図)、あとは2筋の歩をぐいぐい押し上げるのみ。先手は全く応戦ができずに終始します。

 こうなるなら2筋の交換をしない方がましだと思われますが、どういう作戦を意図していたのか。そうはいっても8筋にあやをつけて先手玉が上部に脱出を試みた終盤では結構、寄せが難しいような感じもしましたが、あっさり捕捉して快勝。プレイオフの権利を確保し、視界は明瞭です。


PM 12:53:43 | Comment(6) | [将棋(中飛車)]

2006年11月19日  これほどの大逆転とは
 今日放送の郷田九段―南九段戦。最近のNHK杯戦でも珍しい大逆転でした。記憶に新しいところでも、前期の準決勝の三浦―渡辺とか前々期の郷田―山とかものすごい逆転勝ちはあったものの、序盤早々無条件の角銀交換+手得(森下九段の比喩によれば先手が先生満塁HR)を果たした郷田九段(今期何といっても好調)がかつてはともかくここ数年苦しい戦いが続いている南九段相手にひっくり返されるとは普通は思いますまい。

 1図以下角を5三に打ち込めば△5五銀でかなり怪しくなるのは私レベルでも分かります。私の好みはやはり穴熊。8四歩で保留されているので通常はありえませんが、この場合は飛車を9二にもってきにくいし、穴熊を見せ餌にしておけば後手も遮二無二打開してくれそうだから、そこを捉えて一気に押し出せばいいでしょう。

 郷田九段はそういう指し方をする人ではないので、いってしまったのでしょうが、それはそれとして、この将棋の南九段の序盤構想はどういうものだったのでしょうね。森下九段の絶句ぶりが面白くて聞き入ってしまいました。


PM 11:04:46 | Comment(14) | [将棋(その他)]

2006年11月18日  大きな駒得でも
 昨日、中継された王将リーグの丸山九段対藤井九段戦は腰の入ったよい将棋でした。多分、後手が先手を追い抜いた局面はなかったと踏んでいますが、1図の局面での常識的な発想を確認してみたくなりました。

 本譜は▲3四竜から精算しますが、角1枚得とはいえ、本当に先手に有利な取引なのでしょうか。私がこういう状況でこういう指し方をした場合はろくなことがないので(手番を失うし、後手にそれなりの攻撃力を渡すからだと思う)、私であれば▲7八金や▲7八銀と固めて離れ駒を減らし、それでも後手が攻撃をしてこないようなら▲9六歩と突きます。将棋ソフトとの対戦がこのところ多い影響で、私の棋風は斬り合い回避傾向がかなり強いです。


PM 10:41:47 | Comment(0) | [将棋(四間飛車)]

2006年11月18日  ルソー展
 世田谷美術館の「開館20周年記念 ルソーの見た夢、ルソーに見る夢アンリ・ルソーと素朴派、ルソーに魅せられた日本人美術家たち」を観にいってきました。

 そろそろ空いている頃かな、との予想は外れて、盛況。第1室にルソーの絵を展示したものだから、人の列がばらけず混雑感を煽っていました。

1)ルソーの見た夢 (ここだけルソーの絵)

 「熱帯風景、オレンジの森の猿たち」が目玉なのだろうが、この絵は一体どこから来たのだろう。美術館では分からず、帰宅後検索しても分からず。。。

2)素朴派たちの夢
3)ルソーに見る夢 日本近代美術家たちとルソー〔1〕洋画〔2〕日本画〔3〕写真
4)現代のルソー像

 2)以降に展示されたルソーの作品以外もかなり充実していて、かつて画廊に勤務していた妻によると「岡鹿之助先生の絵は売り物に出てくる絵とまるで別物」(おいおい・・・)、「有元利夫の絵がみられるとは望外」 確かにチャーミングな絵が揃っていました。

 近所でない人にもお奨め。

PM 09:50:10 | Comment(13) | [日記]

2006年11月16日  違和感
 お昼にラーメン屋さんにでかけた。

 お勘定をしようとすると、別のテーブルの男女がお釣りをもらっているところで、彼らのテーブルには手付かずの餃子が2個(5個いり)、残っていた。もったいないなぁ(せんすは関西人でけちっこ)、と男女の方に視線を改めて向けると、男性はかなりお腹周りが柔らかくも大きい方だった。

 「○○なんだし、2個くらい、食べちゃえばいいのに」としつこく思う私がお店を出ると、その男女の前にメルセデスのSクラスが止まり運転手さんがドアを開けているところだった。

 理由は定かではないが、私は憤慨した。このやり場のない怒りを誰にぶつければいいのだろう。ど外道なら24のフリー対局に過小入場して、とかいうこともあるのだろうが、それは真っ当な人間がすることではない。。。






PM 08:46:48 | Comment(11) | [食べ物]

2006年11月16日  竜王戦第3局追記
 昨日の竜王戦を改めて並べてみて、終盤によくこれだけの手順が落ちていたものだと感心しました。

 でもその前に昨日のエントリーの局面の前後を考えていて、あれと思ったのが1図の局面。ここで本譜は△5九とと詰めろをかけたのですが、どうも薄い。その瞬間、▲3三桂成△同玉▲3四金△2二玉▲3三金打△2一玉と形を決めてから、▲6八金もしくは銀ならジ・エンドのはず。帰宅してコメント欄をみてみると旅人さんから同じ趣旨のコメントが届いていました。であれば、△5九とは大悪手で△4七飛成として竜を4筋の守りに利かせるしかなかったはずではないでしょうか。となると、本譜の▲6八金引も大悪手のはず、ですよね。

 でも、竜王戦中継サイトにはこの辺については何の言及もありません。佐藤、渡辺、鈴木、青野といて誰も気がつかないということはありえないので、ひょっとして何か後手にしのぎがあるんでしょうか。観戦記で解説があるといいですね。

 ずっと進んで、2図直前の▲7九銀打とか2図の▲7八同銀など秒読みであれば当然視して着手してしまうものだと思いますが、いずれも疑問手だとは。玉と敵の竜の間の遮蔽物の数をできる限り多くせよ、というのはたいていの場合間違いのない理のはずなのですが、佐藤棋聖もさぞかし驚いたことでしょう。

 その前の▲4六角や銀を見捨てる△4八とも指されてみるとなるほどとはいえ、私のレベルでは全く思いつくはずもなく、いい将棋でした。ありふれたコメントですが、第4戦が楽しみです。





PM 08:42:39 | Comment(4) | [将棋(矢倉)]

2006年11月16日  お詫び
 エロサイトのコメントを削除していたところ、なぜかノーマルなコメントまで削除されてしまいました。(なぜなんだ? 涙)

 昨日のエントリーにコメントをいただいた旅人さんやBeaverさん、げきさん、それ以前にコメントをいただいた桃太郎さん、他の方々申し訳ありません。

 それにしても、このブログにほしのあきのうんたらかんたらなんてコメントをつけても仕方がないと思うのですが、どうにかならんのでしょうか。

PM 08:31:15 | Comment(12) | [日記]

2006年11月15日  竜王戦、渡辺1−2
 渡辺竜王、後手番をしのいで1勝。テニスを連想すれば実質的にはタイになりました。

 今日は途中の局面をちゃんと追えなかったのですが、1図の辺りでは先手の勝ちかな、と思っていました。

 ここで▲4三歩で勝ちだろう、と見込んだのですが(帰宅後中継ブログを確認すると、類似の記事がありました)、改めて読み直してみると、△5一銀でしのいでいるような気もする。▲2三馬と圧力をかけても、もう一枚の銀を2一に投入されるとどうも寄りがなさそう。その前の局面では、先手の攻めは細いけれど、後手は駒を渡さないで詰めろを先手玉にはかけられそうもないので先手の方がよいのだろう、と思っていただけに意外でした。もちろん、佐藤棋聖への信頼感が絶大、ということもあっての見立てではあったのですが。

 これで寄っていないとなると、その後の展開で先手に勝ち筋があったようには思えないので、遡って▲4六角辺りに問題があったということになるのでしょうか。


PM 11:36:12 | Comment(0) | [将棋(矢倉)]

2006年11月13日  NHK杯戦:中川―鈴木
 とうとう糸谷流右玉が一流棋士同士の対局で現れました。昨日放送されたNHK杯戦の中川七段対鈴木八段戦で中川七段が採用したものですが、上手くいきませんでした。その辺の理由を考えてみたいと思います。

 私の感覚と一番乖離があったのは1図です。こういう駒をぶつけにいくのは右玉にはあまりない発想で、のらくらと相手の駒との衝突を回避しつつ陣地をゆるゆると広げていくのが常道かと思います。この場合は3筋で金交換が発生しそうなので、角の打ち込みがありそうなので敢えて喧嘩を売ったのかもしれませんが、この3筋の金交換もどうなんでしょう。

 私的には、糸谷流をしていて一番いやなのは3二飛+3四銀もしくは金の構えでして、3五で金気の交換が行われると右玉が薄くなってしまう。だから何でもかんでも▲3五歩といっていいわけではなく、それまでに左翼でそれなりの形を作っておいたほうがよい。すなわち6八金+7七桂もしくは7九飛から1歩交換することを優先させるべきだと思うのですが、今回は前者でしょうか。こんな風に考えているのですが、本局での中川七段は金は5八(後悔していた)、桂馬は据え置き(感想戦で変化手順としては出ていた)とやや異形。

 この戦形で異形というのも変ですが、既に定形らしきものはそれなりに意識され始めているようで、今日の将棋仲間との意見交換でも「あれはどうかな」というものが多かったようです。

 右玉らしくない極め付きは、終盤、△5六歩を手抜きして飛車を取ったばかりに△5九銀を食らってしまった場面でして、とにかく局面を収めなければならないのに斬りあいをしてどうするの、と評判は散々でした。。。

 できればA級の誰かにやってほしいですが、下から居飛車党を並べてみると、深浦(振飛車党に転向?)、三浦(しないんじゃないかな)、丸山(うーん)、郷田(この人は人真似はしないだろう)、佐藤(やりたい気持ちはありそう)、羽生(多分、何の躊躇いもなく有用と認めれば決行すると思う)、谷川(棋風と合わない)、森内(やるんじゃないかなぁ)というところでしょうか。

 個人的には藤井九段対○○をみたいです。

PM 07:35:54 | Comment(14) | [将棋(右玉)]

2006年11月12日  糸谷流右玉
 大会があった。対振飛車戦で激指4相手以外では初めて糸谷流を採用しました。

1局目:先手番。相手は向飛車。例の△2四歩▲同歩△2四角の仕掛けも4六歩を突けているため全く平気。向飛車ならではの攻撃力も右金動員の前にはどうということもなく、静々と前線に進ませ、快勝。初めて糸谷流に接したとのこと。

2局目:後手番。相手は四間飛車。△7二金と指したところで困惑したようで、一手一手の消費時間が膨らみ始める。開戦時点で、相手は秒読み、こちらは10分以上残しており、楽勝。

3局目:先手番。相手はゴキゲン中飛車。当方の5筋は銀2枚金1枚に玉付で鉄壁。よって、△4五歩から桂交換に来たが、糸谷流の場合はこの桂交換が特にデメリットにならないどころか、金銀の進退に余裕が生まれる。手薄になった4筋を右金で攻め、これも快勝。4筋方面の駒の数が違いすぎるので、戦闘に負ける気遣いがないし、指し手が平易なのがよい。

 局後感想戦をしてみたところ、相手の方は「24ではかなり流行していて、対策に困り果てている」とのこと。私は最近ネット将棋を全然していないので、そこまで流行っているとは思わなかったが。。。

 私としてはお奨めです。振飛車からの急戦で潰されて気分の悪い思いをしなくてすむというのが何といっても売りでしょう。




AM 10:20:47 | Comment(11) | [将棋(右玉)]

2006年11月12日  局勢判断
 図の局面は最近のプロの将棋から採りました。対局者名を出すと示唆を与えてしまうので、表示しません。将棋世界講座風に

・どちらが優勢
・先手の対処法

について伺います。観戦記に書いてあった内容は白字で以下に表示します。

 この将棋は棋王戦の▲阿部―△西川戦。

・将棋は後手に利がある。(理由不明:直前に出張していたので、新聞をみることができていない。。)
・1図の渾身の勝負手は▲2六銀! (取れば即詰み) この手は思いつかなかった。かなり感動。
・そこで△2二金と上がったのが敗着で△2二銀と打っておけばまだ後手がよかった。

 でもですよ。△2二銀に▲2五桂としておけば当分は先手玉の上部が非常に広くなっていて安泰。お互いに早い寄せはなさそうですが、先手に分がありそうに思えます。

 皆さんはどんな印象をもたれたでしょうか。

AM 10:03:04 | Comment(0) | [将棋(四間飛車)]

2006年11月10日  プロにして
 プロ棋戦の観戦記を読んでいると、たいていは感心するのですが、たまには「おいおい・・・」という手が出てきます。将棋の道理に通じたはずのプロ棋士にして「勘違いにしてもこの発想はどうよ?」とヘボアマの突込みを受ける手が現れるのです。今日はそんな手を2つ。

 棋聖戦の本日の譜より。小林九段が桂馬をただ捨てしたところ。最近観た手の中でも極めつけの暴挙に思えたのだが、果たしてその通りだった。どれほど無理やりに考えても、この手を動機付ける理屈は私には思いつきません。観戦記にも具体的な理由の言及はありません。

 2図はもう少し建設的な例で、△7七桂成を▲同桂と取ったところ。そもそも7七銀を敵の桂馬に取らせたこと自体が中原永世十段ならではの桂馬至上主義の発現で、私にはどうかと思えるのですが、それは見逃しても▲同桂はどうか。桂馬を活用するのが筋と考えたようですが、その記事を読んで思い出したのが、ちょっと前の週刊将棋(だったと思う)の講座。確か矢倉に対し△9七歩とされたのを何で取るのかという問題だったと記憶していますが、中原永世十段は矢倉の守備の要は8九桂であり、これが動くのは論外、みたいな指摘をしていたはずです。この場合でも割り打ちは食うし、桂馬の頭が弱いしでメリットをまるで感じられません。

 悪手にしてもその理由が不明、という手をプロが指すのはどういうことなのだろう。

 

PM 08:41:38 | Comment(0) | [将棋]

2006年11月09日  将棋@ロンドン
 「ロンドンのイベントに瀬川晶司四段などが参加」というブログのエントリー記事を読みました。こういうイベントができるくらいに将棋人口が回復したのでしょうか。だったらうれしいです。

 私がいた頃は、在留日本人がどんどん減っていく時期だったた。ピカディリーにある日本クラブでは将棋の盤駒をそれなりに揃え、月1回の例会と年に2回くらいの大会を細々と行っていたが、幹事役の方が日本に帰られたのを期に例会も行われなくなった。

 これと別にリージェント公園側のダイワハウスで日曜日の午後に現地の方々による将棋の集まりがあったが、日曜日では家族持ちにはいかにも辛く、一度も参加したことがなかった。将棋連盟から週刊将棋が送られていたというが、棋譜以外は読めないので、「もったいないね」というのが日本クラブの大会に参加した時の彼らの感想だった。彼らの中で一番強い人の棋力は恐らく2級くらいだったと思う。日本クラブの例会にサイデマンさんという強い人が参加していて、この人は別格だった。典型的な労働者階級の方で、リッチモンドだったか割りと遠方から自転車で来ているような話だった。(ロンドンの地下鉄代は論外に高い) 今でも将棋を指しているのだろうか。指していてほしいな、と思う。

 そういえば日本クラブの囲碁の会は盛会で、日本からのツアーで打ちにきているグループがいた。プロ棋士がいたように記憶していて、将棋はこうはいかないのかなあ、と残念だった。

 私は力と熱意が不足していて、将棋の普及にはろくに力になれなかったが、このエントリー記事の試みをきっかけにてこ入れがされることを期待しています。


 

PM 09:07:30 | Comment(0) | [将棋]

2006年11月08日  相横歩:続き
 10月24日のエントリーにいただいたコメントの内容を検討してみました。先月後半から不在がちで、遅れてしまいました。

「GRINDIETA-LARDENさんのご意見」 
 ▲6四角には△4五桂とはねる一手でしょう。以下▲4八銀でも▲6八銀でも△8八歩がうるさいと思います。一例を挙げると▲6四角△4五桂▲4八銀△8八歩▲同銀△7三角▲5三角成△5五飛▲3五馬△3六歩▲同馬△5六歩。△4五桂が先手で入れば後手相当やれるというところでしょうか。

→△73角のときに▲同角成△同桂▲46歩と桂をとりにいってどうか? 普通、こんな桂取りが横歩取りでは成立しないとしたものですが、私の腕では後手側の有効手が思いつきません。

「旅人さんのご意見」
 ▲6四角には△3六歩も面白い。これを▲同歩と取ったら△2七歩からの連打があり△1五角が成立する。従って、△3六歩には▲9一角成△3七歩成▲同馬で、そこで△4五桂。以下▲4六馬△2七歩▲3八飛△3七歩・・・。後手の方に飛車・角の持ち駒があるため手が広いと思う。

→△45桂のときに▲15馬もしくは▲48馬とこのラインを守っておけば、後手難局だと思います。前者の場合は△6二玉として▲48銀△57桂不成り▲同銀△85飛のような狙いは残りますから、後者の方が安全でしょうか。

 何か読み落しがあるかもしれないのですが。。。



PM 09:05:55 | Comment(11) | [将棋(横歩取り)]

2006年11月06日  ばっさり
 今日、王将戦(郷田九段―丸山九段)が静かに中継されていた。中継というか速報というべきか、いずれにしてもあまり注目はされていなかったと思われますが、並べてみるとものすごい将棋でした。

 1図の▲7五歩がまず意表。この形では桂頭を攻めることはできないはずなのに、 △同歩▲6六銀△7六歩▲7五銀に△6三銀とバックさせ、歩を取りに▲4五歩となると手になっています。郷田パワー全開。

 後手も浮いている銀を狙って反撃を試みますが、放置して2図の▲2四歩でほぼ決まりなんでしょうか。王手飛車のラインに入っているので、△同歩▲2五歩△5二銀(悲しい手だ)▲2四歩△7五飛に▲6六角が絶好打。

 仕掛けから終局まで一瀉千里に押し切ったとしかいえない圧勝ぶりで、こういう構想を描ける人はそうはいないはず。郷田九段の好調は相変わらずということなんでしょうが、むしろ気になるのは丸山九段の方です。かつて激辛といわれ、角換わりと横歩取りの無敵ぶりを称えられた頃は、ご本人の言動も預かってか神秘的なところもありました。当時はこういう負け方も少なかったと思いますが、最近は棋風が結構積極的になってきているのがいまひとつ実を結んでいないようで、竜王戦挑決第2戦やNHK杯戦のような負け方につながっているような印象です。


PM 07:31:54 | Comment(0) | [将棋(角換わり)]

2006年11月05日  角道のあいた振飛車
 今日放送されたNHK杯戦は佐藤棋聖の圧勝でした。まぁ、今の佐藤棋聖の実力だとまともに相撲を取れる棋士もA級の上4人と竜王くらいというのが相場だと思われますので、この結果には特に不思議なところはありません。

 佐藤棋聖の振飛車は予定通りのようですが、飛車を振る時に一瞬、中飛車も考慮していたような素振りでしたね。ご本人の信条だと四間飛車はないはずですが、他の3つは先手でも十分、ありそうです。

 それはさておき、1図のように仕掛けられて早くも苦しいのでは居飛車党としては悲しすぎます。この局面以前の解説(島八段)で「△4四歩とかだと居飛車不満」ということでしたが、私はあえて居飛車が角道をとめて、右銀を7筋に繰り出すような発想ではだめなのかな、と思います。

 振飛車には角交換とは古来より言い習わされていますが、実際には角交換をすると振飛車の桂馬がさばけるし、大駒が持ち駒に加わるしで、囲いの堅さで相対的に劣っている場合は却って居飛車は損なのではないか。(その辺に着目したのが糸谷流右玉なのではないか) 先手が左金を上げているので先手の飛車が例えば3筋に展開してくる可能性も乏しいし、まるっきり論外ではないと思うのですが、振飛車党の方はどう思われるものでしょうか。


PM 10:09:45 | Comment(11) | [将棋(向飛車)]

2006年11月04日  ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT
・この映画を観て、東京のどこにでもあんなに女の子が充満していると勘違いしてしまう外国人(♂)が発生してしまうのだろうか、とオジ特有の慨嘆をしつつも、

・あんな高校生ばかりで授業が成立するはずないじゃん、と思いつつ、

・あれだけの大事故を起こして、どうして登場人物の誰にも警察の追求が及ばないのよ、と突っ込みつつ、

笑いながら観てしまった。

 自分のお金を払う気は全くないが、観ることができた幸運を感謝したい、そんな映画。

(7/10)

PM 08:25:31 | Comment(11) | [映画]

2006年11月04日  イルマーレ
 キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック主演。現在、日本で公開中ですが、レビューも一杯出ているので、これはそのまま感想を書きます。

 全く前知識がなくてもどういう話しかはだいたい予測できるが、それは底が浅いということではない。それなりに成熟した男女が「手紙」(といってもこの映画の手紙は電子メール並みの速度で届くのだが)で想いを深めるプロセスがよいのですよ。

 とはいえ、振られることの多かった私はなんかモーガンがかわいそう。レイクハウスをキアヌ・リーブスから(この時点で彼はキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの間に心が通っているのを知っているし、「彼女があの家が好きだから、よければ売りたい」といわれているのに)わざわざそんなけちのついた物件を買うか?、買わなければ何も起こらなかったんじゃないか、などと軽く突っ込みを入れてしまいました。。。

 もうひとつ。この映画のキャストはこの二人でなければならないと思いつつも、サンドラ・ブロックのあごが微かに割れているのが目について仕方がない。。。ほんのちょっとだけ減量してほしかったです。あともうひとつ。お父さんとのエピソードは不可欠なんでしょうか。

 でも、代金以上の値打ちはあると思います。(私は無料視聴だったので真摯度が足りないけれど)

 

PM 08:14:22 | Comment(11) | [映画]

2006年11月04日  「クリック」
 機内映画の感想です。幸いにして今回は銃撃戦のある映画を観ずにすみました。

 主演はアダム・サンドラーズ、ケイト・ベッキンセールが共演。かなり面白く観ることができました。日本未公開だと思うので、以下は白字で書きます。

 美しい妻とかわいい子ども二人に恵まれた建築士が主人公。仕事で成功して、家族に楽をさせたい思いから、仕事と家庭の板ばさみになるときは必ず仕事を選択している。そんな彼が人生を自由に操作できるリモコンを入手したことから起こる出来事を最初はコメディで終わり直前はやや悲しく描いている。

 主人公は、妻と口論になりそうな時、自分の両親が遊びに来るとき、昇進が順調ではない時など意に染まない状況に出会いそうになると全て早送りしてしまい、その結果、ひどい目に遭うのだが。。。(早送りしている間のことは本人は実感できないという恐ろしい欠点がこのリモコンにはあるのです)

 インフルエンザで発病しているので直るまでの2日をとばすならともかく、成長過程の子どもがいる父親が早送りをすることはないだろうなぁ、とまじめに考えてしまいました。だって、かわいい盛りは見逃したら損だもの。

 とはいえ、自分も年老いて非常にくどくなってしまった父親にはもっと優しくしようと思いました、という点では観た意味はあったのかな。

 (8/10)


PM 07:21:50 | Comment(11) | [映画]

2006年11月04日  今頃ですが、竜王戦第2局
 先ほど家に戻りました。

 既に当事者の竜王やプロの方々がコメントを出しておられますので、個別の手をコメントしてもしかたがありません。出張中で小出しの情報をどのように見ていたかを題材にしようと思います。

 2日の午前、成田空港ラウンジのネット接続サービスで局面を確認。遊び駒化が懸念された先手の右銀が何はともあれ、中央に進出している。▲7七角の効果により後手は△5五歩で右銀を抑えられなくなっていることは確認したけれど、馬が好きな私はじりじりと後手が馬を活用させれば負けにくい将棋ではないかと踏みました。△5三銀と引いたところで搭乗時間になります。

 次にこの将棋に接したのはフランス時間で2日の朝、ホテルでサービスされた日経(2日朝刊)社会面で佐藤棋聖162手で2連勝という記事を読んだ時。この手数だと、後手が一気に押し切ったはずがなく、玉頭でもみ合いがあったのだろうと推測はつきますが、ここまでのものすごい将棋であろうとは。。。

 個別の手については触れないといいましたが、一点だけ。後手は馬の近くで戦うような指し方はできなかったのかな、というところがよく分かりません。68手目の△5一飛と中央を支えてしまうと後手の馬は動きが取れなくなるので、ここは△3四馬と穏便にしてはいけなかったかな、と。2図のように6五で激突しては損にみえますが、佐藤棋聖のことですから例によってものすごい読みの裏づけがあるんでしょうね。。。

 竜王は苦しくなりました。佐藤棋聖相手にここから4勝1敗以上でいかなければならないと考えると暗くなってしまいますが、あんまり計算をせずに次の後手番を頑張っていい将棋をみせてほしいと思います。

 
 


PM 05:09:16 | Comment(0) | [将棋(中飛車)]

2006年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp