せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2006年06月04日  腰掛銀強襲
 5/31のエントリーで取り上げた腰掛銀の後日考察。

 県代表の方を含め強い方々からのコメントでは先手がやれているのではないかとのこと。そうですか。ちょっと意外でした。

 まず▲76歩△34歩▲26歩△32金▲78金にいきなり角を換えることの得失ですが、私は先手に棒銀で速攻をされることを考えると、△8四歩▲2五歩の応酬をしてからの角交換は損な場面があるのではないかと考えています。後手の主張は、通常の角換わりであれば開局早々△8五歩を突かされてしまうところを突かずに済んでいる、という点にあるというのが私の感覚です。プロの間では緑の手順は多くはありませんが、後手側を持った棋士は、森内名人、丸山九段、木村七段、井上八段、行方七段、阿久津五段、飯島五段となかなかのラインアップであり、まるっきりホープレスというわけではないようです。

 次に私が文中で触れた1図で仕掛けずに先手が入城した場合、後手はどうするの?という疑問への回答として、平成5年の王座戦第2局の存在を指摘されました。私はこの将棋のことを失念していたのですが、▲5三桂成に△同銀としたため▲4四歩△同銀▲7一角に対して「△4二飛と普通に応接すると▲4四角成△同金▲5三銀があるので後手は攻め合うしかない。ここでは先手の攻めが成功。」とのことです。△5三同金が正着となるとのコメントですが、▲7一角には△4二飛とすれば▲4四飛には△同飛と取れるということになるのでしょうか。(金で取るのでは同じですから) しかし、▲5三角成△4九飛成▲5九金打と手番を取られてどうするのでしょう。。。

 それから1図で「後手は△6二飛〜△8四歩、△7三桂のような駒組みの方が良いのではと思います。通常の▲2五歩−△8四歩型から▲4八飛と回って仕掛けられる形より後手損してるのでは。」とのご指摘ですが、先に△6二飛と回る形は激指4が得意にしている指し回しで、私もいつもこれに苦労しているので、なるほどと思いました。ただ、後手から仕掛けをしないと結局、先手に本譜のような仕掛けを許すことになります。また後手からの仕掛けが本譜の先手のような手順の場合、「こんな仕掛けで潰れるのか」というそもそもの疑問は解決しないままになってしまいます。

 将棋って難しいですね。

<4763>

 

PM 09:58:39 | Comment(1) | [将棋(角換わり)]

2006年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp