せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2005年10月22日  王将たちの謝肉祭
 図書館にでかけたところ、王将たちの謝肉祭を見つけた。実家にも置いてあるのだが、読むのは10年ぶりくらいだろうと思う。加齢に伴う記憶力の減退のおかげで、一部忘れていたところもあり、それなりに楽しめた。

「美少女棋士今井香子は新幹線の中で、見知らぬ男から一通の封書を預かった。6日後、男は死体となって発見されたことがニュースで報じられ、数日後、香子もまた何者かに襲われた。彼女の危機を救ったのは、兵庫の山奥から行方知れずの父を探して上京していた江崎秀夫。天才棋士といわれた父の血を引いて、将棋の腕前は、素人とは思えないほど冴えていた。封書の中身は「九段の件―」と書かれ、将棋連盟理事長、北村のサインのある念書だったのだ。そして、将棋界の大物、柾田圭三九段の家で起きた第二の殺人!謎の念書に秘められた驚くべき事実。本格派の偉才が贈る感動の異色サスペンス。」

ということですが、サスペンスではないです。殺人が起こる理由も薄弱だし、プロ棋士が3人(升田、大山、中原)以外はまるでボケにしか思えません。あ、違った。羽生さん(作中15歳)も出ていたので4人ですね。

 でも、そんなことは全然どうでもいいんですよね。枯れていく老棋士の晩年が実際とラップします。この当時既に絶滅していたであろう大道将棋への挽歌もあるのでしょう。前ではなく後ろをみており、将棋を無機的に解析しようとする方向性への反発も入っているのかな、とは思ったのですが、主人公の一角を占める江崎の強みはまさにそこにあるので、その辺は濃淡がありつつも偏ってはいないようです。

 他にもいい将棋小説ってないでしょうかね。

<5322>


PM 05:50:39 | Comment(36) | TrackBack(1) | [将棋]

2005年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp