せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2005年10月12日  瀬川−中井戦:終盤
 10日の中井―瀬川戦について今頃ですが、感想を。もうあちこちで語られていて出遅れもいいところですね。

 1図では▲3五歩と玉頭に空間を空けておくのがならいですが、プロの将棋でも結構、これを忘れてしまう事例はあるようですね。中井さんはいきなり▲2五金と出たものだから、△同飛以下混戦に。忘れられないのが2003年の王位戦挑戦者決定戦(▲屋敷−△羽生)で2図から▲2四歩△同歩としてから▲1四銀と切り込めば必勝だったのを逃した対局です。盲点になりやすい筋なのでしょうか。心しましょう。

 進んで3図。瀬川さんはここで△5二玉と逃げたわけですが、△5一玉なら▲2二桂成が詰めろにならないし、上からの圧力からも距離があるしで勝っていたのではないかと思います。以下、▲2二桂成△4七銀不成▲6八金と進むのでしょうか。はっきりとはしませんが。。。

 4図で▲5五桂なら勝ちだったそうですが、なかなか思いつきませんね。でも▲3七飛なら思いつくだろうし、それで負けにくいという判断もできたのではないかと思います。以下△3九飛▲5九金△4七桂とかドロドロになり、結論の先送りではありますが、大人の判断ではないかと。本譜は寄せない限りは負けてしまうわけで、時間切迫を考慮すると思い切りがよすぎたきらいがあります。

 四戦終わり、予想された2人には勝ち、いよいよ胸突き八丁ですね。ここまでの四戦をみると、ものすごく強い、プロになって当然という感じが充満しているとまではいえないものの、プロになっても最下位に沈む感じもありません。高野五段、長岡四段が相手ですが、先番を恵まれれば十分以上のチャンスはあるでしょう。


(午後9時追記)
 森下九段の解説がアップされていました。
 △5二玉については言及なし。▲3七飛については同意見でした。△4七角(△4九角の代わり)は私も考えたのですが、精算した後先手玉が5六に逃げ出すとどうかなあ、と思っていました。

 この形の元愛用者として、とても勉強になる将棋でしたね。

<7650>



PM 08:26:09 | Comment(18) | TrackBack(0) | [将棋(横歩取り)]

2005年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp