せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2005年10月08日  千日手を巡る謎
 将棋世界11月号で藤井九段はこう語っています。

「一度羽生さんとのタイトル戦でわざと千日手にされたことがある。平成12年の王座戦第2局、先手で僕が負けたんですよ、第3局はこっちの後手番なんだけど、あっさり千日手にされた。指しなおし局でまた第2局と同じ戦形にされた。まだ第2局の修正ができていないと見たんだと思う。すごい勝負術だなぁと思った。」

 この王座戦5番勝負における機微がどういうものか確認してみました。並べてみた瞬間に分かりましたが、先手藤井システムを巡る超有名局でしたね。

 1図が分岐点で1999年の王座戦第2局では藤井竜王が▲1四歩と味をつけてから総攻撃に入り、第3局千日手指し直しではこれを省いて攻撃開始。この違いは何かというと前者では△同歩▲4五歩△8六歩▲同歩△7三桂▲5六銀右△2四歩▲4四歩△同銀▲4五歩△5五銀▲同銀△同歩▲同角△4四歩▲同歩△5四金▲8八角に2図の△5五歩が可能になるため先手の攻撃はストップしてしまうが、同じように進めると後者では持ち歩がないために先手がよくなる、という点にあります。ゆえに△7三角と変化し、▲4四歩△同銀▲4五歩△3三銀▲同桂成△同桂▲4四歩△4二金引▲3五歩△同歩▲6四歩△同角▲5六銀左△1九角成▲6三飛成で先手がまずまずの局面。

 この形は深浦八段の「最前線物語」36ページ以降に詳しい解説があり、普通の居飛穴党や四間飛車党にとっては教養問題の範疇に入る内容です。藤井九段がいう「修正」がこのことなのかどうかははっきりしませんが、1筋を突き捨てるかどうかは大違いなので多分、そうなのでしょう? 羽生さんが、この修正ができていないと思って王座戦第3局を敢えて千日手に持っていったというのは「本当か?」と普通は思うところです。なぜって、

・ 先手番の第3局をしっかり勝ち、後手番になる第4局を勝てばいいわけで、わざわざ第3局を千日手にする必然性がない。もちろん、時間をあけると藤井竜王側の修正ができてしまうというかもしれないので、この時点で第2局を再現させようというあやはあるかもしれないが。
・ でも、この修正は割りと目に付くもので、藤井竜王がそこを怠っているとは常識的には思わないのではないか。感想戦で意図的にスルーしても、家に帰るまでに何か考えそう。
・第2局は9月8日。14日に藤井竜王はB1順位戦を中原永世十段と戦っているが、これが全く同じ戦形で1図から▲4五歩と仕掛けている。この情報を羽生さんが聞き漏らしていたとは思えない。

 当時の将棋雑誌には、この辺の経緯はどういう風に書かれていたのでしょうか。私は当時、日本にいなかったので事情がよく分からないんです。

<3878>





PM 04:40:31 | Comment(618) | TrackBack(0) | [将棋(四間飛車)]

2005年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp