せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2005年07月28日  先手必勝神話
 最近の好調を反映してか、このところ佐藤棋聖関係の観戦記が多いです。今日、東京新聞で王位戦挑戦者決定戦の掲載が終わったので、この将棋を検討してみました。

 まず、1図で▲1八飛としたのが気づきにくい発想です。これはこのまま1筋から攻めようというのではなく、▲4六銀+▲3七桂の理想形構築を優先するために△4五歩に備えたもの。飛車は後ほど3八に再度移動をします。

 観戦記には2図で△4二銀右は▲3七桂△2四銀▲3八飛△3三桂に▲1八香(2図)で先手作戦勝ちとの解説がありました。実は、私もこれと同型ではないにしても先手方の攻撃陣をよく持つので反応するのですが、△3三桂と跳ねられてしまった時の攻略法をよく分かっていません。仮に後手が△9三香と手待ちした場合にどうするのかを考えてみましょう。

 ▲3五歩から仕掛けるのは、△同銀▲同銀△同歩に▲2五桂なのでしょうか。私の力では、攻め切れる気がしない。却下。▲5五歩△同歩で角道を止めてから▲2五歩△同桂▲同桂△同銀▲3五歩だとどうだろう。△同歩▲同飛で、△3四銀▲3八飛△3三歩に▲3五銀(3図)ならそんなに悪くないだろうか。でも、勝つ自信もそんなにない、というのが正直なところです。私は後手で矢倉をやる羽目になったときは、この形に誘導するようにしているのですが、それほど後手の勝率は悪くありません。

 2図で先手の指しよさを感じ取るためにはかなりの実力が必要ではないか、と感じます。トッププロは1筋を詰めているし、8五桂も質であるし、後手の主張点はないでしょう、というわけでひと目先手の勝ちを予感するのでしょう。しかし、アマはそうではない。この辺が特に際立った差なのです。

<5136>




PM 08:52:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | [将棋(矢倉)]

2005年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp