せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2005年07月26日  佐藤康光、棋聖戦4連覇
 本日行われた棋聖戦最終局は佐藤棋聖が後手番の不利を乗り越え、天敵の羽生四冠に快勝し、4連覇を達成しました。内容も駒がどんどん前に出ていく力強いもので、今期の好調ぶりを象徴しています。

 将棋は後手一手損角換わり対先手の棒銀。この一手損角換わりは内容的にはそれなりに戦えていると思うのですが、主要対局での実績はさっぱり。「これは羽生さんの勝ちかなぁ」と思った私ですが、佐藤棋聖の指しっぷりは想像を絶するものでした。

 普通、右玉をする場合は「まともに矢倉に立ち向かってはダメです。かわしてすかしてポイントを上げることが大切です」(by羽生善治(当時二冠)、1月に行われたNHK杯戦対佐藤棋聖戦の感想において)としたものですが、佐藤棋聖の場合はそういう指し方はできない人なのか、まず1図の△3五銀。これ自体は、想像できなくはない手ではあります。以下▲2六銀△同銀▲同飛で先手も銀をさばけはしましたが、後手を引いてしまいます。△5八角▲6五歩△同歩▲8二銀で2図。▲8二銀は「桂馬が跳ねるようなら▲7三角と打ちますよ」という趣旨なのでしょうが、何かイマイチな印象を受けます。桂香を2枚とも拾える可能性はゼロですから。

 これに対する△6四銀の強硬ぶりはどうでしょう。玉が6筋にいなければ普通に発想できますが、この形で銀を立つ人はあまりいないのでは。ですが、その後の進展をみると勝利を呼び込む一手ではなかったかと感じます。2図の局面をよくみると、先手からの攻め手が見当たらないのでこういうこともできるのでしょうね。以下、6筋の位を利しての猛攻が炸裂し、先手右翼の飛車が動く暇を全く与えずに押し切りました。

 羽生四冠の敗因はなんでしょう。どこかで▲2四歩〜▲2二歩で飛車を動かして▲8二角はなかったのか、と考えます。
、ぃ吉角に対する▲6五歩に代えてはどうか。▲2四歩〜▲2二歩で飛車を動かして▲8二角は△2五歩が厳しいのでダメでしょう。
△修谿柄阿世箸垢襪函飛車が2八にいる時がよいので△3五銀と出られる直前の▲5六歩に代えてはどうか。

 へぼの手には負えないので、観戦記を待ちます。

 これで29日の王座戦挑決次第では17番勝負になりますが、相手は今期絶好調の深浦八段。これも普通の話をすると、一度勝率7割を割ると後はじりじりと後退していくものですが、今期13勝1敗の彼は再度の7割超え。楽しみです。

<6289>


PM 10:11:39 | Comment(15) | TrackBack(0) | [将棋(角換わり)]

2005年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp