せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2005年07月22日  「やっぱり変」 王位戦第2局
 昨日の時点で早くも「先手の勝利は間違いなし」と思っていた私ですが、おかしかったのですかね。自分では、必ずしも封じ手時点の形勢判断が不合理であったとは思えないのですが、将棋は羽生王位の仕掛けに上手く対応した佐藤棋聖が、先手の歩切れを衝き、勝利。2連勝です。

 年に1回くらいは起承転結がはっきりしない将棋がトップレベルでも発生することがあるのかもしれないのですが、この将棋はその1回なのでしょうか。理解できないことが多すぎます。

 まず封じ手でいきなり▲5五歩と先手が仕掛けます。完全な銀冠にはしないまでも少なくとも▲8七銀は指すだろうと私は予想していました。本譜の方が玉の退路を8七に確保したという意味があるのかもしれませんが、角頭が寒い。何より、急いで仕掛けなくても、先手には陣形強化策はいくらでもあるのに対し、後手にはせいぜい、左銀か左金を6三に運ぶとか、飛車を2一に引くとかくらいしかないので、普通に駒組を進めて支障はないと考える(もっと正直にいうと、私は玉を固めるのが好きなのです)のですが、後手に右玉みたいな待機策を取られるのがいやだったのかもしれない。まぁ、適当なことを書いているわけですけど。

 進んで、5筋に歩を成捨て。角単騎ではいくらなんでも後手陣攻略は無理です。▲4五桂打の狙いなのでしょうが、桂損した代償が僻地の香車と馬製造ですか。自玉が堅ければそういう指し方もあるのかもしれないけれど、既に玉頭は抗争地。金を引き出したのもこうなると良し悪しで、先手の通常であれば好形のはずの4九金は立ち遅れの象徴、中央の主戦場に移動した飛車もむしろ当たりがきつくなるのみで、本来はプラスになるはずの手が全てデメリットになっています。

 投了図で投げるのか、という思いもあります。でも、▲7六香△同銀▲6六馬△6五銀▲7五馬△7四香は明らかに敗勢ですし、とはいえ、どちらかの金銀をむしられてはもちそうもありません。8八銀型が祟っています。

 実質飛車落ちのまま王位戦2連勝。これは佐藤棋聖が強かったのか、羽生王位が滅多にないほど不出来だったのか、私には後者ではないかと思えるのですが、これほど観戦記が必要な将棋も珍しいでしょうね。

<5862>


PM 08:11:03 | Comment(90) | TrackBack(1) | [将棋(向飛車)]

2005年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp