せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2005年05月31日  相横歩(森内−三浦)
 棋聖戦準決勝の森内名人−三浦八段戦は相横歩▲7七桂型。どうしてトップ棋士が総交換型ではなくこの形を選ぶのかなぁ、とせんすは訝しい思いですが、案の定というか後手に主導権のある推移。へたれの分際で生意気ですが、研究魔の三浦八段相手には総交換型で決着をつけるほうが得策ではないか、と申し上げたいです。

 それはさておき、この将棋。ここまで観戦記を読んできても「のんかぴすこ」。今回の観戦記者は勝又五段なので、いつもの産経観戦記執筆陣とは段違いに解説してはいるのですが、それでも分かりにくい将棋です。

 第1図。森内名人は▲8六飛と飛車交換を回避。「▲同飛△同歩▲9五歩と端を狙ってよしの予定だったが、△7五歩とされると先手が悪いことに気がついた」そうです。なるほど。でも名人の後悔として「飛車交換に備えて▲6八玉としたのに飛車交換できないのではおかしい」という記述もあるのですが、△1二角型の場合は7八金を銀か玉で支える必要があるので▲6八玉がおかしい、といわれても、へぼアマは困惑してしまいます。

 第2図の三浦八段の感想にもびっくり。本譜は端に備える△8二銀だったのですが、「△6四歩の方がよかった」というのです。なるほど、先手の角の行動半径はかなり狭いのでありえますが、飛車の横利きを消して自玉のこびんを開けるとは私には一生かかっても思いつけそうもないです。

 第3図以下が今日の棋譜で▲4四角△8五歩▲1一角成△3四角▲3五金となりました。この将棋の勝者は後手であることは知っていますが、並べているうちに「あれ、先手好調なのでは」という印象が強い。観戦記でもそのように書かれていますが、名人の感想は「金が重い」 ひえ〜。だって後手玉の右側は重症の壁だし、少々の重さなど平気だと思うのですが。。。

 結局、今日の指了図(省略します)では先手優勢だと思うのですが、どうなのでしょうか。

 <4101>


PM 09:13:48 | Comment(15) | TrackBack(0) | [将棋(横歩取り)]

2005年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp