せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2005年04月07日  朝日OP、羽生先勝
 今日、行われた朝日OP五番勝負第1局は羽生朝日(この称号、違和感巨大)が快勝しました。序盤から、非常に意欲的な指し回しでした。感想によれば、11手目以降、山六段は苦しいと思っていたそうですが、そうとしても、よりよいあやがなかったのか考えてみます。

 まず▲3四角と直撃を狙われた局面なのですが、△2四飛と催促するものなのでしょうか。角を切られた局面を考えると後手の飛車は下段に留まった方が守備力があると思うのです。とはいえ、放置すると▲2三歩があるのでだめか。玉側の金を奪われては普通、勝てないとしたものですが、△8二玉としては? ▲2三歩なら△4三銀打。。。クソ粘りモードですが、羽生四冠なら粉砕するでしょうね。

 この局面の前で、金銀交換に持ち込まれ、先手の金が4筋にいるのに、後手の銀が2筋にいましたが、この時点で早くも後手苦戦の形勢とは思えたわけです。序盤に問題があったのでしょう。

 「70手目の△同飛が悪かった」というのはその通りだと思いますが、△4九角で△6七角ともたれるのはだめですか(金を温存しておく必要があるので)、そうですか、だめですか。(▲3一飛△4一金▲1一飛成△7六角成に▲6五銀くらいですね) でも、本譜は▲4八飛が激痛を通り越しているので、もういけません。

 ところで今期五番勝負から、千日手に関する規定が一部改正され王座戦のような「一局完結方式」に変更されたということですね。となると、あの森内名人の提言による番勝負の千日手規定の変更は、棋士総会や理事会マターではなくやはり主催者マターだったということですか。(アンケートが後押ししたにしても)

 一体、誰が何を決める権限があるのか、去年の提言以降の推移を振り返ってみてもよく分からないですね。まぁ、森内名人の意向通りになったので私にとってはもう終わりつつある案件ではあります。

<4126>


PM 10:01:40 | Comment(12) | TrackBack(2) | [将棋(向飛車)]

2005年04月07日  ベリサリウス(2)
 北アフリカ、イタリア戦線で大功をたてたベリサリウス。しかし、彼の人生はまさに砂山を詰んでは崩されるの喩えがふさわしいものでした。

 彼の手腕が水際立っていただけに、ユスティニアヌスの嫉妬をかき立てました。なんといっても現実に皇帝推戴の動きまであったのですから。妻のアントニナは浮気癖が直らず、ベリサリウスの足を引っ張ります。なぜか皇后テオドラは彼を憎悪し、ユスティニアヌスの心の闇に毒を吹き付けます。ちょっと私には理解できない人間関係なのですが、テオドラとアントニナは極めて親密なのですが、なぜ友達の夫を中傷しまくるのでしょうか。

 ペルシャ戦のために東部への移動をしようとするベリサリウス。しかし、妻のアントニナがこともあろうに夫妻の名付け子と浮気。これで仕事に力の入る男がいたらお目にかかりたいものです。しかもテオドラはこの浮気を側面支援する始末。なんか爛れていますな。この件も色男の死亡で一件落着し(ひょっとして毒殺か?)、ベリサリウスはペルシャ戦線を何とか押し戻しますが、また一難。

 ユスティニアヌスが病に倒れます。この時、東部戦線にいた将軍達は「後継皇帝は軍隊の同意する人物であるべし」という協議をしたという噂が流れます。この時期の帝国国制上は無理な話(元老院が選び帝都市民が承認するのが皇帝推戴の手続きであり、軍隊はそれを歓呼して受け入れるだけの存在)ですが、テオドラは過敏に反応。関与したとされる将軍の一人を28ヶ月完全な闇の中に監禁して廃人にしますが、やはり関与を噂されたベリサリウスにはこういう手荒い真似はできません。彼を査問会に召還し事実上の軟禁。私財没収、地位剥奪。彼の名誉は汚されます。テオドラも権力維持に関しては結構、手荒いですな。

 しかし、彼が去った後のイタリアは東ゴートが再起し、再び泥沼。不敗の名将をいじめて遊んでいるような状況ではありません。そういえば、自由惑星同盟という国でも同じようなことをやっていましたね。時代に関わりなく、あまりにも有能な軍人の境遇というのは似たようなもののようです。ユスティニアヌスが本復したこともあり、彼は財産の「一部」を返してもらい、以前よりも「下」の役職をもらいました。全面回復ではないの? 私だったらもうぶちきれますけど、彼はそういうことはしません。以前よりも限定された権能の中でも彼はいい仕事を続けます。

 最晩年に至り、またもや謀反の疑いをかけられ、ユスティニアヌスが彼の無実を再度信じた頃にはその寿命が尽きていました。悪妻アントニアは天罰が下ることもなく、余生を全うしたそうです。ふざけるな。

 結局、使い勝手のいい人だったのでしょうか。ユスティニアヌスが彼のことを真に信じきっていたら私は10/10をつけてやったのですがね。劉邦が韓信を処刑した時と違い、狩りをしなければいけないウサギは山ほどいるのですから、信任できなくても信任したふりをして使い切るしかなかったと思いますよ。

 ベリサリウスは皇帝になったからといって将軍としてほど有能だったかどうかは分からないですから、後世の評価が絶大であることに慰めを見出したい、というのが私の気持ちです。


PM 09:39:34 | Comment(24) | TrackBack(0) | [歴史]

2005年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp