せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2005年02月23日  週刊将棋の瀬川氏プロ入り問題特集
(長いです)

 2月23日号は瀬川氏プロ入り問題で特集が組まれています。私の考えは以前申し上げたように、「特例はだめ」「せっかくの話題だからイベントに仕上げて集金するようにせよ」というものですが、編集長の小川氏は「プロの増加は棋士の収入減につながるだけに難しい問題だ」と全く拡大均衡からかけ離れた発想にとどまっています。

 これをもって、「発想が小さい」とか批判することは簡単なのですが、将棋連盟の人々がそうならざるを得ないくらい、昨今の経済情勢の中、スポンサー関係が難しいのでしょうか。

 そうなると、将棋界の先行きはかなり暗いといわざるを得ません。しかし、一方で、羽生三冠、渡辺竜王などタレントも多く、日本経済自体もまた不況に再突入?と先週報じられはしたものの、一時の苦境は脱しており、全く打つ手はなしとは思えないし、思いたくはないです。

 集金装置ということであればネットの有料中継拡大がひとつありますが、竜王戦倶楽部の満足に程遠い運営ぶりをみるにつけ、実はそういうことすらこなす力量が業界にはないのでは、という思いもするのです。これもそうあってほしくはないのですが。

 力量といえば、やはり特集の中に編集部記者氏の文章に「プロ棋士四段になるには決められた年齢内に奨励会を卒業する――。これが現行制度の大原則。例外を認めないことで、プロの権威は保たれている」とありますが、これはどうでしょうか。プロは強くて、その強さを分かりやすく見せてくれるからこそプロであり、なったプロセスによって権威を発揮しているわけではありません。(少なくとも私にとってはです)

 職団戦にいくとプロの指導対局がありますよね。プロといっても峠を遥か前に越えて3合目まで降りてきてしまった人ばかりなのですが、仲間とこういう会話を交わしたことがあります。

せんす「指導対局申し込んでみたら」
A  「いいですよ」
せんす「平手で勝てるかもしれないよ」
A  「勝っても自慢にならないですよ」(おいおい)
B  「この間、K七段と平手をやりました」
せんす「勝った?」
B  「いや、負けたんですが。。でも序盤で角道を開けあって、▲1六歩と指したら『エー、そんな手があるの、驚いた』なんていっているんですよ」

 AもBも24では2200くらいの普通の強いアマですが、こういうことを瀬川氏にはいわないでしょう。加齢により実力が落ちるのは仕方がないにしても、プロである限りは将棋へのコミットを続けてほしい。それは、アマの知的渇きを満たすという点が何より第一です。

 指し手に限らず、色々な知的な渇きに十分応えられるようになれば、お金も落ちるようになるのでは、と思うのですがいかがでしょう。

(以下、本題から大きくずれます)
 お金を落とさせる、となると、現行の棋戦制度から離れた指名試合も手っ取り早いですね。今のままでは羽生−渡辺戦というのは、渡辺竜王が王位リーグを勝ち抜いて王位挑戦をしない限りは向こう半年は実現しません。

 それほど以前に戻らなくても、「この対戦カードがみたいな」「じゃあ、組もう」という乗りで、有力棋士の対局は組まれたことがありました。(有名なのは塚田−升田ですね) スポット棋戦であれば、スポンサーもつきやすいし、カードがよければネット収入も稼げるのではないか、なんてことを考えました。


<4092>

PM 11:47:26 | Comment(34) | TrackBack(2) | [将棋]

2005年02月23日  王将戦第4局
 王将戦第4局の結果が載った2月16日号の将棋世界をようやく読みました。

 概ね、このエントリーこのエントリーで書いた内容と大差ないので、それは安心したのですが、それでは後手の森内名人の構想はなんだったのか、というところがよく分かりません。とにかく穴熊にして戦おうというだけだったのか。2年前の王将戦第4局の佐藤王将(当時)の負け方とラップしてしまいます。

 記事を読んでいると、「先手の狙いは銀冠の形から9筋を逆襲すること。それが明らかになると、控え室では羽生の構想力に感嘆の声が上がった」とありました。“本の通りにやっているだけだと思うのですが”と心の中で突っ込みを入れると、同じ様なことが記事にも。してみると、控え室の棋士や記者が島ノートを知らなかった、ということですか? 控え室の棋士というと正副立会人以外に熊本まで行く棋士はいないだろうから、なんとなく納得できなくはないです。正立会人は昔ファンだったんだけどなぁ。。。

 解説を読む限り、9筋位取り四間飛車穴熊に対し先手がこの作戦を使うと必ず本局のような形には誘導できそう。先後が逆でも大きな影響はなさそうです。

 将棋関係の各ブログをみにまわると、皆さん、最近、更新をされておられないようですが、きよきよさんのところでこのようなエントリーがありました。島ノートが実は定跡本の宿命から逃れられずかなり作っているのではないか、という思いはあって、P.390以降の手順については自分でも随分と考えたものですが、これについては具体的な穴を私の力では発見できなかった。どうなんでしょう。

PM 11:12:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | [将棋(四間飛車)]

2005年02月23日  誰にでも秘密がある
 妻の知人はこの映画を見てがっかりしたといっていましたが、私はそれなりに楽しんだ。この映画の時点で4本目/フライトなのでこういう軽めの作品の方がよかったのだろう。

 現在、放映中の韓国ドラマが「重い、交通事故、出生の秘密、失明、近親相姦疑惑、二股」で特徴付けられているというと言いすぎかもしれないが、傍で聞いているものとしてはそれが実感。そういうのに比べると、たまには軽い料理も食べたくなる。

 イ・ビョンホンはやっぱり格好いいですね。奥さま方の人気を集めるのも無理はありません。

 三女(キム・ヒョジン)をゲット→次女(チェ・ジウ、相変わらずのブスメイクでスタート)に粉かけつつ長女(チュ・サンミ)にも粉かけ→キム・ヒョジンと婚約→チェ・ジウ、泣きまくるも、宥めすかされ陥落→結婚式当日、チュ・サンミ陥落 

 三姉妹同時進行形ということになりますが、ある程度そのことが当事者に分かっていても苦情が出ないのは男性が彼だからですよね、としかいいようがない。三姉妹以外の人々も彼のことが大好き。そこをぶーたれる人はこの映画をみない方がいいです。美人三姉妹が攻略される過程と彼女たちの変貌ぶり(特に、長女と次女)を楽しんでください。どうでもいいんだけど、チェ・ジウは舞台挨拶の時が一番華やかで、映画の中でもあれくらいの艶やかさを見せつけてくれれば、「変身したなぁ、この人」と感じたのでしょうが、その点ではやや不十分だったように思います。

 採点は6/10。面白いけれど、そのくらいの映画だと思います。

PM 11:02:37 | Comment(17) | TrackBack(0) | [映画]

2005年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp