せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2005年01月16日  NHKテキスト
 いつもみにいっている「と金通信局」に「NHKテキストは読まないので」とありました。

 前に、家、会社の近くの書店には近代将棋を置いていないのでもう10年以上も読んでいない、という話しをしました。それに比べるとNHKテキストは普通の書店ならたいてい取り扱っているので、せんすはこの2年ほどは購読しています。

 テレビをみていた時には思いつきもしなかった筋が紹介されていることもあるし、そもそも形勢の認識が放送時とかなり違っていることもあるので、確認をしたくなりました。前期NHK杯の中原−鈴木だったと思います。放送中は中原快勝みたいな感じだったのですが、実際には鈴木にかなり分があったというテキストの観戦記を読み、購読の必要を感じました。

 また、タイトル戦の解説も将棋世界とはやはり別物、ということがあるように思いました。この種の最初の事例は、(私にとっては)2003年の王将戦第1局(佐藤−羽生)だったかな。あの将棋は先例から離れて直ぐに佐藤王将(当時)に敗着が出てしまった将棋ですが、正着を指した場合の変化が随分ディープに書かれていたのです。

 少なくとも初心者向けではありません。情報が将棋世界に比べると一層遅いというところはありますが(放送日にあわせているので仕方ないでしょう)、価格も安いので一度はご覧になってもよいかと思います。

PM 11:37:37 | Comment(25) | TrackBack(0) | [将棋(四間飛車)]

2005年01月16日  清水先勝
 中継の更新が頻繁でなかったこともあり、またほぼ一日をビザンチン関連サイトをお猿のようにみていたこともあり(日本語の文献が次から次と出てくるのが嬉しかったのです)、あんまり真面目に検討できていません。

 大将棋だったようですが、図の△1六角は疑問手だと思います。ではどうすればよいかですが、ここは真面目に考えてみました。先手は2枚の攻めとはいえ、各筋に歩を使えますから、後手にしてみると振りほどけるのかな、とやや鬱な感じです。

 よく考えてみると、積極的ないい手はなさそう。上手い手渡しをして手順に自玉上部を厚くできればいいのですが、そのためにはどうすればいいんでしょう。1四歩が鬱陶しいから取り払っておくくらいなんでしょうか。

 急所なら何か記事が出ると思いますので、まったり待たせていただきます。

<4806>

PM 07:30:36 | Comment(23) | TrackBack(0) | [将棋(相掛かり)]

2005年01月16日  女流名人戦第1局
 普段は女流棋戦のチェックをほとんど入れていないのですが、清水市代−千葉涼子ということで興味をひかれて、実況サイトに行きました。途中図は第1図ですが、前からこういう指し方もありかな、と思っていたので取り上げる気になりました。

 前にも書いたかもしれませんが、後手番のときせんすは横歩を取ってもらわないとすごく気分が悪くなってしまいます。相掛りの後手の指し方については一通りは知っているのですが、どうも自分には合っていないというか。特に中原流の▲3五歩〜▲3七銀の仕掛けはあまり好きではない。どの辺があっていないかというと、後手玉があまり堅くならない所がいやなのかと。先手が仕掛けてこないのであればどんどん自陣の陣形強化を図れる、というのであれば待ちがいもありますが、どうもそういう将棋にはなりません。

 前期王座戦の予選で第2図が現れました。その時の観戦記に「旧型で対抗するのが意外に効果的」という記事があり、実際、この将棋も途中までは清水圧勝ペースだったのです。そこで、自分でも一度採用してみたのですが、雁木という囲いは手がつくと結局はお豆腐でしかなかった。そんなわけで、初手が▲2六歩と相掛り指向のありそうな相手には一手損角換わりを仕掛けるようになりました。

 そういう経緯があって第1図以降の棋譜をみると、菊水矢倉に千葉は組んでいますね。ここまで組めるなら後手をもってもいいかな、とようやく思えるようになります。これで後手が勝つような実戦採用します。

PM 01:56:09 | Comment(9) | TrackBack(0) | [将棋(相掛かり)]

2005年01月16日  早速購入
 評判がよかったので注文。

 ビザンチン通史ではなくマヌエル1世の時代に特化しているということ。私はこの皇帝はかなり好きですが、逝去後の帝国崩壊があまりにも凄まじく、この人に関する事蹟を読んでいると悲しくなります。

 まぁ、この国の歴史については、どれほど偉大な皇帝、政治家、宗教家を取り上げても、その後の転変をみれば涙を禁じえないものばかり。以下、勝手に人気投票。

1位 Basileios Bulgaroktonos (976-1025)
 この国に限らず、全世界史を通じても軍事・政治に関しては最強の皇帝のひとり。もし、住む時代と場所を一つ選べといわれたら、1020年頃のコンスタンチノープルをせんすは選びます。1014年にブルガリア人捕虜に対する行為(1万5千だかの捕虜を100人ごとに分け、1人を残して両目をつぶし、残った1人は片目をつぶした。そして片目の者1人と盲目の99人からなる敗残兵を敵の皇帝の宮殿に送還。かつては輝かしかった自分の軍隊の変貌を見て相手の皇帝は卒倒、2日後に死亡)はどうか、と思う人はいるでしょうが、それまでの抗争があまりにも激しかったんでしょう。(12/10、専制君主として期待されるレベルを超えたできすぎた皇帝)
 統治のためには己をどこまでも空しくできる彼が、なぜ?(ここのところを大書したいビザンツファンは多いはず)妻帯し、子どもをつくらなかったのか。もしくは有能な後継者を育てなかったのか。

2位 Herakleios (610-641)
 統治31年の内、実働は10年くらいか、この人。この後、資料が揃っていないのでよく分からない。働いていた時の事蹟は伝わっているんだが、そうでない時のことがさっぱり。

帝位奪取、あほな前任者処刑、結婚と輝かしいスタート→なぜか怠ける→奮起→アラブ人がやってきた/「さらばシリアよ」→全て失う、さらに恐水病→死後、近親相姦婚の妻と子どもがそれぞれ舌と鼻を切断刑

 これを読むと努力の空しさに顔を覆いますね。そういう風に思ってはいかんのですが。頑張っていた時は本当に素晴らしい支配者だったので8/10

3位 Johannes Tzimiskes (969-976)
 偉大な皇帝ですが、前任者(Nikephoros Phokas)
を暗殺した時の振る舞いがあまりといえばあまりだったので、ファンの間の人気はあまりないようです。(死体に蹴りを入れまくったわけです) せんすは他の事蹟が非常に優れていると思うので、まぁ目をつぶります。支配者に必要なのはそれこそ「しっかり支配する」ことであって、帝国庶民にとってはその他のことはどうでもいいです。(あんまり奥さんをいじめると評判が悪くなるので注意) 9/10

4位 Leon 掘 717-741)
 上の3人は多分、高校生の教科書には出ていないと思いますが、この人は聖像破壊した皇帝ということで取り上げられているのでは。ミッション系の学校ではどういう風にいわれているんでしょうか。気になります。

 最初に壊しにいった聖像がコンスタンチノープル市民の尊崇の的だったイコンがものすごい。当時、コンスタンチノープルにはChalkeという建物があり、ユスティニアヌスやベリサリウスやテオドラのモザイクがあり、周辺を帝国に負けた各国の王がごめんなさいをしているといったものもくっついていたのですが(イタリアのラベンナにある有名なモザイクとまぁ同じようなものだと思います。ラベンナのモザイクは本当にきれいでした)、その建物の表には大きな扉があって、巨大なキリストのイコンがあった、それを壊しにいったわけです。いった役人はその場で市民に殺されてしまいます。

 この試みの是非はともかくとして、国家再生のために必要と思ったことを命をかけてもやろうとする姿勢は支配者としてマストかと。8/10

 4人書いてちょっと疲れた。次のときは「嫌いな皇帝」でも書きます。

AM 09:25:38 | Comment(585) | TrackBack(0) | [歴史]

2005年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp