せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2005年01月02日  箱根駅伝
 箱根駅伝が盛り上がっている。客観的にみればただのローカルな大会でしかなく、記録のレベルもどうってことのないのだが、「イベントの少ないお正月に行われ」「出身校が出ている可能性が高く」「箱根の山登り、山下りが期待させるハプニング」「将棋のタイトル戦のように二日制」などの特色により、なんとはなしに流れをフォローしようという人が多いのではないか。新聞各紙のWEBでも実況中継をしていますね。参加している選手にも箱根で走ることが大学生活における最大の目標、みたいなことを話す人も多く、意気込みを感じさせます。
 
 だが。 

 予め申し上げておきますが、このエントリーで書こうとしているのは、駅伝賛歌では断じてありませんので、駅伝の好きな方はパスした方がいいと思います。

 10年ちょっと前、11月下旬のことだが、私は神宮の絵画館のあたりに黄色づいた銀杏並木を眺めに妻とお出かけをした。銀杏拾いをしに遊びにきた人も多くて辺りは賑わっていた。しかし、そういう平穏で美しい週末の風景をまともにかき乱す一団がいた。某大学陸上部中長距離陣が外周の歩道で練習を繰り広げていたのである。あたりは国立競技場だとか東京体育館もあるし、ジョギングをする人がいてもおかしくはない。でもですよ、数十人単位で歩道上を疾走する連中とそれを大声で激励する女子マネかなんか知らないけれどそういう連中が構成する集団というのは、傍目にははっきりいって気持ち悪い。それ以前に、外周道路は中側から出てくる人にとっては植え込みもあり必ずしも視界がよくないので、歩道の内径をものすごい速度で走ってくるランナーにお年寄りがぶつかりそうになったりしている。女子マネ連が「○○○大学の練習中で〜す。お気をつけ下さ〜い」と大声で警告を与えているのだが、警告すればいいようなことか?

 車道を死ぬ気で走るか(下手なちゃりんこよりも速度があるわけだし)、でなければせめて歩道の外径側を走って少しでも衝突のリスクを減らすべきである。そもそも公のスペースでなにかをしようというのであれば、一般公衆に迷惑(この場合は怪我等の危険も多い)をかけるようなやり方でのさばるのは不適当である。練習場所を求めるのであれば、大学に戻ればよい。小さな子どもがランナーにぶつかりそうになったのをみて、私は黙っていられなくなって、近くにいた女子マネにいった。

「君達、どうしてもここでやらなければならない理由でもあるのか? 今日は人出も多いし、かなり危険だと思うが」
「私たちはいつもここで練習をしています。駅伝の大会も近いのでお願いします」

 この一点張りである。「いつも練習しているから」といって「他人への配慮を欠いていい」理由にはならないし、「駅伝の大会(=箱根)」もほとんどの人には関係のない話である。

 視野狭窄に陥った人になにをいっても無駄だと思ったので、私も諦めざるをえなかったのだが、こういう状況で寸鉄釘を刺せるのが妻である。

「箱根駅伝に出ることがものすごくえらいことだと思ってしまっているんでしょうね」

 正月の東海道の交通を規制し、大会の模様はテレビでフルカバーされ、協賛の各社も多数ということだから、そう思ってしまうのも無理はないかもしれない。もちろん錯覚なんですが。

 駅伝出身者ではないけれど、体育会系の学生で就職面接の時に「自分は○○を4年間一生懸命やりました。○○大会にも出場しました」なんてのりで臨む人も相変わらずいる。4年間体育会活動をちゃんと継続して、大きな大会に出たということは立派なことだけれど、会社はそういうことを特段、高評価しないんですよね。そういう話し自体は面白くも何ともないし、おんなじような話をする人はそれこそあまた大勢ですから。だいたい、アテネ五輪に出た選手の中にもほとんど手弁当で競技生活をしている人は多いわけで、そういう世界レベルの選手に比べても、ただの体育会系学生の競技実績なんてトップからみればどうってことないでしょ。(きつい?) OBに社長がいれば別だった時代もあったかもしれないけれど、今はそんなコネも通用しない。むしろ、「自分は箱根駅伝の運営に4年間関わり、最後の年は幹事でした。協賛各社から新たに○○円のカネを引き出しました」とかいうのであれば、「これは買いかな」とか思う。

 そういう錯覚をしているのは非常に少数派で、大多数の競技者は自分のポジションを相対的にみて謙虚な評価をし、振舞っておられるものと思う。いつかそういう人を目撃して、私の上の体験による多少歪んでしまった固定観念を修正してほしいと願っている。たった一回の経験ではあるが、全ては一期一会、今までのところ修正される機会には恵まれていない。

 正月早々、えらい激辛ですみません。

PM 02:13:49 | Comment(18) | TrackBack(1) | [スポーツ]

2005年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp