せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2004年11月02日  週刊将棋の片上講座
 最近、このブログでもしつこく取り上げている居飛穴対鈴木システムの講座が連載されています。
 とりあえず、今週号の内容は、もう使えないみたい。(先手が居飛穴で▲2五飛と▲4五歩を狙う変化にて先手よしと解説していますね)

 多分、来週は△5三銀と引く変化に入ってくれるのではないかと期待しています。

PM 08:33:38 | Comment(12) | TrackBack(0) | [将棋(四間飛車)]

2004年11月02日  森内三冠
 ふと気がつくと、森内三冠もC1に連敗し、王位戦と朝日OPから姿が消えています。一体、どうしたんでしょうか。

PM 08:30:41 | Comment(12) | TrackBack(0) | [将棋]

2004年11月02日  王将リーグ:久保−佐藤、捌きに屈する
 また悲しいエントリーを書かなくてはならない。

 本日の王将リーグ▲久保八段−△佐藤棋聖戦は久保八段が相も変らぬ絶好調の捌きをみせました。C2の阿久津五段、瀬川アマには負けたものの、最近、羽生、谷川、森内、佐藤、渡辺とことごとくなぎ倒し、ひょっとして「棋界最強?」を思わせる勝ちっぷりですね。翻って佐藤棋聖は対久保戦5連敗、王将リーグ優勝の自力消滅という状況。。。ゆえにこれ以上、状況を語るのはやめます。

 本譜、早石田の久保に対し後手番佐藤は第1図のように押さえ込みを企図しました。角を手放していますが、後手陣は低いし、先手の飛車さえ圧迫できれば自動的に有利になるわけですから、よい作戦のように思えました。ただ、第1図で▲6七銀に対し、せんすであれば直ちに△6四歩と銀の動きの改善にかかりますが、結局見送ります。棋聖戦の丸山−行方についてのエントリーでも書きましたが、右銀の形がこうなのであれば、6筋の歩を突かない、というのは棋理に反しているように感じるのですが、どんなもんなんでしょうか。

 第2図。3筋の位を取ったのですが、私にはいい手にはみえない。こういう大模様は佐藤棋聖らしいとはいえ、アマ二段以上の居飛車党であれば3筋と7筋の位を一個づつとって幸せになることはすくないことは認識しています。例としてはA級順位戦の鈴木−深浦の序盤がそうですが、位に力がありません。先手の角の打ち込みを注意しなくてはいけないこともあり、玉頭方面に位をとってもメリットが薄いと思うのですが、どういう理由でこの手順を選択したのかよく分からないです。

 第3図の△8三銀。控え室ではあるのでは、と予想していたそうですが、せんすには思いつきそうもない。(もとより、こういう陣形は取らないで、思いつけるキャパは最初からないわけです) では、どうなのか、ということなのですが、相手の飛車を押さえ込まなくてはならないのに、右翼の金銀が前に行かなくていいの?と思わずにはおれませんでした。

 第4図で久保がそこそこの時間を使って考慮していた時に、「これでは後手の飛車と金銀の順番が逆では。勝てないなぁ」とせんすは直感。具体的には本譜の▲8五桂も予想できましたが、▲6九飛でもかなり先手がよさそう。(△7六歩なら▲6六金) 

 あとはもう好き放題に久保の捌きが炸裂、早石田の快勝に終わりました。

 5日は頑張って下さい。

PM 08:27:41 | Comment(14) | TrackBack(0) | [将棋(三間飛車)]

2004年11月02日  またもや対鈴木システム
 自分の対局から。頻出の居飛車穴熊対鈴木システムです。1図の△5三銀は四間飛車の急所1の82ページの図と同一ですが、せんすは初めて指されました。これまでは全員が△5五歩でした。

 以下、本の通りに進んで第2図。藤井解説には「いい勝負」とあるのですが、実際に先手を持ってみるとかなり気分の重い局面です。銀桂交換は駒損とはいえ、攻めの銀と守りの桂馬との交換だからそれほど腹は立たないのですが、先手の飛車成りが確定していないこと、7七金がどうも不安定なこと、後手の本陣がしっかりしていることなどいやな材料が目立ちます。

 以下、何も考えずに▲3一角と打ちましたが、△3三角と打ち返され、▲4二角成△同銀▲3四飛に△7七角成とされると、金銀2枚の穴熊はなんとも脆弱でよいとは思えません。本譜はそれでも終盤、追い込んで自玉ゼットで相手玉に何回か一手すきをかけるところまではいったのですが、及びませんでした。

 第1図から第2図の途中で3筋突き捨てを入れておくとか、第2図で5五歩とか、2七飛とかも考えましたが、どれも思わしくないです。

 意外なことにこの形の類似実戦例はあまりなく、昨年銀河戦の中村−羽生(第3図)くらいです。この時はなぜか△8六歩▲同歩△4五歩に▲6四歩△7七角成▲同桂△6四歩▲8五歩と進んだので、私の実戦の参考にはなりませんでした。

 藤井本の持久戦編発売を待つしかないのでしょうが、当分は急戦ばかりなので、せんすにとっては苦しい日々が続きそうです。

AM 12:20:24 | Comment(12) | TrackBack(0) | [将棋(四間飛車)]

2004年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp