せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2004年10月13日  このところの羽生善治
 羽生−三浦のA級順位戦の観戦記が先週末に終わりました。

 せんすがこのブログで感動している▲8六歩については、△同飛には▲4五飛△8九飛成▲7九金△8五龍▲4四飛△同歩▲3五桂で先手がよくなるということです。なるほど。週刊将棋ではこの手についてはさらと触れていただけでしたが、この手、本局はいかにも羽生善治らしくて、全集を将来作るようなら必ず入れて欲しい一局だとまでせんすは思い込んでいます。

 読みの慣性(感性ではない)、常識とかとにかく既成の発想から解放された人だけが着想しうる一手かと。朝日OPの森内の△2四歩と奇しくも場所は同じようなところですが、このクラスだとこういう発想ができるのですね。多分に苦し紛れ、と本人はいうかもしれないですが、アマはもとより並の棋士でも思考がそちらには伸びないと想像します。

 三浦もたっぷりと仕込んできた準備がたったの一手で台無しになり、落胆したのではないでしょうか。「ないでしょうか」というのはこの辺の心理の機微が観戦記では触れていなかったからで、そこのところはかなり心残りがあります。このまま、この手が記憶から消えていくのがあまりにも惜しいので、しつこくて申し訳ないのですが、このブログで再三取り上げることにしました。目の肥やしだったなぁ。

 昨年後半から森内に負け続けていた頃は、強烈な自己主張が影を潜めていたような気がしていました。最近の指しっぷり(この▲8六歩とか先日の王座戦の▲7九角)をみると、ハイペースで集積する白星を数えるまでもなく、好調モード確立と思います。王座防衛を果たした人に今更言うまでもないことではありますが。


PM 10:58:27 | Comment(12) | TrackBack(0) | [将棋(横歩取り)]

2004年10月13日  羽生、王座防衛
 王座戦第4局は羽生が快勝、王座戦13連覇を達成しました。

 本局では、後手番の森内が中座飛車を採用しました。私の記憶では今年は王位戦の対屋敷戦(負け)しか実績がないはずですが、どういう意図だったのでしょうか。羽生は例によって▲3五歩突きの戦形に誘導するのかと思いましたが、古典的な4八銀+3八金型を選択しました。研究一発で決まる可能性があるので、回避したのでしょうか。

 第1図。2000年の名人戦、2001年の棋聖戦5番勝負に出てきた仕掛けです。東大将棋横歩取り道場をみる限りは、後手もやれなくはないように書かれていますが、横歩取り族のせんすですらこの仕掛けは試したことはありません。後手の右桂が跳んでいないのが気に入らないからなのです。とはいえ、名人戦第2局で▲7四歩一発で羽生を沈めた森内がよりにもよって選択した以上、何か策があるとみるべきですが、さてどうだったでしょう。第1図以降、▲2六飛△4四角▲3五歩と進行。東大将棋ではこの▲3五歩を疑問としていますが、羽生はこの手を採用。以後、2001年棋聖戦第4局と同じ進行になり、第2図に至ります。

 この第2図の64手目の△2六桂で先例を離れたのですが、森内が指したことを知らない状態でこれが好手かと訊かれれば、「悪手だろう。こんな露骨な手では将棋は決まらないでしょう」と答える人が多いのではないかと想像します。これが森内の用意した手なのでしょうか、とはとてもいえない。

 以下▲4八金△3八金▲6五角△4八金▲同玉(第3図)△8六竜▲7六金△7三桂▲5六角△2八金と進みますが、△2八金を打つなら△8六竜に代えての方がよかったのでは。つまり後手竜を先手の角で取ってもらえば、3八への利きが消えるため、本譜よりも勝っているのではないかとせんすは考えるのです。

 結局、前例から離れて21手で森内投了になったわけですが、一体どういう構想を描いていたのかせんすには理解不可能です。

 手のことはさておき、羽生2冠保持、反攻の気配が満ち満ちています。


PM 10:47:30 | Comment(12) | TrackBack(0) | [将棋(横歩取り)]

2004年10月13日  横浜「大洋」
 最近、一番面白かったのがここ

 せんすも横浜スタジアム・オープン時代の大洋は割りと好きでしたよ。毎年、期待を裏切らない低落ぶりだったので、さすがに応援する根性もなくなったんですが、それでも90年代はじめまでは横浜スタジアムには時々いっていました。。。

 この人は熱いですね。できの悪い子ほど可愛いという奴でしょうか。

PM 07:47:21 | Comment(40) | TrackBack(0) | [スポーツ]

2004年10月13日  電車男、再び
 あの電車男が本になるそうです。記事はこちら

 権利関係をどうしたのか気になりますが、それはともかく映像化までいくんでしょうか。あれはAAを使っているところが味になっているので、とてもオリジナルの再現にはならないと思うんですよ。

 でも、映像化されたエルメスたんがどんなだか見たい気持ちもありますね。

PM 07:38:38 | Comment(12) | TrackBack(0) | [日記]

2004年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp