せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2004年10月08日  謎の観戦記
 今日もせんすの理解を超える将棋、というか観戦記を取り上げます。お題は棋王戦二回戦飯塚−森内戦、新潟新聞にて連載が終わったばかりです。

 第1図は今月5日の指了図。森内の攻撃が決まったように見えますが、観戦記(大屋順正)はなんとなくまだまだ勝負という雰囲気をかもし出しています。せんすは、何かいい対応策が先手にあるのかなぁと5日から6日にかけて考えましたが、どうにも思いつきません。

 翌日6日。本譜は▲同飛△7九馬▲同玉と進行して、△4九角もあれば△5八飛成もありで、銀桂得とはいえ先手壊滅としか思えません。

 観戦記の解説によると△4九角だと▲5七香△5五歩▲5三歩△同飛▲5四歩△同飛▲7六角△5一飛▲2八飛で受かっている、とのこと。

 でも
1.そこで△7五歩と打たれても、▲6八歩とかで駒の損得がなくなったかわりに形がよくなる、という主張なのでしょうか。
2.▲5三歩に△同銀として、両取りを残した場合はどうなるのでしょうか。

 分からない。△5八飛成▲2四歩△同歩▲6二歩△8六歩▲同金と進み、これはこれで壊滅していると思いますが、観戦記からはそういう気配は伝わってこず、飯塚が懸命の手作りをしているように読めます。まだ、勝負将棋なのでしょうか。これが6日の指了図。

 7日。飯塚が懸命に考慮している様が描写されているのですが、手段はなく(そりゃ、▲6二歩の局面は後手玉ゼットだものなぁ)、72手にて森内の勝ち。どうみても、中盤で森内が圧倒的優勢になり、先手を踏み潰した一局としか思えませんが、そのまま書くとつまらない観戦記になってしまうので、描写を凝らしたんでしょうか?(←すごく好意的に表現したつもり)

 でも2日間にわたって、労少ない局面の考慮で往復の通勤時間を費消した私って一体? 「やっぱり世界で一番無駄なことをしたのではないか?」という思いが浅間山のマグマのようにせり上がってくるのを感じてしまい、やるせなかったです。

 真面目な感想としては、手数をうんと遡って第3図の▲7九角がおかしいのでは。後手の角が7三にいくのであれば有効な着手ですが、本譜のように2二に戻られると後手は要は普通の矢倉中飛車。となれば先手の角は8八にいなくては6筋が薄くなってしまいます。後手の角の行方を確認してから先手角の処遇を決める必要があったのではないでしょうか。


PM 10:07:39 | Comment(12) | TrackBack(0) | [将棋(矢倉)]

2004年10月08日  ◇関西将棋会館インフォメーション◇から 
 さすがは大器。今月の将棋世界の写真、ワイシャツのエリが背広にはみでているけれど、それすらも大器ゆえか、と思わせますね。

「以下引用」
 将棋ソフトを使って詰将棋の余詰めなどをチェックする事は珍しくなくなりました。
 ようやく出来たと言って作品を入力。詰将棋機能で即答されたり、思わぬ詰み筋があったりと、その信頼性は新しいソフトが出るたびに高まっていっています。
 先日、将棋世界編集部の方に聞いた話。
 将棋世界で難しいのが棋力認定問題の「次の一手」の検討。不完全な問 題だと認定にならないので、かなり苦労しているようで、検討役も大変だそうです。
 現在、検討役を務めているのが宮田敦史五段。「スーパーあつし君」の異名通りありとあらゆる変化を読み尽くし、検討役をそつなくこなしているそうです。先日、ある詰将棋の問題をPCソフトに解かせていたところ、その場面 に通りかかった宮田五段が、「あーこれはこうしてこうして余詰めですね。」、
 パソコンの画面には詰みましたと出ているのですが、宮田五段の読み通り に進めてみると、その順で余詰があったそうです。
 まだ、現在のソフトでは完璧ではないそうなのですが、それにしてもそれを 事も無げに指摘するとは驚きです。
  若手三羽カラスとして、渡辺明五段・山崎隆之五段と並べて取り上げられ る宮田五段。実績的にはまだまだ二人に比べて、見劣りしますが、そのうちにすぐ追いついてくるような、そんな予感を十分に感じる事が出来るエピソードでした。

PM 09:56:28 | Comment(12) | TrackBack(0) | [将棋]

2004年10月08日  決まり文句
「訴状を見ていないのでコメントできない」

 国とか大企業が被告になった場合のお決まりの台詞。。。私がいる会社も使っていたりなんかする、多分(爆) それはともかく、メディアの人はなぜ、訴状を読んだ頃合を見計らって再質問をしないの。するとこういわれるのだろう。
 「係争中の件でもあり、コメントを差し控えたい」
 この台詞も、私がいる会社も使っていたりなんかする。(爆爆)

 だったら、そういう決まり文句に字数を消費しないで、ましなことをを書いてよ。芸なさすぎ。「原告が勝つ見込みは、万馬券が当たるよりも低い」とか「この原告はよそでも似た訴訟をしている」とか「この企業が告発されたのはこの1年で○回目である」とか。

 まぁ、こういうのは我が国だけではないかも。。。イギリスにいた頃は毎日のように次の台詞を新聞で読んだ。
「I deeply apologise for the greatest mistake I have made in my life.」(これまでの人生の中で犯したこの度の最大の過ちにつき、深くお詫びいたします)

 あまりにも決まり文句すぎて、全然詫びているように聞こえなかったです。


PM 09:43:02 | Comment(17) | TrackBack(0) | [ニュース]

2004年10月08日  教えて君
 今日、社内の他部の若い人からメールで「OECDとはなんですか」と質問を受けた。ネット上なら黙殺するだけだろうが、こういうリアル世界の教えて君にはどうしたものだろう。

PM 09:39:33 | Comment(12) | TrackBack(0) | [日記]

2004年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp