せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2004年10月03日  NHK杯戦、郷田3回戦進出
 今日放送されたNHK杯2回戦の木村−郷田戦は、せんすにとっては佐藤−中井、久保−渡辺、深浦−宮田に次いで期待度の高い対局でしたが、後手番の郷田が文字通り木村を粉砕しました。
 矢倉党にとっては、そのプロセスを整理しておかないと。備忘のために書いておきます。(せんすは横歩族で先手矢倉族で居飛穴党です)

 第1図。解説や局後の感想戦でも丁寧に触れていましたが、△8五歩により△8五桂がなくなるため、先手が矢倉穴熊にできて指しよい、というのがこれまでのセオリー。従って△8五歩ではなく△9五歩が主流だったのが、宮田新手の▲6五歩が優秀で後手苦戦傾向。ゆえに、郷田は以前の指し方に回帰した上で本譜の対策を準備したのでしょう。

 本譜に入る前に、今期の銀河戦で木村は第1図と同じ局面を対渡辺戦で迎え、この時は▲6五歩と突いています。しかし△6四歩と反撃され、△7三桂〜△8六歩(参照図)以下、一方的に攻められいいところなく敗退。その記憶が、彼に定跡とされた▲9八香を選ばせたのか。

 この局面で本譜のように△6四角と出た先例はそこそこあり、有名どころでは今期竜王戦4組決勝(塚田−渡辺)、前期王位戦挑戦者決定戦(屋敷−羽生)などあります。このいずれも先手は穴熊に入りましたが、そのまま優勢にした屋敷、なぜか穴熊から這い出てきた塚田。そして入らなかった木村。一体、先手はどうすればいいんでしょうね。

 穴熊を指向せずに▲5七角のような手だとだめなんでしょうか。せんすは、木村が後悔していたように、9八香型で開戦する気は全然しないので、熊ると思いますが、熊ってダメな明確な理由があるのか、とても気になります。

 本局の郷田は出力全開という感じでとても強かったです。2002年から2003年にかけて1局でも勝っていたら、という勝負をことごとく失ってなんとなくB1にくすぶっていますが、20で王位を奪取し、日の出の勢いだった頃のことを何となく思い出させます。

PM 10:13:40 | Comment(11) | TrackBack(1) | [将棋(矢倉)]

2004年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp