せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2004年08月16日  竜王戦本戦;渡辺−森(後記)
 今、読売新聞では竜王戦本戦の渡辺−森戦が掲載されています。(観戦記者:武者野) せんすが7月9日の日記で取り上げた時には、「後手の無理な作戦−先手の手厚い指し回し−圧勝」という認識で感想を書いたのですが、ここまでの観戦記を読む限りでは、序盤から第2図の局面くらいまではどうも森は悪いとは思っていなかったようですね。この後、渡辺に4筋の歩をとられたことも、森の意図通りで「垂れ歩の場所ができた」という大局観のようなのです。

 でも、これでいいんですか。あんびりーばぼ。仮に4八にと金ができるとしても、そのためには△3九角が前提なのであればと金が邪魔駒と化す可能性が高いわけですよね。アマの普通の試合なら30分切れ負けが多いので、こういう形は真っ先に排除するように頭の中が出来上がってしまっていて、違和感ありまくりです。プロは持ち時間が全然違うので、無筋に筋を見出すことも多いだろうし、もとより棋力も比較の対象にはならないですが。。。

 なお森は第2図で△同馬▲同歩△4七角▲7五歩△3八銀でも指せるか、と考えていたようです。余りにも重くて、せんすには思いつきませんが、指されてみれば困りそう。やはりせんすは振飛車党にはなれそうもないです。


<3362>

PM 08:56:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | [将棋(中飛車)]

2004年08月16日  オリンピック
 昨日のオリンピックでも金2、銀1と順調な成績。柔道主体とはいえ、このところ3個とか4個の金メダルどまりの大会が多かったので、大会前は「え? もうオリンピックか」などと白けていたのが急に盛り上がっているお家も多いだろう。

 北島は米国のハンセンを破っての金なわけだが、こういうのって結構少ないのでは? だいたいスポーツの世界で日本が米国に勝つ、っていうことが稀有な印象があります。古くはシーズン終了後にやってきては日本の各チームをぼろぼろに叩きのめす米大リーグ、今では誰も見向きもしなくなった超マイナー大会になった日米大学野球(初回だけは元阪急の山口が三振をとりまくって日本が勝ったのを君は知っているか?)から始まり、せんすの記憶に植え付けられているのは1984年のロサンゼルス五輪某日のレスリング。その日は4階級で日米が決勝を戦うことになっていて、なんか盛り上がっていたわけですよ。しかし、その盛り上がりはすぐに凋みました。次々と繰り出す日本の選手たちは、試合開始早々にフォール負けを喰らいましたもの。「あぁ、日本って、政治だけじゃなく、運動でも勝てんのやね」とせんすはがっかりしました。

 その後も、サッカー、ラグビーのような米国ではマイナー競技でも後塵を拝し続けて、今日に至るわけです。例外はロス五輪の公開競技だった野球くらいですか。

 そういうわけで、北島の勝利は歴史的に見ると重いものなのです。


PM 08:28:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | [スポーツ]

2004年08月16日  新聞記事
 この時期になると毎年恒例のお盆規制交通渋滞で新聞紙面、TVニュースが埋まる。100年後も同じように原稿を書いているんじゃないか、とか去年の記事を「検索置換」で書き換えているだけなんじゃないか、と突っ込みどころが満載なのだが、誰もそんなことは言いませんね。なぜ?

 今年はオリンピックのおかげでちょっとはこの種の記事のスペースが減ったのだが、今度はメダリスト関連の記事がまたどの新聞も同じ。ご家族、恩師のかなり情緒的な記事で埋め尽くされているわけなんですが、これも恐らく私が新聞を読み始めた頃から全然変わっていないような気がする。

 せんすはオタク度が高いのでできれば「江夏の21球」みたいなのを読みたいのですが、無理なんでしょうか。

 ここまで書いてきて、こういうのもなんだけど、案外、無理なのかもしれない。知り合いに全日本競泳のランカー(五輪候補選手)だった人がいるんだけど、「レースで泳いでいる時何を考えているの」(水の流れがどうのこうの、といった深い回答を期待したわけです)と訊いたところ、「何にも考えていなかった」ときっぱり。

 だいたいレースに出てくる面子はほとんど顔見知りだから、どうなるかもだいたい分かるし、とえらく散文的なことをいわれてしまいました。そうなると、やはり紙面を埋めるためにはおじいさんのコメントを取るしかないのかも。

 でも、こういう記事を外国紙で読んだ記憶がないんですよね。日本人が特に五輪ファミリーオタクなんでしょうか?? 印象を比べると、タイムズとかの高級紙でもプレイ内容に集中し、かつ結構辛辣だったような気がする。ミラーとかだと、夕刊フジと大差ないですけど。

PM 08:18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ニュース]

2004年08月16日  歌舞伎の公演
 今日の産経新聞23面に「稚魚の会」「歌舞伎会」の第10回合同公演の特集記事が出ていた。

 このところ、和ものへの回帰志向が著しいせんす。ウィークディの歌舞伎座公演はちと無理なのですが、こういう会のものなら予算も安そうだし、いってみたいなぁ、と食指を動かしかけた時のこと。

 「市川段一郎が与話情浮名横櫛に出演」との囲み記事が大きなスペース。彼は佐藤康光の実弟です。(結構、有名な話し) 写真もそっくり。

 で、公演日程を調べてみたら、今週の19−22日ですか。。。いけません。

 最近、ぴあとかチェック入れなくなって久しいもんなぁ。

 全然、関係ないけれど、来年は吉田都がロイヤルバレエで帰ってくるので、これだけは観にいかねばなるまい、と思っています。


PM 08:11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | [芸能]

2004年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp