せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2004年08月13日  A級順位戦、佐藤、怒涛の追い込み
 残り一分に追い込まれているものの、追い込みに成功し、丸山現在長考中。こうなれば、寝るのを諦めて待つのみ。今日、購入した藤井本を読みつつ更新を待ちます。

PM 11:57:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | [将棋(相掛かり)]

2004年08月13日  渡辺、いよいよ?
 もう一方の山も大激戦でしたが、いよいよ渡辺明、桧舞台の常連となってきました。以下、観戦記が出るときの備忘。

 第1図。ここは先例がありますが(NHK杯:羽生(勝)−丸山)、本譜の▲2四歩よりは▲6八銀と一度は5七を強化するものではないんでしょうか。NHK杯の展開をみると、ここを受けても結局は上部に先手玉は追い出されて、非常に気持ちの悪い羽目になってしまうことには違いないのですが。

 第2図。そうはいっても激しい攻防の末のこの場面で、なぜか▲4二とではなく▲4一角。どちらも詰めろですが、先手は馬を3三に置いておかなくてはならない特別の理由があったのでしょうか。4二で精算しても、先手玉は詰まず、後手玉は詰めろですが。5五桂を抜く手順がありますが、後手玉の一手すきとは関係ないし。きっと何か理由があるのでしょうが、せんすには分からないです。

 第3図。これで勝利宣言かと思いましたが、実際はどうだったのか。確認したい。

 森下−渡辺とは、また意義の深そうな組み合わせ。月末からの三番勝負を楽しみにしています。

<4186>

PM 11:36:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [将棋(横歩取り)]

2004年08月13日  竜王戦:森下−渡辺明が決勝へ
 A級順位戦は佐藤が余りにも苦しすぎてみるに忍びず。竜王戦が2局とも熱戦で勉強になる内容だったので、感想を書いておきます。好きな戦形なので、ちょっとはまともだったらいいのですが。

 まず、羽生が敗退した方の一局から。やはり森下のツキがたまっていたというか、それにしても終始前進しつつも、周到な指し回しというか、せんすは感服しました。

 まず第1図なのですが、ここで羽生は△8五桂と跳ねました。ここまでは先例がとても多いのですが、せんすはここでは△2三歩としておけば後手がいいのではないかと思っています。(参考事例:前期棋聖戦予選の佐藤秀−三浦) ここを固めておけば、後手はいくらでも7筋から攻めができるし、▲3三角成に△同銀と取ることもできます。観戦記で、この辺の機微に触れてくれるといいですね。

 第2図。後手の7筋方面の攻撃がただの桂交換に終わり、なんとなく成果が上がっていない場面での△3五歩。▲同歩△3六歩で手にはなるでしょうが、余りにもぬるすぎる? この瞬間なんでもないので、▲4二歩△5二玉▲7三歩△同銀▲7四歩とポイントを稼がれてしまいました。最後の▲7四歩に△同銀なら▲7六銀で後手は飛車の進退に困るという仕掛けなのでしょうか。これで挟撃の態勢が曲がりなりにもできました。

 さらに第3図の▲5五銀が格言通りの一手とはいえ見事。緩みなく収束し、快勝。久しぶりの挑戦者決定戦進出です。

 羽生には何とも残念な結果ですが、森下がここまでの指し回しではやむを得ないでしょう。


PM 11:15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | [将棋(横歩取り)]

2004年08月13日  屋敷−渡辺戦
 ここが一番早そうだから、当分、ここに集中します。

 夕食休憩時点は図のようになっているらしいですね。渡辺の十八番の形。ここまでの経過をみると、どっかで△8八歩を入れられないのか、とか▲2四歩の前にやっぱり▲6八銀は必要なんじゃないか、とか研究したい場所がいくつもあります。

 現時点ですが、後手玉にはっきりした詰めろがかかるかどうかとなると、せんすの終盤力ではかなり見極めがつかない一方、先手玉に迫る後手の足はかなり速そうな気がします。

PM 06:49:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | [将棋(横歩取り)]

2004年08月13日  今日は大変
 A級順位戦佐藤−丸山、竜王戦準決勝2局となかなか観戦するのも大変な一日。佐藤−丸山は相掛りから相銀冠になっていて、玉の堅いのが好きなせんすには丸山の方がよく見えますが、まだ駒組み段階。やはり順位戦だけあって進行も遅いので、しばらく竜王戦に集中します。

 竜王戦は2局とも横歩取りの最新形。横歩取り族としてもどうしてもこちらに興味が行くのもやむをえません。
 森下−羽生は図のようになっていて、△6五飛で△7四飛なら2002年の竜王戦1組(屋敷(勝)−谷川)と同じでしたが、ここで分かれたみたいですね。(完全な棋譜DBではないので断言はできませんが、当然研究会などで経験済みと思われます) 普通に五分でしょうが、この形はせんすのささやかな経験では結構、後手に勝ちみがあるような気がします。

 屋敷−渡辺戦は別の記事でやります。

PM 06:38:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [将棋]

2004年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp