せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2004年08月09日  教えて君
 もずさんのサイトで「教えて君」の究極例が紹介されていた。昨日、花火大会で随分疲れていたけれど、何とはなしに一気に読んだ。リンクを辿っていくと問題の人物の実名までそのまま記載されているのに驚いてしまった。随分、前の話なのに今でも語り草になっているんですね。

 自分自身に照らしてどうなのだろうか、ちょっと考えてしまいました。

<2332>

PM 08:36:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | [日記]

2004年08月09日  羽生−佐藤(A級順位戦)後記
 A級順位戦羽生−佐藤の観戦記(by山村英樹)掲載が終わりました。ちゃんと指し手の解説が過不足なくついたものでしたので、以下感想などを。せんすの元記事はここここです。

・局中、局後にせんすは△2三歩と傷の修復をしたい旨の記事を書いていますが、羽生の認識としては「2四歩がどれくらい利いているのかよく分からない」とのこと。本譜終盤の変化手順でも2筋の飛車が通っている状態で2三に駒を打ち込んで精算して▲2四歩と叩く順が紹介されているのですが、手番・速度重視で△同金▲同飛△2三歩と跳ね返して後手は悪くないようです。先手玉もかなり脆弱ですものね。

・第1図から△7七歩成。私は佐藤掲示板に「これもよさそう」みたいなことを書いたものの、実はなんか明確ではないような不安感も抱いていました。残念ながらやはり悪手だったようで、△8二飛であれば勝ち筋だったようですね。

・第2図の▲2三桂はアマなら「まずは打ち込みから」というわけで、第一感なんですが、プロ的には無筋なのでしょうね。こういう手を普通にさせるのが羽生のすごいところですが、却ってアマにはそのすごさが分かりにくいかもしれません。

・第3図の▲5四歩の時点では、せんすはもう「いけないか」と思っていました。実際には△7一角でまだまだなんですね。こんな角が永久蟄居になる手は全然考えなかったのですが、両取りが厳しすぎる以上、こういう思考法しかできないおのれのへたれぶりを恥じるのみです。佐藤康光は△6二角に対する▲6三銀が見えていなかったというのですが、これは驚きです。横腹の空いている居飛車玉を考えると当然の一手としか思えませんが、やはりプロはそう考えるところなのですね。不思議です。

PM 08:22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | [将棋(四間飛車)]

2004年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp