せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2004年07月12日  羽生―佐藤(4) 午後11時
 右桂がさばけ、先手の飛車も押さえ込んだ(?)ことから、後手(佐藤)の方が優勢とみるのが普通。但し、本当に飛車を押え切っているのか検証が必要です。

 戻って、私などは△2三歩と打って傷の修復をしたくて仕方なかったのですが、ぬるいのでしょうか。

PM 10:58:02 | Comment(11) | TrackBack(0) | [将棋(四間飛車)]

2004年07月12日  羽生―佐藤(3)
 第3図から佐藤は銀頭に歩を叩き、飛車をひとつ寄り、苦もなく局面のバランスを維持。

 指されてみれば分かるけれど、△4六歩がこれほどにきついとは。▲同銀だとやはり銀を殺されるのでだめですかね。(次に当たりにならないのでまるきり考えられないわけではないかとも一瞬思ったのですが)

 この二人はやっぱりすごい。

PM 09:54:58 | Comment(38) | TrackBack(0) | [将棋(四間飛車)]

2004年07月12日  羽生―佐藤(2)
 なんか振飛車ペースという感じ。飛車がこのまま成り合うと、内側にいる振飛車がよいのが道理なので、なにかかわすような手順が必要なのだけど。せんすには思いつかない。2筋の垂れ歩も重くのしかかっています。

PM 08:45:38 | Comment(12) | TrackBack(0) | [将棋(四間飛車)]

2004年07月12日  A級順位戦、羽生―佐藤(1)
 典型的な藤井システム対穴熊指向の一戦になりました。せんすはこの戦形が好きなので、楽しみです。

 第1図直前が頻出の課題図面。せんすは△1二香から穴熊を予想していましたが、佐藤は△1二玉。以下、金銀を引きつけ、まずまず満足できる展開かと思われました。

 第2図の▲5七銀がちょっと意外というか機敏というか。これ以外の手だと△4二角が気持ちよすぎるのでしょうか。角道が開いたのでせんすは△8六歩からの決戦かと予想しましたが、2筋が今ひとつ弱いことを気にしたのか、他の理由からか第2図から佐藤は△4二角とし、羽生の▲4五歩を誘いました。

 うーむ。

<6975>

PM 07:42:05 | Comment(24) | TrackBack(0) | [将棋(四間飛車)]

2004年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp