せんすぶろぐ
将棋、歴史のオタクです。他の一般の話題についても折をみて触れていくつもりです。

2008年05月06日  コンピューター将棋選手権
 プロの対局のない連休はコンピューター将棋選手権と詰将棋選手権。昨日は外出したので、前者の本戦やエクスビションの結果は今日、確認できました。(後者の問題、というか正確には解答とパッケージも早くみてみたいものです)

 加藤、清水上といったアマ棋界の頂点に立つ人たちがCOMに完敗しているのに驚きました。この大会に出てくるようなマシンが相手で短い持ち時間では、このクラスの人々でも辛い、ということなんでしょうね。

 この種の将棋で指し手を云々する意味があるのだろうか、という気もしますが(なぜって、マシンはチューニングを重ねることで強くなれるけれど、アマ棋士はそういうわけにはいきませんものね)、それでも、2局ともCOMの切れ味を確認したいです。

 まず棚瀬将棋−加藤アマ戦。私は後手を持つことが専らなので、その意味でも注目しました。1図の△3三銀は壁銀解消という意味では本筋でも、敵の飛車が玉頭にいることを考慮するとどうなのでしょうか。普通に△4四同銀▲同飛△4三金左だと▲6四飛があるのでやむをえないにしても、本譜のように進んで2図の▲6一角を食らってしまうのではやはり苦しい。1図では既に先手が指しよしなのか? 代替案を全く思いつきません。それにしても、2図以降の棚瀬くんの怒涛の寄せは見事でした。

 次に清水上アマ−激指。清水上アマ、十分な駒組みかと思われたところ、3図の桂跳ね。こういう直裁的な手でCOM相手に幸せになれることはあんまりないと記憶していますが、実況サイトでも取り上げられた△6六歩、△6四飛といった受けの好手を見舞われてしまっては、苦戦。それでもまだまだ頑張れそうな感じのところで、ど急所の△4八歩。以後も全く緩みのない寄せで、激指も圧勝。(たまたま今日は自宅で激指とレーティング戦をしたのですが、水平効果全開の待ちの姿勢のまま、私が全駒にしてしまった。市販のソフトとは大分出来が違うのですね)

 ここまでCOMが成長してしまうと、やはり渡辺竜王−ボナンザ戦のように2時間は人間としてはほしいところです。渡辺−ボナンザ戦のような最終盤の逆転勝ちは時が経つにつれ発生しにくくなるでしょうから、序盤で磐石のリードを奪えるだけの時間が必須と感覚します。




PM 08:59:25 | Comment(479) | [将棋]

2008年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事
2009年12月13日  大和証券杯:3連敗
2009年12月13日  「芸術的だろ」
2009年12月10日  里見、女流名人戦登場
2009年12月08日  欝な駐車車両群
2009年12月06日  また落ちました(大和証券杯)

過去記事
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月

プロフィール
名前せんす
URLhttp://sensu1030.hp.infoseek.co.jp/
佐藤康光の棋界制覇、矢内理絵子の女流棋界制覇を切望するオジ将棋ファンです。とはいっても、棋士は皆さん、好きです。

カテゴリー
日記(110)
ニュース(90)
旅行(25)
将棋(309)
子育て(10)
テレビ(31)
映画(33)
経済(50)
食べ物(26)
ゴルフ(4)
スポーツ(35)
芸能(5)
将棋(矢倉)(236)
将棋(横歩取り)(193)
将棋(中飛車)(170)
将棋(四間飛車)(224)
将棋(三間飛車)(66)
将棋(角換わり)(264)
将棋(相掛かり)(77)
将棋(向飛車)(44)
将棋(その他)(72)
漫画(2)
スキー(13)
歴史(56)
将棋(右玉)(4)
書評(2)
自転車(5)



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp