小泉は、女性・女系天皇を容認する皇室典範改正案の
今国会提出を断念した。

まあ妥当な判断だと思う。
だけどこれではっきりしたよね。
やっぱり奴は自分で何も考えられないんだって。

紀子さまご懐妊のニュースが流れたのは国会中。
その知らせを聞いて、自分で考えられる人なら違った対応もあったと思うが、
今国会中に成立させる事に努力を尽くす、との解答。

その後のインタビューでもその解答。
これはこの時点でのマニュアルが、「今国会中に成立させる事に努力を尽くす」
という事になっていたからだろう。

結局その晩対応を協議した結果が
「見送り」という事だったと言う事。

これは小泉がインタビューに答えた言葉
「この問題を政争の具としてはならない…云々」というのを
別のインタビューでイエスマン武部が全く同じ言葉
「政争の具」という表現を使った事からも明らかだ。

しかし…
こんな事も自分で感じられないし考えられないなんて
こんな奴らに本当に任せておいて良い物か。

誰が裏で糸を引いてるのか知らないが
この皇室典範改正というのは単に皇室の問題では無く
日本の伝統的な家族制度をぶっ壊そうとする物だと思う。

もちろん小泉はバカだからそこまで感じてないだろう。
時代は変わったと言っても、やはり俺にしても
長男が家を守って行くべきという考え方は有る。

皇室典範改正は、男とか女とか関係なく、
最初に生まれた子を跡継ぎにするって考え方だからね。
小泉によって美しい日本的伝統や価値観が数年でどんどん滅びて行く中
その流れに待ったを掛けた紀子さまのご懐妊。

日本を神話の時代から見守って来た神々の意志を感じるのは俺だけか?