カミカミ日記
サクンゴの様子を不定期に更新中
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

血豆切除
多分、今年に入った頃からだと思う。
珊瑚の左腕にカサブタのようなものがあることに気付いた。
まぁ、どこかで引っ掛けたんだろうな。そのうち取れるだろうとさほど気にしていなかった。一月ほど経ってもまだ取れていなかったが気にせず、そしてすっかり忘れてしまっていた。
そして先日、まだカサブタがあることに気付いたのだった。
それは大きくなっていて、若干盛り上がっている感じ・・
腫瘍の文字が頭に浮かび、N病院へ向かった。
朝一番だったので院長はおらず、若い先生に診てもらったが、院長の来る時間に出直すことになった。
不安な気持ちの中、やっと院長に診てもらうとあっさり「あぁ〜、血豆だね」とあっさり一言いい、即座に患部を切り取り、二針縫った。
多分、何かの傷口にバイキンが入って血豆になったんだろうとのこと。
待ち時間で色んな不安が渦巻いていた母はホッとしたぁ・・・

シャンプーは一週間禁止だが、あとは普段どうりでOK。
抜糸は2週間後。あぁ〜、良かった!

2008/04/29 PM 06:09:08 | [日記]

アイケント8月号 撮影
7月に発売されるアイケントの撮影に行ってきた。
前回の撮影は平日だった為、同行できず残念がっていた父。
今回は一緒に行けて、サクンゴも嬉しそうだったし、何より落ち着いて撮影に臨んでいた感じがする。
撮影場所は玉堤スタジオ。
トップバッターだったサクンゴは8:30入りです。
それぞれ、アクセサリー2点・洋服1点を撮り、ものの1時間程で終了!
今回は待ち時間も少なく、サクサク行えた。
父が撮影中のコマンド出しをして、母が待機しているほうを抱っこと、分担できたのも楽だったなぁ・・・

今回はSakuraの方が良く頑張ってくれた。
カメラマンさんの『動いて』の指示にも対応できたと思うが、今後の課題はゆっくり動く事だね。Sakuraさん!!

スタジオのセットをお借りして記念撮影♪

2008/04/26 PM 06:26:43 | [日記]

那須旅行 2日目
イマジンにチェックインした後、広々ドッグランを走りまわり、ノンビリお湯に浸かってお風呂を楽しんだサクンゴは、父母のお食事Timeではウトウト状態。
お陰でボリューム満点のお食事をゆっくり堪能できたのです(笑)
朝食も噂通りの大盛りで、パンは全てお持ち帰りさせて頂きましただ。

2日目は残念ながら霧雨でしたがドッグランで遊び、隣接のトリミング室でキレイキレイさせてもらって11時にチェックアウト。
母が行きたかったチーズガーデンに立ち寄り、帰ってきたのでしたぁ〜

今回お世話になった『イマジンDogs』は、充実した設備とゆとりのある空間とお腹いっぱいのお料理で、適度な距離感を保ちながら肌理細やかなサービスを提供してもらいました。
アットホームなペンションというよりは、ホテル的な要素のあるお宿と母は感じました。
リビングでおもてなしをしてくれる看板犬さんたちもとってもお利巧で、人馴れしており、人気があるのも納得です。
念願だったイマジンに泊まれて大満足!さぁ、今度は何処のお宿に行こうかなァ〜



2008/04/13 PM 06:11:11 | [日記]

那須旅行
前々から泊まりたいと思っていたペンション『イマジンDogs
週末はいつも満室で、なかなか予約が取れずにいたのですが、キャンセル空きを発見!今月は暫定税率の期限切れでガソリン代も安いし、これは行くっきゃないでしょうと急遽お出掛け♪

せっかくだもの那須高原を満喫しようと、朝の到着を目指して出発。
アグリパル塩原で休憩をし、国内で二番目に大きな吊橋『もみじ谷大吊橋』、尾崎紅葉の金色夜叉で描かれている『回顧の滝』、桜が見頃の『千本松牧場』、水仙が綺麗という『東那須野公園』を巡り、イマジンへ向かうというコースを立てたのです。

『もみじ谷大吊橋』では、高さと揺れにビックリしたのか珊瑚が橋の途中でフセをして歩く事を拒否し、母が抱っこして320mの橋を往復。
『千本松牧場』では、足湯とナンチャッテイチゴ狩りをしましたぁ。
サクンゴはイチゴハウスの中には入れないので、受付で販売していた山盛りのイチゴを購入し、外のベンチでお腹いっぱい食べたのです^w^
このナンチャッテイチゴ狩りの時がサクンゴにとっては一番楽しい時間だったに違いない!

お天気にも恵まれて、那須観光を満喫し、イマジンにチェックインしたのでしたぁ〜


2008/04/12 PM 05:06:20 | [日記]

飯山さくらまつり
昨日、宮ヶ瀬に向かう途中何度も目にした『飯山さくらまつり』の案内看板。
適度な間隔で設置されていた案内板の矢印に誘われるように寄り道をした。
まだ時間が早かったので、場所を確認して最初の目的地の宮ヶ瀬へ行き、帰りに立ち寄ると結構な人出。
演歌歌手さんのステージが行われており、イベントスペースから離れた所でも設置されたスピーカーからその歌声が鳴り響いていたぁ。。。
決して風情のあるさくらまつりではなかったが、なんだか幼い頃に体験した夏祭りを思い出し、これはこれで良いものだった。
サクンゴは「環境美化にご協力ですぅ〜」と、落ちている食べこぼしチェックに余念がありませんでしただ。

桜はソメイヨシノがちょうど見頃で楽しめ、中でも臨時駐車場のところにあった枝垂桜の濃いピンクが青空に映えてとっても綺麗でした♪



2008/04/07 PM 11:43:25 | [日記]

宮ヶ瀬湖畔
久し振りの土日連休となった母。
お天気も良いし、サクンゴ家は今朝も早起きしてお出掛けです。
本日の目的地は前々から行ってみたいと思っていた宮ヶ瀬湖畔へ。
懐かしい雰囲気のお土産物屋さんが並ぶ商店街と、その店先から立ち上る香ばしい香りで着いた早々楽しい気分になりました。
園地内では、商店街主催の桜まつりが行われていて、
出店も出、ステージ上では子供向け変身ショウや、地元団体の発表会みたいな催し物が行われていた。
でも、広大な敷地のお陰で混雑を感じる事なくのんびり過ごす事ができて快適だったぁ〜

サクンゴは園地内を流れる人工川を見つけ、一目散に走って行く。
最初は「ねぇねぇ、入ってもいい?」って訊くかのように母の顔を見ていたが、「やめてよぉ〜!!」って言葉無視してドボ〜ン・・・今シーズン初の水遊びをしてくれました。
まぁ、こんな事もあろうかと母はタオルを準備していたんだけどね。。。

2008/04/06 PM 07:14:26 | [日記]

昭和記念公園へ
お花見日和の土曜日♪
前日から何処に行こうかと考えていた。
んで、桜と菜の花を一緒に楽しめるとテレビで観た昭和記念公園へGO!
渋滞と駐車場混雑を考えて朝7時30分に出発(父もこうゆう時の早起きは得意なのよねぇ〜)し、目的地の砂川口駐車場に8時40分に到着。
駐車場開場前で、待っている車が4台あってサクンゴカーも待機。
9時に駐車場に入り、公園開場時間9時30分を待つ。
もう少しゆっくり出発しても良かったかな?と思ったが、続々と入ってくる車を見ると、早く出てきて正解だったと改めて思ったわ。

車を降り、荷物を準備していると、「あれぇ?」って声がした。
振り向くとそこにはワンコ友達miufenさんの姿がぁ〜!
いやぁ〜、ビックリ!!
約2年ぶりの再会です。
サクンゴもちゃんと覚えていてとっても嬉しそう♪
思いもかけない再会でご一緒させて頂き、春の園内を5WAN+4人で散策。
桜のピンク・菜の花の黄色・ムスカリの紫・色とりどりのチューリップ・・・
綺麗な春色のお花を愛でながら楽しい時間を過ごしてきました。
miufenさん・はっちゃん・FENちゃんMIUちゃんCOCOちゃん、ありがとうでしたぁ!

2008/04/05 PM 03:44:46 | [日記]

桜舞い散る
そろそろ目黒川の桜も終盤だろうと午後、お散歩へ出かけた。
川面には沢山の花びらが散っていて薄いピンクに染まっており、その桜の水面をカルガモさんが泳ぎ通る様は風情があって、素敵だった。

その一方で、今日は新年度最初の金曜の夜。地面には企業の名前が記された、シートが沢山敷き詰められていた。
花見の場所取りを新入社員がしている企業も多いらしく、シートの上でお菓子を食べながらポツンと座っている人も見かけた。
お花見って、仕事の一つになっているのね・・・

そんな事を思いつつ、ハラハラと桜が舞い散る中をサクンゴとノンビリお散歩。
散り際の美しさを堪能し、日本人でよかったぁ・・・と感じたのです。

2008/04/04 PM 04:17:50 | [日記]

異業種交流
今日から4月!
新入生・新社会人と、新しいスタートを迎える季節です。
Sakura母の姪っ子『カノゴン』もこの春からご近所の保育園へ通うことになっており、新しい生活が始まろうとしています。
生まれて初めての集団生活、沢山のお友達を作って楽しい時間を過ごして欲しいと思います。

そして母もこの季節になると、いつも何か新しいものに挑戦したり、新しい出会いがしたくなる。
でも、結局何も出来ずに終わっちゃうんですけどね。
そんな雰囲気に影響されたのか、サクンゴも新たなお友達との交流を試みた様子・・・
先日の目黒川での花見散歩の時、ベンチにチョコンと座っていたニャンコさん。
まるで置物かのように微動だにせず、サクンゴのご挨拶にも心を動かす事なく、ただただジィ〜ッと見つめておりましたぁ。
サクンゴ初の異業種交流でしたぁ〜

2008/04/01 PM 03:57:00 | [日記]








(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.