サーリアリズムな日々
日記を中心にレイソルの事や数学の事、山梨のラーメンの事などを書いています!書き込み大歓迎です!

2011年10月02日  年代別のやっておくべきこと
これは僕が師事している代ゼミ講師の話です。その方は50代の方ですが、年代別がやっておくべきことを教えてくれました。なお、この話は受験指導における話です。

20代=問題を解きまくる
20代=教え方の精度を上げる
20代=問題の背景を知る
20代=「ああ、この問題は・・・」
だそうです。

20代の「問題を解きまくる」というのは入試問題を知るということです。教師になりたての頃は自分の受験校の問題には詳しいかもしれませんが、それ以外の大学の問題には疎く、また余計な先入観ももっています。それを排除するために入試を解きまくる必要があるとのことです。

30代になったら教え方の精度を上げるべきだそうです。例えばいろいろな解法がある問題では、どのやり方がわかりやすいのかは生徒それぞれに違います。そんな問題はやはり別解を提示し、色々な解法に触れさせるべきでしょう。逆を返すと自分のやりやすい解法だけを教えてもダメだということです。

まだ僕は32歳なので、ここからは想像の話です。40代の「問題の背景を知る」について。よく入試問題は天から与えられたものではなく、人間が作ったものだなんて言います。作っているのは大学教授です。そんなスゴい人たちが適当に問題を作るはずがありません。何か背景があるはずで、それを見抜けるようになれということでしょう。

50代の「ああ、この問題は・・・」。これは入試問題ごときだったら、すべてのことに精通していろということでしょう。それを僕は「問題を上から見る」と呼んでいます。そもそもそんなスタンスでないと指導なんてできないと思ってますが、身につくまでにはあと20年はかかるようです。

僕は今32歳ですが、幸いにして20代のうちに問題を解きまくるというのはやっていました。今は「教え方の精度を上げる」というステージです。そのために数学の素材を色々な角度から眺めるようにしています。

PM 12:19:33 | Comment(784) | TrackBack(0) | [教育論]

2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

プロフィール
名前サーリアル
年齢30
性別男性
地域山梨
血液型AB型
星座牡羊座
ひところ記事のボリュームが多くなりすぎて、続けられなくなっちゃいました。そうした反省の元、最近は省エネ仕様にしています。

カテゴリー
今日の出来事(日記です)(367)
レイソルにCLAPS A LOT!(296)
数学の粋(85)
歌詞から見る論理学(10)
俺の料理レシピー(39)
ラーメン、うどんの記録(274)
調べ物あれこれ(51)
僕なりのダイエット法(20)
MYパラダイム(23)
麺類以外のグルメ(370)
その他のスポーツ雑感(48)
読書感想文(61)
教育論(43)
移動や道路の話(76)
富士山の写真(10)
センター試験対策(1)
名古屋グルメ!(1)

最新記事
2012年01月31日  名古屋グルメ「八幡屋」
2012年01月30日  ガラパゴス携帯とiPhoneについて
2012年01月29日  「厳密さ」と「容量オーバー」の兼ね合い
2012年01月19日  落語と授業の関連性
2011年10月02日  年代別のやっておくべきこと

過去記事
2012年01月
2011年10月
2011年07月
2011年06月
2011年05月



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp