Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=16) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=5) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=1) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=1) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: ' ' (ASCII=12) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=7) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=20) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=5) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=20) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=5) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=7) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=4) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=5) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=1) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916

Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=5) state=2 in /home/www/suk2/user/saariaru2/2012-01-cm.dat on line 15916
サーリアリズムな日々

サーリアリズムな日々
日記を中心にレイソルの事や数学の事、山梨のラーメンの事などを書いています!書き込み大歓迎です!

2012年01月31日  名古屋グルメ「八幡屋」


























最近名古屋にはまっています。
土日など2日連続での休みがとれたら泊まりがけで行っています。
目的はもちろん名古屋グルメ。
ブログでまとめられるくらいになってきたので
書いていこうと思います。

真っ先に紹介したいのが「八幡屋」という居酒屋です。
名古屋駅から徒歩5分。
大きな駅から歩いていける所にある割には
静かで落ち着いたロケーションのお店です。

ここは串カツ、味噌おでん、土手煮(ホルモンの味噌煮)といった
串物がメインのお店です。
立ち飲みのスペースもあり、カウンター前には味噌おでんがグツグツ煮えてます。
圧巻なのはこの鍋です。
煮えていいるおでんや土手煮をお客さんは勝ってに取って食べていいという
システムです!
また串カツは味のない状態で出されますが
味噌カツにしたい場合はおでん鍋に各自で突っ込んで
味噌味にしちゃいます!

なんということでしょう・・・。
こんなシステム、見たことがありません。
大阪の串カツ屋ではソースのバットが置いてあって
各自でつけるなんてシステムがありますが
比べ物にならない豪快さです!
これはテンションが上がりますし
味も最高です!

月2で名古屋に通っているのはこの店に行くためといっても過言ではありません。
片道300キロの道のりが苦にならないほど楽しいお店です。

PM 07:21:36 | Comment(675) | TrackBack(4) | [名古屋グルメ!]

2012年01月30日  ガラパゴス携帯とiPhoneについて
「ガラケー」ってご存知ですか?
「ガラパゴス携帯」の略称です。

ガラパゴス諸島はエクアドルにある島で他大陸との交流がなかった島なので
動植物が独自の進化を進めたという土地です。
「ガラパゴスゾウガメ」など他地区にはない動植物が見られます。

さて話は変わって日本の携帯電話。
「電子マネー」「カメラ」「ネット接続」など様々な便利な機能がついています。
でもこれらの機能がついてるのは日本の携帯だけなんです。
日本の携帯製造会社がユーザーの希望に応じて機能を付け加えた結果こうなりました。
海外の携帯電話にはこのような機能はありません。
ということで日本の携帯は「独自の進化を遂げた」という観点から
「ガラパゴス携帯」略して「ガラケー」なんて呼ばれるようになりました。

そこに風穴を開けたのが「iPhone」です。
iPhoneは世界基準なので日本人向けの改変を行いません。
ですが爆発的に売れているのはご承知のとおりでしょう。
僕もiPhoneを使っています。

余りユーザーの意見や希望を取り入れないのはアップル社の方針なのでしょう。
はっきり言ってiPhoneは僕には使いづらいです。
が具体的には
・写真データのプロパティが見られない、及びファイル名が変えられない
・文字変換の記憶がメチャクチャ
・漢字変換能力が低すぎる
・文字入力の際のカーソル移動が面倒
・消音モードにしてもアラームは鳴る(設定で変更できない)
・メールの正確な時間がわからない
・使わない機能(株価とかコンパスとか)を消せない
など、ちょっと仕様を変えればなんとでもなるのに
その仕様変更をしないところが僕には歯がゆいところです。
が、ネット接続機能があまりにも便利なので仕方なく使っているというのが実情です。

なんか話がまとまりませんが、今日の論点は「顧客の意見を聞く功罪」です。
聞きすぎてしまえば「ガラパゴス化」を産みますし
アップル社のように聞かないなら聞かないで顧客満足度は上がらないと思います。
そのあたりのさじ加減の難しさが商品開発の難しさなのだと思います。

僕は教員として「授業」を商品として売る立場ですが
生徒の意見を効きすぎてもいけないし、聞かなすぎるのはもっとまずいです。
そのあたりのバランスをうまく取らないとと「ガラケー問題」から思いました。

PM 07:17:40 | Comment(428) | TrackBack(0) | [今日の出来事(日記です)]

2012年01月29日  「厳密さ」と「容量オーバー」の兼ね合い
現在山梨県で教員をやっている関係で
山梨大学の数学の解説を行う機会が多々あります。
山梨大学ではベクトルの問題が頻出です。
特に平面ベクトルなら線分と線分の交点の位置ベクトル、
空間なら平面と直線の交点の位置ベクトルがよく出されます。
平面なら2文字、空間なら3文字用いて係数比較をする問題です。

係数比較の際には「一次独立の言及」が大事です。
「p(→AB)+q(→AC) = x(→AB)+y(→AC)」⇔「p=xかつq=y」は
(→AB)と(→AC)が一次独立の時にしか成り立ちません。
記述で出題している場合は、答えも大事ですが
そこでの一次独立の言及もチェックされるポイントです。
入試問題演習の際はそこを厳しくチェックします。

が、ベクトルを習い始めて、このテーマを最初に教える時は
あえて一次独立の言及は無視します。
というのもこの問題は計算量が多いので
そこまで扱うと容量オーバーになってしまう生徒がいるからです。
もちろん「数学の厳密さ」の大切さはわかていますが
「容量オーバーによるあきらめ」の危険さも知っています。

時には「厳密さ」を放棄して「わかりやすさ」を取らなければならないと
最近は思っています。

PM 05:06:30 | Comment(693) | TrackBack(0) | [教育論]

2012年01月19日  落語と授業の関連性
さて最近「落語」に凝っています。
特に「黄金餅」という話を聞いています。
あらすじはこんな感じです

 西念という坊主が金を隠すためにもちと一緒に飲み込もうとする
 が、喉につまらせ死んでしまう。
 それを見ていた金兵衛が火葬場で西念を生焼けにして
 腹をさばいて金を盗む。

結構黒い話ですが落語家が話すと笑い話になるのが不思議です。

現代でこの話が得意な噺家は「古今亭志ん生」「立川談志」だそうです。
youtubeで立川談志のものが聞けますので聞いてみてください。
(http://www.youtube.com/watch?v=SAnpNjH0Bmg)
他にも「古今亭志ん朝http://www.youtube.com/watch?v=YkKaR9gyNH8」
「立川談笑http://www.youtube.com/watch?v=wrIxLN0x4-g」
などもUPされています。
立川談志は言葉遣いが乱暴なのに対し、
古今亭志ん朝は比較的まろやかな感じがあります。
立川談笑のものは談志のに近いですが「若さ」がある感じがします。
噺家によって趣がガラリと変わる所が落語の面白いところです。

落語はお手本というか台本みたいなものがあって
それを忠実に再現しているものだと思っていました。
しかし実際はそうではなく、演者によって細部を変えていくもの
だということがわかりました。
そこには素人と名人の差というか演者の質の違いが表れます。

これって学校の授業にも通ずる所があるのではないかと思います。
例えば今日は「等差数列の和」の授業をしましたが
もちろん「教授資料」はあるものの先生によって授業の細部は異なります。
そのあたりは各先生の裁量に任されている所で
「腕の見せ所」ともいえるところでしょう。

文章書くのも久しぶりなのでまとまった話になってませんが
「落語と授業は細部が演者に任されているという共通点がある」
というのが今回の主張です。
そうした中でより洗練された授業を行なっていくのが僕の仕事ですし
そのために今、様々な噺家の「黄金餅」を聞いています。

PM 06:59:49 | Comment(337) | TrackBack(0) | [教育論]

2011年10月02日  年代別のやっておくべきこと
これは僕が師事している代ゼミ講師の話です。その方は50代の方ですが、年代別がやっておくべきことを教えてくれました。なお、この話は受験指導における話です。

20代=問題を解きまくる
20代=教え方の精度を上げる
20代=問題の背景を知る
20代=「ああ、この問題は・・・」
だそうです。

20代の「問題を解きまくる」というのは入試問題を知るということです。教師になりたての頃は自分の受験校の問題には詳しいかもしれませんが、それ以外の大学の問題には疎く、また余計な先入観ももっています。それを排除するために入試を解きまくる必要があるとのことです。

30代になったら教え方の精度を上げるべきだそうです。例えばいろいろな解法がある問題では、どのやり方がわかりやすいのかは生徒それぞれに違います。そんな問題はやはり別解を提示し、色々な解法に触れさせるべきでしょう。逆を返すと自分のやりやすい解法だけを教えてもダメだということです。

まだ僕は32歳なので、ここからは想像の話です。40代の「問題の背景を知る」について。よく入試問題は天から与えられたものではなく、人間が作ったものだなんて言います。作っているのは大学教授です。そんなスゴい人たちが適当に問題を作るはずがありません。何か背景があるはずで、それを見抜けるようになれということでしょう。

50代の「ああ、この問題は・・・」。これは入試問題ごときだったら、すべてのことに精通していろということでしょう。それを僕は「問題を上から見る」と呼んでいます。そもそもそんなスタンスでないと指導なんてできないと思ってますが、身につくまでにはあと20年はかかるようです。

僕は今32歳ですが、幸いにして20代のうちに問題を解きまくるというのはやっていました。今は「教え方の精度を上げる」というステージです。そのために数学の素材を色々な角度から眺めるようにしています。

PM 12:19:33 | Comment(784) | TrackBack(0) | [教育論]

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

プロフィール
名前サーリアル
年齢30
性別男性
地域山梨
血液型AB型
星座牡羊座
ひところ記事のボリュームが多くなりすぎて、続けられなくなっちゃいました。そうした反省の元、最近は省エネ仕様にしています。

カテゴリー
今日の出来事(日記です)(367)
レイソルにCLAPS A LOT!(296)
数学の粋(85)
歌詞から見る論理学(10)
俺の料理レシピー(39)
ラーメン、うどんの記録(274)
調べ物あれこれ(51)
僕なりのダイエット法(20)
MYパラダイム(23)
麺類以外のグルメ(370)
その他のスポーツ雑感(48)
読書感想文(61)
教育論(43)
移動や道路の話(76)
富士山の写真(10)
センター試験対策(1)
名古屋グルメ!(1)

最新記事
2012年01月31日  名古屋グルメ「八幡屋」
2012年01月30日  ガラパゴス携帯とiPhoneについて
2012年01月29日  「厳密さ」と「容量オーバー」の兼ね合い
2012年01月19日  落語と授業の関連性
2011年10月02日  年代別のやっておくべきこと

過去記事
2012年01月
2011年10月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp