ろとまろ日記(過去ログ)
地方・中央の競馬ネタ、個人的注目レースの予想など、いろいろな話題を気の向いた時に書くブログ、の過去ログです。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

プロフィール
名前ろとまろ
年齢馬でいうと7〜8歳くらい
性別
地域愛知
・正確には"ロト麻呂"
 ですが、ひらがな表記で。
・競馬歴4年目突入。
 相変わらず下手_| ̄|○。
 特に、地方競馬と、
 中央の障害戦が好き。
・プロレス観戦歴は10年
 くらい。
・2005年のキルトクールは
 通算105キル34クル。
 【クル率.324】
そんなヤツです。

詳細は、"リンク"内の
『前略プロフィール』で。

最新記事
2008年05月10日  【再掲載】ブログ移転について
2006年09月28日  【予想】名古屋・第34回ゴールド争覇(SPI) ※結果追記
2006年09月24日  【予想】 中山・第52回オールカマー(GII) 中京・第54回神戸新聞杯(GII)※結果追記
2006年09月17日  【予想】中京・第24回ローズステークス(GII) 中山・第60回セントライト記念(GII)※結果追記
2006年09月16日  今日も負けたわけですが…

過去記事
2008年05月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月

カテゴリー
競馬(148)
プロレス・格闘技(13)
クイズ(10)
競馬予想(43)
雑記(89)
地方競馬予想(82)
中央競馬予想(108)

2006年09月28日  【予想】名古屋・第34回ゴールド争覇(SPI) ※結果追記
久々に東海公営の重賞が現地観戦できます。
ただ、3時ごろまで仕事をして、それから土古へ向かうので、
到着が4時前後の見込み。他のレースが見られないのが残念です。
1レースのみの参戦ということもあり、今日は、馬柱をネットで
購入。※詳細は、こちらで。
実は、購入したのは初めてなんですが、想像以上に見やすい
紙面でした。

それにしても、それまでの1900mから1600mへの距離短縮の
意味というのが、どうも理解できないのですが。

◎マイネフォクシー
○ルンタ
▲タカオライアン
△キジョージャンボ
×モナクカバキチ
×クインオブクイン


やはりポイントになるのは、転入緒戦となるトミケンマイルズ
取捨なのではないのでしょうか。実績面は文句なしではあるし、
追い切りで好タイムが出てはいますが、長期休養後の3走が
いいところなし。果たして変わり身はあるのか。個人的には、
様子を見たいところ。あっさり勝たれたら、まあ、仕方ないですね。

ここは、マイル前後の距離では安定した走りを見せるマイネフォクシーから。
マイル戦で大外枠とはいえ、メンバーを考えれば、ハナに立つか、
外目の番手くらいにつけることはできそう。前に行ければ
勝ち負けか。お手馬がかぶりまくった丸野がこの馬を選んだと
いう点でも、要注意なのかも。

対抗には、前走でキングスゾーンと好勝負を展開したルンタを。
昨年末のターコイズオープンではストロングライフ、キジョージャンボに
先着。実力面はここでも見劣りはしないはずだし、今回が叩き
2走目。鞍上の腕前とともに抑えておきたいところ。

以下、末脚の切れ味には素晴らしいものがあるタカオライアン
夏休み明けとはいえ、鉄砲は利くタイプであるキジョージャンボ
勝てなくとも、サラ相手に健闘を続けており、久しぶりに鞍上が
吉田稔に戻ることに注意を払ってみたいモナクカバキチ
間が空いたけれども、小柄な牝馬ということで仕上がり面には
問題はないと思われるクインオブクインを。

《買い目》
・3連単
 ◎→○▲→△××
 ○→◎▲→△××

-------------------------------------------------------
(9月29日23時25分頃追記)
※上記買い目のほか、
・馬単
 ◎→○▲△××
 △→◎○▲××

を追加購入。
3連単◎→○→△、馬単◎→○的中。

土古に到着して、それまでの結果を確認していたら、何だか
えらいことになっていたので、ちょっと不安になり、
いくつか買い足してしまいました。
キジョージャンボからの馬単は、茜ちゃん応援馬券という意味合いも
ありましたが、パドックの雰囲気を見て、これはいけるかもと
思えたので。実際、2年前のこのレースを勝っているわけだし。

バッサリ切り捨てたトミケンマイルズ&戸部教授が逃げを打ったので、
かなりハラハラしながら見ていましたが、直線で力尽きてしまいました。
本調子にはもう一息ということなのか、それとも、9月に入ってから
極端に重くなった土古の馬場に体力を奪われてしまったからなのか。
馬場に慣れ、調子も上がってくるであろう今後は警戒が必要でしょう。

単勝3.9〜5.3倍の中に5頭がひしめくという大混戦でしたが、
その中から見事抜け出したマイネフォクシー。内容的にも文句の
無い勝ち方だったと思います。今後もマイル、1400m戦では
活躍が期待できそうな1頭。次走も楽しみです。


AM 03:05:28 | [地方競馬予想]

2006年08月15日  【予想】佐賀・第6回サマーチャンピオン(統一GIII)※結果追記
前置きなしで、いきます。

◎ニホンピロサート
○ワンダーハヤブサ
▲メイショウバトラー
△メイショウボーラー
×ゼンノサンタアニタ
×イカルガ


黒船賞以来のレースとはいえ、2年前のこのレースの覇者であり、1400mは
大得意なニホンピロサートを狙い撃ちします。2年前も3番枠で勝利。枠順が
どうこうということはないはずだし、やはりハイペースになりそうな展開もこの馬に
味方しそう。

対抗には、距離がやや短いかという気もしないでもないけれども、近走好調な
ワンダーハヤブサ。佐賀コースも去年、条件交流戦・サンライズカップで2着。
コース適性も問題なし。うまく先行できれば、粘り強さを見せてくれそう。

勢いだけで考えれば、メイショウバトラーなんでしょうが、地方の小回りコースは
初体験。加えて、佐賀の深い馬場を克服できるのかという懸念も。前走だけで
本当にダートでもできるのかとは思い辛いです。

あとは、地方ダート適性には正直なところ疑問を感じるものの、揉まれない
大外枠を引き、何もなければスムーズに逃げ体勢が取れそうなメイショウボーラー
2走前・サマーカップのタイムからもある程度の時計勝負にも対応できそうだし
堅実な走りを見せるゼンノサンタアニタ。里帰りとなる吉田稔の手綱捌きに期待。
昨年4着のイカルガも、流れが向けば、複勝圏内に飛び込めるはず。

《買い目》
・3連単
 ◎○→◎○→▲△××(8点)


昨日の事もあるので、キルトクールはお休み。
--------------------------------------------------------
(8月16日23時25分頃追記)
3連単ハズレ。

また追記が遅れました。

いやあ、ニホンピロサートがズバッと差しきれるかと思ったのですが…。
追ってもなかなか伸びなかったのは、やはり休み明け初戦のせい
なのでしょうか。ペースそのものは向いたように思えたのですが。

大きく体重を減らしながらも、メイショウバトラーが、好位追走から、
ゴール前の熾烈な追い比べを制して見事勝利。重くて深い
佐賀コースを克服できたのですから、今後も、地方競馬での出走は
選択肢に入ってくるのではないかと思います。
実況の中島アナに、地方競馬ファンにはおなじみの、あの名台詞
『栄光まであと○○メートル!!(←1メートル単位で)』を
言わせることのない、ゴール前の争いは、馬券云々を別としても
いいものを見せてもらったという感じです。

AM 12:26:21 | [地方競馬予想]

2006年08月14日  【予想】盛岡・第11回クラスターカップ(統一GIII)※結果追記
8月に入ってから、15レースを購入して的中ゼロです_| ̄|○。
11日の土古で全敗というのが痛すぎ…。

◎オフィサー
○アグネスジェダイ
▲トウショウギア
△キーンランドスワン
×ナシュータック


逃げ一辺倒のトウショウギアをはじめとして、クイーンロマンス、
ディバインシルバー、オグリスキーなどなど、行けるものなら
前に行ってしまいたい馬がずらり。ハイペースはほぼ間違いのないところ。
そう考えれば、やはり、前が崩れて差し・追い込み馬が伸びてくると
願いたいもの。
ということで、末脚の破壊力はメンバー随一であるオフィサー
差しきり勝ちに期待して◎を。重賞経験の少なさ、最内枠で馬群を
捌けるのかなどといった疑問点はありますが、ここは、馬の能力と
福永祐一のテクニックに期待をかけます。

以下、小牧太との相性は今ひとつの感があるも、このところは、
控えても結果を出せるようになったアグネスジェダイ
トウショウギアは、この距離なら逃げ切りも無きにしも非ず
だろうけれども、やや間隔が空いた分割り引いて▲評価。
キーンランドスワンは、ダート適性に疑問を感じますが、
外枠でスムーズに流れに乗れそうだし、このメンバーなら
勝つまでにはいたらなくても、そこそこ差せそう。3着候補。
個人的には「ようやくダートグレード初挑戦か」と感じる
ナシュータック。現在の格付けはA級4組あたりとはいえ、中央に
移籍(未出走で東海に再転入)していた間に格付けが下がって
しまっただけのこと。当地のオープン・重賞戦線で十分勝ち負けに
なるだけの力は持っています。その潜在能力を安部幸夫の手綱捌きで
全開してもらいたいもの。

キルトクール⇒ディバインシルバー
穂苅寿彦では無理。
そうでなくても、近走は内容が今ひとつなだけに。
ピークは過ぎているのでしょう。

《買い目》
・3連単
 ◎○→◎○▲→▲△×(10点)

--------------------------------------------------------
(8月15日0時30分頃追記)
3連単ハズレ。
※キルトクールのディバインシルバーは、5番人気2着、160ドンガバチョ。


穂苅では無理&近走不振ということでぶった切ったディバインシルバーが
まさかの激走で、大ハズレです。
レース終了直後に放った一言。
『空気読め、穂苅!!』(実話)
このレースに4回参戦して(1300)とはいえ、狙う気にはならなかったですよ。
それなのに…。
切るべきだったのは、むしろ、オフィサーやキーンランドスワンでしたね。

つーか、出遅れたというわけでもないのに、なぜ控えたんだ
トウショウギアよ。
確かにディバインシルバーは逃げてこそという馬だし、
クイーンロマンスは東海公営の中でもかなりテンは速い。
けれども、ここは押して叩いて無理やりにでもハナを奪い取るべき
だったのでは。好位追走のトウショウギアなど、見たくもありません。
田中勝春に対するワシの中の評価を変えるときなのかも。

馬券は大ハズレでしたが、クイーンロマンスのテンのスピードが
ダートグレードでも決して見劣りのするものではないことがわかったし、
ナシュータックも、終盤失速したとはいえ、レコードと
同タイムの決着というあの早い流れに乗れていたことは、
東海公営好きのワシにはいい収穫ではありました。

AM 10:21:21 | Comment(0) | TrackBack(3) | [地方競馬予想]

2006年07月26日  【予想】名古屋・第10回名港盃(SPII)※結果追記
できることならライブ観戦したかったのですが、また今回も
前日夜間前売りで我慢です_| ̄|○。

◎モナクカバキチ
○ウイニングウインド
▲ケイアイダンシング
△マヤノオスカー(金沢)
×トーコーカント(兵庫)


『競馬エース』では圧倒的本命という評価、ハロン編集長・斉藤修さんも
本命
に据えるなど、ウイニングウインドが重賞初勝利なるかというムードが
漂っている感じではありますが、ワシの本命は、敢えてモナクカバキチで。
前走は、自らの前にずらりと並んだ先行勢が壁になり、勝負どころでの
仕掛けが遅れ敗北。それでも最後はしっかりと伸びてきて3着を確保。
今回は、好位から中団の比較的外目を追走できそうな枠。
前走の轍は踏まないと見ます。
展開さえ向けば、まとめて差しきれるだけの破壊力は持っているこの馬。
サラ系のオープンでも好勝負ができているだけに、アラブだからと
いうだけで軽視するのは危険でしょう。

今回は茜ちゃんではなく、丸野勝虎に乗り変わったウイニングウインド
内枠ということで、できれば逃げたいのだろうとは思いますが、
番手や中団からのレースでも結果を出せている馬。
そのあたりは鞍上の判断と腕前でどうにでもなるはず。
2走前にはオグリキャップ記念の勝ち馬・レッドストーンを下しているだけに、
ここで勝つだけの力は十分あるはず。

以下、転入以後、土古では(10 5 1 0)という素晴らしい戦歴の
ケイアイダンシング、去年のゴールド争覇では低評価を覆す
激走で大波乱の結果を呼んだマヤノオスカー、乗り代わりが
どうでるかだろうけれども、このところは遠征でも好成績を残している
トーコーカントまで。

重賞でも平場でも要チェックな角田厩舎勢。
転入緒戦のシアトルリーダーは先行力がありそう&岡部誠を起用
とはいえども、実に2年4ヶ月ぶりの実戦では苦しいでしょう。
そして、土古に帰ってきたタカラアジュディ。
障害時代の戦績は、主戦が五十嵐雄祐ということで、個人的には
思い切り度外視したいですが(他のジョッキーなら、もっといい
成績を残せたのでは…)、今回の追い切りの内容から判断すると、
やはり狙いは次走以降なのかなと考えます。
今回は2頭とも見送りでいいでしょう。

《買い目》
・3連単
 ◎○→◎○→▲△×(6点)

----------------------------------------------------------
(7月27日21時50分頃追記)
3連単ハズレ。

今回は正直なところ厳しい勝負になると思っていたのですが、
タカラアジュディがG競Εぅ福爾琉嫦呂鮓せました。
稔の好騎乗もあっただろうし、実績は残せなかったとはいえ
中央に移籍していた間にパワーアップしていたと言うことも
できるのでは。いずれにせよ、ワシを大いに驚かせる結果でした。
で、マヤノオスカーはいつの間に吉原に乗り変わっていたんだ?
レース映像を見るまで気がつきませんでしたよ。

◎のモナクカバキチ。スタート直後に両隣の馬に接触してしまい
後方からのレースになってしまったのが痛かったか。
あれでリズムを崩してしまったようにも見えました。すんなり
行けていたとしたら、また結果も違ったものになっていたはず
ですが、それもまた競馬。

AM 01:20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

2006年07月17日  【予想】盛岡・第10回マーキュリーカップ(統一GIII)※結果追記
天気が今ひとつなのですが、3ヶ月ぶりに笠松の本場開催へ行きます。
場外発売にはちょくちょく出かけていたんですが。
広域場外発売とともに、久々の笠松のレースを楽しもうと思います。

◎コアレスハンター
○ビッグゴールド
▲クーリンガー
△グラッブユアハート

×1 スナークレイアース
×2 レッドストーン


頭数は揃ったとはいえ、どうもJRA勢には全幅の信頼は置きにくい
という気がする今回のメンバー。であるのならば、オーロパーク
実績が、マイルチャンピオンシップ南部杯2着を含めた(1201)で
前走・一條記念みちのく大賞典を快勝したコアレスハンターで。
9歳とはいえ、まだまだ衰えはないだろうし、御神本が鞍上という
ことにもそそられるのです。

対抗も地方勢で。金沢へ移籍後は2連勝。地方コース適性も十分な
ビッグゴールド。この枠なら、スタートを決めて逃げ体勢というのも
有り得るでしょう。オーロ初挑戦というのがやや気にはなりますが。

以下、休み明け4走目で、もうそろそろかつての走りを取り戻せる
のではないかという気がするクーリンガー、白山大賞典優勝と
いうことから、牡馬相手でも問題はないと思われるグラッブユアハート
個人的相性が最悪な小野次郎が騎乗する、オーロ巧者の
スナークレイアース、グレードレースで力が足りるかと
いう感じではあるけれども、逃げられれば強いレッドストーン
押さえます。倉地、逃げてくれ。

キルトクール⇒スターキングマン
好きな馬ではあるんですが。
休み明けは走らないタイプなのでは。海外帰り緒戦というのも
どうも気になるのです。鞍上込みで過剰に人気するのなら、
嫌って妙味ありでしょう。


《買い目》
・馬連
 ◎−○▲△×1
・馬単
 ◎→×2

ほぼ間違いなく買い足すことにはなるでしょうが、
これだけは買います。

牡馬混合戦で良績がほとんどないレマーズガールは、無視の方向で。
来ちゃったら、「やっぱ、岩田うまいわ…_| ̄|○。」などと
言ってあきらめます。
----------------------------------------------------------
(7月17日20時50分頃追記)
馬連、馬単ハズレ。
※キルトクールのスターキングマンは、1番人気5着。


昼過ぎに笠松に到着。強めの雨が降ったり止んだりという
天気ではありましたが、蒸し暑さを感じなかったので、
それはそれで良かったです。

個人的には鞍上の腕前込みの過剰人気にしか思えなかったスター
キングマンを切り捨てたところまでは良かったものの(何だよ、
あの逆噴射は)肝心の本命が…。
レッドストーンがハナを取りきり、かなりのスローペースになった
(勝ちタイムは過去5回のものよりも遅いし)のが災いしたんでしょうか。
終いは伸びてはいたんですが。

叩き4走目(あまり言わないけど)で、クーリンガーが見事復活。
切れないけどバテない走りではありますが、直線の脚は○でした。

2着3着には軽視していたグラレマ。この結果を『夏は牝馬』の格言どおりに
片付けていいものかどうか…。

PM 12:34:38 | [地方競馬予想]

2006年07月12日  【予想】大井・第8回ジャパンダートダービー(統一GI)※結果追記
去年のカネヒキリ級の抜けた馬の参戦がなく、どうも今年は
混戦ムードという気がしますが…。

すっごく眠いので、手短に。

◎フレンドシップ
○ヤマタケゴールデン
▲ナイキアースワーク
△ホウライミサイル
×バンブーエール
×ナイアガラ


グレイスティアラとは前走で差のない2着。この着差は内田博幸の
豪腕と手綱捌きで十分埋められるものと判断。◎フレンドシップで行きます。
対抗には逃げても差してもOKなヤマタケゴールデン。前走2着は、
道中での位置取り・仕掛けのタイミングの差でしょう。
崖っぷちジョッキー・池田鉄平の意地が見たい。
あとは、外回り・2000mとはいえ、最内枠に不安が残るものの、
ユニコーンステークスの勝ちっぷりが鮮やかなナイキアースワーク
駿蹄賞、東海ダービーの内容が、まだまだ奥深さを感じさせる
我らがホウライミサイルあたりに期待。
バンブーエールは、距離延長と大井コースに対応できるかどうか。
ナイアガラは、間違いなく芝よりもダートのほうが現状では向いているだろう
けれども、ダートのオープン戦の経験が少ないのがどうか。
鞍上、池江泰郎厩舎、金子真人ホールディングスの最強トリオと
いうことで中途半端に人気するのだけは勘弁。

《買い目》
・馬単
 ◎←→○▲、◎→△
・3連単
 ◎○→◎○▲△→▲△××(20点)

今回は、キルトクールはお休みということで。

土古で、ビールでも飲みながら、「稔!!」と叫ぼうかと思います。
---------------------------------------------------------
(7月12日23時50分頃追記)
馬単、3連単ハズレ。

本命はバッチリだったのですが、せめて×まで馬単の相手を広げておけば…。
3,730円は、かなりおいしい配当だったのに。

残念だったのは、期待していたホウライミサイル。
外回りコースの長い直線で末脚に賭ける作戦だったように
見えましたが、これが、現状での力ということなのでしょうか。
ただ、8着という結果ではありましたが、39.0秒という上がりタイムに
その能力の一端は示せているのでは。
夏の間に鍛えこまれ、より一層パワーアップしたこの馬の姿を、
ダービーグランプリあたりで見たいなと、東海公営好きのワシと
しては思うのです。

あとは、対抗に据えたヤマタケゴールデン。つまずくような
スタートになり、後方からのレースを余儀なくされるかと
思いきや、2コーナー出口付近で4〜5番手あたりまで
押し上げてしまうとは。やはり、ここは、腹をくくって
中団くらいでじっと我慢していたほうが、結果的に良かったのでは。
4コーナー出口付近でかなり手ごたえが怪しくなっていた
わけですから。結果論とはいえ、池田鉄平の作戦ミスと言っても
いいであろうこの騎乗。残念でもあったし、少しだけですが、
腹も立ちました。

帰宅後、レース映像をネットで改めて確認し、軽い衝撃。
まさか、及川サトル氏の口から『ウチパク』という言葉が
発せられるとは(苦笑)。せめて、ウッチーにしてほしかったよ。

AM 02:45:37 | Comment(0) | TrackBack(2) | [地方競馬予想]

2006年07月12日  【予想】名古屋・トワイライトオープン※結果追記
今開催の土古は、薄暮開催+大井ナイターのリレー発売。
ビアガーデンも特設され、レースを楽しみつつ、冷たーいビールで乾杯!なんてこともできるわけですね。
画像よりも実際のお客さんは多かったです。自分の想像以上でした。仕事帰りにやってきたと思しき集団もいましたし。目的は馬券であれビールであれ、とりあえず人を呼ぶ要素を提供するということは、大事なのではないでしょうか。
エプロン(758ドリームゲッターズのイラスト入り)をした人が動き回っていたので、注文を取ったりとかしていたのでしょう。ビアガーデンを利用しなかったので、実際のところはわからないんですが。






できることなら見たかったけど、都合により、前日夜間前売りで
馬券を買ってきました。

◎モナクカバキチ
○キミガヨオー
▲タカオライアン
△ロンドンピストル
×クインオブクイン


前走は、ウイニングウインドに逃げ切りを許したとはいえ、
終盤鋭く伸びて、2着に食い込んだモナクカバキチ
あの内容と走破タイムなら、ここでも問題ないでしょう。
逃げて良し、差して良しと、展開不問の走りができるのも魅力。
相手は、キミガヨオー。A−2組を連勝して、復調か。
重賞勝ち鞍も、オープン勝ちもある馬。実力そのものは、抜けた
ものがあるだけに、あっさり勝ってしまうかも。
以下、3着候補として、あまり後方からのレースにならなければ
何とかなるタカオライアン、相手なりに動けるロンドンピストル
近走は今ひとつではあるけれども、比較的手薄なメンバーと
なった(登録のあったマイネフォクシー、ヨシノイチバンボシなど
が回避)ここを復活への足がかりにしてもらいたいクインオブクイン

《買い目》
・3連単
 ◎○→◎○→▲△×(6点)

キミガヨオーも強いですが、ここは、カバキチのサラ系オープン
初勝利を期待したいところです。
--------------------------------------------------------
(7月12日23時30分頃追記)
3連単ハズレ。

印を付けた5頭で決着とはいえ、この組み合わせは買えませんでした。

◎モナクカバキチ。終盤の末脚は見事でしたが、あの展開と
位置取りでは、どうにもならないかという感じですね。
○キミガヨオーも、4コーナーあたりで脱落というのはちょっと意外。
完全復活はもう少しだけ先なのでしょうか。

それにしても、ロンドンピストルは、ワシ的には、なかなか
買い時を見極めるのが難しいです…。
実力はあるし、土古ゆかりの血統ではあるんですが。

AM 12:44:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

2006年06月28日  【予想】大井・第29回帝王賞(統一GI)※結果追記
上半期のG気蓮∧塚記念で終わりではないですよ。
ついでに言うと、次のG気禄までないというのも大間違いなわけでして。

さて、2006年の上半期を締めくくる大一番。仕事が終わり次第、
名鉄電車に飛び乗って笠松まで行きます。
なぜ、土古ではなく笠松なのか。
決まってるじゃないですか、3連単を買いやすいからですよ。
マルチの機能はないけれども、軸1頭ながしができるし、
フォーメーションにかなり近い買い方もできるので。
※6月18日付、百万石賞の記事参照

南関東ではフォーメーション、マルチ、軸1頭ながし(個人的には
コレが最も重要)が導入されたそうですが、土古でも速やかに
導入してもらいたいものです。
現状では、土古で3連単を買うのは結構ストレスが溜まります。
JBCのときも、ふだん中央しか買わないであろう人たちは、
結構文句を言いながら馬券を買っていたのを覚えています。

さて、とめどなく話が続いてしまうので、予想へ行きます。
東海公営好きのワシではありますが、「なぜ、エルマタドールが
ここに?」と思わざるを得ません。
いろいろ理由はあるのでしょうが。

◎アジュディミツオー
○カネヒキリ
▲ボンネビルレコード
△マイネルボウノット
×タイムパラドックス
×エイシンチャンプ


控えても結果は出せるけれども、やはり『にげうまだもの』。
逃げたときこそ持ち味が存分に発揮されるアジュディミツオー
マイネルボウノットの出方もやや気にはなるけど、スタートさえ
決まれば、ここはハナを取れるはず。展開しだいでは逃げ切り
勝ちの可能性も十分。今期G毅馨〔椶鯊腓い亡待したいのです。

あとは、さらっと。
ドバイ帰りという点が不安ではあるものの、力という点では文句なしの
カネヒキリ。体調が万全であれば、あっさりと勝ってしまうか。
以下、後方待機から確実に末脚を使って伸びてくるボンネビルレコード
先行してどこまで頑張れるかという感じではあるものの、展開は向きそうな
気がするマイネルボウノット、近走は勝ち馬からかなり離されての敗戦が
続くものの、アンカツ騎乗時は(3113)、大井コースも(1022)と好相性の
タイムパラドックス、転入2戦目の大井記念できっちり結果を出した
エイシンチャンプへ。

キルトクール⇒サイレントディール
前走は鞍上の好リードで見事1着とはいえ、これでスランプ脱出
というのは、どうなのかと思うのです。
岩田でも、見送るべきなのでは。

《買い目》
・3連単
 ◎○→◎○→▲△××(8点)
・馬単
 ◎→○

カネヒキリとは3戦全敗ではあるものの、アウェーでの話。得意コースかつ
展開に恵まれそうなミツオーの逆転があるのではと考えます。
おそらくこの2頭の一騎打ちでしょう。
ドバイ帰りのカネヒキリにあっさり勝たれたら、「まあ、仕方ないか。」と
思うことにします。
---------------------------------------------------------
(6月29日1時20分頃追記)
馬単的中。
※キルトクールのサイレントディールは、5番人気3着、200ドンガバチョ。


決して細くは見えなかったように思えたものの、マイナス16kgと
いう馬体重にかなり不安を感じさせたミツオー。
一方、カネヒキリは、もう文句の付けようのない仕上がり。
他の馬と見比べても、雰囲気が全然違っていて、「こりゃ、勝つわ…。」
と思わせるくらいでした。

大方の予想通り、ハナに立ったミツオー、そして、好位で
それをがっちりとマークするカネヒキリ。正直なところ、この
2頭しか目に入りませんでした。

4コーナー出口くらいから追い出しにかかるカネヒキリ。外回り
コースの長い直線で一気に差し切るかと思いきや、仕掛けを
ギリギリまでこらえたミツオーが、実況でもあったように
まさに2段ロケットという感じの二の足を繰り出し、
アドマイヤドンのレコードタイムを0.3秒も上回る見事な
逃げ切り勝ち。ホームと言っても過言ではない大井コースで、
これまでの鬱憤を晴らすかのような勝利でした。

パドックに掲げられていた、hmo4riceさん製作の新作横断幕にも
あったように
『行ききってよかった にげうまだもの』
という言葉を体現するレース運びが、勝利につながったのでしょう。

ただ、2着になったカネヒキリも、終盤の手ごたえという点では
勝ち馬以上のものが感じられたし、上がりタイムも出走馬中
最速の36.9秒。流れひとつで逆転は十分にあったはずだろうし、
もし、このレースが遠征後の叩き2走目・3走目だったのならば、
ミツオー以下を大きく引き離す完勝劇というのも起こりえた
かもしれません。
長々と書きましたが、要するに、素晴らしいレースでした、と
いうことです。馬券は獲って損でしたが、そんなことなど
まったく気にもならない、いや、気にもさせることのない
一戦でした。

で、自信を持って切り捨てたサイレントディールが3着入線。
3着という結果だけ見れば、なかなかのものだという気もしますが、
実際のところはといえば、レコード決着とはいえ、2着からは
6馬身も離されているし、道中で自分よりも前にいたケージーチカラと
マイネルボウノットが終盤、流れについていけなくなり脱落した
恩恵を受けただけ。流れ込んだだけじゃないですか。
内容的には評価すべきものではないと思います。次走以降に
その真価を問うべきでしょう。

AM 12:32:04 | Comment(1) | TrackBack(2) | [地方競馬予想]

2006年06月09日  【予想】名古屋・第36回東海ダービー(SPI)※結果追記
ダービーウイークも終盤戦。ひとつくらいは見に行きたかったのですが、
結局、どこにも観戦に行くことができません。
うまい具合に仕事を抜け出して、携帯で実況が聞けるかどうかです。
休みが取れれば、昼くらいで早退が出来れば…というところだったのですが。

仕方なく、仕事帰りに、土古の夜間場外発売を利用して、買ってきました。
利用するのは初めてだったのですが、想像していたよりも人が多かったです。
まさか置いていないだろうと思っていたダービーウイークの公式プログラムも、ゲットできました。
来月末、某所での景品にします。
>関係者各位






それでは予想のほうへ。当日は雨の予想。木曜の夜も、そこそこ
雨が降っていたので、馬場状態がどの程度のものになるのかが
気になります。

専門紙を読んでいないからというのもありますが、本命対抗以下は、
もう何が来てもおかしくないのではという気がします。
一応印を分けはしましたが、ワシの中では、×が4つ並ぶという感じで。

◎ホウライミサイル
○スマイリングフィル(兵庫)
▲イエローマリン
△オクトパス(笠松)
×ホウライカップ
×センゲンゴロー


前走・駿蹄賞では完全にノーマークだったのですが、
ホウライミサイルの勝ちっぷりは、見事の一言。
中央遠征での2回の着外以外は(3010)という戦績。地力はある馬。
今回は、揉まれることのない大外枠。スタートをミスらなければ、
向こう正面を一杯に使って有利なポジションに付けられるはず。
位置取りさえうまくいけば、前走のような豪快な差しを
見ることができるのでは。

兵庫ダービーを蹴ってこちらへ。東海・北陸・近畿・中国交流戦
とはいえ、東海ダービーも舐められたもんだなという気がします。
それでも、スマイリングフィルはここに入れば十分好勝負が
できるのでは。
ここ5戦は、地元重賞、中央遠征3走、統一G兇箸いΕ蓮璽匹
ローテーション。ではあるものの、疲労の蓄積よりは、
地力強化を期待したいところ。
ある程度の位置を確保した上で、早めのレースができれば。
ミスターピンク・内田利雄がどう考え、動くかも、楽しみ。

『逃げ(そうな)馬+最内枠+安部幸夫』という個人的狙い目に
合致するイエローマリン。角田師も"揉まれるとダメ"
という趣旨の発言をしていたそうなので、ここは、行きたいところ。
昨年は、人気薄のタカネローマンが大逃げを打ち、3着に逃げ
粘っているので、その再現を期待するというのもあるのですが。

あとは、輸送競馬と土古コースに不安がありそうなものの、
決め手では決して劣らないオクトパス、マイル戦の戦績が
(1133)と距離は少しでも長いほうが良さそうなホウライカップ
目立った戦績は名古屋チャレンジカップ・レモン賞(中央馬との
条件交流戦)くらいではあるものの、中央遠征以外は一度も
掲示板を外していない、堅実なセンゲンゴローを。

《買い目》
3連単
・◎→○→▲△××

印は6個ですが、ホウライミサイルとスマイリングフィルの
一騎打ちと見て、このような目を買ってきました。

それから、注目したいのは第7レース。
中央へ移籍するも、未出走のまま登録抹消した角田厩舎の
マル外・ナシュータックが復帰です。
オープンや重賞でも好勝負ができていたし、1400mの能力試験で
1分28秒5という好タイムを出しているとのことなので、緒戦から
勝ち負けになるのでは、と思うのです。
極めて近い将来のエース候補と言っても決して差し支えはないはず。
実力馬の復帰も、メインとともに注目してみては。
----------------------------------------------------------
(6月10日1時10分頃追記)
3連単◎→○→×的中。

結局、仕事を抜け出してレース実況のテレフォンサービスを
聞くこともできず、帰宅後、ネットで映像を確認しました。
やっぱり生観戦したかったです…。

水が浮くほどの不良馬場ということも考慮したのか、外目3番手
につけたホウライミサイル。勝負どころの3〜4コーナーでも
馬なり。そして、コーナー出口あたりで稔がゴーサインを出すと
後続を楽々と突き放して完勝。文句ナシの内容ですね。
初の大井コース&ナイター、相手強化などなど、課題はたくさん
出てくると思われますが、ぜひとも、ジャパンダートダービーにも
出てもらいたいものです。あの末脚は、長い外回りコースの直線で、
より生かされるのでは。

そして、ナシュータックの復帰戦。休み明けということもあってか、
どうにかパレスホークを差し切ったという感じの勝ち方では
ありましたが、まずは無事に回ってこれたことを喜びたいです。
次走はもっと良くなってくるはず。寄り道した分を取り戻すくらいの
活躍に期待したいですね。

AM 11:00:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | [地方競馬予想]

2006年05月05日  【予想】船橋・第18回かしわ記念(統一GI) 名古屋・第45回駿蹄賞(SPI)※結果追記
去年はムーンライトながらで東へ向かい、船橋へ突撃。
レースを楽しみつつ、あんかけ焼きそば、肉豆腐など
名物のギャンブルフードに舌鼓を打ち、楽しいひと時を
過ごしたことを覚えています。
メインレースが獲れていればもっと楽しかったのですが。

今年も好メンバーが揃った春の大一番。今年こそは。

◎アジュディミツオー
○ドンクール
▲ブルーコンコルド
△サカラート


できることなら行ってしまいたいだろうけれども、前走のように
控えてのレースでも結果を出せるアジュディミツオー
ホームの船橋コースでは(3110)の実績があるし、
実力面でも問題はナシ。帝王賞などにつながる結果を
望みたいもの。

最内枠がどうなのかとは思いますが、○には地方ダート適性を
考慮してドンクールを。
船橋コースは初めてとはいえ、左回りは決して苦手ではない。
このメンバーなら、ある程度の位置に付けられるはず。
どこで先団を捕らえにいくかでしょう。

地方ダートでの実績はあるとはいえ、左回りダートは(1006)。
この点で少し割り引きたいブルーコンコルド
ただ、行きたい馬が自分よりも内に多いので、それらを
マークしながらレースを進められそうなのは有利か。
決め手は確かなものを持っているし、小回りとはいえ、比較的
直線が長い船橋コース。ペースしだいでは突き抜けるか。

一時の勢いはないけれども、地力は十分のサカラート
定量戦ということで57kgで出走できるし、先行力もある。
また、左回りであげた3勝は、中京と船橋でのもの。
今回も鞍上に岩田を迎え、要警戒。

キルトクール⇒レマーズガール
いくら好調とはいえ、新陳代謝の少ないメンバーで争われる
牝馬限定戦でのこと。メンバーが揃ったここでは苦しい。

《買い目》
・馬単
 ◎→○▲△
・3連単
 ◎→○▲△→○▲△(6点)

今の充実ぶりなら、ミツオーで大丈夫。中央ファンを
ギャフンと言わせてくださいな。

【駿蹄賞】
今年はどうも小粒という感じですね…。
ミヤビダンサー、イエロージャケット、タカノハルビーあたりの
参戦がないというのも残念で。

◎オクトパス
○ゴールドハートラン
▲キムタツプリンセス
△マウタン


今回が初の土古遠征。馬体減や入れ込みなどは気に
なりますが、確実に差してこれるオクトパスを本命に。
前がやりあうような展開になれば勝機は十分。
ゴールドジュニア優勝、ライデンリーダー記念2着など、
実績も残しているので。

前走・スプリングカップでは4コーナー出口あたりで脚色が
怪しくなるも、どうにか3着を確保したゴールドハートラン
更なる距離延長に対応できるかどうかは疑問が残りますが、
今回は最内枠。同型が数頭いるとはいえ、やはり行かなければ
持ち味は出せないのが辛いところ。ただ、テンは早いので
そこは何とかなりそう。ハナに立ってスローに落とせるかどうか。

若草賞、新緑賞ではともに2着。どうにも詰めが甘いと言わざるを
得ないキムタツプリンセスですが、好位でレースができるという点は
比較的有利か。前走では勝ち馬との差はわずか。
展開しだいでは甘さを払拭するような走りが見られるか。

道営からの転入後は複勝圏を外さない堅実な走りを見せるマウタン
土古での4勝はすべて逃げで挙げたものであり、◎あたりとの
兼ね合いが気になるところ。
17戦のキャリアは、メンバー中最多。この経験は生かせないか。

《買い目》
・馬単
 ◎←→○、◎→▲△

--------------------------------------------------------
(5月5日22時50分頃追記)
【かしわ記念】
※馬単の買い目を
・◎→△、◎→ナイキアディライト
に変更。
3連単◎→▲→△的中。
※キルトクールのレマーズガールは、6番人気6着。

パドックを見て、ドンクールとブルーコンコルドがあまり
良く見えなかったので馬単の相手から外し、中央勢では
一番と感じたサカラートがらみの3連単(◎→△→▲、○)を
厚くしてしまったせいで、獲って損です。

ナイキアディライトが躓き加減のスタートになったことも
幸いしたのでしょうが、ハナに立ち、ペースを握ったミツオー。
ガンガン飛ばしているように見えて、直線では迫ってきた中央勢を
さらに突き放しにかかることができたということは、道中は
十分に余裕があったのでしょう。強い競馬をしてくれました。
中間が順調であればですが、次走は帝王賞。
6月28日が待ち遠しいです。

【駿蹄賞】
馬単ハズレ。

デビュー戦で2着に7馬身差を付け逃げ切ったほどの素質の持ち主
であるホウライミサイル。初の重賞となるここで、3コーナーから
まくって圧勝して見せるとは。
センスは十分とはいえ、まだまだ力が足りないと見て切りましたが、
まったくの予想外でした。

土古に着いたのがこのレースのパドックの途中で、その時点で
すでにかなり人気していました。力不足とも思っていたし
(どーせ、稔だからってことで売れてるんだろう)としか
思えなかったのですが、まったくの見当違い。
稔のテクニックも含めて、参りました、という感じです。
重賞では、騎手選びも重要ですね_| ̄|○。

オクトパスの末脚には大いに期待していたのですが、残念ながら不発。
平坦な土古よりも、向こう正面中ほどから3コーナーにかけての
下り坂で勢いをつけられる笠松のほうが向いているんでしょうか。
仕掛けるタイミングが、勝ち馬よりも少しだけ遅かったようにも
見えましたが、そのあたりの違いもあるかも。

新勢力の出現でますます混沌としてきた感のある、東海公営の
3歳重賞戦線。今後も要注目です。

AM 01:23:02 | Comment(0) | TrackBack(4) | [地方競馬予想]

2006年05月04日  【予想】名古屋・第90回名古屋杯(SPI) 園田・第7回兵庫チャンピオンシップ(統一GII)※結果追記
かきつばた記念の予想のあまりのしょっぱさに、かなりへこんでしまいましたが、気を取り直して行きたいと思います。

【名古屋杯】
さて、今回で最後となる、アラブ系の伝統の一戦。
やはり、見所は、初めて実現する、
あの馬VSあの馬ということになるんでしょうか。

◎モナクカバキチ
○キジョージャンボ
▲エムエスオーカン


どちらを◎にするか迷いましたが、現時点の土古アラブではほぼ敵なしの
モナクカバキチで。
土古へ転入後は(14 2 0 1)という
すさまじい戦歴、そして唯一の着外が
8着降着(それも1位入線)によるものだけ。

サラ系編入緒戦となった前走のように逃げてもいいし、好位・中団からのレースも
できるという戦術の幅広さは、○に比べればいくらか有利。
気になる60kgの斤量も、2走前に59kgを背負い、2馬身半差をつけて
勝っているので、気にすることもないか。

個人的に大好きな馬ではあるけど、体調面が◎に比べれば
今ひとつらしいキジョージャンボはこの印で。
生涯初の60kgとは言っても、510〜520kg台という恵まれた馬格の持ち主。
斤量面でどうこうと言うことはないはず。アラブ限定戦への出走が
1年以上ぶりとなり、ペースに対応できるかどうかがやや気にはなりますが、
安定した先行力と、好位に付けてからの粘り腰はここでも十分に
発揮できるのでは。

昨年末の名古屋杯(冬)をはじめ、ことごとく◎の後塵を拝する結果が
続いているエムエスオーカン。前走での4着は、久々の1400mということで
度外視してもいいか。やはり、今回のようなゆったりとした距離のほうが
力は出せるはず。

《買い目》
・馬単
 ◎→○
・3連単
 ◎→○→▲、○→◎→▲

今年度から前日夜間前売りが始まった土古。NAR公式の出馬表に
前売りオッズが反映されておらず、どんな感じになるか読みづらいの
ですが、今のところは、この目で。
斤量が増えても、ジャンボとカバキチの一騎打ち、3着以下は
離れての入線という気がします。

【兵庫チャンピオンシップ】
◎フレンドシップ
○ジョイーレ
▲グレイスティアラ
△プラチナローズ


初の地方コースがどうかとは思うのですが、3連勝中の勢いを買って
フレンドシップからいきます。
距離は問題なくこなせそうだし、父からはノボジャックが出ていることを
考えれば、小回り&地方コースの適性も持っていそう。
伏竜ステークス組が過去2年このレースを勝っていることも好材料で。

兵庫勢からはやはりジョイーレということになるか。
園田コースでは(4200)と連を外したことがなく、兵庫ジュニアグランプリ
2着という実績もある。
前走では、好スタートからそのまま余裕の逃げ切り。何が何でもという馬が
見当たらないここでは、スタートさえ決まれば、ハナに立つということもあるかも。
川原の手綱捌き次第では初の重賞制覇も十分あるのでは。

全日本2歳優駿勝ちが光るグレイスティアラ。距離延長が不安要素の
ひとつではあるけど、血統面や、父の産駒の成績から見れば
気にすることはないのかも。道中の位置取りを誤らなければ、
3走前に見せたような末脚は生かせるか。

前走のマリーンカップは、初のダート重賞かつ古馬牝馬との混合戦、
鞍上が武士沢ということで、個人的にはなかったことにしたい
プラチナローズ。これ以上ないくらいの大幅な鞍上強化は間違いなく
プラスだろうし、血統的にもダートのこのくらいの距離は向くか。

キルトクール⇒ラッシュライフ
地方での活躍産駒にメモリヒメ、ロードバクシンなどがいるとはいえ、
どうも、サクラバクシンオー産駒が地方のダートで走るというイメージが
わきません。
成績が頭打ちになったので、とりあえず、相手関係が楽そうな
地方のダートを試そうという意図が(少なくともワシには)感じられる
今回の出走というのも、どうにも理解できません。芝を使えばいいじゃん。

《買い目》
・馬単
 ◎←→○、◎→▲△

3連単は狙わず、馬単できっちり当てたいと思います。
--------------------------------------------------------
(5月4日23時50分頃追記、名古屋杯の口取り画像を追加)
【名古屋杯】
※買い目を以下のように変更
・馬単
 ◎→○を○→◎
・3連単
 ○→◎→▲のみ

馬単、3連単的中。

昨日ほどではなかったものの、今日も土古にはたくさんのお客さん。
実にいいことです。

当初はカバキチから攻める予定でしたが、パドックを見て、
キジョージャンボのほうが仕上がり具合が良く見えたので、
買い目を急遽変更。馬単、3連単ともに、1点勝負でした。

体調が一息とか、7分の出来とか体調面についての噂は聞いて
いたので、どうなのかなあとは思いましたが、実際にパドックを
見ると、そんなことはまったく感じさせない仕上がり具合。
馬体の張り、つや、気合の乗り方など、ほぼ問題なし。
メンバーの中では一番の出来という印象を受けました。

そして、レースでは、番手追走から4コーナーあたりで抜け出し、
そのまま押し切り完勝。とても60kgを背負わされているとは
思えない力強い走り。やはりここでは格が違ったか。

モナクカバキチも直線では力強く伸びて2着を確保できましたが、
3〜4コーナーでジャンボよりも外目を回った差でしょうか。
上がり自体は勝ち馬と同じ(37.7秒)なだけに、ジャンボよりも
内を回れていたのならばという感じもします。
その他の馬に関しては、1・2着馬との力の違いでしょう。

時代の流れとはいえ、これで最後というのは残念です。
ただ、園田の楠賞などのように、模様替えはして、名前だけは
残すということはできなかったのかなという気もします。

【兵庫チャンピオンシップ】
馬単ハズレ。
※キルトクールのラッシュライフは、3番人気4着。

ウラ目でしたが、これは、田中勝春の好プレーでしょう。
早めにフレンドシップを捕らえにかかり、直線での叩き合いに
持ち込み、力でねじ伏せるという感じの騎乗。
グレイスティアラには後方から足を伸ばして差しきりという
イメージを持っていただけに、今回のレースは少し予想外でしたが、
新たな良さが引き出されたのではと思います。

昨日のかきつばた記念の負けが、名古屋杯でどうにか取り戻せました。
明日も、この調子で行きたいものです。

AM 10:02:28 | Comment(0) | TrackBack(4) | [地方競馬予想]

2006年05月03日  【予想】名古屋・第8回かきつばた記念(統一GIII)※結果追記
土古の春を彩る短距離重賞です。
それにしても今年は難解…。

2005年度の土古の収支は、14年ぶりに黒字の見通しとのこと。
足繁く土古に通うワシの目からすれば、正直なところ、競馬場の
景気が良くなったようには見えないんですが、やはりうれしい
ニュースです。
3連勝式馬券の導入、JBC開催などが要因なのでしょうが、この
結果を来年度以降も維持し続けなければならないわけで。
売り上げを伸ばすためのより一層の努力が必要だろうし
(賞金減額なんていうのを経営努力などと言わない)、ワシらも、
中央のレースを買ったりとか能書きをたれる暇があったら少しでも
多く土古の馬券を買い、(できる限り)現地でレースを楽しむ。
お互いにそういったことをしていかねば。
ただ、3連単の配当が300円台とか、そういうのだけは勘弁。
本命党のワシでも萎えてしまいます。馬券を買いたくなる
番組編成ということについても考えて欲しいものです。

話が長くなりましたが、予想のほうへ。

◎レイナワルツ
○ウイニングウインド
▲プリサイスマシーン
△ノボトゥルー


マルカセンリョウ、ヨシノイチバンボシと、過去2年名古屋所属の
馬が勝利し、地元ファンを狂喜乱舞させたこのレース。
ここは、東海公営のエース格レイナワルツに頑張ってもらいましょう。
もう少し距離は長いほうがいいかもしれませんが、土古コースでの
安定感はかなりのもの。中央勢も、今回はジョッキー、馬の
いずれもやや手薄な印象。この程度のメンバーなら十分に勝機は
ありでしょう。兒島真二が振り下ろす白いステッキに応え
渾身の走りでゴールを駆け抜けるレイナさんを見たいっす。

前走・東海桜花賞はハナに立ってしまい、ハイペースの流れと
重馬場とはいえ1分25秒4という高速決着を生み出す結果になって
しまったものの、どうにか2着に踏ん張ったウイニングウインド
今回は、逃げ馬が数頭いるので、出負けさえしなければ好位を
キープできるはず。どういったレースでも出来る、センスのある馬。
前走のような展開になってしまわなければチャンスは十分にあるでしょう。
東海公営の秘密兵器が鞍上とともに一躍全国区に躍り出ることが
できるかどうか、注目です。

砂、芝、距離を問わずにその万能振りを見せているプリサイスマシーン
これまで掲示板を外したのがたったの2度。この安定感は評価されて
いいでしょう。
叩き3走目+2走前と同様に岩田康誠を確保。なんか怖いです。
先行してもいいし、控えても何とかなりそう。

ここ4走は複勝圏にも入れない結果ではあるものの、後方待機から
確実に差を詰めて入線しているノボトゥルー。差し・追い込み馬
には有利に展開が向きそうなこのレース。流れひとつで上位入線も
十分ありえそう。鞍上も含めて、警戒は怠らないようにしなければ。

キルトクール⇒ディバインシルバー
地方重賞であっても、指定交流戦なので、キルトクール指名はします。
申し訳ないが、穂苅寿彦では狙いが立ちません。
メイショウボーラーなんかとガリガリやり合って、3コーナー
あたりで失速するのでは、と見ます。

《買い目》
馬単
◎←→○、◎→▲△
表彰式に兒島か茜ちゃんが立っていることを期待したいものです。
------------------------------------------------------
(5月3日20時45分頃追記)
馬単ハズレ。
※キルトクールのディバインシルバーは、9番人気6着。


甘すぎだよ、自分の予想。この一言に尽きます。
予想をされた馬系のブロガーさんは結構当ててらっしゃる方が
多くて(それもロッキーアピールに重い印)、もうガックリです。
さようなら、ワシのゴールデンウイーク…。
それほど突っ込んだわけではないんですが。

まあ、競馬エースの本紙予想で◎だったプリサイスマシーンの
評価を下げ、○がついていたメイショウボーラーを軽視できた
ことだけは、ほんの少し自信がもてました。

PM 01:03:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | [地方競馬予想]

2006年04月28日  【予想】笠松・第15回オグリキャップ記念(SP I)※結果追記
苦しい1年を何とか乗り越え、昨年と同様の1900m&地元重賞と
してではありますが、今年も行われることになった一戦。
天気予報では、絶好の競馬日和になりそうな感じ。現地観戦は
できませんが、馬券は買いますよ。

◎レッドストーン
○エンシェント
▲ストロングライフ
△マヤノモーリス


とにかく、何が何でも逃げることが絶対条件ではあるけど、
得意パターンに持ち込むとめっぽう強いのがレッドストーン
競りかけそうなのが最内枠を引いたミラージェネスくらいと
いうのも恵まれたか。
トライアル・スプリング争覇の再現に期待。

レース間隔が開いてしまう傾向のあるエンシェントが、スプリング争覇を
経てここへ来れるというのは、体調などの問題がないと見ていいか。
地力、素質という点ではまったく見劣りのしない馬。◎を
捕まえにいくタイミングしだいで、前走の雪辱を果たせるのでは。

11歳とはいえ、バリバリのオープン馬であるストロングライフ
さすがに、ややパワーが落ちたかなという印象もあるけど、
まだまだ力は健在。兒島真二とのコンビにも慣れてきたのか、
ここ2走は、2着&3着。ここでも馬券に食い込めるか。

豪快な追い込みで東海桜花賞を制したマヤノモーリス
少なくとも、1400mよりは1900mのほうがずっといいはず。
前走を見る限りでは、ちょっとズブいのではという気も
しないでもないところ。それでも、その末脚には警戒が必要か。

《買い目》
・馬単
 ◎←→○、◎→▲△

スプリング争覇のリベンジマッチになるような気がします。

川原騎乗のトーコーカントが結構人気しそうな予感ですが、
兵庫勢は軽視の方向でいいかも。

フルゲート10頭立てといっても当たる気がしないので、
3連単の買い目は、ここではナシ。馬券購入時まで考えます。
---------------------------------------------------------
(4月28日22時45分頃追記)
※上記買い目のほか、
・馬単
 ◎→クインオブクイン、トーコーカント
・3連単(フォーメーション風)
 ◎→○▲△→○▲△(6点)

を追加購入。
馬単、3連単ハズレ。

クインオブクインとトーコーカントが、某専門紙の本紙予想で
それぞれ▲と○という評価&調教が好内容、ということを
今朝になって初めて知り(新聞代ケチるからだよ…)、あわてて
買い足してしまいました。何やってんの、ワシ。

完璧なスタートを決め、その上で、押して押してハナに立った
レッドストーン。こうなるとやっぱり強いですわ。
勝ちパターンが見事に成立して、危なげない勝利。
揉まれこんでしまった場合どうするかがやはり今後の課題では
あるし、現時点での最大の問題点なのでしょうが、あの走りを
見せられると、気にしようとは思えなくなりますね。

>兵庫勢は軽視の方向でいいかも。
なんて書きましたが、マイネルサイプレス、トーコーカントが
2着3着。軽視するのは、むしろ東海勢だったのかも。
そういう「たられば」の話は、しても意味はないんですが。

なんか最近、ノーマークの差し馬に馬券を割られてしまい、
頭を抱え、途方に暮れることが多い気がします_| ̄|○。

AM 03:05:28 | [地方競馬予想]

2006年04月12日  【予想】名古屋・46回東海桜花賞(SPI)※結果追記
土古から結構近い我が家のあたりは、強めの雨が降りっぱなし。
徒歩で42秒(計測済み)のところにあるサークルKに新聞を買いに
行くのも躊躇われるくらいです。
ということで、今日はNAR公式の出走表と、自分の中の少ない
知識で予想してみます。

おそらく今日は、不良でのレースなのでしょう。高速決着と
なるんでしょうか。

◎ウイニングウインド
○マイネフォクシー
▲マルヨサンデー
△マルカセンリョウ
×ロイヤルセランガー


もうここは、JRA500万下との指定交流戦を連勝、格上挑戦と
なったオープンを完勝など、現在5連勝中のウイニングウインド
勢いに乗る手でしょう。
大外枠は、揉まれない分かえって有利か。逃げても、好位から
でも、中団からでもと、どんなレースもできる自在性がある
のも、いいところ。時計面でも通用しそう。
茜ちゃんに重賞初勝利をもたらすことができるか。

マイネフォクシーも、できることなら逃げてしまいたいはず。
ただ、相手がやや手薄だったとはいえ、今回と同距離の新春盃を
3番手追走から抜け出し勝っているのだから、好位付けでも問題は
ないか。勢いという点で考えれば、◎ほどではないけど、この馬
にもいいものが。

相手関係や、距離を考えれば、マルヨサンデーの前走(名古屋大賞典)
は度外視が可能。やはり短距離のほうが持ち味は出せるだろうし
地元重賞でも常に上位に食い込めるだけの力量と安定感のある馬。

言わずと知れた実績馬ではあるものの、復帰後4戦を消化するも
未だ勝ち星のないマルカセンリョウ。ただ、地力そのものは
メンバー中でもトップクラス。
展開しだいでしょうが、ここで完全復活もあるか。

このところはすんなり逃げられないと脆い所が出るロイヤルセランガー
地元重賞くらいはあっさり勝てる力はあるはずなのですが…。
『逃げ馬+内枠+安部幸夫』は、個人的に狙ってみたい組み合わせ。
同型は多数いますが、スタートダッシュさえ決まれば、脚抜きの
いい馬場を生かして逃げ切りの目も無きにしも非ずでしょう。

《買い目》
・馬単◎←→○▲△×
獲って損でもいいです。
資金配分に気をつけて、表裏で行きます。
-------------------------------------------------------
(4月12日23時50分頃追記)
馬単ハズレ。

外枠を利して、揉まれることなくハナに立ったウイニングウインド。
4コーナー出口あたりでも、かなりいい手ごたえで、これは
勝ったな、と思ったのですが、大外をぶん回したマヤノモーリスが
見事な末脚を見せ、差し切り。あの脚で来られては、かないません。
土古の新スター候補誕生の瞬間と、茜ちゃんの重賞初勝利を
期待していたんですが、今日は、相手が強かった。

勝ったマヤノモーリスですが、かつて荒尾在籍時に(11 2 0 0)という
素晴らしい戦績を残してきたことはもちろん知ってました。
地方馬場への適性も十分あるとはいえ、移籍緒戦で、短距離重賞。
そして、中央で休み明けを2戦叩いての転入とはいえ、ピークは
過ぎているのではと思い、あえて予想では触れずにいましたが
この結果。地力の違いなのでしょうか。
かきつばた記念でも、今日のように頑張ってもらいましょう。

AM 12:44:10 | Comment(0) | TrackBack(2) | [地方競馬予想]

2006年04月05日  【予想】笠松・第32回新緑賞(SPII)※結果追記
天気が少し気になりますが、今日は、笠松へ行きます。

ただ、ライデンリーダー記念の1・2着馬が出走しないなど、
メンバー的にあまりそそられるものがなかったり、房の国オープン
関係で、東川や濱ちゃんなどが船橋に行っていたりと、
どうにもテンションが上がらないんですが…。

◎キムタツプリンセス
○メイホウホップ
▲タカノハルビー
△アイラブタイム


このくらいの面子であれば、若草賞2着のキムタツプリンセス
仕方がないでしょう。前走の勝ち馬は、先日のスプリングカップ
(名古屋)を快勝。力関係からしても、ここは取りこぼせないでしょう。

一般戦編入初戦の前走が散々でしたが、叩き2走目での変わり身を
メイホウホップには期待したいところ。今回は最内枠。
スタートさえ決めれば、本来の持ち味は生かせるはず。
認定戦、兼六園ジュニアカップ(金沢)などの勝ち鞍があるのだから、
能力的に見劣るということはないんですが…。

重賞ではまだ結果を出せていませんが、前走、3走前に見せた
末脚がここでも見せることができれば怖いのがタカノハルビー。
仕掛けどころひとつでしょう。

キャリアの浅さと、半年近く間が空いてしまったことが気に
なりますが、鉄砲は利きそうなアイラブタイム
道営時代には認定勝ちがあるこの馬。潜在能力には注意を
したほうがいいか。

《買い目》
・馬単
 ◎←→○、◎→▲△
・3連単
 ◎→○▲→○▲△(4点)

--------------------------------------------------------
(4月6日0時50分頃追記)
馬単、3連単ハズレ。

ウラ目です_| ̄|○。

自分用のメモも兼ねて、レースのことをつらつらと。

期待していたメイホウホップ、あおるようなスタートで後方からのレース。
結果5着とはいえ、あれさえなかったら、というところなのですが…。

対照的に好スタートを切ったモエレソシアル。不良馬場を味方に付け、
まんまと逃げ切りか?と一瞬嫌な予感がしましたが、さすがに、
前半4ハロンを50.0秒前後で通過というのは速すぎたか。

4コーナーで逃げるソシアルを飲み込んだタカノハルビーと、
キムタツプリンセス。ゴール寸前まで追い比べが続いたものの、
幾分余力が残っていたタカノハルビーの勝ち。
キムタツに甘さがあるのか、それとも、能力の違いだったのか、
はたまた、言うべきではないのでしょうが、技術面の差なのか。

いずれにせよ、ひとつだけ確かなのは、ウラ目を押さえなかった
ワシがすべて悪いということ。

AM 01:23:02 | Comment(2) | TrackBack(2) | [地方競馬予想]

2006年03月21日  【予想】名古屋・第29回名古屋大賞典(統一GIII)※結果追記
休みが取れたので、朝イチで土古へ突撃します。
お目当ては、先着2000名に配布される『キリンのどごし』250ml
試飲缶の引換券、ではなく(いや、こっちも魅力的だけど)、
もちろん名古屋大賞典なのであります。

パドックの屋根のあるところで難しい顔をして馬と新聞を
見つめている、黒のJBCキャップ、赤いネックストラップを付けた携帯、
小ぶりのフレームの眼鏡の男がいたら、多分ワシです。
煮るなり焼くなり、ご自由に。

◎レイナワルツ
○マイネルボウノット
▲ドンクール
△ピットファイター
×レッドストーン


マークは相当きつくなるだろうけど、地元に戻ればレイナワルツ
勝機は十分。
JBCクラシック、エンプレス杯で全国レベルの力を持っていることは
証明されているこの馬。相手は強いとは言っても、G靴脳,蘇蕕韻垢
程度なのだから、あっさり返り討ちにしても不思議ではないはず。
仕掛けるタイミングひとつで、ワシも含めた土古のファンを
狂喜乱舞させる結果は出せるでしょう。

前走では、逃げるオンユアマークの番手からそのまま押し切り、
初の地方コースをクリアしたマイネルボウノット。ここでも
上位人気は間違いないか。インコースも極端に砂が深いと
いうこともなく、コーナーが緩い土古は、佐賀よりは走りやすい
はず。前走同様外枠を引いたので、揉まれず先行できれば、
連勝もある。

岩田康誠というだけで警戒しなければならないドンクール
今回も58kgを背負うことになるけど、前走では2着と一応の
結果を出しているので、気にしすぎることはないか。
今回が叩き3走目で、追い切りの動きも良くなってきたので。

昨年夏以来のレースとはいえ、鉄砲がバリバリに効く
ピットファイター。武蔵野ステークスや、マーキュリーカップ
は休み明けでの勝利。骨折からの復帰戦とはいえ、いきなりも
あるかも。過去に走った事のある旭川よりもさらに小さな
土古コースに戸惑わなければ。

重賞2勝を含む3連勝中と、本格化という感じのレッドストーン
水溜りができるくらいの不良馬場を味方につけられたのも
あるけど、後続を引きつけ、直線で突き放しレコード勝ちした
前走・六甲盃は、実に強い内容。○や、トウケイファイヤー
などの出方にもよるでしょうが、先頭に立てれば、粘りこみも
ありえない話ではないかも。

キルトクール⇒アサカディフィート
中山金杯2着などの実績が評価され中途半端に人気して、
飛んでくれることを大いに期待。違う意味で頑張れ、池添。
小回りとはいえ距離は問題ないだろうけど、ダートが久々すぎ。
追い切りの動きは良かったとはいえ、ここで力は出せるのか。
逃げ・先行が圧倒的に有利の土古コースで、末脚が炸裂するかは
大いに疑問。

《買い目》
・馬単
 ◎←→○▲△、◎→×
・単勝
 ◎

3連勝式の馬券は、現地で馬を見てから考えます。

前の記事で私情がどうの、などと書きはしましたが、
ここはレイナワルツにとっては、またとないチャンスのはず。
「兒島ぁ、そのままー!!」などと絶叫できるようなレースを
見せてもらいたいものです。
------------------------------------------------------
(3月21日22時頃追記)
※上記買い目のほか、
・3連単(フォーメーション風)
 ◎○→◎○▲→○▲△×
・3連複
 ◎○▲

を追加購入。

すべてハズレ。
※キルトクールのアサカディフィートは、5番人気3着、
 240ドンガバチョ。


自分の目では良く見えた◎と○を中心とした3連勝式馬券を
買い足したのですが、レイナさんが中盤で力尽きてしまい、
散々な結果となりました。
何も考えずに中央勢4頭のボックスだけ買っておけということですか。
そうですか、そうですか。

ただ、岩田は上手に乗って、うまい具合にドンクールの持ち味を
引き出したのではないかと思います。

先頭がコロコロと入れ替わり、馬群もぎゅっと凝縮したまま
流れたレース。やはり先行勢には苦しい展開だったのでしょう。
先行してもいいけど、どういったレースもできるレイナワルツ
でしたが、あの流れで、終始外目を回されたのは、きつかったか
という感じですか。

アサカディフィートはどうにか3着に入りましたが、展開に
恵まれたという気がします。かなり外目を回しての3着と
いう点は評価はしますが、この一戦で、ダートでもやれると
ジャッジするわけには、いかないでしょう。中央であれだけ
やれたら、認めてもいいです(←負け惜しみ)。

AM 02:56:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | [地方競馬予想]

2006年03月20日  【予想】高知・第9回黒船賞(統一GIII)※結果追記
このレースのほかにも、全日本新人王争覇戦、指定交流の
はりまや盃、数多くの協賛レースと盛りだくさんな内容の
今日の高知競馬。金と時間の都合さえついていたら、という
感じなのですが…。

東海公営からは阪上と茜ちゃんが出場するのだから、
どうにか調整して新人王争覇戦は馬券を売ってくれたらなあ
と思わずにはいられません。どんなレースであっても、
馬券さえ売ってくれれば買ってしまうのが競馬好きの悲しい性
なんですから(苦笑)。それに、土古での広域場外発売は
1日1レースでなければならないというわけでもない
でしょうし。その辺も考えるべきだとは思いますね。

◎ブルーコンコルド
○ヨシノイチバンボシ
▲ニホンピロサート
△ノボトゥルー
×ロッキーアピール


グレード別定で59kgを背負うとは言っても、恵まれた馬格を
持つブルーコンコルドは、斤量は苦にしないのでは。
ガーネットステークスでは今回と同斤量で5着。しかし今日は
ベストというべき1400m戦だし、前走に比べれば相手関係も楽。
JBCスプリントのような強さを見せられるか。

ベストが1400mというのは、ヨシノイチバンボシにも同じ
ことが言えるか。前走・梅見月杯は、確かにキジョージャンボも
強かったけれども、ラストの直線では明らかなスタミナ切れ。
距離短縮となるここは、一変があっても驚くことではないか。
遠征でも結果を残せるタイプでもあるので。

中舘からアンカツへ。鞍上の大幅強化(中舘は、個人的には
あまり評価していないんです。すんません)となった
ニホンピロサートだって侮れない存在。得意な距離だし、
走り慣れた&実績を残している地方馬場で、見直しです。

明けて10歳。それでも、全国を飛び回るノボトゥルー
タフさには頭が下がります。ここ2戦は結果が出ていないとは
いえ、距離が長すぎるだけのこと。3年連続2着と、
非常に相性のいいレースだし、昨年のJBCスプリントでは
3着と、まだまだ元気。ここでも馬券からは外せないでしょう。

朝の段階で重馬場発表。重馬場実績が(0115)というのが気に
なるところではあるものの前年3着のロッキーアピールも。
休み明けの東京シティ盃は+12kgと重め残り。
1戦叩いての良化と、輸送でのひと絞りも十分見込めそう。

キルトクール⇒ディバインシルバー
スタートさえ決まれば逃げ切りも無きにしも非ず。
しかし、他馬が順調に使われてきたり、休み明けを1、2戦
使われているのに対し、やや間隔が空いたのが気になるところ。
鞍上がテン乗り、短距離戦で蛯名というのも、不安が
拭いきれません。

《買い目》
・馬単
 ◎←→○▲、◎→△×
 ○→▲△×
・○の単勝
・3連単(フォーメーション風)
 ◎○→◎○▲→○▲△×(11点)

○にはしたけれども、やはり、名古屋競馬っ子のワシは
ヨシノイチバンボシに期待します。
高知勢に印をつけられないのは正直寂しいのですが…。
-------------------------------------------------------
(3月20日23時20分頃追記)
馬単◎→×的中
※キルトクールのディバインシルバーは、4番人気7着。


仕事の関係で残念ながらライヴ映像は見られなかったので、
帰宅後、NAR公式で確認しました。

圧倒的な支持を受けたブルーコンコルド。こういう時ほど
飛んでしまうものですが、圧勝じゃないですか。参りました。
今後、もし60kgを背負わされることがあったとしても、
あれくらいは走ってしまうような気もします。

ヨシノイチバンボシ、10着か…。_| ̄|○
前に行けなかったのか、控えたのかはわかりませんが、
あれでは持ち味は出ないですね。やはり、前に行ってこその馬。
残念。

収支と、買い目の量はともかく、的中には変わりありません。
獲って損となるよりはよっぽどいいですが、格好悪いですね。

もっと点数を減らして、美しく当てられればいいんですが、
東海地区の馬が出てくると、どうにも私情が混じりこんで
しまいます。もっと勝負に徹しないと…。

AM 10:58:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

2006年03月15日  【予想】船橋・第51回ダイオライト記念(統一GII)※結果追記
昨日はネットができなかったので、今朝になって初めて知ったの
ですが、昨日の船橋は中止になっていたんですねえ。
公式ページのお詫び
今日は、大丈夫でしょう。
もしレースができなくても、どこぞの統一GIIみたいに
"積雪のため中止だけど延期はナシ"みたいな、しょっぱいことは
するなよ(苦笑)。

それでは、予想へ。なんか堅そうな気もしますが。

◎ヴァーミリアン
○ルースリンド
▲タイムパラドックス
△パーソナルラッシュ
×テンリットル


中止にはなってしまったけど名古屋グランプリに出走を予定
していたくらいなのだから、ヴァーミリアンはこの位の距離は
こなせるはず。初騎乗とはいえ、船橋コースを熟知する
内田博幸への乗り代わりはいいほうに向くはず。

対抗は、迷いましたが、転入以来(10 2 1 0)と、完全に
生まれ変わった、一皮も二皮も剥けたという表現がピッタリ
であろうルースリンドを。手ごわい相手はいますが、
秘めた可能性に期待します。中央でダメダメだった馬が
移籍後、大変身を遂げるというのも、地方競馬の魅力の
ひとつだと思うのです。

タイムパラドックスには、やはり2000m級の距離が合っているか。
前走での負けや、年齢面のことは、あまり気にしなくても
いいはず。このくらいの距離では大崩れはないし、むしろ、
持ち味は生かせると見ますが。

昨年のこのレースを勝つなど実力は十分とはいっても、
どうにもつかみ所のないパーソナルラッシュ。正直、頭では
狙いづらいのですが、すんなり運べれば。

移籍初戦、長距離輸送などが気になりますが、テンリットル
長距離適性は要注意なのでは。北國王冠、中日杯で競い合った
タフネスゴールドが川崎記念でまったく歯が立たなかったことを
考えると、どうなのかとも思うのですが、3着争いには
食い込めるかも。

キルトクール⇒アルファフォーレス
距離延長は歓迎のタイプだろうし、岩田へ乗り代わって
一発の可能性も十分でしょうが、オープンではまだ力が
足りないのでは。ていうか、そんな馬にあっさり馬券に
絡まれてしまっても困ります。


《買い目》
・馬単◎←→○▲、◎→△
・3連単(フォーメーション風)
 ◎→○▲→○▲△×(6点)

残念ながらライヴでは観戦できないので、夜、NAR公式で
中継映像を見ます。
--------------------------------------------------------
(3月16日0時10分頃追記)
馬単◎→△的中。
※キルトクールのアルファフォーレスは、
 5番人気3着、220ドンガバチョ。


当たりはしましたが、いつものように資金配分に失敗して
しまったため、獲って損となりました_| ̄|○。
相変わらず、しょっぱいよ、ワシ…。学習能力ゼロやな。

前年度の覇者・パーソナルラッシュを子ども扱いした
ヴァーミリアン。強かったです。3〜4コーナーあたりでは
馬なりでスーッと上がっていたし。ウッチーの好騎乗もあった
でしょうが、完勝でしたね。タイムパラドックスがもう少しだけ
頑張ってくれると、なお良かったのですが。

いくら追い込み型とはいえ、1周目スタンド前で最後方は
ないだろうと思い見ていたテンリットル。地方勢では最速の
上がりで差を詰めたものの、入着すらできず。ゆったりとした
流れが災いしたのかという気もします。残念。

アルファフォーレスにはまったく期待しなかったのですが、
やはり、実力とかはともかく、岩田康誠というだけで
警戒しなければならなかったのでしょう。
キルトクールしてる場合ではなかったですね。

AM 12:26:21 | [地方競馬予想]

2006年03月08日  【予想】笠松・第33回マーチカップ(SP)※結果追記
笠松でも、ようやくライブ中継がスタート。
どんな感じかなと思い、先ほど、少し覗いてみましたが、
画質は、なかなか良いですね。

さて、東海桜花賞のトライアルでもあるこの一戦。過去5年は
比較的平穏な決着なのですが、今年はどうなるんでしょう。
現地観戦ができないので、今日は、土古での場外発売(都合に
より前売りで購入)で我慢です。

◎デスペハード
○エイシンコーリンガ
▲タワリングドリーム
△ケンゴウザン
×タイムトゥチェンジ


スタートは決していいとは言えないものの、その末脚には
素晴らしいものがあるデスペハード。展開、馬場状態、
距離を問わない走りで、目下4連勝。今の勢いなら、初の
オープン挑戦となる今回も、すんなり突破できそうな気がします。

復帰緒戦となる前走は、可もなく不可もなく、というか、
特にこれといった印象が持てないレースのように見えた
エイシンコーリンガ。休み明けを叩かれ、一変とまでは
いかなくても変わり身は十分見込めそうだし、中央時代は
1000万下とはいえ(3725)の実績。地力はありそうなだけに要注意か。

枠を利してペースを握り、逃げきったタワリングドリーム
前走をどう評価するか。それでも、オープンでも力を出せそう
な面々を相手に2馬身差をつけての勝利は認められていいと思う。
明けて10歳とはいえ、まだまだやれるだけの力は持っているはず。
また、2・3月の実績は(3103)。この点にも魅力。
ハナに立つか、2、3番手くらいにつけられれば勝ち目もあるか。

地方移籍後の戦績から考えると、ケンゴウザンの力が発揮できそうな
距離は、マイル前後なのかも。重賞では笠松グランプリ2着の実績が
あるものの、今回の1900mという距離は、微妙。
佐藤友則がどう乗るかでしょう。

タイムトゥチェンジは、今回が叩き3走目。しかし、前走の
佐賀記念は、相手関係などを考慮して度外視という手も
できないことはないだろうけど、ちょっと負けすぎ。
地元に戻って巻き返しというのもありえない話ではない
だろうが、昨年のこのレースに勝って以来、1・2着がないと
いうのが、どうにも引っかかるところ。個人的には伏兵級の
評価で。

《買い目》
馬単◎←→○▲、◎→△×

笠松コースは初めてになりますが、ここは、デスペハード&
安部幸夫に期待していいでしょう。

なかなか当たらないけど、それでもついつい買ってしまう
3連単(苦笑)はどうしましょうかねえ…。
土古に行ってから考えます。
--------------------------------------------------------
(3月9日0時30分頃追記)
3連単(フォーメーション風)
 ◎→○▲→○▲△×(計6点)を追加購入。

馬単、3連単ハズレ。

結局3連単も土古で買い目を考えて買いましたが、外しました。

"ヤングマン"こと佐藤友則、やってくれましたねえ。
ケンゴウザンは短距離向きだとばかり思っていたので、こんな
結果になるとは予想すらしませんでしたよ_| ̄|○。
正直なところ、バテちゃうだろうと考えたのですが…。

デスペハードにはかなり期待をしていましたが、今回は完敗
でしたね。終盤、差を詰めにかかったものの、9馬身も離されて
しまったということは、やはり展開が向かなかったという
ことになるんでしょうか。この結果はすっごく残念でしたが、
より上を目指せる素材であると思っています。巻き返しと、
更なる成長を望みたいものです。

AM 12:48:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

2006年02月17日  【予想】名古屋・第7回梅見月杯(SP)※結果追記
春先みたいな陽気だったり、少し寒くなってみたり、
雨が降ったり止んだりだったりと、なんだかよくわからない
天気が続くここ数日の名古屋。例年よりはいくらか過ごし
やすく感じるのですが、なんか冬らしくないですね。

さて、3・21名古屋大賞典(統一G)のトライアルとなる
この一戦。現地で生観戦の予定です。

◎ヨシノイチバンボシ
○エンシェント
▲コルレオーネ
△ストロングライフ
×キジョージャンボ


このあとは黒船賞を目指すらしいヨシノイチバンボシ
正直なところ距離が微妙ではありますが、ここもきっちりと
勝って昨年のリベンジに向けて動いて欲しいところ。
内枠、多分やや重くらいになりそうな馬場状態、そして鞍上は
今年から新コンビを組むことになったらしい安部幸夫。
有利な条件は揃いました。

前走・東海ゴールドカップから間は空きましたが、
エンシェントは鉄砲が利くタイプと見ていいでしょう。
斤量は増えますが、57kgは背負い慣れているはず。

初の土古がどうなのかというのもありますが、昨年夏あたり
からぐんぐん成長してきた感があるコルレオーネも不気味。
ただ、もう一押しが足りないというか、詰めが甘いというか
そんな気もしないでもないですね。

明けて11歳とは言っても、まだまだ元気なストロングライフ
前走ではレイナワルツから0.2秒差の3着。そして、冬場は、
昨年のこのレースに優勝など、例年得意としている時期。
ここでも好勝負の予感。

実質3頭立てだったとはいえ、前走で久々の勝利を飾った
キジョージャンボ。多分ハナを切るか番手でのレースか
どちらかという感じだと思いますが、うまく流れに乗れれば
複勝圏は確保できるかも。

《買い目》
馬単◎→○▲△×
ヨシノイチバンボシの勝利を信じて、ウラ目なしで
買ってみます。
------------------------------------------------------
(2月18日15時ごろ追記、口取りの画像を追加)
馬単ハズレ。

驚きました。キジョージャンボは好きな馬の一頭ではあるの
ですが、強豪揃いのここで勝つとは思いもしませんでした。
現地で観戦していましたが、残り100mくらいのところで
ヨシノイチバンボシをかわしにかかったときには、場内から
何とも言えないどよめきが起こったくらいですからねえ。
それでも、今回の勝ちっぷりは見事なものでした。

名古屋大賞典のトライアルであるここを勝ったとはいえ、
本番には出られないのでしょう。そういう決まりだから
仕方がないといえば仕方がないのですが、出たところで
何か都合の悪いことがあるわけでもないとは思うのですが。

ヨシノイチバンボシは、やはり距離の壁なのでしょうか。
黒船賞、そして、(出てくるのであれば)かきつばた記念での
走りに期待したいものです。

PM 12:34:38 | [地方競馬予想]

2006年01月04日  【予想】名古屋・名古屋リーディングジョッキー ケンタウロスカップ※結果追記
正月恒例の、前年のリーディング上位12名による腕試しの
一戦です。NAR公式のデータによれば、2005年のランキングは
こんな感じでした(他場の成績を除く)。
1 安部幸夫 137
2 丸野勝虎 128
3 岡部誠 126
4 宇都英樹 103
5 兒島真二 72
6 宮下瞳 72
7 倉地学 66
8 戸部尚実 53
9 竹下太 53
10 吉田稔 51
11 大畑雅章 46
12 丹羽克輝 44
13 柴田直樹 40
※吉田が欠場のため、13位の柴田が繰り上がりで選出。

ということで、土古のリーディングは安部幸夫。
笠松でも60勝(第3位)を挙げています。吉田稔が騎乗数を
減らしている(腰の具合が良くないとか、中央での騎乗に力を
入れるとかいろいろ噂は聞くのですが、詳細は不明)、昨年の
リーディングだった岡部が骨折で戦線離脱していた時期が
あったということなどを差し引いても、評価されるべき数字
ではないのでしょうか。勝率22.8%、連対率39.9%も
素晴らしいものなのでは。
『迷ったら、安部幸夫。』2006年は、これでいきましょう。

強豪揃いの中で、瞳ちゃんの健闘も目を引きます。
飛びぬけて上手、というイメージはないんですが、日々の
努力の賜物ですね。
あと、一言。もっと頑張れ、小山信行(14位)。

んじゃ、予想のほうへ。

◎ヒルノキセキ
抽選で、過去2戦2勝の騎乗経験を持つ馬を引き当てた
戸部尚実。他のジョッキーに比べれば幾分有利か。
逃げたい馬は多数いますが、スタートが決まれば、コーナー
ワークでハナに立てるか。このところ、先行有利の傾向に
拍車がかかる土古の馬場。ラチ沿いもかなり軽い印象を
受けます。うまく逃げ体制を取れ、ラチ沿いの経済コースを
通れれば、勝ちも見えるでしょう。
○デスペハード
力量だけでいけば、この馬が抜けているか。強いです。
ただ問題なのは、脚質。結果を出しているとはいえ、追い込み
型のこの馬が、現在の軽い馬場で届くのか。仕掛ける
タイミングの一瞬のずれで、苦汁をなめるということも
あるのかも。その点も注意すべきでは。
▲マイネルオリエント
腹痛明けを叩き、上昇気配か。タイミングしだいでは、
後方からごぼう抜きした前走の再現があるのかも。
名古屋杯、名古屋記念優勝と、この年末年始はしっかり結果を
出してきた兒島の腕に期待。
△スージーキュー
決め手という点でどうなのかとは思いますが、しぶといレース
運びには好印象。極端に後方の位置取りにならなければ、
持ち味は出せるでしょう。
×ラピスレヴェリオン
ここ2戦は前に行けず、差しに回らざるを得なかったのですが、
出脚さえ良ければ、善戦は可能なはず。
逃げ・先行馬に乗ったときの安部幸夫には大変お世話に
なっているし、軽視したときの怖さも知っています。
昨年度リーディングの力を見せてください。

《買い目》
馬単◎←→○▲△×○→▲△×
個人的に、かなり人気しそうな○に過度の信頼を寄せるのは
どうかと思うのですが、一応、タテ目も押さえておきます。

これから土古へ行ってきます。

--------------------------------------------------------
(1月4日23時35分ごろ追記、画像追加)
馬単ハズレ。

表彰式の画像を入れてみました。左から戸部(3着)、倉地(1着)
宇都(2着)です。

ヒルノキセキがコーナーワークで先頭に立ち、そのまま
レースを進めて3コーナー入り口くらいまで来たときは
「よっしゃ、もらったー!!」と思ったのですが、やっぱり
デスペハードは強かったですよ。前が残る馬場状態を
気にしすぎて軽視してしまったことを少し後悔。

これで、晴れてA級入りですね。中には「ホントにこれで
A級か?」なんて思いたくなる馬もいるのですが、
この日の8レースを快勝したロフティワンなどとともに
そういうしょっぱい馬たちを蹴散らして、ブイブイ言わして
もらいたいものです。

今日は、土古のレースは全敗。広域場外発売のばんえい帯広の
ホクレン賞が獲れたので、どうにか坊主は免れました。

AM 10:02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

2006年01月03日  【予想】名古屋・第8回新春ペガサスカップ(SP)※結果追記
今日の土古のメインは、明け3歳馬の重賞です。今後のスター候補がこの中から出てくるのでしょうか。

◎ゴールドハートラン
JBCデイに行われたゴールドウイング賞では強豪を力でねじ伏せるという感じの逃げ切り勝ち。前走は大敗するも、土古では4戦全勝という実力の持ち主。
逃げタイプのこの馬が外目の枠というのがどうなんだろうとは思うのですが、スタートが決まれば力を発揮できる可能性は高いのでは。


○インパクトワン
土古ではおなじみの血統ですね。
ゴールドウイング賞では中団から追い上げるも◎に2馬身差の
2着。前に行きたい馬が多いのですが、ある程度の位置取りで
レースを進められれば、逆転もあるか。
▲フジノスターガール(笠松)
笠松からの参戦はこの馬だけ。
地元では5戦して(4100)という素晴らしい成績。土古は初めて
ではありますが、最内枠を生かした逃げが打て、ペースが
握れれば、初の重賞制覇も不可能ではないでしょう。
△ペアーガイヤ
時計面だけを見ればそれほど差はないような気はします。
2度の中央遠征で、確実に力はついているはず。
展開ひとつ、というところなのでしょうか。

《買い目》
馬単◎←→○▲、◎→△
多分この4頭で決まるでしょう、というより、そうあってくれ。

広域場外発売のばんえい帯広・銀河賞も当てたいっす。
土古に行ってから、じっくりと考えます。
------------------------------------------------------
(1月3日23時30分ごろ追記、画像を追加)
馬単◎→△的中

うまく撮れませんでしたが(自分の携帯のカメラではこれが限界)
勝利ジョッキーインタビューの模様です。
土古のロゴマークと758ドリームゲッターズが書かれた
衝立は、今シリーズから用意されたんですかねえ。

人気サイドでの決着でしたが、無事的中で、本命党、というより
穴が狙えないワシにとっては一安心でした。

外目の枠で逃げられるかどうかが気になっていたゴールド
ハートラン。やや重という馬場状態も考慮したのか、
思い切って前に出て、ハナに立ったあとは、そのまま逃げ切り。
直線では差を広げる一方。強い走りを見せてくれました。
これで、土古では5戦全勝。これからどういった路線を進むか
でしょうが、ゴールドハートラン&福重正吾のコンビは
今後も注目ですね。

PM 01:03:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

2006年01月02日  【予想】名古屋・第45回新春盃(SP)※結果追記
シリーズ3日目の土古では、今日も重賞が実施されます。
昨年は、馬単で63720円の大波乱。2000年から2004年までは
すべて4桁配当。なんか荒れてしまいそうな気がします。

◎タカネローマン
東海ダービーでは大逃げを打ち3着に粘りこんだこの馬。
ここは、逃げ切りを期待して、この印でいきます。
最近では、番手くらいの位置取りでもいいレースができているので、ハナに立てなくてもさほど心配しなくていいかも。12月29日には弥富トレセンの追い切りで一番時計を記録。好調教が実戦に結びつくことを期待。
○キミガヨオー
初の芝&中央の1000万下だった前走、2走前は1900mの重賞
ゴールド争覇だったことを考えれば、距離短縮、条件変更での
変わり身はあってもおかしくないのでは。
短距離のほうが持ち味は出るはず。
▲オグリスキー
この馬、盆と正月は走ります。
相手が強すぎた前走・兵庫ゴールドトロフィーは参考外。
2走前、3走前はともに2着と、調子は悪くはないはず。
昨年の覇者だけに、軽視は禁物です。
△マイネフォクシー
1400mは5戦して(3200)の好成績。ハイペースで流れた前走
(中央との指定交流戦)では、じりじりと後退して4着になったと
いうのがやや気がかりで、確実にペースが上がるであろう
今回はそのあたりがどうなのかという気がします。
×ジョウムラキング
ペースが速くなりそうな今回、差し馬に流れは向くかも
しれませんが、その差し馬勢が非力。その中で敢えて挙げると
すればこの馬か。他の差し馬に比べればそれなりの脚は使えて
いるし、やはり鞍上が山本茜というのが気になるところ。
土古でも笠松でも「あの子、うまいね。」という評判を良く
聞きます(ワシもそう思います)。転入後は(0 1 2 14)と
さっぱりなのですが、鞍上の腕で3着ならあるか。

《買い目》
・馬単ボックス◎○▲△
・3連単(フォーメーション風)
 (1着)◎
 (2着)○▲△
 (3着)○▲△×
※9点

ながしでは獲れる気がしないので、弱気にボックスで。
◎が絡めば、多分、獲って損ということはないでしょうが、
オッズと相談して、微調整をします。
------------------------------------------------------
(1月3日10時ごろ追記、画像追加)
馬単△→▲的中

ボックス買いのおかげでどうにか的中です。
微調整がどうの、と書きましたが、パドックで
マイネフォクシーがそれほど良く見えなかったので、
オグリスキー、タカネローマンがらみの馬券のほうを
厚くしてしまいました。ということで、今回も獲って損。
ワシの相馬眼も馬券戦略も、相変わらずしょっぱいままですわ。

ハイペースでのレースになったときのことが気がかりだった
マイネフォクシー。3番手追走から楽に抜け出して勝利。
地元勢とのレースであれば、あの程度のペースだったら
問題はないということですね。覚えとこう。>ワシ

新春盃のあと、損失補てんを狙って、ばんえい・帯広記念の
広域場外発売に挑戦。
人気していたサダエリコを、スピード勝負になったら厳しいの
ではないか(馬場水分7.3%)と考えて切り、第2障害を越えて
からの脚が良さそう、高重量戦でも力が出せるのではと思い
シンエイキンカイ軸で馬単の表裏を買ったところまでは
良かったのですが、見事にハズレでした。
ミサイルテンリュウ→シンエイキンカイの馬券は持って
いたんですが…。

PM 10:06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

2006年01月01日  【予想】名古屋・第9回名古屋記念(SP)※結果追記
中央競馬と地方競馬の両方をやるワシにとって今年の『仕事始め』です。
昨日、笠松で仕事納めをしたばかりなのにね(苦笑)。

さて、ワシのホームトラック、土古こと名古屋競馬場では豪華メンバーが集結した重賞です。
ビシッと当てて、2006年のスタートダッシュを決めていきたいものです。
このレースを観戦してから、名古屋人の心の故郷というべき
『熱田さん』こと熱田神宮へ初詣に行きます。
ここ数年の恒例行事です。


予想の参考にしている『競馬エース』紙によれば、年末に
東海地方に降った大雪で、調整に影響が出ているみたいです。
馬体重や、パドックでの気配には要注意でしょう。

◎レイナワルツ
昨年1年の活躍ぶり、そして、JBCクラシックでの大健闘は
記憶に新しいところ。メンバーは揃っていますが、
ここでは軸に据えてもまったく問題ないでしょう。
出走予定だった名古屋グランプリ中止の影響がどう出るか。
○ロイヤルセランガー
外目の枠を引きましたが、出遅れさえしなければ、ハナに
立てそうな感じ。中間も、長めをしっかり追い切られ、
好タイムを計時。
去年は逃げ馬に乗った安部幸夫に大変お世話になりました。
うまく逃げられるようなら、前走・笠松グランプリの雪辱を
果たすことができるのでは。
▲ストロングライフ
年が明けて11歳の大ベテラン。とは言っても、末脚には
まったく衰えを感じさせません。寒くなり、調子は確実に上昇。
前走・ターコイズオープンではじっくり脚をため、36.3秒の
上がりを爆発させ見事な勝利。前走よりは幾分ペースが
上がりそうな今回は、ますます有利になるのでは。
△キジョージャンボ
サラブレッドへの挑戦を続ける土古最強アラブ。
勝ちパターンに持ち込みながらも最後の直線で失速して
しまったことから考えれば、まだ本調子というわけには
いかないのだろうし、雪の影響で思うような調教が
積めなかったらしいという点も大いに気になりますが、そこは
地力でカバーしてほしいところ。なんだかんだ言っても、
下手なサラよりはよっぽど強いんですから。
×ロングランナー
笠松所属とはいえ、名港盃2着など、土古遠征で良績を
残しているこの馬。このところは地元戦でも2連勝。調子は
いいはず。テン乗りとなるベテラン・竹下太がどう
乗りこなすかでしょうか。

《買い目》
・馬単◎←→○▲、◎→△×
・3連単(フォーメーション風)
(1着)◎
(2着)○▲△
(3着)○▲△×
※9点

馬券が当たるかどうかは別として、すごく楽しみな一戦です。
------------------------------------------------------
(1月2日0時55分ごろ追記、画像追加)
馬単◎→×的中。

見事連覇を達成したレイナワルツさんの口取り直前の
画像です。年が明けて、白さに磨きがかかったような(笑)。

パドックでの気配は一番良かったように見えたレイナワルツ
でしたが、出走予定だった名古屋グランプリ中止が影響した
のか、どうにか勝てたという感じでした。勝てはしたけど、
直線での切れ味や、尻尾をブンブン振り回してゴールへ向かう
といった、いつものレイナらしさが見られなかったのは、
少し残念。それでも、今年の土古も、この馬が主役に
なるんでしょうか。頑張れ〜。

それにしても、ロングランナーは土古だと走りますねえ。
直線でレイナと体を合わせて叩き合いになったのも
かえって良かったのかもしれないっすね。
ロング→レイナの馬単を持っていなかったので、冷や汗が
出ました。東スタンドのひな壇席で観戦していましたが、
ゴール後、思わずスタンドの端まで走り、脱鞍所の様子を
見に行きましたよ。そこからだと、脱鞍所が見えるんですよ。
写真判定になりそうなときは、そこへ急いで行ってみることを
お勧めします。

書き足すのを忘れていました。
資金配分に失敗して、獲って損でした_| ̄|○。

PM 01:46:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

2005年12月31日  【予想】笠松・第34回東海ゴールドカップ(SP) 名古屋・第89回名古屋杯(SP)※結果追記
今日は日程の関係で土古と笠松が同時開催。どちらに行こうか迷いましたが、笠松のほうを選びます。

【東海ゴールドカップ】
昨年までの2500mから一気の距離短縮(1900m)。
今年はオグリキャップ記念も1900mで施行。
やっぱりひとつくらいは長距離戦があってもいいのではと
思うのですが。

◎エンシェント
人気は他の馬に集まるだろうけど、この馬から。
鉄砲も利くタイプだし、差し脚質もここでは向きそう。
○ハクリュウアラシ
馬柱を見ると上がり馬のように思えますが、以前はA級で
活躍していた馬。いよいよ完全復活か。
▲ミツアキサイレンス
今年は振るわなかったものの、実績はトップクラス。
先行勢が互いにやりあう展開になれば、飛び込んでくるか。
△レジェンドハンター
このローテーションと距離はどうかとは思うのですが、ハナを
切れたときの強さはまだまだ健在。とにかくスタート次第。
×ニッタレヴュー
所属は土古であるものの、かなりの笠松巧者。
人気急上昇中の新人・山本茜が、得意コースで穴を開けるか。

《買い目》
・馬単◎←→○▲、◎→△×
・3連単軸1頭ながし
 ◎→○▲△×(12点)

昨日初めて知ったのですが、笠松では3連単が1頭軸ながしで
買えるんですね。
すばらしい!よそで、こういうことが
できるというのは聞いたことがないです。あとは、
フォーメーションがあればほぼ完璧なんですが。

【名古屋杯】
年2回行われる伝統のアラブ系重賞。アラブという存在が、
日本の競馬界から無かったことにされつつあるのは残念で
なりません。
笠松での広域場外発売で買ってきます。

◎モナクカバキチ
この馬で頭は鉄板、いやダイヤモンドです。
58kg、59kgを背負って今回の対戦メンバーを下しているの
だから、57kgのここではもう楽勝でしょう。
○エムエスオーカン
今年春の名古屋杯の覇者。9月以降、◎とは5戦全敗。とはいえ、
地力は十分。展開ひとつでリベンジなるか。
▲ブラウンダンディ
距離がどうかという感じでしょうが、前のほうで流れに
乗れれば。今年1年お世話になりまくりの安部幸夫の
手綱捌きに期待。
△オーシャンユーノス
体調が良くなってきたのか、追い切りで好時計をマーク。
前がもつれてくれば、この馬にも出番が。

《買い目》
・馬単◎←→○▲、◎→△
・3連単(フォーメーション風)
 ◎→○▲△→○▲△(6点)

一応、馬単は裏目も押さえてみます。
土古では軸1頭流しもフォーメーションも使えないので、
3連単でこの程度の点数なら、1点ずつ、ちまちまとカードを
塗りつぶします。

今年の仕事納めです。いい感じで1年を締めくくれれば
いいなと思います。
-------------------------------------------------------
(12月31日21時ごろ追記、画像追加)
【東海ゴールドカップ】
※上記買い目のほか、
 馬単△→◎を追加購入。
馬単、3連単ハズレ。

笠松の新・ながし用マークカード。
>あとは、フォーメーションがあればほぼ完璧なんですが。
と書きましたが、フォーメーションっぽい買い方が
できるんですね。
軸が1頭決まれば、他の着順のところは
何頭入れても可能だから、
『◎→○▲△→○▲△××』
なんていう感じの3連単のながし馬券が買える。

すっごい便利ですよ、奥さん。
使うカードが少なくてすむというのがいいですね。
やればできるじゃん、ていうか、買いやすさを考えれば
この程度のことはやって当然。笠松にできることを、どうして
土古はやらなかったんでしょう。明らかに怠慢です。
馬券は売ればいいってもんじゃない。

話がそれました。

ミツアキ&ハンターの両ベテランが人気を集めるかと思いきや、
一番人気は◎。驚きました。
2周目3コーナー手前で進出を始めた◎がそのまま押し切って
見事な勝利、はいいんですが、2着のマイネルポップスを
買っていませんでした_| ̄|○。
これで、笠松に世代交代の波が押し寄せてくるのでしょうか。

【名古屋杯】
※馬単は○▲△→◎のみに変更。
3連単◎→○→▲的中
ガッチガチの結果となりましたが、やっぱり、外れるよりも
当たるほうがうれしいですね。厚めに押さえておいて良かった。

最後の直線でカバキチがエムエスオーカンを捕らえられるか
どうか、かなり心配でした。それでも残りあとわずかのところで
かわして、実力を見せつけてくれました。
これで土古アラブに敵なしというところを証明したわけですが、
今後はどうなるんでしょう。

PM 11:59:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

2005年12月30日  【予想】笠松・第9回ライデンリーダー記念(SP)※結果追記
さて、笠松が生んだ名牝の名を冠した、2歳王者決定戦がやってきました。笠松の、そして東海公営の今後を担うであろう馬がこの中から出てくれることを願いたいものです。

◎ミヤビダンサー
1頭、強そうなのがいますが、この馬の潜在能力に賭けます。
道営で4戦の後笠松に転入し、緒戦となる重賞・サラプリンセス特別を逃げ切り勝ち。レベル的には遜色なしと見ます。
道営からの転入馬、柳江仁厩舎の牝馬、鞍上が土田龍也というのが、今年の3歳戦線を引っ張って来たミラージェネスと重なるものがあります。この点でも期待です。
○フジノスターダスト
予想の参考にしている『競馬エース』紙の馬柱では本紙を含め
6名全員が◎を打ち、"今日の顔"のコーナーでI編集長が
取り上げている(彼に関するいい評判を聞かない&ここで
紹介された馬があまり振るわないと聞きます)のがかなり不安。
それでも、デビュー戦は、その日のC−1組特別戦と同タイム
(1400mを1分30秒5、2着には7馬身差!)で完勝するなど
センスは抜群。能力試験や前走のように出遅れさえなければ。
▲オクトパス
逃げ先行が得意な馬が多く集まる今日の一戦。ペースが
ぐちゃぐちゃになるようなら、この馬にも勝機は十分。
鋭い差し脚で2歳王者の栄誉を手にすることができるか。
△オグリアラシ
認定戦は勝てなかったものの、重賞・ジュニアクラウンを制覇。
距離経験もあるし、ここ2戦は好位から差すレースで連続2着。
展開がはまれば、一発があるか。
×メイホウホップ
出世レース・兼六園ジュニアカップを優勝、結果こそ
出せなかったものの、デイリー杯2歳ステークス、兵庫
ジュニアグランプリにも参戦。豊富な経験が生きてくるのでは。
先手が取れるかどうかでしょうが、2番枠を引いているし、
スタートが決まれば何とかなるかも。

《買い目》
・馬単ボックス◎○▲、◎→△×
・3連単(フォーメーション風)
 (1着)◎○▲
 (2着)◎○▲
 (3着)◎○▲△×
 ※18点


身支度を整えてから、場外発売をやっている土古へ
行って来ます。
-------------------------------------------------------
(12月30日23時20分ごろ追記、画像を追加)
馬単◎→▲的中。

3着のタカノハルビーまで押さえられていたら、もう言うことは
なかったのですが…。というより、手が出せませんでした。

最後は◎が▲との叩きあいをわずかながら制したわけですが、
なかなかの勝負根性を持つ馬のようですね。
初挑戦となる1600mも克服できたので、今後の選択肢も
いろいろと広がってくるのではと思います。

単勝1.4倍と圧倒的な人気を背負いながらも最下位と
なってしまった○。パドックでの気配、馬体の張りも
かなり良く見えたし、スタートもそう悪くはないように思えた
のですが、現状では好位からのレースだと脆さが出てしまうの
でしょうか。デビュー戦での走りからすれば、こんなものでは
ないはず。今後の成長を見守っていきたいところです。

AM 12:08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

2005年12月29日  【予想】大井・第51回東京大賞典(統一G)※結果追記
今年の個人的総決算その2です。
ムーンライトながらの指定席券が発売当日の時点で取れなかったので、今までどうしようか迷いましたが、大井まで行くことに決めました。
帰省ラッシュに巻き込まれるのは覚悟のうえで、朝イチの新幹線で東へ向かう予定。
現地では、今のところは、ふるさとコーナーに立ち寄って、その後はパドックとLウイング1Fを往復しようかと考えています。

いやあ、メンバーが揃って、難しいですわ…。



◎アジュディミツオー
ここは連覇を期待します。
昨年のように逃げてしまってもいいけど、番手でもレースは
できる馬。状態も良さそうだし、得意の大井コース。
最後は、ウッチーにびしっと締めてもらいましょう。
○タイムパラドックス
乗り慣れた鞍上に戻り、前走のような差し届かずと言うことは
考えられにくいか。コースを問わず安定した力を発揮している
この馬、ここも外せない。
▲ユートピア
前走は微妙に距離が長かったか。2000mならギリギリ守備範囲。
まだまだ好調持続とみてもいいのかもしれません。
すんなりと好ポジションが取れれば。
△シーキングザダイヤ
左回りで(0400)、大井コースは初めてというのはどうなんだろう
とは思うのですが、前走では壮絶な追い比べの末、わずかな差で
2着に入っているのだから、ここでも勝ち負けする力は十分。
×ナイキアディライト
とにかく単騎逃げに持ち込めるかどうかでしょうが、
うまくいければ、侮れないはず。
鞍上も石崎パパに戻り、見直すのも手なのでは。
キルトクール⇒ベラージオ
2005年の切り納めはこの馬に決定です。
ここ2走は非常にいい感じの戦績。前走でタイキエニグマの2着と
いうのも評価に値するとは思うのですが、グレードレースでの
実績がないし、メンバーも強力。何より、地方コースは初めて。
不安です。

《買い目》
馬単◎←→○▲△、◎→×

初めての大井です。レースと、場内の雰囲気、そして
かなり充実している印象を受ける食べ物(ここが重要!)を
楽しんでいこうと思います。
--------------------------------------------------------
(12月29日22時50分ごろ追記、画像追加)
※上記買い目のほか、
・◎の単勝、複勝
・馬単◎→シーチャリオット
・3連単(フォーメーション風)
 (1着)◎○
 (2着)◎○
 (3着)▲△×、シーチャリオット、スターキングマン、
   ボンネビルレコード

を追加購入。

馬単◎→△、◎の単勝、複勝的中。
※キルトクールのベラージオは、7番人気4着。


新幹線は混雑するかなと思ったのですが、自由席でも
結構空席がありました。混むのは明日以降なんでしょうね。

寝過ごした関係で、現地に着いたのは昼ごろ。
牛モツ串やG1焼き("東京大賞典"の焼印が押してありました)
などに舌鼓を打ったり、ふるさとコーナーでばんえいの
レースを観戦したり(馬券は購入せず)、もも子&まどかの
予想対決イベントを見逃してしまったり(11レースの前くらいに
掃除のおばちゃんのコスプレをしたもも子をステージ上で
見たので、まどかの勝ちだったのでしょう)と、いろいろと
あった後、お目当てのメイン。

パドックが大混雑、Lウイングの投票所も、長い列ができて
いたので、モニターで軽く状態を確認する程度にして、早々に
馬券を購入。いつものように買い足しすぎ。意志が弱いんです。

おなじみの生ファンファーレ。ここでも、手拍子かよ。

スタートからしばらくして、控えるのではと思っていた◎が
×を制して先頭に。これは予想外。
ペースを落としてゆったりと逃げるミツオー。そして
最後の直線で加速。追い上げる△には冷や冷やさせられたものの
見事な逃げ切り勝ちで、連覇達成。
内田、ミツオー。お前ら、男だ!(高田延彦風)

競馬を始めて2年5ヶ月。地方、中央でいろんなレースを
見てきましたが、ゴール後、膝が震えるくらい興奮し、
涙が出てきたのは、これが初めてです。

単勝4番人気、現地で購入した『日刊競馬』では本紙が△と
いう印。そして、競馬系ブロガーさんの間でもそれほど
評価は高くなかったような印象だったのですが、前評判を覆す
走りを、年末の大井で見せてくれました。来年も大いに
期待して見ていきたいところです。

最終レースも相手を絞って3連単をやや厚めに仕留め、
久しぶりに大幅なプラス収支で終了。往復の新幹線代も
取り戻せました。

今年も、"仕事納め"まであと2日。年が明ければ土古で
"仕事始め(失笑)"ではありますが、残りも、この勢いのまま
突っ走れたらいいですな。

AM 12:06:20 | Comment(4) | TrackBack(2) | [地方競馬予想]

2005年11月30日  【予想】浦和・第26回彩の国浦和記念(統一G)※結果追記
いつものように、昼休みに土古まで出かけ、馬券を仕込んで
ついでに昼食も摂り、職場に戻ります。

◎マクロプロトン
不良馬場+2400mの長丁場であった前走だけで、底が見えた
とは判断できないのでは。距離も短縮され、左回りは(9104)。
巻き返しがあるのでは。
○ハードクリスタル
前走・白山大賞典は、不良馬場を生かしたグラッブユアハート
を捕らえ切れなかっただけ。早め早めのレースができれば、
先行勢をまとめて差しきれるか。
▲メイプルエイト
これといった逃げ馬のいないここでは、積極策でレースを
引っ張り勝利を狙うか。
前走の出走取り消しがどう影響するかでしょうが、3歳重賞
戦線で確実に結果を残してきた実力、底力に期待。
△コアレスハンター
高松亮の好騎乗があったとはいえ、前走・北上川大賞典2着は
復調を感じさせるもの。斤量も1kg減るし、鞍上が、
JBCスプリントで多くの人を驚かせた御神本訓史。
ここでの完全復活を希望。
×(1)ヴァーミリアン
サカラートの半弟、前走の初ダート戦でドンクールを下して
1着、そして、鞍上が相性抜群の武豊ということで、当日も
かなり人気しそうだけども、信用していいものか。
どうも早熟タイプ&前走は脚抜きのいい馬場に助けられただけ
のような気がします。よって、敢えてこの印で。
×(2)ヨシノイチバンボシ
確かに距離は長いのかもしれないけれども、浦和とさほど
大きさの変わらない土古で1900m戦での実績があるのだから、
どうにかいけると思いたいです。先行して、ペースに乗れれば。
キルトクール⇒ノボトゥルー
なぜここを使う?
いくら小回りといっても、ペリエが乗るといっても、
現状で2000mは長い。

《買い目》
・馬単◎←→○▲△、◎→××
・3連単(フォーメーション風)
 ◎○→◎○▲△→▲△××(20点)

給料日直後なので、3連単も、これくらい買ってしまおうかと。
------------------------------------------------------
(12月1日22時25分頃追記)
馬単、3連単ハズレ。
※キルトクールのノボトゥルーは、5番人気3着、160ドンガバチョ。

何も言うことはありません。予想が、しょっぱすぎです…。
素直に中央馬3頭ボックスでも買ってりゃ良かった。

AM 12:08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

2005年11月23日  【予想】笠松・第1回笠松グランプリ(SP)※結果追記












去年の今頃は全日本サラブレッドカップ(統一G)だったの
ですが、事情が事情だけに仕方のないところでしょうか。
それでも、なかなかのメンバーがそろい、好勝負が期待
できるのでは。

◎ロイヤルセランガー
『競馬エース』紙の"今日の顔"に取り上げられると走る馬も
走らなくなるという評判らしく(今日付けの紙面に登場)、
そのあたりが心配ではあるのですが(苦笑)。
前に行きたい馬が多いのですが、外枠ということで、逆に
包まれたりごちゃついたりという心配をしなくてもすむのは
好都合か。得意の逃げに持ち込めれば、力を十分に発揮
できるはず。
○マルヨサンデー
前走の中央遠征でも2番手で追走できていたし、3走前の
岐阜金賞では思い切った逃げがはまり、逃げ切り勝ち。
テンに行ける脚があるのだから、スタートを決めれば
好勝負に持ち込める可能性は高いのでは。
▲ケンゴウザン
転入後は(6002)と素晴らしい戦績。初めての笠松コースの
相性と、少しずつではあるものの馬体重が増加傾向にあるのが
気にはなりますが、ここでも互角以上の勝負ができそう。
金沢競馬の場外発売で、数回お世話になったことがあります。
その時のようないい走りを期待。
△ダイヤモナーク
休養明け初戦ではあるものの、これまでの実績は相当なもの。
しっかり乗り込まれて、追いきりでも好タイム。心配ないか。
過去にも他地区での重賞では良績がないのが気になるところ
ですが、鞍上が内田利雄。短期所属の延長が決まった名手の
手綱捌きで、他馬をまとめてやっつけてしまうことも
無きにしも非ずか。

《買い目》
馬単◎←→○▲△
いつものように、あれやこれやと買い足してしまう可能性は
十分にあるのですが、今のところはこんな感じで行きます。

それでは、笠松へ行ってきます。
----------------------------------------------------
(11月23日19時38分頃追記、画像を追加)
※上記買い目のほか、
・馬単◎→ミツアキサイレンス
を追加購入。
ハズレ

帰宅後、笠松競馬の公式ページでレース映像を確認しました。
少しあおるような形になったスタートで、◎はやや出遅れて
しまっていたのですね。ゴール板付近で生観戦をしていた
のですが、そのときには、わからず。中団あたりよりは
逃げたほうが間違いなく走りがいい馬であるだけに、
本命に据えていたワシとしては、ちょっとがっくり。
>『競馬エース』紙の"今日の顔"に取り上げられると走る馬も
>走らなくなるという評判らしく

そんなジンクスは嫌です。_| ̄|○

番手追走のホワイトサイクロンが抜け出し、ケンゴウザンを
引きつれゴールという、完全に想定外の結末。
正直なところ格下と思っていたホワイトサイクロンでしたが、
うまく先行できたのが功を奏したというところでしょうか。

ゴールド争覇に続いて、またしても、重賞を金沢勢に
持っていかれましたね(泣)。東海公営好きのワシには
残念な結果でしたが、東海勢にはいっそうの奮起を
期待したいものです。

PM 11:51:24 | Comment(0) | TrackBack(2) | [地方競馬予想]

2005年11月03日  【予想】土古でブレイク、アフリートの血 第5回JBCクラシック(統一G)※結果追記
さて、地方競馬の祭典のメインイベントです。
スプリント同様、難解なわけでして…。
個人的には、「もしここにマルカセンリョウやミツアキタービンが
いたら…」と思ってしまいます。

◎サカラート(JRA)
逃げてよし、先行してよし、控えてもよしと、幅のあるレースぶり。
地方コースへの適性は過去2戦の結果からも明らかだし、
スターキングマン、タイムパラドックス、ナイキアディライトといった
強豪を下してきた実力は本物と見ていいのでは。4連勝で
待望のG誼ゼ茲覆襪。
○ナイキアディライト(船橋)
無理は承知の上です。
ユートピアが逃げる可能性は十分だし、時に思い切った戦法に出る
秋山真一郎がサカラートを逃げさせるかもしれない。単騎逃げが
理想と思われるこの馬には厳しい展開になるだろうけど、軽くて、
逃げ・先行が圧倒的に有利な土古コースを考えると、やはりここは、
石崎駿が押して叩いてハナを主張しきるのでは。うまく逃げられれば
この馬にも勝ち目はある。
▲ユートピア(JRA)
逃げなくてもいいけど、できることなら逃げてしまいたいのがこの馬。
最内枠を引いたこともあり、○との先頭争いが繰り広げられるのでは。
好位からのレースになった場合の調教も積んできたとのことなので、
逃げられなくても心配は無用のはず。
△タイムパラドックス(JRA)
距離が微妙ではあるけど、短めの距離でもそれなりの結果を出すのが
たいしたところ。早め早めの競馬ができれば、小回りコースも
問題なくこなせそう。
×(1)パーソナルラッシュ(JRA)
実力、潜在能力は認めますが、ここ一番のレースで出遅れてしまう
ような馬を積極的に買う気は起こりません。軸にはせず、
ヒモとして押さえる程度にします。まあ、上手にゲートを出て、
あっさり勝ってしまう可能性も無きにしも非ずですが。
×(2)レイナワルツ(名古屋)
やはり、地元の馬にも期待しなければ。
ホームでの戦いということで、課題である輸送減りを気にする心配は
無用。この枠順なら、前走のように内に包まれて脚を余すという
ことも起こりにくいか。地元の意地を見せてください。
×(3)シーキングザダイヤ(JRA)
短い距離のほうがよい気もしますが、川崎記念での走りを考えると
ここでもそれなりにやれそう。
目を閉じると、思い切り出遅れた黒船賞のことが思い起こされます。
あの時の恨みは忘れません。

《買い目》
・馬単◎←→○▲△、◎→×3頭
最低限買うのはこの目。多分、他の賭式を買い足すでしょう。
3連単は、現地で買い目を検討したいと思います。
----------------------------------------------------------
(11月3日23時15分頃追記、画像を追加)
※上記買い目のほか、
・○の単勝、複勝
・×(2)の複勝
・馬単○→◎▲▲×3頭
・3連単◎←→○→▲△×3頭(計10点)

を追加購入。
×(2)の複勝的中。

やはり地方競馬のレースだから、地方馬に頑張ってもらわねえと…
と思い、直前になってアディとレイナの馬券を買い足しました。
よく買おうという気になったなと、改めて感じました。

それにしてもあんなアディは初めて見ましたよ…。ゲートを嫌がって、
座り込んじゃうなんて。石崎ジュニアに叩かれ、誘導担当の係員には
足蹴にされる始末。もし、石崎パパが大井ナイターではなくこっちを
選んでいたらどうなったのだろうと思ってしまいました。
で、仕切り直しのスタートとなったとき、誰もがもう一度、あの
新ファンファーレが流れるかと思っていたら、従来の重賞用の
バージョンが流れるという、ある意味でのアクシデントが発生w。
まあ、名古屋競馬っ子のワシは、あの曲のほうが好き。
新しい方も悪くないけどね。

やっぱりタイムパラドックスは強かった。あっちこっちで
勝ちまくっているだけのことはあります。
でも、やはり個人的には、レイナワルツの頑張り&インをすくった
兒島真二の好判断を、勝ち馬以上に褒め称えたいのです。
一瞬、単勝や馬単・3連単の1着付け馬券を押さえていなかった事を
激しく後悔しましたが、それでも素晴らしい走りだったように
思います。
馬券が外れた見ず知らずのオッサンが「中央の払い下げが…」などと
怒ってましたが(腹が立ったので「払い下げなんて言うなボケ!」と
毒づいてやりました)力がなければ、あんな走りなどできなかった
でしょう。

AM 03:28:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | [地方競馬予想]

≪ 前の30件| 次の30件

Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp