ろとまろ日記(過去ログ)
地方・中央の競馬ネタ、個人的注目レースの予想など、いろいろな話題を気の向いた時に書くブログ、の過去ログです。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

プロフィール
名前ろとまろ
年齢馬でいうと7〜8歳くらい
性別
地域愛知
・正確には"ロト麻呂"
 ですが、ひらがな表記で。
・競馬歴4年目突入。
 相変わらず下手_| ̄|○。
 特に、地方競馬と、
 中央の障害戦が好き。
・プロレス観戦歴は10年
 くらい。
・2005年のキルトクールは
 通算105キル34クル。
 【クル率.324】
そんなヤツです。

詳細は、"リンク"内の
『前略プロフィール』で。

最新記事
2008年05月10日  【再掲載】ブログ移転について
2006年09月28日  【予想】名古屋・第34回ゴールド争覇(SPI) ※結果追記
2006年09月24日  【予想】 中山・第52回オールカマー(GII) 中京・第54回神戸新聞杯(GII)※結果追記
2006年09月17日  【予想】中京・第24回ローズステークス(GII) 中山・第60回セントライト記念(GII)※結果追記
2006年09月16日  今日も負けたわけですが…

過去記事
2008年05月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月

カテゴリー
競馬(148)
プロレス・格闘技(13)
クイズ(10)
競馬予想(43)
雑記(89)
地方競馬予想(82)
中央競馬予想(108)

2006年08月23日  まあ、当然の流れなのでしょうが。
亀田興毅が、ファン・ランダエタと再戦するそうで。
nikkansports.comの記事

このままだったら、やれ勝ち逃げだの、恐れをなしただの
(自主規制)だの言われるのは目に見えているわけなので。
これは、いたって自然な成り行きでしょう。ていうか、
再戦しないほうが、ちょっとどうかしているような。

亀田興毅に関しては、今でも、海外の大して強くない(と思われる)
相手と戦って勝ち星を重ねてきただけという印象しかありません。
大口を叩いて結果を出す。プロとして、そういう生き方は
アリだと思います。ただ、前回は、明らかに『試合に勝って勝負に負けた』
という一戦。
自分を追い込み、その上で結果を求めようとする姿勢だけは
認めたいです。

でも、これで負けたり、またまた微妙な判定で勝利なんていうことが
あれば、結構大変なことになるでしょうね。

個人的には、「頑張れ、ランダエタ!」(苦笑)という気持ちであります。

PM 11:51:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | [プロレス・格闘技]

2006年08月02日  納得いかねえ。
何がって、亀田興毅VSファン・ランダエタ戦ですよ。

ボクシングに関してはド素人なんですが、どうして、
ダウンを奪ったランダエタが、手数はあっても結局相手をダウン
させることができなかった亀田に負けるのか。
不思議でなりません。

ダウンの回数・有無よりも、試合を通しての手数、積極性のほうが
評価されるのでしょうか。
たしかに、亀田は、よく踏ん張ったとは思うのですが、そのあたりが
理解できないんです。
あれで亀田の勝ちというのであれば、ダウンの意義とはいったい
何なのかということもできるのではないかという気もします。
かなり、もやもやしたものが残る一戦でした。

PM 10:06:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | [プロレス・格闘技]

2005年07月12日  さよなら、破壊王…。
悲報を知ったのは、今朝になってからでした。
寝ぼけなまこでテレビを見ていたら、アナウンサーの口から
『破壊王』という言葉が。まさか、と思ったのですが。

橋本真也が、こんなにも早くこの世を去ってしまうとは、今でも、
信じられません。まだ、40歳じゃないですか。
肩の手術にも成功して、そのうち復帰してくれるものだとばかり
思っていたので…。

最後に見たのは、去年の4月、名古屋国際会議場でのZERO-ONEの
興行。まさか、あれが自分が見た最後の勇姿となるとは思っても
いませんでした。

『爆勝宣言』が流れる中、もみくちゃになりながらリングに向かう
姿も、水面蹴りや垂直落下式DDTなどの技も、そして、
闘魂三銃士の復活も、もう見ることができないなんて。
いくらなんでも早すぎです。

あちこち駆けずり回って、ビッグマッチの際に『爆勝宣言』の前奏
として流されるあの曲(※下記参照)を入手したことも、愛知県体育館で
声を枯らして橋本コールを送ったことも、昨日のことのように
思い出されます。
 ※映画『TOYS』サウンドトラックの11曲目、
  "Welcome To The Pleasuredome(Into Battle mix)"
  詳細(Amazon.co.jp)

ご冥福をお祈りします。

AM 12:44:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | [プロレス・格闘技]

2004年08月18日  週プロのロゴ
かれこれ購読歴15年目に突入している『週刊プロレス』の
ロゴが新しくなって、2冊目。
何というか、今までのものよりも"しゃきっ"とした感じに
なり、これはこれでイイ感じ。
【こちら】で比較をしてみるのもいいかも。
どちらが好きとかは言いませんが、編集部の意欲の現れと
思いたいです。

で、実際に本屋で買おうとすると、まだ慣れていないから
なのかもしれませんが、すぐに見つけられないのね。
今日、買ったときには『週刊ゴング』の後に隠れていたの
ですが、一瞬わからなかったもの。
ゴングよりも判型が一回り大きい&見出しが見えていたので
事なきを得ましたが、しばらくは売り場の前でとまどってしまう
日々が続きそうです。


AM 01:16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [プロレス・格闘技]

2004年04月16日  あら、こんなところに
昼休み。ちゃちゃっと昼飯を済ませて、職場近くの某ショッピングセンターの書店へ。
金曜日は『ファミ通』を立ち読みすることにしているので。

クロスレビュー、伊集院光のコラム、新・ゲーム帝国、いい電子を急いで
読む(昼休み45分しかないからね)。まだ時間があったので、パラパラとページを
めくっていたら、見覚えのある男が。
こんなところでワシ的にイチオシの男色ディーノと出会うとは(笑)。
当然そっち方面の話ではなく、サッカーライフ!についてのコラムを書いておりました。
内容的にはいたってまとも(当然)だったので、一安心。


AM 12:51:31 | [プロレス・格闘技]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫

Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp