怪異の棲む町・焉道
信長の野望Online(烈風伝)におけるカシマレイコの日常と、怪談や都市伝説の紹介などでした。現在は雑記録となっています。
[TOP] [すくすくBLOG]






丹の価格
んっと、前提として、こちらをご覧下さい。公式掲示板の1スレッドです。


かなり長いスレッドですが、要するに、丹が売られなくなった現状への憂いです。

そういえば、丹売りって見かけなくなった気がします。

かくいう私も、売ってません。


どうしてだろ?


と、真面目に考えるまでも無く、答えは出ているわけで。


理由は2つ。


1つめは、売るのが大変だからです。


私は自他共に認める貧乏薬師で、一度にたくさんの丹を作って売る、という事はできません。

丹を売ったお金で次の丹の材料を買い、
それを売ってまた次の丹の材料を買う、自転車操業です。
時折、自分で使ったりもしますし。


要するに、売れないと破産します。
ま、最近は財政が落ち着いてきたので、
捌くためのタイムセールも必要なくなりましたが。


飛ぶように売れたら売れたで、違う大変さが待っているわけで。


A>私:熊と六を2個ずつ売ってくださいな。
私>A:はいなー!

--取引中(私・A)--

B>私:知と魅と六と火を5個ずつ売って〜。

--取引終了--互いにお辞儀

私>Å:まいど〜!
Å>私:ありがとうございました〜
C>私:熊と技と六を5個ずつ下さい!
私>C:はーい、ちょっと待っていただけますか?
私>B:お待たせしました。

--取引中(私・B)--

C>私:はい、待ってます!(正座する)
D>私:六王丹を全部売ってください

--取引終了--

--取引窓、開けられる(私・D)--

--取引窓を閉じる--

--取引窓が開けられる(私・D)--

私>D:順番に応対しているから、ちょっと待って
私>C:お待たせしました!
C>私:わーい!
E>私:丹5貫て、高すぎじゃありませんか?
D>私:speak EN

--取引窓を閉じる--

--取引中(私・C)--



ええ、ええ、実話に基づいていますとも。

Cさんに何をいくつ売ればいいのか、ログを遡らないと思い出せなかったりします。

あと英語しゃべれません。



2つめの理由は、ぼったくり呼ばわりされるからです。


先の取引再現でEさんは、5貫を高いと言いました。

どうも今の消費者感覚では、

4貫800文=安い、では無く、5貫=高い、のようです。


先日も、20歳のお侍さんが「丹売ってくださいませんか?」と両替前で言ってらしたので、「1つ5貫でお分けしますよ」と対話送ったら、「5貫ならいいです」と返ってきました。

そりゃあ、売る気も失せるなあ。

ていうか20歳で丹、大変ですね前衛は……。

同情したくもなりますが、丹の儲けは実際薄いわけで、理由無く安売りはしたくないのです。


丹の原価は1つ4貫750文、しかもレイヨウ角は越中まで買出しに行かなければなりません。これを5貫で売ると250文の儲け。

私にとっては、

TD1回(最大90分)の儲け≒丹200個の儲け(売るのに1週間以上)

これでぼったくり呼ばわりされるんじゃ、友達に原価で分ければいいや、秘薬とお守りは先送りね、嫌な思いしてまで、損してまで、修得を急ぐ事ないよね、JOJO5部風に言うなら

そうだな…わたしは「修得」だけを求めてはいない
「修得」だけを求めていると人は近道をしたがるものだ…
近道したとき 相場を見失うかもしれない
やる気もしだいに失せていく
大切なのは『修得に向かおうとする意志』だと思っている
向かおうとする意志さえあれば
たとえ今日は修得できなかったとしても
いつかはたどり着くだろう?
向かっているわけだからな……違うかい?

うわ、ネタのために読み返してたら泣けてきた。アバッキオ…!


まあ、あれです。

対話いただければ、1つ5貫で強壮丹、お売りしますよ、という事です。お友達は原価でお売りします。


 おたくはすでに5貫を掴んでいる。
 丹を飲もうとする意志を持つなら、
 なぜそれを使わない?


……荒木分が不足しているようです。

2005/03/25 AM 01:22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [覚え書き]

検証・粉ノック
今回のパッチで、ついに屋敷が導入されました。

妖怪屋敷を建てようと思います。

家具に、能面や般若の面って無いかなあ。

破れ提灯や古井戸って無いかなあ。


と、薬師的にはそんな事より、荒行のプラス修正が嬉しい限り。

これで、日陰の存在だった修験法力も、選ぶ価値が出るってものです。荒行薬師の完全治療、止めるのは困難ですよきっと…。

私は高等医術ですけど。

まあ、実際に検証した訳じゃないので、話半分で。


んで。

検証したのは、粉ノックです。

薬師は儲かる儲かる言われ続けてきましたが、具体的にどのくらい儲かるのか。

大体2時間かけて粉ノックを行い、検証してみました。

えー。この先長くなりそうなので、唐突に過去へ飛びます。2月14日へ飛びます。

すくすくブログには『続きを読む/閉じる』機能が無いので、こんな事になるのです。

サーバ替えようかなあ。

機能が無いといえば、確かsタグも使えなかったなあ…。

上の文にsタグかけてるんですが、かかってますか?

2005/03/05 AM 12:05:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | [覚え書き]

検証・粉ノック(承前)
続きです。

何の間違いかここをいきなり読んだ方は、これが3月5日の記事の続きである事をご了承下さい。

また、これは私が私のためにつけた記録であって、他人が見て楽しい物ではない事も付け加えておきます。


さて。

検証方法は至極簡単。

自分が粉ノックする際、何がどれくらい採れてどのくらい粉が作れてそれがいくらになるのかをメモするだけです。


わあ、ぜんぜん一般的じゃない。


しかしまあ、修得生産のやり方なんて人それぞれ。私はこうですよ、というやり方をするだけです。

そもそも自分の疑問を解決するための検証なんだし。


さあ、検証です。


私が粉ノックで作るのは、

万均粉(山椒の実10、人参5、フクジュ草4)=期待値4個、1個160文。

奪魂粉(山椒の実10、人参2、竹似草1)=期待値4個、1個120文。

雷鳴粉(山椒の実20、スズラン2)=期待値4個、1個120文。


これらの材料を採集し、生産します。

まずは倉庫チェックから……フクジュ草が73個あるので、これもついでに消費します。


では、採集開始。

私の腕力は97、器用装備やら水やらで所持重量が27。2倍ちょっとの200を目途に採集を行います。


まずは竹似草ポイント、忍者さんの昇進試験で倒す旅人のそばです。初心者さんは曲者に注意。

山椒の実=681
研草=178
フクジュ草=57
竹似草=28
生姜=6
葛=3
菖蒲の生け花=3


以上を預けたら、少し足を伸ばし、桂皮も採れるフクジュ草ポイントへ向かいます。ここは、英語でしか話してくれない方々が1列になって採集を行っている事が多いので、私は勝手に一列ポイントと呼んでいます。

山椒の実=568
研草=221
フクジュ草=112
スズラン=27
千振=27
桂皮=9
生姜=6
オオバコ=3
角型飛石=5

家具が採れる様になっています。余談ですが、松やにポイントでは家具は採れず、オウレンポイントではここと同じ角型飛石が、弟切草ポイントでは庭石が採れました。茜ポイントも気になるところです。


最後に北の方、人参ポイント。私が、英語で話せ、と言われたところです。ここへは、2回通います。

山椒の実=720(1回目)+724(2回目)=1444
人参=157+165=322
スズラン=41+50=91
ヨウバイヒ=27+35=62
桂皮=13+6=19
オオバコ=3+4=7
桔梗=8+2=10
椿の生け花=3+1=4

2回目の方が総じて数が多いのは、2回目に桂皮の出が悪かったので、ついたくさん採集したからです。



さて、材料の合計は、

山椒の実=2693
フクジュ草=169
人参=322
竹似草=28
スズラン=118

桂皮=28
ヨウバイヒ=62
千振=27
生姜=12
葛=3
オオバコ=10
桔梗=10

菖蒲の生け花=3
椿の生け花=4
角型飛石=5



んで、これを元に生産したのが


万均粉=250個×160文=40貫
奪魂粉=33個×33個=3貫960文
雷鳴粉=241個×120文=28貫920文



計、72貫880文。

なお、ここまでに要した時間は2時間強。

修得値は、難易度10目録の場合、万均粉と奪魂粉が1、雷鳴粉は0か1。



結論。

知行さえ無ければ私、金持ちになれていた気がします。

2005/02/14 AM 03:30:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | [覚え書き]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp