怪異の棲む町・焉道
信長の野望Online(烈風伝)におけるカシマレイコの日常と、怪談や都市伝説の紹介などでした。現在は雑記録となっています。
[TOP] [すくすくBLOG]






例のランドのアレ












まあ、あれです。この記事が先頭に来ることで埋もれた記事の、コメント返しなんですが。いまだに例のランドを気にしてる方がいらした事にびっくりしつつ、どうにかなんとか検索にかかりづらい方法で応える方法を模索。失敗してたらホント各方面に申し訳ない。各方面がどの方面なのかよく分かりませんが。いや何となく分かっています本当は。

では、うろ覚えですが真相をば。繰り返しますがうろ覚えですよ?


このスーパーカー殺人事件、被害者はスーパーカーキタキスーパーカーツネ。犯人は誰だったろう、忘れました。
「お前達だってスーパーカー分かっているだろう。
 このスーパーカーアニスーパーカーマスーパーカールランドスーパーカーが、スーパーカー人間達に作られたスーパーカー動スーパーカー物スーパーカー園だという事を!」
スーパーカー人間達は、スーパーカー人気のスーパーカー動物ばかりちやほやします。かつて、スーパーカーキタキスーパーカーツスーパーカーネがスーパーカーブームになった時期がありました(コレ本当)。その頃のスーパーカー人気者だったスーパーカーキスーパーカータキスーパーカーツネは、やがてスーパーカーパンダスーパーカーブームの到来とともにスーパーカー見向きもされなくなります。しかもスーパーカーアニスーパーカーマスーパーカールランスーパーカードにやってきたのは、珍しい金色のスーパーカーパスーパーカーンダ。かつての栄光を忘れられないスーパーカー被害者は、自分のスーパーカー人気を横取りしたスーパーカー金毛スーパーカーパンスーパーカーダを(直接的にか間接的にかは忘れましたが)殺害スーパーカーします。そして、死んだスーパーカーパスーパーカーンダスーパーカーには恋人スーパーカーがいました。
彼がスーパーカー犯人スーパーカーです。動機は復讐スーパーカーです。
スーパーカー事件はスーパーカー解決しました。しかしスーパーカー、いずれまたスーパーカー、
スーパーカー金色のスーパーカーパンスーパーカーダのように死ぬスーパーカー者が、
被害者のスーパーカーキスーパーカータキツスーパーカーネのように死ぬスーパーカー者が、
あらわれるのスーパーカーでしょうスーパーカー。
なぜならここは、スーパーカーアスーパーカーニスーパーカーマスーパーカールランスーパーカードなのだからスーパーカー。
スーパーカー人間達をスーパーカー楽しませる事が、スーパーカーアスーパーカーニスーパーカーマルラスーパーカーンドのスーパーカー目的。
勝手にスーパーカー捕まえてきて、勝手にスーパーカーちやほやして、勝手にスーパーカー忘れて見向きもしなくなるスーパーカー人間達を。
スーパーカー動物達はスーパーカー口々に、呪詛のスーパーカー声を上げますスーパーカー。スーパーカー人間スーパーカーに対するスーパーカー呪いを、スーパーカー自然にスーパーカー帰りたいスーパーカー願いを、スーパーカー声を限りにスーパーカー叫びます。そこへスーパーカー通りかかるスーパーカー親子スーパーカー連れ。

「スーパーカーママ、スーパーカーみて。スーパーカー動スーパーカー物さんたスーパーカーちがスーパーカー集まスーパーカーってるよスーパーカー」
「スーパーカーうふふ。スーパーカーきっと、スーパーカーみんなスーパーカーでスーパーカー楽しくスーパーカーおうスーパーカーたスーパーカーをスーパーカー歌スーパーカーっていスーパーカーるのスーパーカーねスーパーカー」



こんな感じ。まるで覚えてない部分は脳内補完しました。
画像はスーパーカー消しゴム。暗号文を解くヒントです。ヒントも何も、こんだけ連呼されてたら誰でも分かりますね。まあ、目的はなるべく検索に引っかからないようにする事ですので。違う検索で思いっきり引っかかりそうでホント申し訳ありませんその方面の方々。

2007/09/29 AM 05:57:19 | Comment(8) | [雑記]

モニター死亡
おそらくは。
電源を入れると10秒くらいしてから画面が映り、1瞬でブラックアウト。周辺視、瞬間視のトレーニングに良さそうです。馬鹿野郎。マニュアルを探します。CD-ROMに入ってるとの事です。なにこの矛盾。こっちはそれをどうやって見ればいいのか。1人でPC何台も持つのが当たり前だとでも思っているのか。全てのPCには印刷可能なプリンタがセットでついているとでも思っているのか。マニュアルCDに入れればいいじゃんとか言った奴とそれを通した奴ちょっと来い。そこ座れ。正座だ正座。
まあ実際は周辺視と瞬間視のトレーニングを半月ほど行い、やっぱ無理との結論に達したので新しいのを買いました。マニュアルが紙製のやつ。ちゃんと店員に確認しました。他にもっと確認すべき事があったような気もしますが、仕事の合間で時間が無い。個人的な見解ですが、家電も作ってるところはマニュアルを紙製に、PCパーツをメインに作ってるところはCD-ROMだのオンラインマニュアルにするところが多いようです。

や、それだけの話。

2007/08/03 AM 03:07:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | [雑記]

雨格子の館
を買いました。公式サイトはこちら
推理ものです。

館に集まった8人の役者。
偶然迷い込んだ招かれざる客、主人公。
外界から孤立した館で役者たちは、1日に1人、殺されます。
タイムリミットは7日間。
7日が過ぎると、犯人と自分しかいない=自分も殺される。
殺人の阻止と犯人探しのゲームです。
聞き込みやら何やら行うわけですが、彼らは皆、役者です。
どこまでが本当なのか。どこからが嘘なのか。
疑心暗鬼の中、捜査を行います。

てな感じのゲームらしいです。うん。ツボだこういうの。
絵が『流行り神』の人なのかな、すごくいい雰囲気です。
何より今どき懐かしい推理ゲーですよ。
『アニマルランド殺人事件』『オホーツクに消ゆ』『軽井沢誘拐案内』も普通に解いた私ですよ。個人的には『アニマルランド殺人事件』の救いの無いエンディングが好きです。いつの時代だよ。というより全部MSXかよ。余談ながら『軽井沢誘拐案内』今なら成人指定になるんでしょうか。まあMSXユーザーだったので『殺人倶楽部』『マンハッタン・レクイエム』『琥珀色の遺言』あたりは知らないんですが。いつの時代だよ(2回目)。

まあ、そんなわけでスタート。プレイ日記をつけてみようかな、そうだ犯人は1人とは限らないぞ、などと考えながら選択肢を選び、


館に着く前に死にました。

2007/04/24 AM 05:28:44 | Comment(10) | TrackBack(0) | [雑記]

謹賀新年
ええ、今更ですが。今年最初の更新なので。
今年が皆様にとってよい1年でありますように。もちろん私にとっても。

さて、医者のGOサインが出たので就職活動を開始、3月1日から居酒屋勤務が決定しました。ここ、休みの日数こそ少ないものの日曜定休なので月4日の休日が保障されているという、以前に比べると天国のような待遇です。朝早い事もあるけど終電で帰ってこれるからちゃんと布団で眠れるし。今度はストレスを溜め込まないように気をつけつつ、頑張ろうと思います。

2007/03/02 AM 01:27:25 | Comment(7) | [雑記]

いまからPCを
宅急便で友人に送り、中身をいじってもらうのです。
なので戻ってくるまでの数日間、ネットしません。この機会に部屋の模様替えだのもう読まないであろう漫画や文庫本の処分だのを予定しているわけですが、そんなの1日で終わります。残りの日々を埋めるために新宿駅の地下でやってた古本市で買ってきました文庫本4冊。

小松和彦『悪霊論』『日本の呪い』
庄司浅水『世界の奇談』
光瀬龍『百億の昼と千億の夜』

先の2冊は『憑霊信仰論』で氏にはまった私としては見逃せません。ネット通販を利用しない私にとって、こういう需要も供給も少ない書は場所を選ばず買っておかねばならないのです。
3番目はなんとなくぱらぱら見てたら、アステカの話がすごかったので買いました。ある祭儀で生贄2万人を一気にというか順番に、4日かけて処刑したそうです。生贄の列は3kmオーバー。まあそんなような話が載ってる本です。
4冊目は蝶有名な日本SFの古典。だけど読んだ事なかったんです。横に小松左京の『日本沈没』も上下巻置いてあって、これも買おうか迷ったんですが、あんまり溜め込んでもなあ、と今回は見送り。

このほか現在読みかけのものでは小野不由美『屍鬼』全5冊(現在三巻の途中)だの1年かけてまだ半分くらいしか読み進んでない修道院カタストロフ『薔薇の名前』があったりして、うん、そもそもネットとか繋いでる場合じゃないね私。何から読もうか考えるだけで、なんかもうすごい幸せだ。

2006/11/28 AM 01:30:54 | Comment(4) | [雑記]

バサラ2
「元気出るよー」と勧められて買った『戦国BASARA2』。
やってみました。
これ作った人達は頭おかしいと思いました。

いやもちろん、いい意味で。

最初伊達政宗で始めたんですが、この仮想戦国において伊達軍は暴走族です。正宗を「頭(ヘッド)」「筆頭」と呼びます。正宗は正宗で英語バリバリ使います。いや史実でも正宗は文化人で舶来の言語にも通じてたらしいけど、「Here we go!」なんて言わなかったと思う。カッコイイから許す。

次に長曾我部元親をやってみたのですが、こいつは海賊でした。部下に「兄貴ィ!」と呼ばれます。技なんか、部下の兄貴コールを受けてパワーアップです。どうでもいいけど本願寺の扱いがひどいです。ひどいですが面白いから許す。

なんというかこれ、とにかく楽しませようという一点を集中特化したらこうなりましたと、そういうゲームです。時代考証とか細かい事気にしない人なら間違いなく楽しめる。アクション苦手でも得意でも十分に楽しめる作りはさすがカプコン。

ところで公式サイトで気になってる光秀とザビーはいつ使えるようになるんだろう。この2人、群を抜いて狂ってる気が。

2006/10/20 AM 11:28:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | [雑記]

近況など
『ソーサリアンオンライン』のクローズドβをやってみました。


……
………

足元の小動物を攻撃するのに、弓を水平に構えるってなにさ。


さて、先日『ボトルネック』発売記念の米澤穂信さんのサイン会に行ってきました。
これ、サインもらう時にみんな一言、感想やらなにやら気の効いた事を言うのです。さて私の番。

「これを読んで鬱病の症状が悪化し、立ち直りに3日かかったんですが、だからといって別に恨んでいるとかそういうわけではなくて大変面白かったです、そういえば『Do you love me?』も救いの無い話でしたね、こういう読み味の作品も期待してます、そうだ『ボトルネック』の感想ですが、主人公が自分で自分を追い詰める心理は「若さゆえの傲慢」がよく出ていたと思います、この頃って自分が世界に関わっている意識がすごく強いんですよね、先生の作品は少ない“再読に耐えうるミステリ”だと思います、次作にも期待しています」

という流れも脈絡も滅茶苦茶な事を一言で言える筈もなく、深々とおじぎをするだけだったのです。


んで、その日は甲府市(ここから信長の話)。

久しぶりに市のお手伝いをさせていただいたんですが、盛況で何より。売り子もすればよかった、と思ったんですが、丹売りはログの流れが激しいので、市の手伝いと同時に行えません。染料作っておけばよかったなあ。

で。
その後いろいろ考えた結果、次回の市に備えて豊満薬を作る事に決めました。以前から気づいてはいたんですが、私は合戦週になると血が騒いで妙な薬を作りたがる傾向にあります。それで何度も破産してきましたが後悔などありません。ひょっとしたら丹より修得いいかも知れないし。とりあえず出来たら、自分で飲んでみようと思います。最大限に太った状態で売れば説得力も増してバカ売れ間違い無しです。大富豪の予感に今から笑いが止まりません。

2006/09/22 PM 06:06:02 | Comment(5) | TrackBack(0) | [雑記]

なんか銃とか撃つゲームがやりたくなって
買ってきました『Killer7』。GC版とPS2版がありましたが、ここは迷わずGC版。だってPS2ってロード時間長いし。

この『Killa7』、どんなゲームか端的に説明しますと、多重人格の痴呆老人が人を殺しまくるゲームです。操作にものすごく癖があり慣れるまでが大変ですが、なかなかに面白いです。そういえばこれZ指定、つまり18禁でした。バイオハザードに比べてそう残酷描写が強いわけではないような気がするんですが。ゾンビと人間爆弾の差って一体。

2006/09/15 PM 05:08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | [雑記]

最近信長に復帰したんですが
もう、浦島太郎状態。
いや単に私がすっかり忘れてるってだけなんですが。

んで。
いろいろ追加されていた機能の中で、特に気に入ったのがSS撮影。意味も無く保存しまくってます。本当に意味も無く。

意味も無くとはいえ、撮りまくっていると使いたくなってくるわけです。ネタ画像なんか特に。しかしこのBlogだと、1件で使えるのが1枚だったりして、しかもuploadするまでどんな見栄えか確認できなかったりして、結構不便。有料サーバに移転しようか、などと考え中です。


さて。

先日、私の送別会がありました。
延べ8時間近く飲んでいた計算になるんですが、みんな潰れるの早いよ! 「今日は飲み明かしましょう」て言ってたくせにカクテル1杯で寝ちゃうってどういうことさ!
けどまあ、楽しかったからいいや。2次会は定番のカラオケへ。私はずっと音楽なぞ仕入れる暇が無く、歌えるものは非常に限られてくるわけです。今の曲分かんないよ。
従って私はみんなが歌うのを聞きながらまたしても飲んでばっかりいたのですが終盤、カシマさんミサやってくださいとリクエストが入り、期せずして起こる悪魔コール。

「悪魔! 悪魔!」
「閣下! 閣下!」

これで奮い立つ私も相当どうかしています。選曲は聖飢魔IIの名曲『鬼』。『殺しの現場』とどっちにしようか少し迷いましたが、名曲度の高い方を選択。『蝋人形の館』は有名すぎるので今回はパス。

で。
結論から先に申し上げますと、喉を切りました。本気できっちり歌うと大変な事になりますこの曲。

「閣下が!」
「閣下の口から血が!」
「違う、これは生贄の血だ!」

君達は私を何だと思ってやがりますか。

2006/09/11 AM 04:44:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | [雑記]

最後のお勤めを終え
さて、8月いっぱいで現在の仕事が終わりました。
10日ほどの有給を消化してから、療養しつつ職安へ向かおうと思います。まさかバイトの子たちに泣かれるとは思わなかった。こっちまで泣きそうですよ。


で。


療養って、具体的に何をするんだろう?
バイトの子たちに意見を伺ったところ、

「旨いもの食べてゆっくり休みましょう。痩せ細ってきてるし」
「日中に何でもいいから外出ですよ。顔、青白くなってるし」
「適当に電車に乗って適当に降りて知らない町を散策するの、楽しいですよ」
「いっそ伊豆あたりに旅行してみては」
「本格的な料理に挑戦してみては」
「書きかけだって言ってた小説を完成させてみては」
「ゴルゴ13とこち亀を全巻一気読みしましょう」
「ドラクエ買ってきて全員レベル99にしましょう」


体を休めつつ普段出来ない事をやれって事なのかな? 最後の2つは何の苦行だ。

とりあえずは部屋の掃除、そして洗濯。その後は久しぶりにディアブロ2。雷超特化ソーサレスを1から育成。何か忘れてる。そうだ、米澤穂信の新作が31日発売だったんだ。明日買いに行こう。喫茶店でコーヒー飲みながら読書も出来てなかったなあ。いやもっと根本的な何かを忘れてるんだ。何だろう。まあいいや、とりあえず寝よう。

で、先ほど目が覚めて気づきました。


ご飯食べてないや。

2006/09/02 AM 01:27:25 | Comment(8) | [雑記]

疲れて病んでそれでも何か読んでないと
どうも眩暈がするなあ、眠れないなあ、寒いのに鳥肌立たないなあ、暑いのに汗もかかないなあ、というより皆暑い暑い言ってるけど何も感じないなあ、という日が続いたので病院へ行きました。内科へ行ったのですが、症状を説明すると軽い診察の後、神経科へ行けとのお言葉。病名は鬱病でした。わあ、神経症だったとは。医者先生は治療に専念しなきゃ駄目だと言い、上司はもう少し楽な店舗に異動させるから辞めないでくれと言います。うーん、どうしよう。

などどいう救いの無い近況報告はさておき。
『訴えてやる! 大賞』という本を今読んでます。何かもう、しょうも無いことで訴訟を起こした例がたくさんあって、いい具合に脱力します。未成年が無免許の飲酒運転で事故死したら、その母親がビール会社と車の製造会社と車を貸した恋人とその母親を訴えたり、廊下を走っていて先生に激突した小学生が先生に訴えられたり、仕事場のファクスを再三の注意にもかかわらず私用に使っていてぶたれた秘書が雇用主を訴えたり(ちなみにこの訴訟、確かに手をぶったのはやりすぎだったとして1セント払うよう判決が下り、原告はそれを不服として、1ドルにしろと上告したそうです)。さすが訴訟大国アメリカ。日本人でよかった。

ところが。
私の知人にも、訴えられた人がいるんですよ。貸した漫画を返さないという理由で。
いきさつをものすごく大雑把に説明すると、購入した漫画(『キャッツ・アイ』全巻)を「持って帰るの面倒だからお前の家に置いといて」と言われ「いいっすよ」と置いておき、そのうち取りに来るだろうと思っているうちに数年経過、ある日訴状が届きましたというもの。この本に載っている事例は決して対岸の火事ではないのです。私も貴方もいつなんどき訴えられるか分からないのです。

2006/08/17 PM 10:10:48 | Comment(6) | TrackBack(354) | [雑記]

剣帝強化パッチ
どうにも熱が引かないので、無理やり帰宅して布団で寝る事にしました。ほとんど帰宅しなかったため部屋が冬模様のまんま。炬燵も毛布も掛け布団もしまってません。それでもリノリウムの床で寝るよりずっとまし。ましなんだけど、やっぱり熱は引きません。普通の会社なら休んだ方がいいんだろうけど、人手不足の飲食店、1人抜けると崩壊するのでがんばるしかないのです。提出書類の書き方なぞ本部の方に教わりながら「すみません今あなたが3人に見えるんですが帰っていいですか」とは言えません。昨日はバイトの主力に「カシマさん、僕熱が出て喉が腫れて眼が充血して下痢気味なんですが、これカシマさんの症状と全く同じですよね、病気移しましたね」と怒られても、ごめんがんばろうとしか言えません。

さて、そんな折に配布された剣帝強化パッチ。『空の軌跡SC』の話です。終章はデバイスタワーの屋上で戦う剣帝レーヴェの強化パッチが出たので当ててみました。いや強い強い。ラスボスより強いかもコレ。ちなみにメンバーはエステル、ヨシュア、アガット、ケビン。レベルは先の2人が94、後の2人が92。なのにケビンが死にました。死に台詞初めて聞いたよケビン……。ちなみに負けてもシナリオ進行に支障は無いようです。余談ですが戦闘後にレーヴェがケビンに尋ねた女性って、カーネリアの人かなあ、やっぱり。さらにどうでもいいですがワイスマンとの決戦時、ケビンがいると会話がちょっと深くていいです。そんな事やってる時間に眠れってば自分。

2006/07/10 AM 12:34:00 | Comment(4) | [雑記]

ドロヘドロオンライン
なんてものを妄想してみました。

ドロヘドロというのは謎に満ち満ちたファンタジー漫画で、これを毎月1話ずつ読んで、今回明らかになった謎と新たな謎、そして設定を深読みするのが実に楽しい漫画です。単行本は1冊1000円と少々高めですので毎月1冊ずつ買って少しずつ深読みしながら読み進めるのがお勧め。


で、ドロヘドロオンラインです。

キャラ作成時にプレイヤーが決定するのは、性別と外見、あとは人間か魔法使いかです。能力値はまあ、いいやどうでも。

人間を選んだ場合、スタート地点はホールあるいは薀曄璽襪任后ホールなら、魔法使いに怯えながらのプレイヤー同士の交流がメインになります。病院のバイトや、腕に覚えがあれば脳震盪ゴングでお金を稼ぎ、日々の生活を営みます。魔法使いに殺されたりしてカチンと来たら、町内会に入って集団で魔法使い狩りです! 力で勝る魔法使いを数の力でねじ伏せましょう。魔法で姿を変形させられたなら、その相手を殺して自分の姿を取り戻すのです。ちなみに薀曄璽觸嗣韻覆蕁⊃祐屮ャラ相手のPK大会です。なんたって住民のほとんどが強盗。殺伐とした電脳生活を心ゆくまで堪能できます。

魔法使いを選んだ場合、使用魔法は明示されません。使ってみなけりゃ分からない、それが魔法。もしすごい魔法だったら悪魔にマスクを作ってもらえます。自分の魔法を知るためには、もうお分かりですね、ホールで人間相手に実験です。こうして自分の魔法を把握し、人間に対して優越感を抱きながら魔法使いライフをエンジョイですよ。うまくすれば悪魔にだってなれるかも知れません。もししょうもない魔法だったり、そもそもケムリが出せなくても心配御無用、十字目に入ればいいのです。十字目に入れば魔法を強化する黒い粉を購入可能になります。黒い粉でもケムリが出なかったらきっとアナタの魔法は呪いです。誰かに殺されるまでその効果は分かりません。


なんて事を働きながら考える今日この頃。いい具合に病んでるなあ。

2006/07/08 AM 03:39:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [雑記]

帰宅
ここのところ、またしても帰宅できず。
どんな生活だったかというと、


―カシマは―

二度と自宅へは戻れなかった…。

ホールとキッチンの中間の生命体となり

永遠にパントリーをさまようのだ。

そして 休もうと思っても休めないので

―そのうちカシマは 考えるのをやめた。


こんな感じです。
飲食店勤務で荒木マニアの方にしか分からないですね。
ともかく、連続出勤が50日越えてます。
最終的には300日くらいになるんじゃないかと予想。
がんばれ私の心。あと体も。

2006/06/10 AM 12:34:00 | Comment(3) | [雑記]

夢大陸アドベンチャー
というゲームが、20年前に発売されました。
最近それを、ダウンロードして遊べると知り、早速購入。

これ、どんなゲームかといいますと、『けっきょく南極大冒険』の続編です。
ああ、ほとんどの人には分からない。
要するに、ペンギンが制限時間内にゴールへ行くというものです。
これが実に面白い。
一応ストーリーもありまして、病に倒れた姫のため、宿敵フリーザウルスの納める夢大陸へ金のリンゴを採りに行くというものです。条件を満たさないと帰ってきても姫の葬式が始まってたりします(笑)。

ステージも凝っていて、森、地底、氷原、川、海底、荒野、海原、雪原をペンギンが駆け抜けます。雪原ステージのBGMは名曲。ちなみにボーナスステージは宇宙です。どんなペンギンだよ。

まあそんな『夢大陸アドベンチャー』、いろんな隠しコマンドやアイテムがありまして、全部記憶してたりします。忘れるといけないので、書きとめておく事にします。これが今回の更新の目的。


コンティニュー:難易度選択画面でNORIKOと打ち込みEnter。
AKEMIでも可能だが、こちらだとアイテムを全て失う。

アイテムの取りかた

STAGE6:
腕輪購入後、ジャンプしながら魚を5回取る。
STAGE9:羽を取ったら、飛んでいく間にスペースキーを10回以上押す。
STAGE13:長いカーブのインコースを走り続ける。
STAGE14:大きい地割れに落ちて←→。DIST300を切ったあたり。
STAGE16:F1キーでポーズをかけ、↑→↓←。

エンディング分岐:STAGE23までの間にF1キーでのポーズ回数が4n+1の時、ハッピーエンド。他は葬式エンド。なおnは0以上の整数。STAGE16でアイテムのため1度ポーズをかけるので、他にポーズをかけなければハッピーエンドになる。


やあ、よく覚えてるなあ私。
なお『夢大陸アドベンチャー』はこちらからダウンロードできます(1050円)。

2006/05/20 AM 11:28:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | [雑記]

近況など
空の軌跡SCをクリア。
やあ、絵に描いたようなハッピーエンド。良かった良かった。
あれですよ、FCにおいてオリビエが登場時に歌ってる歌詞、悲しいエンディングの暗喩だったので、SCでのオリビエ登場ソングからヨシュア死んじゃうのかと想像してました。ああ良かった。空の軌跡FCワンダと巨像ザナドゥNEXTと悲しい終わり方するゲームが続いていたので、ほっとしました。

終わったところで2周目に突入。時間もあまり取れないことだし、ものすごくのんびりと進めよう。1週目はランクがB+だったので、今度はAを目指すつもりで。


で、ぼちぼちと書き始めた狐落としの短編小説。
なぜか主人公が折木奉太郎ぽくなってしまった。
一人称が俺で無愛想だからなのか。
こういう奴が主役だと話が進まないので、千反田える的なポジションのアクティブなキャラを急遽創造。ドカベンの岩鬼ともいう。どうでもいいがドカベンは大甲子園で終わっているべきだったなあ。いやプロ野球編も面白かったですよ最初は。しかしオールスターを延々やるあたりから何かが狂いだし、まあいいやドカベンはどうでも。年内の完成を目指そう。


それと、読み終わった『びっくり館の殺人』についてはそのうち書こうと思います。

2006/04/05 AM 12:05:47 | Comment(4) | TrackBack(0) | [雑記]

休日って何だろう? 何かすごく懐かしい言葉だよ…。
帰ってきた! 私は帰ってきた!

……自分の部屋に。

仕事で3泊4日、睡眠時間は平均15分。自分が意外とタフである事を知りました。
まあ4日目はボロボロでしたが、今となってはいい思い出です。

そんなわけで、戦国の世に戻れる目処はまるで立っていません。

2006/04/04 AM 02:02:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | [雑記]

とりとめなく雑記
あれですね、この手のゲームはまとまった時間が取れないと厳しいですね。
日々の雑務に追われるうちに課金が切れました。次に入れるのはいつの事やら。改良途中の村が気になって仕方ありません。

で。
忙しいと、暇だった時には後回しでいいやと思っていた事が無性にしたくなってきます。
具体的には、短編小説書きたいなあ、と。実体験を元にした狐落としの話。
いや舞さんの事じゃないですよ。

あと夢でヒントを得たメタフィクションとか、人間を凶暴化させる有害な毒素が上空に溜まり雨になって降り注ぐ世界で、まあ熱帯雨林とか社会生活成り立たないですね、その毒を抑えるための薬が国から配布されている、そういう社会での生活とか、高校生が3泊4日の遊学旅行に行ったら毎朝同室の級友が1人ずつ首吊ってる話だとか、そういうネタがふつふつ浮かんでくるわけです。

とりあえず何か1つ、1日1行ずつでもいいから書いてみようかな。

などと思いつつ『英雄伝説此ゞの軌跡SC』なぞやってる時点でアレなんですが。
まだ3章の途中ですが、とりあえずオリビエ最高。敵の幹部と遭遇して絶体絶命の時に、美とはなんぞやの問答を始める空気を読まないナルシストっぷり。それが結果的に時間を稼いで助かるぬるさが英雄伝説らしいといえばらしい。最初はほのぼの、徐々に重苦しくなるのは靴ら続く伝統なわけで、今後の展開にも期待。1日1時間だと全然進まないなあ。

2006/03/15 PM 05:08:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | [雑記]

もうすぐ今年も終わりかあ
1ヶ月ほど更新せず、信長にログインもしなかったわけです。

その間に、まあ、いろいろありました。
人間、年をとると自分の事で泣けなくなるものなんですね。新発見。子供の頃は泣き虫だったのになあ。
んで、涙で発散できない分、重苦しい感情が常に胸の底にもやもやとたまるわけですよ。1日中膝抱えて溜息ついてたり、挙句死にたくすらなったり。いや本当にブローノ・ブチャラティって優しい子供ですね。荒木先生の凄さを再発見。あれ5部の中でもかなり好きなエピソードだったんですが、まさかリアルで実感するとは。いや実際、実感した事ある人大勢いるんでしょうけど。

んで、そういう状態の自分を救ってくれたのが先月の『SBR』だったわけです。いやもう相当遅れて買ったんですが、売っててよかった。

「飢えなきゃ、勝てない」

まあ要するに、今までの自分は与えられるものを当然の如く享受しているだけで、それの意味について考えもしないマンモーニだったと。色々失って、ようやく分かりました。いや『SBR』ではそういう文脈で使用されたわけじゃないんですが。しかも2nd STAGEジャイロが負けたのはどう見てもジョニィのせいですよ。

まあ、そういうわけで。
鬱々とした気持ちは相変わらずですが、少しずつ、前を見て歩こうと思います。信長に復帰できるのはしばらく先かなあ。


追記:デスクトップドドドにも本当に救われました。荒木マニアでよかった。

2005/12/21 AM 04:24:27 | Comment(5) | TrackBack(0) | [雑記]

乱歩地獄を観てきました。
ええ、観てきましたよ。で、分かりました。

乱歩世界のエログロナンセンス。
あれは小説だから許容できたんだな、と。


映像化不可能と言われた
「火星の運河」「鏡地獄」「芋虫」「蟲」
4つの江戸川乱歩作品が
ついに完全映画化!


このコピーに釣られて観に行ったわけです。
4つの作品を4人の監督がとるオムニバスなわけですが。

まあ、なんだね。
水曜日で、映画は千円の日で、本当によかった。


特に「鏡地獄」のシナリオ書いた奴。あと監督も。
お前らちょっとそこ座れ。正座だ正座。
お前らさ、「鏡地獄」を映像化しようってのに、なにあれ?
「鏡地獄」の肝が何か分かってるのか?
アレをはしょるなら映像化する意味なんてないんだよ。逃げんなよ。
アレをはっきり描かないから良いんだってのは、小説の話。
映像化する以上、きちんと映像で勝負しないと駄目だろう?
ていうかあれ「鏡地獄」じゃないよね。なに明智小五郎って。
お前ら原作のどの辺をどう読み込んだらアレになるワケ?
単にSM撮りたかっただけだろ。白状しろよ。


と、こんな感じで怒りが収まらないのですが、小説を読むという事は己の内面を覗き込む行為に他ならず、それは映画でもまた然り。
つまりこの映画はですね。己の許容できるエログロの基準を知るのによろしいかと。きっとそれぞれの監督にとっては、この辺りが丁度良いんだろうなあ。
そもそも乱歩はかなり残酷で気持ち悪い描写をする人だったわけで、私は読む時にかなりの部分にフィルタ処理をしていたんだな、と気づきました。だけど映像化したのは他人ですからそうやって隠していた部分をモロに見せつけてくるわけです。これはきつい。暴力もSMも人体切断も、きつすぎて駄目でした。ただ死体にいろいろやって、やってる本人も方向性を見失って何がしたいんだか良く分からなくなってるのは平気で、きっと対象が死体だから痛みを感じずにすんだんだろうなあ、と思った次第。
まあ、各話のそこここに色んな乱歩作品のイメージが使われているのは良かったです。「あ、これはアレだ!」て楽しみがあって。


記1:それにしても狂人率高かった。狂人でなかった筈の人まで狂人に。

追記2:客の9割が若い女性だったのは一体どういうわけなのか。乱歩ブームでも起きているというのか。それとも単に浅野忠信の裸が見たかっただけなのか。

結論:良し悪し以前に貴様等乱歩を嘗め過ぎだ。

2005/11/16 AM 04:48:32 | Comment(6) | TrackBack(0) | [雑記]

首をひねる
いやもう、文字通りに。中身の話なんです。

こう、朝起きたらとにかく首が痛い。
左を向けない。下を向けない。
1日過ごして少し痛みがやわらいだかなっと思うと、翌日には元通り。

あまりログインして無い理由はそんなだったりするわけで。
なにせキーボードの方をちょっと見ると首に痛みが。


や、まあ、それだけの話なんですけどね。
これだけってのもアレですんで、微笑ましい話でもしましょうか。


先日、コンビニ行ったんです。
入り口のところに小さい子供がいましてね。その子、キャプテン・グラフばりの海賊帽をかぶって曲刀を持ってるんです。キャプテン・グラフって誰よ、て話になると脇道行って戻って来れなくなりますのでそういう人はフック船長あたりの帽子って事で。大英帝国なのかアラビアなのか分かりませんが、まあ子供なので良しとしましょう。
で、その子が自動ドアの前で、出入りする客を片っ端から切ってるんです。正確には切るまねですが。かわいいですね。
で、私が入る時にもその子が切りつけてきたので、私は「ぐぼあっ」とか何とかそんな感じの声をあげて肩口を押さえたわけです。

子供、真っ青。

いや私もちょっと演技が迫真過ぎたかなっと思いましたけどね。
お母さんが飛んできまして、「すみませんうちの子が」とか何とか謝ってきまして、子供は子供でまさか自分の刀からなんか真空波みたいなのが出るとは夢にも思っていなかったものだから「知らなかったんだもん」と大泣き。実に微笑ましいですね。


もちろん、ちゃんと説明しました。お母さんには。

2005/11/13 AM 06:15:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | [雑記]

ワンダ終了(1周目が)
はい、ここ数日間私をとりこにしていたワンダ、やっと終わりました。終わったところで攻略サイトを覗いてみると、大変な事をさらっと書いてあって楽しいです。「馬で併走して羽根に飛び移る」て、私この1文を成功させるのに1時間近くかかりましたよ。なのに2周目で追加されたタイムアタックモードでは制限時間が13分。鬼ですか。

まあそれはともかく(以下ネタバレかもしれないので一応反転)。

近年稀に見る哀しい物語でした。個人的には全く予想通りというか、こうでなければ白けただろうな、というエンディングでして、命の代償、その重さをきっちりと描いた点に共感を覚えるものなのですが、それでもやっぱり、ワンダには幸せになって欲しかった。思い出を共有できない、ああいう形での再会は、死別以上に残酷ですが、同時にせめてもの救いかもしれません。ああ、思い出したら涙腺がまた。


物語面におけるICOとの関係についてはいろいろ思うところがありまして、まとまったら書くかもしれません。

2005/11/08 AM 03:39:25 | Comment(0) | TrackBack(480) | [雑記]

ワンダ漬けの日々
雑記です。
読み返してみても、途中から話変わってたりして本当に取り留めのない文章。
ダメな文の見本ですね。



ここのところ、ワンダしかやってません。
現在、巨像10体撃破。おそらく全部で16体なので、ようやく半分ちょい。

うち2日ほどは、8体目の弱点探しでした。攻略サイトは見ません。考えて考えて試してダメで、また考えて試すのが楽しいんです。ICOとは違ったベクトルの、試行錯誤の楽しさがあります。


んで。
10体目、逃げてる時の演出が凄い。
必死で逃げるワンダとアグロ。背後から大口開けて(しかも高速で)迫る巨像。

すごい。
すごい怖い。
すごいかっこいい。
かっこいいだけじゃなく、その場面でもやる事がある。
きっちりと、ゲームしてる。

鳥も海蛇もそうだったけど、どんなアングルで戦闘を映せば最も映えるかを、ものすごく計算している。どの巨像も見せ場を必ず持っており、しかもそれが攻略にちゃんと関わってくる。


ただ悲しいかな、決して万人に勧められるものではない事も、分かってきた。

例えば、移動。
戦闘時の緊張感とは対照的な、牧歌的な雰囲気の中、愛馬を駆ってどこまでも走っていく。
私はこれが非常に心地良いのだが、「馬遅い」「マップ広すぎ」と思う人は絶対いるだろう。
実際の馬、あのくらいの速度なんだけどね…。
なんていうか、「巨像の方角」だけが示されるこのシステムだと、風景を楽しめない人にはつらいんじゃあないだろうか。

「馬遅い」
「道いきどまり」
「どこ行ったらいいのか分かんない」

こんな事、言われるんだろうな。
私はそれらの全てが楽しいのだが。


それから「話がよく分からない」とも、きっと言われるだろう。
昨今のゲームは、設定から何から、全部何らかの形で説明されるものだから、それに慣れきっていると、この突き放した物語はきついだろう。
ICOもそうだったが、これは、プレイヤーがキャラクターの動作、行動から、そこにあるものを読み取るシナリオなのだ。語弊があるが、行間を読めないときつい。

例えば、死んだ少女とワンダの関係。
ゲーム内でワンダの口から語られるのは「生贄になった」ただこれだけ。
何の生贄なのか、なぜ生き返らせたいのか、全く語られないまま物語は進む。

だが、我々はもう、知っている筈なのだ。

生き返らせるには代償を伴うと言われた時、ワンダは代償の内容を聞こうともせず受け入れる。
ワンダは軽く踏み潰されそうな巨像を前にして、退かない。
ワンダは苦痛に身をよじる巨像に、何度も何度も、死ぬまで剣を刺し続ける。

十分に雄弁だ。
これ以上、説明を求めるのは野暮だ。
例の代償にしても、巨像を1体倒すごとに、何かやばい事が起こるのが分かる。

メタ視点から物語を楽しむためには、設定や世界観の説明といったものは必要かもしれない。
だがこれは、プレイヤーがワンダと共に世界に触れ、巨像を倒す旅に出る、そういうゲームなのだ。
いずれ分かる事もあるだろうし、分からないままの事もあるだろう。
それでいい、と思えない人には、やっぱりきついかな…と思う。


アレですよ、『流行り神』ですよ。急にいつもの口調に戻っちゃってますけどね、あれもそうなんですよ。オカルト絡みの事件に関わって、一般人の知る事の出来る現実なんてたかが知れてるってのに。
なのに「謎が解明されないから嫌」とか、もうね。当たり前じゃない、ずっと1人称視点でやってきてるんですから、そんなの分かる訳ないじゃない。なのに「さとるくんの目的は」とか、もうファミ通の攻略本大丈夫かオマエ。これがいかに狂ってるかを分かりやすく例えると、牛の刻参りで毎晩人を呪ってたらなんか被害が飛び火しちゃったよ。藁人形はなぜこんな事をするのか! とかそういう事で知るかよ藁人形じゃねえんだから。もっと分かりやすく例えると、いつもそっけない猫が今日に限ってすり寄ってくる! 一体何故、て知らないよ猫じゃないんだから、それがいいんじゃねえかよ猫はと、そういう。なんで突然こんな事(しかも文法目茶苦茶)書いてるのかというと要するに、全部言葉で説明されなきゃいけないのか? ということで。無駄に長かったな。思考の流れに忠実に沿って文章を書くとこんなんなります。気をつけましょう。そして推敲しましょう。


要するに。

ワンダ最高。
だけど、言葉以外の部分から読み取ろうとしない人にはお勧めできない。

流行り神最高(安いし)。
だけど、説明のつかない怪異そのものを楽しめない人にはお勧めできない。


追記:巨像は結局何なのかなあ。今のところ、世界の番人のような存在なのかな、と漠然と思っています。死者が生き返らないのは人の理、みたいな事がオープニングで語られてたので、それを覆すために巨像を倒すのであれば、ワンダのやってる事は世界の崩壊を招くのかな? と。あるいは、ワンダを導く声の主は巨像に封印されている存在で、ワンダは体よく利用されているとか。

2005/11/01 PM 11:01:29 | Comment(6) | TrackBack(0) | [雑記]

ログイン率減少気味
そしてこれから数日いやもしかすると数週間、ほとんど繋がないかもしれません。

理由は至ってシンプル、『ワンダと巨像』
テレビCMで「最後の1撃は、切ない」と言っていましたが、群生サボテンに突っ込むわけではありません。
同日発売の『ザナドゥNEXT』とどちらにしようか迷ったけど、友人8人中7人がザナドゥ買う、というのでワンダにしました。

で。

もう、ワンダ最高。最高過ぎて思考がまとまらないので、以下散文。

シナリオは、死んだ少女を甦らせるために巨像を5体倒す、ただそれだけ。

丁寧に描かれた大地を、愛馬と共に走り回り、巨像を探し、倒す。
時々トカゲを射たりして楽しむ。

帰宅して4時間ぶっ続けで遊び、現在巨像を4体撃破。
この巨像との戦い。どんな感じかえらい適当に説明すると、

「お前弓と剣やるからそこで暴れてるシロナガスクジラ倒して来い」
「お前弓と剣やるからそこで暴れてるロック鳥倒して来い」
「お前弓と剣やるからそこで暴れてるガンダム倒して来い」
「お前弓と剣やるからそこで暴れてるウルトラマン倒して来い」
「お前弓と剣やるからそこで暴れてる巨神兵倒して来い」


例えがアレですが、言わんとする事は分かっていただけるかと。
とにかくでかい。なにこの存在感。

攻撃を必死にかいくぐって巨像にしがみつき、よじ登り、急所に剣を何度も何度も突き立てる。その度に赤黒い血が噴き出し、巨像は苦痛に身をよじる。振り落とされまいと必死にしがみつくも、握力は限界に近づいている。

もう、全てがツボ。

ここで確信、巨像は6体以上。だって4体目、公式サイトで紹介されてる5体に入ってない。

そしてシナリオ。
『ICO』と何らかの形で、世界が繋がっている。
少女を甦らせる代償は明らかにされていないが、明らかにヤバイ。
ICOやった人なら、巨像1体倒す度にワンダが可哀そうになる。

「この先お前を待つ運命に気づいているのか?」と。

死んだ少女がワンダにとってどのような存在であるのか作品内では明示されていないが、何も知らずに「そうなってゆく」ワンダが可哀そうで、この先を続けるのが怖いくらいだ。

まあ、大部分想像なわけで。
Happy Endに越した事はないわけで。


そんなわけでしばらくは、ワンダ漬けになりそうです。馬のアグロ可愛すぎ。


追記:石像の数から察するに、巨像は16体いる模様。なんで5体だと思ってたんだろ。

2005/10/27 PM 09:20:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | [雑記]

萌えバトンの続き
さあ、長らく放置していた萌えバトン、そろそろけりをつけないと。なんたって明日は月刊SBRの発売日ですからね。 
てなわけで、おさらい。

萌え【もえ】
(1)マンガ・アニメ・ゲームの少女キャラなどに,疑似恋愛的な好意を抱く様子。特に「おたく好み」の要素(猫耳・巫女(みこ)などの外見,ドジ・強気などの性格,幼馴染み・妹などの状況)への好意や,それを有するキャラクターへの好意をさす。対象への到達がかなわぬニュアンスもある。
〔語源は,アニメ作品のヒロイン名とする説,「燃える」の誤変換とする説など,諸説ある〕
→おたく
→萎え
(2)(1)が転じて,単に何かが好きな様子。または何かに熱中している様子。
→フェチ
→マニア
/gooo辞書検索、三省堂提供「デイリー 新語辞典」より


以上をきちんと踏まえた上で、答えてみましょう萌えバトン。
あんまり正直に答えると人格疑われそうなので、正直に答えることにします。例によって文章長いので、面倒な方はそれぞれの項目の最後に太字で書いてある結論部分だけ読めばいいと思います。わあ親切設計。


1.萌え属性を正直に告白せよ。

さあ、いきなりきましたよ。ルールを再確認しますと、問われているのは萌え属性。好みの異性のタイプとかそういうのはこの際どうでもよく、あくまで「萌え」のみが問われているわけです。つまり二次元の少女キャラ限定。範囲狭いなあ。属性といえば大亜門先生の初連載である『無敵鉄姫スピンちゃん』の第1話に「オレはただ嵐の晩や怖いテレビを見た夜に『怖くて眠れないから一緒に寝ていい?』って言われたいだけだ」「お前絶対妹いないだろ」てやりとりがありまして、同じ号の読み切りに出てきた妹キャラが兄を「ハヤトさん」と呼んで敬語使うのを見た時に、ああこの作者も妹のいない妹属性なんだな、と思ったものですが何の話だっけ。そうだ萌え属性だ。

(しばし黙考…)

あれだ、冷静な女性。気が強ければディ・モールト良し。ツンデレじゃないですよ。デレなど不要。キャラのモデルは『流行り神』の式部人見。少女じゃないけど。どんな人かというと監察医でして、しかも仕事の鬼。美人ゆえに食事に誘ったりする男は数多くいるけれど食事中の話題はさっきまで解剖していた死体の話ばかり。刑事である主人公にもファミレスで食事しながら解剖結果など教えてくれるわけです「直接の死因は転落によるものだが不自然な程の失血量で云々」と。一緒に聞いていた相棒は注文したトマトジュースを飲めなくなったりするわけですが、主人公のオーダーは生卵をトッピングしたチキンカレーだったりするわけで、検死解剖の話を聞きながらの食事としてどちらがふさわしいかは意見の分かれるところです。ええと何の話だ。とにかく私のキャラ名であるカシマレイコ、これはこのゲームから取ったわけです。人見さんが主人公になるシナリオのタイトルがカシマレイコだったと。このシナリオも凄くってですね、主人公の人見さん、彼氏ができたらバッドエンドですよ。萌え属性じゃなくって人見さん話になってますがまあそういう事です。これだけ語れるわけだから私にとって人見さんは十分萌えキャラですね。一応このゲームの表ヒロインは間宮ゆうかという女子大生なんですが、真のヒロインは相棒の小暮宗一郎だったりします。いや絶対そうだってば。小暮さんが女性キャラだったら、作品テーマである物語の雰囲気そのものと引き換えに売り上げ数倍になってましたよ絶対に。

結論:冷静・強気


2.萌えな衣装を答えよ(メイド服とか背広とか)

メイド服と背広を同列に並べるこの質問が既におかしいと思います。日常から乖離したいのかしたくないのかどっちなんだ。松本さんだったら巫女の着る狩衣だの浄衣だの、そして狩衣と浄衣の違いは云々と熱く語ってくれそうですがまあいいや。あれですね、巫女さんが神社で着てるあれは儀式用ですからいいんですが、メイド服も背広もいまいち機能性が悪いような気がするんですよ私。機能美に美しさを感じる性質なもので。まあ、お題は二次元ですからそこまで考えなくていいのかな。しかしですね、仮に萌え衣装がメイド服だったとしても、それ着てればどんなキャラにも萌えるってなものでもないでしょう。ネプチューンマンがメイド服着てたらアナタ萌えますか? 今なんでネプチューンマンが出てきたのか自分で不思議ですが、ここまで書いてきてパピヨンスーツだ! と唐突に思ったのでもう決定。かっこいいよねパピヨンスーツ。セクシーだし。機能美どこ行った。しかも男だコレ。

結論:パピヨンスーツ


3.萌え小道具を答えよ(包帯とか首輪とか眼帯とか銃とか)

包帯→ハングドマン
首輪→C-MOON
眼帯→DアンG
銃→ホル・ホース、グイード・ミスタ、フー・ファイターズ

ええと、明日が月刊SBRの発売日であるせいでしょうか、こんな連想しか出てきません。ていうかですね、いかな二次元世界の出来事とはいえ首輪してその辺歩いてる女の子って何なんでしょうか、とか書いてたら今TVにハードゲイが出てますよ。なんか納得しちゃいましたよ。
んで、何だ。萌え小道具か。心先輩が金槌の釘抜き部分でザクザクやって首を切るシーンはかなりきたけど、あれは燃えであって萌えじゃないからなあ。でもいいや、これで。テンション高めのうちに書き上げちゃおう。あ! これだ! マスクマスク! 素顔とのギャップがたまらないマスク! そういう点ではやっぱり能井さんかな。ああこれ全部『ドロヘドロ』の話です。画像探してたらドロヘドロ占いなるものを発見。私は煙タイプでした。茸が好きなところだけ当たってます。

結論:素顔とのギャップがすごいマスク。あと金槌(血みどろ)


4.萌え仕草を答えよ(受でも攻めでもどっちでもいい。ときめく仕草)

なんだこの質問。個々の単語は分かるが全体として意味不明だ。あれだ、昔読んだ漫画で、ホモの中年男に遠まわしに迫られてるイケメンの外人が「言葉の意味は分かるが意図が分からない」と不安になる場面があったが、それに近いのかなこの感覚は。
というかあれだ。二次元縛りが効いてるから難しいんだよこのバトン。
気づいたところで今更どうしようもないのでがんばります。

萌え仕草……うーん……あれだ、スミレがぽろっと吐く毒舌とか。そもそも仕草にしても小道具にしても衣装にしても、対象に好感を持っていればこその萌えであって、これが嫌いな奴だったら完全に評価が裏返るわけで。要するに大事なのは、萌えパーツを次々付加していく事ではなく、キャラに魅力を持たせられるかであり、それが出来ていれば萌えは後から勝手についてくるのです。物語に合わせてキャラを動かすのではなく、キャラを中心にした話作りを、もっと魅力あるキャラを! とジャンプの編集者が言うのは全くの正論なのです。何の話だっけ。

結論:毒舌


5.萌え場所を答えよ(海とか山とかその二人がここにいると最高にいいって場所)

その二人ってどの二人だろう。絵になる二人ならどこにいてもいいんではないかなあ。ひょっとして今までの質問から、オリジナルの萌えキャラを二人創作するべきだったのかな。あるいは一人創作して、それの彼氏、すなわち自己の投影、いわゆるギャルゲーの主人公も創造すべきだったのか。最後の質問にして全く方向性を理解出来なくなっている感があるが、黄昏時の寂しい道が個人的に大好きなので、もうそれでいいや。なんでこんなに投げやりなのかというと、今日のコレ書き始めてから既に4時間が経過しているわけでして、物理的に僕なんだか眠くなってきたよパトラッシュ。

結論:黄昏時の寂しい道


以上の結果から、私カシマ的萌えキャラを創造いたしますと、
パピヨンスーツを着て素顔が想像できないマスクをかぶった冷静で強気で毒を吐く女が黄昏時の寂しい道に血みどろの金槌を持って嫌だよそんな奴。怖いよ。何事も中庸が良いと、欲張りすぎはいけませんと、そういう教訓でしょうか。無理やりまとめに入っています。


んで。
誰かに回すのか。

んじゃ、不破鏡さんと封牙舞さん。がんばって。
重すぎて持てないようでしたら放置してね。

2005/10/18 AM 01:07:22 | Comment(8) | [雑記]

も、萌えバトン?
なにこの重たいバトン。お銀さんから回ってきました。
ミュージックバトン渡したら、ものすごい重石ついて返ってきたですよ。

まあそんなわけで、せっかくの休日なのに昼間から“萌え”を調べてネットをさすらう私。大体お銀さんトコに書いてある通りなわけですが。転載しましょう。

萌え【もえ】
(1)マンガ・アニメ・ゲームの少女キャラなどに,疑似恋愛的な好意を抱く様子。特に「おたく好み」の要素(猫耳・巫女(みこ)などの外見,ドジ・強気などの性格,幼馴染み・妹などの状況)への好意や,それを有するキャラクターへの好意をさす。対象への到達がかなわぬニュアンスもある。
〔語源は,アニメ作品のヒロイン名とする説,「燃える」の誤変換とする説など,諸説ある〕
→おたく
→萎え
(2)(1)が転じて,単に何かが好きな様子。または何かに熱中している様子。
→フェチ
→マニア
/gooo辞書検索、三省堂提供「デイリー 新語辞典」より



なるほど大変に分かりやすい。実も蓋もないほどに。
昨今の漫画などのヒロインの性格、行動パターンの類型化は、こうした要素を押さえての事だったわけですね。萌え市場800億円だそうですよ。よく分かんないけどすげいな日本。

で、今更なにを調べているのかといいますと、ツンデレについてです。

現在萌えの最先端はツンデレだそうで。
どんなのかといいますと、こんなのです。
あるいはこんなの…ああこれじゃ分かりにくいかな、これでどうだ。
音楽バトンに引き続き敬愛しているインターネット殺人事件さんを引き合いに出してますが、こういう貼り方すると本当に敬愛してるのか疑われますので気をつけましょう。私もツンデレについて考えてる暇あったらさっさと『SFマガジン』と『ミステリーズ!』読みに行きたいんですよせっかくの休日なんだから。もしくは喫茶店で『薔薇の名前』読みたい。こういう事書くから長くなるんですね、反省。

さて長くなりそうなのでいったんこの辺で。続きは夜にでも。
本当は今週のジャンプ感想と絡めて書こうと思ってたんですが、例えばまもりと鈴音の萌え考察なぞ交えつつね、けど単に“静かなる夜のショーで意識がGOOD BYE”が気に入っただけと気づいたのでやめました。サイレントナイト翔を知っててジャンプの目次コメントまで読んでる人なんてどれくらいいるんだろう。大亜門先生すごい。

2005/10/12 AM 06:55:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | [雑記]

ここ2日ほど、
Blogが壊れておりまして。

本当は水曜日に少し遅めのジャンプ感想なぞ書く予定だったのですが美事にタイミングを外してしまいました。どんな事を書く予定だったのかといいますと、ネウロですよネウロ。今回の犯人は爆弾魔の『ヒステリア』。その素晴らしさについて長々と述べるつもりだったわけです。

我々人間は、古来より犬と共に歩んできました。番犬として、愛玩動物として、かけがえの無い友として、己の目として、などなど。
人間の歴史は、犬と共に歩んできた歴史なのです。

従って、犬を愛するあまり、犬を家族として同列に扱う事もしばしば生じます。分かりやすい例では、犬に服を着せたりするアレです。暑がってるだろう、犬が。長毛種に服なんか着せるなよ。
つまりここで人は、犬を人間として扱うわけです。実際の犬を無理やり擬人化するという。

ここまでは、普通の発想。ネウロのすごさはこの先。
爆弾魔『ヒステリア』曰く、我々は皆動物で、人間という品種の犬なのです。コペルニクス的転回が生じました。
つまり、人は皆、犬みたいになるべきだと。犬を無理やり擬人化するのではなく、人が擬犬化するべきだと。
しかし悲しいかな日本の法律はストリーキングを認めておりませんので、ヒステリアの主張は誰にも届かないのです。ていうかコイツ、爆破事件を起こすだけで何も主張してないし。考えてる事とやってる事にまるで一貫性の無い素晴らしさ、これぞネウロ。ドーピングコンソメスープ級の大感動の予感ですよ。


てな事をこの3倍くらいの長文で書く予定だったのに。
どうでもいいけど今回の犯人は、女子高生の人だと思います。あれ女装ですよきっと。


犬については、こないだ買い方の指南書を立ち読みした時にネタを仕入れたので、また別の機会に。

2005/09/09 AM 07:59:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | [雑記]

ミュージック・バトンが回ってきたですよ
封牙舞さんから回ってまいりましたよミュージック・バトン。
こんな僻Blogを読んでるような方はまあ多分ご存知だとは思いますが、念のため説明しましょうか他人の口を借りて。敬愛するインターネット殺人事件さん曰く、ミュージック・バトンというのはアメリカの IT ベンチャーで働く新進気鋭のナマイキ技術者マイケル(仮)がリサーチ会社の人と口論になって「こんな調査に何億ドルかかるんだい? 僕なら 1 ヶ月でこれ以上のレポートを上げられるぜ!」とか言っちゃって、家に帰って徹夜で考えた結果「そうだ! ブログの連中を煽ればいい!」とトンチ電球を輝かせてしまって、その後あちこちのブログで種を蒔いてから今は TrackBack とリンクを検出するクローラを組んでいる最中で、つまりあと一週間以内にミュージック・バトンに参加したサイトへ Mozilla/5.0 (compatible; MusicalBatonTracer/0.8; )とかいうクローラが訪れるはずとのことで、まあともかくこれはアメリカのblogでトラックバックというシステムを利用して広がったチェイン今日のお題です。それはいつしか海を渡ってこの日本へ、じわじわと増殖と減衰を繰り返しながらついにはこんな僻地まで。ミュージック・バトン君だっけ? 立ってるのも何だからここ座んなよ、お茶でも飲んで話でもしようやブチャラティ悪いが別に注文してくれ、アバ茶は歯の1本が変化したクラゲに吸い取られました。何の話だ。
まあ先の引用はともかくとして(敬愛してるんじゃなかったのか)、私トラックバックについてよく分からないんですよこれが。多分記事書いてるこのページの下の方に、トラックバックUPLを入力する欄があるので、そこに相手記事のトラックバックUPLを入力するんだろうなあ、と漠然と考えていますが違っていたら怖いので使った事無いです。



さて、長い前振りでしたがそれはいつもの事。ミュージック・バトンで答えるべき項目は4つ。前振り長かったから余計な口上抜きでサクサク行きましょう。


【HDDに入ってる曲の容量】
371MB。もっとあるかと思ったら、意外と少ないですね。CD1枚を丸々入れることはまず無く、気に入ったものだけを入れています。

【今、聞いてる曲】
ヘンデル作『メサイア』ガーディナー指揮\'82年録音。最高の名演…まさに!ふさわしい!音が輝きを放つようだ。ヘンデルはこの自らの最高傑作を死の前日まで演奏し続けたという。
ごめん嘘ついた。この趣旨は荒木ネタを語ることではないが、最近の私の趣旨がそうなのだから致し方あるまい。
んで、真面目に応えるとこれか、サザエさんラップ検索してみると結構有名である事が分かります。サザエハウスと呼ばれる事もあるようですね。カツオカツオ言われながら結局登場する事の無いカツオの安否が気になります。まさか…。
他にポギー司郎の歌う1・2の3で消えますからね。なども。


【最後に買ったCD】
新しく、という意味では映画『オペラ座の怪人』サウンドトラック。私学生時代合唱団で指揮など少し齧りまして、そのせいで音感が良くなってしまったんです。いい事じゃないかと思うと日常生活では全く逆で、なにせ殆どの歌が下手糞に聞こえてしまう。以前「洗脳してやる!」とモーニング娘。を16時間聴かされ続けた時は発狂するかと思いました。翌日同じ奴がもう1回CDをかけたところでイドの蓋が消し飛び、全力パンチを叩き込んだものです。何の話だっけ。
単純に時系列に沿った形では、聖飢魔II『地獄より愛をこめて』以前買ったけどいつの間にかなくなっていたので買いなおし。


【よく聞く、または特別な思い入れのある5曲】
この5曲というのが多いのか少ないのか分かりませんが、思いつくまま挙げてみます。

まずは『ポールシュカ・ポーレ』ロシア民謡、混声合唱版です。8小節しかない旋律を何度も繰り返すだけなのに、何と美しいのか。数ある合唱曲の中からこれを選択するあたり、私の大衆への媚びっぷりが見て取れます。

2曲目は聖飢魔II『人間狩り』(大教典『恐怖のレストラン』収録)。
聖飢魔IIの狂った要素が凝縮されたこのアルバムから、歌詞だけでなく曲まで狂ったこの1曲。なんたって8分の7拍子ですよ。ついていくだけでこっちはもういっぱいいっぱい、そこへ狂気の歌詞「裂けた口の中で思い知れ 抜け出せない永久の暗闇 虜になる屈辱に 声も立てずのたうち回れ」。本当に狂ってますね。私が思うに、このアルバムを面白いと思えるか否かで聖飢魔IIにはまれるかどうかが決定されると思います。ちなみにこのアルバムの中から印象的なタイトルを挙げますと、『鬼』『呪いのボンデージ』『ギロチン男爵の謎の愛人』『緑色の雨』『吸血鬼の増殖』『殺しの現場!!』『地獄へ突撃!!』……タイトルだけで狂っていると分かるものがほとんどですね。中身は全部狂ってます。

3曲目も聖飢魔IIで『害獣達の墓場』(いろんな大教典に収録)。
聖飢魔IIばっかりで申し訳ないですが好きなんだから仕方が無い。てなところでこの曲、私のツボにはまりまくり。愛だの何だのいい感じの言葉は耳に心地良くて、しかも正しい。ああそうだろうさ、だったらあんたの言う愛で、あいつらは救えるのか? 薄っぺらなラブソングなど、この曲の前にはゴミに等しいと思います。絶滅動物の歌のようで、そうでないんですよこれは。

4曲目は聖飢魔IIから離れて、『ICO−You were there−』(大島ミチル作曲『ICO−霧の中の旋律』収録)。
公式サイトで触りだけ聞けます(音質落としてありますが)。TVCMでこの曲を聴き、衝動的に『ICO』を購入。nonomoriという言葉には、ゲーム中で使われているよりも広く深い意味を持たせられているように思います。安らぎが欲しい時の1曲。

最後、やっぱり聖飢魔IIで……まようなあ。『BRAND NEW SONG』にしようかとも思ったけどやはり王道中の王道、『El DO・RA・DO』(いろんな教典に収録)
どの教典のものもいいけれど、例外は『WORST』のもの。理由は割愛。
んでこの曲は、とにかく元気が欲しい時、先に迷った方と併せて聴きます。進みたい場所があるなら、求めるものがあるなら、それが真実か偽りかはどうでもいいから、見失わないうちに、消えてしまわないうちに、早く行け! と、そういう歌です。この曲を最後に、我々信者は聖飢魔IIのいない未来へと旅立ったのでした。今年再結成したけど。



てなところで次は誰にしよう。せっかくだから信On内で回そう……どうしようかな。
んじゃ、一般ぴーぽさんかげろうお銀さんに。お2人とも色々お話はしたけれど、音楽の話はしてないので個人的に興味あります。この方面で私と共通項無さそうですが。
このバトン、ぴぽさんのBlogの趣旨からは大幅に外れているので、アレでしたらスルーして頂けると助かります。


……で、前振りから判断するに、トラックバックは舞さんのところへ貼るべきなのかな。トラックバックがBlog間でのみ使えるものなのだとしたらこの時点でアウトだ。まあいいや、細かい事は。

2005/08/25 AM 01:22:50 | Comment(6) | TrackBack(485) | [雑記]

サイン会に行ってきました。他
『犬はどこだ』発売記念、米沢穂信さんのサイン会に行って来ました。
米沢先生は、つぶらな瞳の好青年でした。
私は、いつのまにやらどす汚れひねくれた己を思い、そっと嘆息しました。

さらに先日、知人の友人が個展を開いたので見てきました。
会場は下北沢の、カレーがとんでもなく美味しいカフェです。
己の心象風景を、他人に分かる形で表現できるというのは、素晴らしい事だと思いました。


さて。

例によって、書こうと思う事がたくさんあります。

信長関係では

【一度目の対峙】
JOJO6部風に、対峙と書いてタイマンと読みます。初めて合戦で対人ソロをした話です。

【やっと1マス】
薬師の匠・壱の事です。青と緑の染料・改を作れるようになりました。
正直、お守りより染料に興味あるのでこれは嬉しいです。

【安計呂山の庵】
TD絡みの1発ネタなのですが、SS撮り忘れて台無しです。

その他のゲームは

【流行り神Revenge】
私の殿堂入りゲーム『流行り神』が廉価版で登場です。

【ワンダと巨像】
これまた殿堂入り『ICO』のスタッフが製作中のゲーム。これのデモムービー観て燃えない人はいないと思います。必見です…と思ったら、公式サイトがリニューアルされてて見れなくなってます。残念。

【喧嘩番長】
目からビームを出せます。最初見た時はあまりにシュールな光景に爆笑ですが、慣れるにしたがい実に事務的にビームを出すようになっていきます。きっと舞台は千葉県です。

【ロマンシング・サガ −ミンストレルソング−】
やってみました。えらい難しいです。敵の強くなるスピードが、こちらのパーティの成長速度を明らかに上回っています。分かってます。私の遊び方に問題があるんです。

その他読書では、

『虚無への供物』
『名探偵に薔薇を』
『犬はどこだ』
『日本怪談集 幽霊篇/妖怪篇』

などなど。ぴぽさんに勧めていただいた『ホワイトライト』をまだ入手できていないのが残念です。こまめに古本屋をチェックです。


まあ、こんなのを少しずつ挙げようと思っています。

2005/07/23 AM 08:05:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | [雑記]

イース ―フェルガナの誓い― ノーマルモード終了
YsFクドリャフカ休暇を取ったわけです。いや休日をそれに当てただけなんですが。

やあ、どちらもよいです。YsFはYs3のリメイク或いはエターナル化だろうと侮っている方、後悔しやがれ。あれですね。リメイクでもエターナル化でもなく新作として作り直す、この選択を非難する事はダイナソア・リザレクションを「音楽がイメージと違う」理由でボロクソ貶しまくった方々は非難してはいけない訳です。コレは新作なのだから、あなた方の思い出に輝くYs3の曲と異なっていて当然なのです。大体、昔のあのゲームがよかったとはいってもそのよかった感は思い出の中で相当に美化されているわけで、今遊んだら「アレ? こんなんだったっけ?」となるのが関の山なわけです。かといって現代風にアレンジしても、思い出の中での美化の仕方は百人百様のものがありますから、どうやったって貴様らの満足いくものになるわけが無いんだ特に音楽は。ダイナソアRは音楽が自分のイメージと変わった事よりも、戦闘のテンポがよくなった事を見るべきだと思うのですよ。貴様はこのゲームに対し、音楽だけを求めていたのか。むしろ裏シナリオの邪悪さをって、ダイナソアはいいや、YsFに戻そう。突然口調が汚くなった事をお詫びいたします。
んで、YsF。私がYsシリーズに最も求めているのは、『ボス戦の熱さ』これです。これはかなり満たされました。ボスの数、強さともに申し分なし。最初はまるで歯が立たないけれど。何度も挑むうちにだんだん敵の体力を削れるようになってくる、このバランスが素晴らしい。特にラスボス。あれ最初は本当に為す術無かったのに、いつの間にか腕が上がってるから不思議。
そうだ、音楽です。個人的には、X68k版のボス戦の音楽が復活しているのが嬉しいです。でも、はじかない弦楽器って、音のインパクトが弱いからああいう速い曲だと収まりが悪いような気が。ゲーム全体としての統一感は取れていますが。統一感といえば、敵役が喋るシーンの音楽、ちゃんとボス戦のアレンジになっていたりして好感が持てます。ただエルダーム山脈の曲から哀愁が消えた事、これファンからすごく非難される気が。荘厳さを取るか哀愁を取るかの選択が難しかったであろう事は想像に難くありませんが、何でわざわざ地雷を踏むのでしょうか。

まあそんな感じでYsFでボスに詰まったら読書で頭を冷やす、の繰り返しで昨日1日終わりました。クドリャフカについては、またにします。青春は謎がいっぱいですよ。


追記:上記のリンク、米沢穂信の著作に『氷菓』が含まれていないのは何故?

2005/07/03 AM 03:07:51 | Comment(8) | TrackBack(0) | [雑記]

≪ 前の30件| 次の30件


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp