つれづれ雑記
4コママンガ作家の、マンガにならないつれづれ日記。映画あり、テレビありいろいろ。でも最近漫画書いてないです。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

才能というものを考える時
博物館の仕事で学芸員の方と仲良くなりました(と言っても『お客様』ですけどね)
奈良時代が専門の方で、詳しい詳しい、その知識の豊富さに感心感動!歌も読むし、新聞にコラムも書くし、自費出版で本を4冊出しているそう、福井ではプチ文化人。
やさしくてナイーブで面白い人です。

‥‥と、ともに自分にちょっと自信をなくします。
私も‥‥少し‥は、知識に自信があるけれど、何せ浮気性で、あれもこれにも興味があるくせに、極めるほどには根性もなく、今はデザインに執心してますが、茶道だったり、スキーだったり、ヨガもやったり、囲碁もやっているし、駄文も書くし、しょーもないイラストも描く。
昔は「才能がある」と言われた事もありますが、何の才能なのかな?

それにつけても、もしも万が一何かの才能があったとしても、才能だけでは仕方ない。技術を研鑽しないとねー。
何を研鑽したらいいのかなー(笑)
今まであまり畑違いのことをしたことはないのですが、それにしてもイラストを描くだけでもその道のプロがいるし、文章もデザインもディレクターも然り。
一番手っ取り早くものになるには、何を研鑽しようかのう?(Y_Y)‥‥なんて邪道なことを考えているから、大成しないのだな‥‥ふー。
自分は何をしたいのかなーと思うと、わけがわからなくなります。
来週は清水早苗と言うジャーナリストの方のデザイン勉強会に行くのですが、畑違いかなとも思うし、しかし『モノを作る』と言う意味では変わらないかとも思う。
今私の一番の「心の師匠」は、深澤直人さんと岡本太郎さん。川久保玲さんも大好き。みな畑違いの巨匠ですが、モノを作る姿勢と生き方はそんなには違わないと思うのです。
意外と同じグラフィックデザイナーさんのいうことのほうが、具体的過ぎて抽象的でわからなかったり。
意識し合い過ぎるのでしょうかね?(笑)
運動が得意な人はどんなスポーツをしても優れているという風に、モノを作る才能もジャンルは違えど同じではないかなと思いたい。
そうすると私も少しは‥‥見込みあるでしょう←これが言いたかった(^^)v

2006/02/28 PM 08:38:02 | Comment(0) | TrackBack(7) | [つれづれ雑記]









Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp