書を捨てて旅に出たい。
すがわらの甘口映画語りと、辛口な日常。あぁ常に甘口でいたいものだ!
[TOP] [すくすくBLOG]

マーダーライドショー
ロブゾンビ結婚してくれ!

ゾンビ氏の映画愛がビシビシ伝わってくるような作品でした。
色使い、カット割り、シーン挿入、音楽、
すべてが凝っていて、愛が詰まっててとても良かった。
70年代ホラーくささがたまらない!
画面分割にニヤニヤしたのは私だけではないはず。

ストーリーはあってないようなもので、
ゾンビ氏のPVに軽く物語を付けた感じ。
感覚で観て雰囲気を楽しむ、ドラッグ的映画ですな。
そして見事に中毒になった僕。

しかしゾンビ夫人のシェリ・ムーンはホントに可愛い。
あのタレ目とまろやかーな声がたまらんし、
なにより貧乳なのにセクシーなのがいい!
貧乳美女は正義。うんうん!

とにかくあの変な三つ編みの、
やたらノリの悪いクソ真面目お嬢ちゃんが死んでくれてよかった!
13金のようなリア充よりもさらにムカつくという奇跡のウザさ。

てかあの博物館行きたいwwwww

続編も借りてこようっと。
うさうさ可愛かったし。

2009/02/17 AM 01:16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | [映画マ行]

ミスト
どうもスティーブン・キングとは相性が悪いらしい・・・・
本は「ゴールデンボーイ」しか読んだことがないけど、
でもたぶん、原作を読めば面白いんだと思う。
文章だったら絶対面白いと思う。
けど、「IT」もそうだけど、それを映画化しようとすると・・・

丸出し

にせざるを得ないんだよねー・・・

けっこう色んなところで評価が高かったから期待していたけど、
今回も、変な虫さんが丸出しになった瞬間に激萎え。
すごい怖い!と言われていた人間ドラマも、あまり濃いとは思えなかった。
もう少し時間かけていいから、一人ずつちゃんと描けばよかったのに・・・
以降、ただの怪物パニック映画になりました。すがわらの中では。
エイリアンみたい。

特殊メイクもなんか微妙。
火傷なんかやりすぎで全然リアル(って実物見たことないけど)じゃない、
なんかアメコミ映画のブラックヒーローみたいになってたし、
外に出たおっちゃんの下半身も、超不自然。
ズボンに詰め込みゃー良いってもんじゃない。
腸がズルズルだけは良かったけど。

だいたい映画のチラシやDVDジャケットからあの内容が想像できるのか?
もっと静かでジメジメした感じを期待していたのに。

ラストも引っ張りすぎ。
たしかに話題になってたラストの絶望感は素晴らしかった!
けど、ゆーっくり走る車のバックで
「アーァァーィエーァーー」みたいなわけのわからん音楽が実にうざい。
いいから早くしてくれ!

さらにさらにエンドロールがひどい。
エンドロールまで見たい人間すがわらですが、
あのエンドロールは「さぁ早く帰ってくれ」と言ってるとしか思えない。
スタッフに申し訳ないだろ常識的に考えて・・・

そんなかなり「微妙ーーーー」な感じの映画でしたが、
小太り店員のかっこよさと、子供の可愛さと、ラストの絶望感は素敵。

もっと深読みすりゃー楽しいのかもしれないけど、
アメリカの社会構造がどうだとかこうだとか、知らんもんね!

2009/01/31 AM 12:59:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | [映画マ行]

ミラーズ
アジャ!
アジャ!!!w

個人的にヒルハブ2がハードすぎてグッタリだったので、
今回も若干ソワソワしながら見に行ったのですが、
これはいいアジャ!w

前評判で、ものっそい怖いものっそい怖い、と
色々なところから吹き込まれていたので、
なんか幽霊っぽいし、ものっそい怖そう怖そう・・・と
終始身構えて鑑賞していましたが、
覚悟していたほど怖くはなかった。うんよかった本当に。笑

いやいやいやしかし、アジャはねーほんとにねー
あのパックリ開いた首の傷口の感じがねーー
ほんとーーーにたまりませんよね!
シネコンで上映されようが、ゴーストが出ようが、予算があろうが、
血飛沫とぶ場面では常に低予算ホラー魂を見せてくれる
そんなアジャが大好き。いけめんだし。

まぁさすがに今回はスプラッターがメインではないので、
死人も出血もアジャにしては少なめですが・・・
でも首パックリに顎パックリ!すばらしい!
ていうか18禁でいいんじゃないか?あの顎は・・・・
おねーちゃんのお尻と胸もさりげに見れるし。(胸は黒こげだけどネ!)

キーファーさんはとても格好良い。とくにあの適度に細い足!w
おねーさんたちもみんな可愛い!
そしてお子様たちも可愛い!マイケルの睫毛の濃さが信じられん・・・。

話的にはツッコミ所も多々あれど、それも含めて楽しめる程度だと思った。
致命的なダメポイントはあまりなかったから安心。
ただ、家族を修道院につれて行けばよかったんじゃないの!?と
おそらく全員が思ったであろうことは確かだ!

しかし何より致命的なのは、

おっさん、あんた勇敢すぎだろ!
鏡ズルズル動かして焼死体眺めてる暇があったら転職しろ!

という点だ。

あと、おばーちゃんが憑かれたあとの特殊メイクが
あまりにもヒルハブっぽくてうれしかったw
アジャは舌べろーんジュルリ、な感じがお好きなようで。

なに?ラストも含めて全体的にサイレントヒルっぽいだと!?うるさい!w


だがしかし、もっと狭ーーい範囲でこの映画を見ると、
精神的におかしくなったお父さんを中心にして
夫婦喧嘩をいつも聞かされてた子供たちがその妄想に引っ張られて
(とくにマイケルは結構まいってたっぽいしね)
ズルズルと奥さんも巻き込んで・・・パパ最後に完全発狂、
という状況に見えなくもない。
まぁ妹が顎パックリしてるから、やっぱりその線はナシなんだけど、
でもそれはそれで面白いかもね、と個人的には思うのだ。

なかなか楽しめましたよん。

2008/12/29 AM 01:08:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | [映画マ行]

マリーアントワネット
ち、中途半端すぎる・・・!
なぜ・・・なぜあと10分、いや、5分伸ばさなかったのでしょう。
なんか、え、エンドロールの後に続きますか!?
と思わせておいて何もないドッキリ企画。

しかしまぁ・・・中世ヨーロッパのお話は、画面を見ているだけで
なんだかとってもニコニコになれて良いですね。
服が可愛すぎる・・・!超超可愛いのです・・・!
中世ヨーロッパに生まれたかったよホント・・・

そして主演のキルスティン・ダンストの可愛いこと可愛いこと・・・
あのエクボにやられてしまったのです。キュンキュンなのです。
アマデウスにおけるコンスタンツェ的魅力がやばい。
なんだか某後輩を思い出した気がするけど・・・閑話休題。
個人的にはデュ・バリー夫人役のアーシア・アルジェントも
小沢真珠的な紫オーラがかっこよくて好きでした。

まぁ要約すると王宮楽しー!っていうのと旦那とヤりてー!って話なのですが・・・
あの時代設定に乗せたポップなロックが新鮮で、
とても楽しく観られたと思います。
所々ちょっと音楽うるさすぎた気もするけど・・・
やりたいことが明確にわかってなんか良かったですw

それにしても18歳か・・・うひゃー。

2007/04/21 AM 01:17:29 | Comment(2) | TrackBack(1) | [映画マ行]

メタルヘッドバンガーズジャーニー
最高。
今年入ってから観た映画のなかで、2番目に良かった。
(一番はダンサーインザダークw)
劇場で観た中では一番。とにかく最高。HELL YEAH!笑

なんかとにかく嬉しい映画だったなぁー。
とりあえずビッグなメタラーの言葉がいちいちクールで、共感できて、素敵。
ほんとみんな素敵な年の取り方をしてるっていうか、
年とっても関係ないっていうか、とにかくクール!
とくにトニーアイオミ(ブラックサバス)、ロブゾンビ、ヴァンスニール(モトリークルー)
そしてアイアンメイデンのブルースディッキンソンがかっこよすぎる!
やっぱメイデン好きだー!正統派メタル好きだー!

あと、ブラックメタル・デスメタルのあたりがまじ面白かったです。
放火された教会の神父にインタビューしちゃったあたりが
ある意味まじロックwwwwwww
あのへんの悪魔崇拝系のやつも色々聞いてみようかなぁ、と興味が出たのは
ライブ映像やらジャケットやらがやたらグロかったからw
カンニバルコープス!

BGMのチョイスもさすがというかなんというか、ひたすら最高。
頭振りたかったわーwwwww
メイデン多めでハッピーハッピーです。

それにしても、これ作ったやつはほんとに熱い。
メタルの起源をクラシックまで遡ってくれたあたりでガッツポーズ。
「バッハが今生きていたらツェッペリンのメンバーだな」
バッハ生き返れコラちくしょうwwwww

あと、普段あまり光の当たらない女性のメタルについても描いてくれて嬉しかった。
また、登場するメタラー姉さんたちがかっこいいのなんのって・・・
まじ憧れます。あぁいうクールな女性になりたい。無理かorz
なんといっても、アンジェラ姉さんまじやべぇ。素で惚れる。

そして最後のまとめ〜エンドロールのBGMが
メタリカのMaster Of Puppetsだったあたりで泣きそうになった。
あのギターソロでまとめるのはちょっと、ハマりすぎでしょー!笑
まじやばいわー。

久しぶりに赤文字使って興奮してしまった!
とにかく、これは劇場で大音量で聴くことをオススメします。
メタラーの皆さんは急ぎましょう。絶対損しないから。まじ。
てかもはや、もう一回観たい笑
あれだ!どっかのライブハウス借りてメタラーあつめて、
オールスタンディングで頭振ったりメロイックサイン出したりしつつ観たい!笑
つまりメタルの魅力はそういう、異端児の団結ってとこ、ってことでしょ。

「メタルは“変な子”を引き寄せる」byロブゾンビ

2006/07/09 PM 10:56:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | [映画マ行]

MACHINIST
ずっと前から観たかったマシニスト。
やっとTSUTAYAで借りてきました。

うーん、なかなか面白かった!
観てるときはあんまりなにも感じないんだけど、
後からじわじわと来ますねぇこれは。
雰囲気がとても良いですね。
全編静かだから眠いっちゃー眠いんだけど、
静けさの中の恐怖…みたいな。
だからといってジャパニーズホラーみたく陰湿なのではなくて、
上手く言葉にできないけれど、
とりあえずとても良い雰囲気です。

とりあえずクリスチャンベールのダイエットっぷりが凄まじい。
30キロ減量したそうです。プロ根性とはこのことぞや。
そしてその後「バットマンビギンズ」のために
6週間で30キロ戻したらしい。アメーバかあんたは。
しかし体重量るシーンで「54.9キロ」とか言って
ため息ついてたけど、
それってそこまでやばくないんじゃね?と思ってしまった私は
どうやらここ1年ほどでおかしな耐性が付いてしまったようですorz
実際あの体型だったらもうちょっと軽いと思うんだけどな〜。
筋肉なのかしら。ふしぎふしぎ。
しかしそんなガリガリくんもいつしかかっこよく見えてくるから
やはりYシャツというのは偉大なのだなぁ(実際偉大なのはクリスチャンベール

あのルート666のHEAVEN OR HELLの伏線は面白い。
ていうかあのお化け屋敷行ってみたいおwww

しかし。
しかーし。
わ、わからない・・・
オチが。笑
いや、わかるんだけど、いまいち釈然としないというか
なんか未消化な気がするというか、
いやよく考えるとちゃんと消化してるんだけど、
なんかモヤモヤモヤー?と、しますよねぇ笑
こりゃまたSAW現象が・・・(3日間くらいモヤモヤが離れずに
映画について考えてしまうことをこう呼ぶ。勝手に。笑

あとハングマンゲームの答えが途中で普通に分かってしまった。
そりゃ、どう考えてもそれしかないでしょwってw

とりあえずやはりこういうサイコホラー系は好きです。
青みがかった画面も綺麗。
まぁ好き嫌いがわかれる映画だと思いますが、
「SAW」とか観たあとに悶々と悩むのが好きな方はぜひ。
こりゃ作った人が頭いいっていうのがすぐわかる映画。
画面構成も物語構成もとても良いです。
「轢き逃げ犯なんて絞首刑にすればいいんだわ」のセリフが
観終わった後からグッとくる。やるじゃねぇかよ、ちくしょう。
上手すぎだ。

2006/05/25 AM 02:28:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | [映画マ行]

THE MYTH/神話
でました。ジャッキー新作です。
今週はジャッキーとジェットリーのダブル公開でえらいこっちゃです。

えーっと。
わ、わかりにくい映画だなぁ・・・笑
人間関係がよくわかりませんでした・・・w
あと全体的に説明不足の感が。
想像すりゃーわかるんだけど…そりゃわかるけど…でも説明してよw

でもいいんだぁ。だって別に話を楽しみに来たわけじゃないもの。
ひゃっひゃっひゃ。
いつものジャッキーアクションは健在でとても爽快でした。
ジャッキーのアクションってすごいんだけどちょっとコミカルで、
かっこいいんだけどお茶目で、とても好きです。
あと何かしらの制限を付けてのアクションは毎回圧巻。
今回だったら馬車を引いたまま…とか、足くっついたまんま…とか。
あの発想と動きには素晴らしいの一言です。
個人的にはあの考古学者、マンションじゃなくてあの船売ればいいのに
という感じではありましたが、まぁそんなのはどうでもよいですw

あとジャッキー映画はやたらと美人が多い!
今回の姫と印度美女もやばかったです。
いい役だよなぁジャッキー。笑

将軍の最期の戦いのシーンは本当にすごかったです。
一人で敵をばっさばっさなぎ倒して、
死体の山の頂上でヨロヨロしながらも前を見つめるあの目。
すごい、としか言えません。
やはりジャッキーか!ジャッキーだ!!

まぁあのCGはやりすぎかなぁと思いますけどね笑
あのCGがやたら酷いのは仕様なのか金がないのか。
まぁ…いっか…笑

とにかくあの胸板と二の腕に惚れました。抱きつきたいw

あと最後のNG集がいつもお茶目で好きですw

そうそう、それと転換の上手い映画は観ていて嬉しくなりますね。
場面転換の発想が非常に素敵でした。全体的に。

2006/03/22 PM 10:54:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [映画マ行]

missing pages
我らがCHAGE兄監督作品。
観たのだいぶ前だけどレポ書くの忘れてたぁ。

まああれだよ、
あーアーティスト監督作品だねぇ
ってかんじ。

画面も綺麗だし、写真を撮ってパラパラ漫画みたいにするって
発想も面白いとは思うけど、
やっぱり動きが少なくてエヴァのアニメみたい。
どうせやるならもっと徹底するか、
普通に映像として撮ってほしかった。

話もよくわからないというか、
あそこでタイムマシンの製作をやめてしまったら
味方の人たちが未来に帰ったときにニートになってるっていうか
むしろ帰れないんじゃ?いいのか?w
あの話で30分以内に収めるのは無理でしょう。
てか弟役のCHAGEちゃんが妙に目立っててうけたよwww

とりあえず最後のショボすぎる爆発CGをどうにか。お願いします。

所詮トランスミッションと同レベル、ということで。
ファンしか買わないでしょう。(←買ったファン

2006/02/07 AM 02:07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | [映画マ行]

マスクオブゾロ
あんま期待してなかったんだけど
いやぁかっこいいね!w
単細胞で申し訳ないのですが、
やっぱりアクションの派手な映画は燃えます!
わざわざ馬二頭にまたがる意味ないやん!
とか、ダイナマイトあるんだから火つけたらだめじゃん!
とか色々と思うのですが、う〜ん、映画だしいいか…笑
基本的に暗い映画が好きなんですが、
たまにはこういう単純勧善懲悪モノも良し。
ジャッキーは警官バンバン死ぬので違いますw
新香港国際警察はめちゃめちゃエグかったなぁ。
あれもまた良し。これもまた良し。
なんでも良し?というわけではないですが。

まぁ気持ちよく見られました。
でもレジェンドオブ〜を観る気になるほどではない、かな。
テレビでお金を払わず観るんだったら観なくっちゃ程度でしょう。
レンタルでもまぁいいか、くらい。
レジェンドオブ〜もレンタル出たら観ようっと。

欲を言うならばゾロ、白シャツ着てくれないかな…(超個人的
あ、いや、でも黒であのくらい前あいてるのもセクシーでいいか…
でもたまには白も…う〜ん、どっちでもいいや…w

てかあの初代ゾロってハンニバルの人?w

2006/01/26 AM 02:42:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | [映画マ行]

モンスターインザロウ
やー、普段コメディ、それもラブコメなんて観ないんですけどね、
飛行機ん中でやっててジェニロペも出てたので観てみたら
面白いんだーこれが。笑
海外でも嫁姑戦争ってあるんですねぇ。結婚したくないなぁ。笑
ストーリーはお金持ちのママンが
息子の結婚相手がフリーターだって聞いて
ムキーッ、ってなって嫌がらせしまくる話。
だんだん嫁も気付いてお互いにムキムキーッ。
いやー、面白いだぁ。笑
メインの人物よりも、微妙な脇役が素敵。
とくにママンのアシスタントのルビーと、
ジェニロペの男友達(名前忘れたw)
ルビーまじイカしてます。

しかしなんだかラストあっさり和解しすぎたような…??笑
ここまでドタバタ来たんだから、
ラストもドタバタして欲しかったですねぇ笑

それにしてもジェニファーロペスはすごい身体してますねぇ(エロ親父
ちょっと首太い?けど羨ましい限りです。笑

まぁラブコメもなかなか面白いもんだねー、ということで。笑

2005/09/04 PM 10:22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | [映画マ行]

MAY
すごくスタイリッシュなサイコムービー、という印象。
ホラーの棚にあったけど、ホラー、じゃないと、思う。
ホラーよりずっとリアリティがあって、悲しくて、
だからたぶんサイコって言ったほうが近いと思う。
公式サイトにはセンチメンタルキラームービーって
書いてあったけどよぅわからん笑
ていうか本当はこれ、最強の、ラブストーリーなんじゃないのか。

なんか絵が素敵で、よく考えればとってもグロいのに、
画面が綺麗だからあまりグロく見えませんでした。
なんかオシャレ。ミニシアター系なのかなぁ?
こぼれたミルクに血が混ざるあたりほんと綺麗で感心。
あぁ、画面の雰囲気としては『SAW』に近いかなー…
あんな感じです。あれに美人さんが加わった感じ。笑
アンジェラ・ベティスの演技は本当にすごかったです。

と。
冷静な話はここまでしかできそにないです。あぁ。
あまりにメイと自分が似てたから冷静に映画観ることができませんでした。
アダムに対するメイの感情、っていうのかな。
とりあえず前半部は、普通の恋愛感情なんですが、
わかる。わかるよ。
手、いいよなぁ笑
まぁ手フェチは今さらどうでもよいんですけども、
…あ、でも結局は手フェチか…全ての行動は手フェチか…
えぇ、手フェチですとも。どうせね。爆
まぁ、じゃあ前半は手フェチっていう共通項に感情移入、
という結論に達してしまったわけですが、
でもアレなんだよ。その、手に触れる仕草?みたいなの?
あぁ、それやりたいよなぁ!やりてぇんだよ!みたいな笑
思考回路が似てるんでしょうねぇ。
で、だんだんメイはおかしくなってくるわけですが…
つまり。
私もやりたいことを、理性で抑えるか、抑えないか、の違いであって、
だからやりたいんだってば。笑
強い、強い、相手を傷つけるくらいの、キスとか。
やりたいけどできないことをメイがやってくれた感じですよね。
私の欲望の部分みたいなのが。
あ、いえ、あくまでアダムに対してだけで同性愛に染まるつもりはないのでご安心を。笑
でもやっぱ友達に対する嫉妬心、みたいなのはなんかわかるかなぁ。
「私が一番の親友って言ったけど、あなたには他にも友達がいるんだもんね」
みたいな、そういう感情。
誰でも多かれ少なかれある感情だとは思いますが、
たぶん私は人一倍そういうのが強い人間だから。
だけど、人の心なんて動くのが当たり前で、縛ったりできないもので、
だから、絶対に自分だけを見てくれる友達を、自分で作ることにする。
大好きな人たちの、大好きなパーツを集めて。
明らかに異常な感情なんだけど、
なんか理解できちゃった…笑
あぁもう引けよ。危ないやつだよどうせ。笑
自分だけ見て、自分だけ愛して欲しいの。一生。
人間にはできないことだけれども。
で、その友達は完成するけれども、もちろん自分を見てくれるわけもない。
ここ泣いたよ。笑
「私を見てよ!」ってわんわん泣くメイに感情移入して、
ぼろっぼろ泣いてました。なんでやねん。
そしてメイは自分の目を抉って、その友達に捧げるんだ。
友達に寄り添って、静かにメイは眠りに落ちて、
そのメイの頬を、大好きなアダムの手が、撫でる。
よ、よかったなぁメイ!!!
はい、感涙大放出ね。もうボロボロですよ。ほんとに。
映画でこんな泣いたの久しぶりってくらい泣きました。
なんなんだよー、この映画ー。やばいってー。

とにかく本当に悲しい話でした。
でも最後はハッピーエンド、だよね。最高のハッピーエンドだ。
よかったね、メイ。

2005/07/17 AM 12:54:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | [映画マ行]

マルホランドドライブ
なんか映画沢山観てそうな人のフリをしてかっこよく言うと難解、
正直に16歳告白してしまえばよくわからん映画でした。
前半は普通に面白かったんですが、後半青い箱に吸い込まれてから
時系列が混ざってホワワンみたいな感じで、
てかあのちっこい人なぁに?黒い人だぁれ?
結局あの三島由紀夫似の兄ちゃん(笑)が登場する意味は??
みたいな、ハテナマーク乱舞な感じでした。

うーんと、レミさんの勝手な解釈を語ります。
時系列としては後半の部分の方が前半の過去にあたって、
カミーラはダイアンに殺されているんだけど
魂だけが記憶をなくして残って、ベティに出会った。
それでベティとリタ(カミーラ)の関係は
カミーラが思うダイアンとの理想の関係みたいなやつで、
その死後の世界と現世の間みたいなとこで良い夢を見てたんだけど
ベティが頑張ってくれちゃってダイアンの名前を思い出してしまう。
ダイアンの家にあったあの死体はカミーラで、リタはそれが自分なことに気付く。
あの青い箱は死後の世界と夢を繋ぐようなもので、
夢と現世が重なりそうになってしまったから
青い箱によって死後の世界に連れ込まれた。
みたいな感じでしょうか。

うーん、わからん。笑
観る人と同じ数だけ解釈のある映画だと思います。
みんなでみてみんなで語り合うのも良いかも。笑
また時間のあるときにじっくり観たいですね。
でもまた観たいと思える映画でした。うむ。

2005/07/15 AM 01:16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [映画マ行]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫








Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp