また記事書くの遅くなったわけですが・・・・
さてさて、ぷち映画紀行も(遅いもので)もう6回目になります(オイ

今回はローレライを紹介したいと思います。
Rayオペラ座の怪人 はどうなったんだ!
ってツッコミは無しで(笑)

さてさて、ストーリーは公式サイトをご確認ください。
http://www.507.jp/index.html

今回はネタバレ結構あるかもです。ってかありありです。
ご注意を。

まずストーリー的には大変面白かったです。

主役の妻夫木聡、私は好きなんですが、
どうも毎回同じようなキャラばっか演じてるようで面白みに欠けました。
どういうイメージ皆さんはありますか?
私の中では、ちょっと融通の利かない情熱的なキャラ。
これ以外は正直見たことがないです。(売れた・人気のある作品しか見たことはありませんが・・・
要は、そのキャラに飽きました。
次回は、イメージを覆すよう演じて欲しいです^^;
それとも、そういう役回りばかり仕事が来るのかな・・・(・・?

CGに関しては、もともと期待してなかったので問題無しです。

ラストが何ていうか・・・・私の一番嫌いなパターンでした。
俗に言うのかどうか知りませんが、回想オチってやつです。
回想オチや夢オチは、今まで築いてきたものが全て虚構と化すような気がするので・・・・
効果的に用いているとは、お世辞にも言えませんでした;;

点数(10点満点)


今回は結構毒吐いてた感がありますが、
ラスト抜きなら7点はあったんじゃないかと思います。
そういう終わり方が気にならない人にはお勧めですよ♪


次回は何だろう・・・・
空いた頃に『Ray』でも見ようかしら・・