リアルって面白いよね?
ぷっちーはあんまりマンガは読まないんですけど、
昔から井上雄彦のマンガはずっと買い続けてます。

昨日やっとリアル4巻を買いました(遅
読み終わって思ったことが、
「やっぱ井上雄彦は人間の描写が上手いや〜」
ってこと。
何か説明しづらいけど、まぁ読んで味噌って感じ。
スラムダンクには負けず劣らず面白いと個人的に思います。

ただ唯一の悩みは、発行間隔・・・・
せめて1年に2冊は出して欲しい・・・(←自分勝手
やっと出た〜(涙)
秋の香りもしてきた今日この頃です。
そこで無理やり『読書の秋』と絡めて話を一つ。

私の趣味の一つに読書があるんですけれども、
小学生の頃から変わらず好きなジャンルがあります。
それは、
『本格推理物』です。
江戸川乱歩、横溝正史、アガサ・クリスティ、コナン・ドイル、エラリィ・クイーン等が有名どこですね。
まぁ、漫画で例えるならば、
「名探偵コナン」や「金田一少年の事件簿」みたいな感覚で捉えて頂ければ結構です。
しかし、本格推理物は時代遅れや、あくまで机上の空論など、非難もあった為、それを書こうという作家さんはどんどん減って行きました。
その流れが変わったのが、80年代後半。
綾辻行人の登場です。
彼を筆頭に、法月綸太郎、我孫子武丸、歌野晶午などが登場し、
『新本格』と呼ばれるようになります。
我孫子武丸は、ゲームソフト「かまいたちの夜」で知ってる方もいるんじゃないかな?
それからは、色々な作家が本格物を書いています。
宮部みゆき、乙一、京極夏彦などはご存知の方も多いはずです^^
(この方達は他のジャンルも沢山書いているけど)

ちょっと話が逸れ気味なので元に戻すと、
私は綾辻行人『館』シリーズが好きなんです^^
まぁ、奇妙な館でどんどん殺人が起きるといった感じです。
そのシリーズの最新作を見たのは1992年・・・・
そして、ようやく・・・・長かった・・・・
12年ぶりに最新作が出たんです。
『暗黒館の殺人(上・下)』
ノベルズなので、上下巻3000円と少し高いと感じつつも、即行レジへ(笑)
上下併せて1200ページ位ありますが、感慨深くゆっくりと読むことにします。

本格は、蓼食う虫も好き好きと言いましょうか・・・
ほんと好みが分かれるとこなので、誰にでも薦められるというわけではありませんが、結末に「あっ!」と驚きたい方には良いかと思います。
≪ 前の30件| 次の30件 ≫
2017 - October
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
カテゴリー
最新記事
過去記事
リンク
Profile
名前ぷっちー
地域奈良
【私の生き方】
好奇心を持って広く浅く

【HNの由来】
今では心の傷なので申し上げられません。

【PC歴】
11年

【ネット歴】
4年

【趣味】
読書(主にミステリー)
スキー(スノボは無理よ)
ギター(アコースティック)
カラオケ
映画鑑賞
バスケ
温泉入浴
旅行
パソコン関係
釣り
その他色々

【好きな歌手】
The Beatles
Mr.Children
スピッツ