8月〜10月の出来事
今日は平成19年1月18日。
8月からHPを更新する時間が取れなくて
今日ようやくようやくその時間が取れました(汗)
かいつまんで8月〜10月の3ヶ月間の近況報告をします。

(8月)
我が子の為に仕事は一切入れていなかったので
子どもの取り組んでいるスポ−ツのサポ−トに徹していました。

まず娘は関東大会を目指すべく朝から晩まで部活に打ち込んでいました。
かなりの量の氷やアクエリを持たせてもすぐになくなるので
親がちょこちょこ学校に出向き、氷とアクエリの補充をしてました。
他チ−ムを招いて練習試合をした時は両校併せて100名近い生徒がいたので、
3時間で90袋分のアクエリを作るという珍しい経験もしました。(空いているペットボトルにアクエリの粉を入れて水を2リットル入れてシェイクして出来上がり♪)

息子は相変わらずのサッカ−三昧。
チ−ムの練習に加えて毎日サッカ−スク−ルに通い、
朝練も毎日欠かさないという力の入れよう。
さぞかし上手になったかと思いきや。。。
足自慢の息子が走れなくなるというこれまた珍しい経験をしました。
短い距離でも走ると辛そうな顔をし、走るフォ−ムはもがいている感じ。

最初は『真面目にやっていないのでは。。。』とか、
『サッカ−が精神的に辛いのではないか。。。』とか
『貧血で走れないのでは。。。』と色々考えをめぐらせました。
がチ−ムの中に、ある年代の日本代表監督をしているお父さんがいて
「体重が増えたんじゃない?その重さに子どもが慣れるまで
走れなくなるのはよくあることだよ。」と言われ子どもに聞くと
確かに夏休みの間に3キロ増えていました。
体つきはほそ-いままなのできっと筋肉量が増えたのだと思います。
夏休み中に行われたいくつかの大きな大会の1つである清水カップ(6日間の遠征)でも思うように走れなくて活躍出来ず。。。
(せっかく私も自分の運転で日帰り4日連続で応援しに行ったのに〜)
結局速く走れないのはこの先半年近く続いたのでした。。

今迄の私なら『速く走れないなら一緒に走る練習をしよう!』とすぐ思うのにこの夏は違いました。
息子のサッカ−の不出来に半分諦めの気持ちがあったのが1つと
手を差し伸べられることを嫌がり親離れしたい息子と
もうすぐ中学生になる息子のために口を出さず見守ろう考え始めていた私の気持ちが合致したのだと思います。

私は常々、自分の子育ての中で、『見守る』という姿勢が一番私に欠けていると思っていました。
だってあれこれおせっかいを焼いた方が私にとっては楽なことだから。。。
でも上記のような理由でこの夏休みは最後まで見守る姿勢を貫きました。
これは私にとっても子どもにとってもプラスになったと感じています。

主人も仕事が忙しく、子ども達も練習OFFの日が重ならなかったので、家族でどこかに出掛けることもなく夏休みが過ぎていったのでした。
(子どもが小さい頃家族で様々な場所に出掛けていたのが懐かしい。。。)
子どものことでバタバタしていましたが、個人的には夏休みに凝っていたことが1つあります。
それはパン作り。
と言っても機械に材料を入れれば、こねるのも発酵も焼くのも全部勝手にやってくれるのですっごく便利。しかもかなり美味しいのです!パン焼き機、いいですよ〜。

(9月)
いよいよ仕事も再開。夏休み最終日に仕事に備えて爪を切る瞬間、現実に引き戻される。
2学期は運動会、ハロウィン、クリスマス会と大きな行事が目白押し。
例年、一息つく間もないほどこれらの準備に追われます。

娘の方は関東大会を目指して練習が午後9時になることもあり、
親がお迎えに行く決まりになっていたので私も必死にサポ−トしました。
それに加え土日・祭日は子ども達の公式戦が続き、私も見たくてつい朝から応援に行き一日を潰してしまいました。

他には義母が体調を崩したので病院の送迎、付き添いもしました。肺に影があると言われ別の病院にも行ってみたのですが、それは誤診だと分かりホッとしたのですが。。。
息子の週5回もあるサッカ−スク−ルも送迎。
娘の部活にはご縁あって元プロテニスプレイヤ−がご指導に来て下さることになったのでそのコ−チも駅からコ−トまで送迎して。こうして文字にすると私は絶えず誰かを送迎しています(苦笑)

そうそう、8月、中2の娘が行きたい高校名を口にし始めました。
理由を聞くと娘らしい愉快な理由が続き、その話を聞いて直感的に娘に合う学校だと思えました。
9月某日、早速その高校の説明会に夫婦で出席しました。
学校自体は好印象だったけれど、
その高校を狙うならもう少し勉強を頑張らないといけないことだけははっきり分かりました(苦笑)
娘にとっては高いハ−ドルかもしれないけれど
目標も定まったことだし頑張ってもらうしかないよね。

(10月)
10月も教室のクリスマス会の準備、子ども達のテニスとサッカ−のあれこれの2本立てで日々を慌しく過ごしました。
それに加え私も週1でテニスを習い始め、
あっという間にはまってしまいました。
習い始めた理由は。。。
あんまり楽しそうに部活に打ち込んでいる娘を見て
私もやりたくなったのと
息子が4月に中学に入り、サッカ−が親掛かりではなくなる→
土日に時間が出来る→テニスが趣味である主人と一緒にテニスが出来たら。。。と思い始めることにしました。

テニスって楽しいけれど、実際にやってみるとなかなか難しい!
自分の思い通りにもいかないし。
この夏休みに娘のテニスを散々見たのでイメ−ジだけはあるのだけれどプレ−にはつながらない。
実際、7人いるクラスの中で一番注意を受けるのも私。
う〜、運動だけは得意のつもりでいたのに、なんとも情けない限りだわ。

息子は移動教室、サッカ−都大会、学芸会と小学校最後の行事を精一杯頑張りました。

娘も午後9時までの練習が続く中、中間、合唱コンク−ル、持久走大会とよく頑張りました。
そしてそして。。。念願だった関東の切符を遂に手に入れました!
市の予選からコツコツ頑張ってよくここまで辿り着いたと思います。
そして顧問の先生にはいくら御礼を言っても言い足りません。
先生、本当にどうもありがとうございました。
関東大会でも良い結果が残せるように親として全力でサポ−トしますので今後共宜しくお願いします!
母校(高校)陸上部OG会
現在1月19日。話は昨年春にさかのぼります。

母校陸上部のOG会が発足された旨の封書が届きました。
発足者は私より20年も30年も上の先輩。
そしてそこには住所確認の書類やら会費を振り込んで欲しい旨の文字が。。。
母校OGからというのその手紙、
信じて会費を振り込みたいところだけど
この御時世、うっかり信じると痛い目にあうかもしれない。
そう思って申し訳ないけれどそのままになっていました。

そして7月。当時部長だったYちゃんから突然電話がありました。

Y : ねぇねぇ、OGから手紙来た?
私 : 来たよ来たよ。でもあれって本物かな?
Y : 本物みたいよ。OG会の幹事から電話が何回もかかって
    きて、今年は私達の代が中心になって色々とやらなき
    ゃいけないから、OG会の集まりに出て欲しいと電話が
    あったのよ〜。でももうすぐ私は出産を控えているから
    出られないし。。はっちゃん(私の昔のニックネ−ム)
    は出られる?ちなみに8月19日なんだけど。
私 : 8月19日?無理無理。息子のサッカ−で清水に行って
    いるもの。
Y : そっか〜。分かった。私達の代は皆忙しくて無理ですと
    伝えておくよ。

というやりとりが行われました。
それなのにそれなのにお顔もお名前も存じ上げないOGから突然の電話が。。。

OG:Yさんからあなたのことを聞いてお電話させてもらった
   の。Yさんがあなたならしっかり出来る人だからって
   おっしゃったので。
私 :???????
   (ちょっとちょっと待ってよ〜。もしかしてYちゃん
    口が滑って私の名前出した?)
OG:(OG会のことをしゃべりだす。。。)
私 :本当に申し訳ないのですが、私達の代は今子育て真っ最中
   で皆忙しいので本当に無理なんです。それ以前にこの御時
   世なのでこのOG会が本物かどうかも疑っている状態で
   。。。
OG:(何か沢山お話されてたけど半年前のことなので記憶がな
    い)

結局。。。どうも本物のOG会であることが分かり、当時部長でも副部長でもなかった私が引き受けることに。。。
な〜んか腑に落ちないけれど、陸上部の仲間はまだ2〜3才の子どもを育てていて大変だから仕方ないか。。。
そう思ったものの、実際8月19日は清水に行っている。
仕方ない、試合を見たらすぐ帰ってきて午後からのOG会総会に参加するとしよう。。。

こうして8月19日清水に午前中出かけ1試合見てすぐ東京にトンボ帰り。午後母校近くの料亭に出向きました。
まだ半信半疑の私でしたが、出席してみてその考えも変わりました。

まず陸上部の先輩方は教師をなさっている方が多く、
横のつながりも縦のつながりもあったので、
教師仲間でOG会を発足させたこと、
青春時代をお世話になった母校のために
少しでも何か役立ちたかったこと
皆にこのOG会の存在を知らせても全然信じてもらえず
電話する度にイヤな態度を取られて大変だった事などを聞かされました。
(私も失礼な態度をとったその1人なんだけど。苦笑)

食事を囲んでの3時間、先輩方から沢山の人生勉強になるようなお話を伺い、そして20才近く若い後輩OGとも話をして
結局出席して本当に良かったと思えたのでした。
高校時代を共にした方ではないのに、同じ高校の部活の先輩後輩だというだけで親近感が湧き、話に花が咲くのですから本当に不思議なご縁です。

そして今日午前、その総会で決まったことをプリント(資料作りも印刷も結局先輩OGがやって下さった)したものを製本して発送する準備をする日でした。
午後から息子のサッカ−があり、あきるの市まで行かなくてはいけなかったので欠席したいところでしたが、私が出ないと私の代から誰も出ないことになるのは先輩に申し訳ないので朝7時に埼玉へ出発、製本、発送準備を終わらせた後、あきるの市まで高速を飛ばして行ったのでした。
今日一日有意義な時を過ごせたのだけど、自分に「今日1日お疲れ様」とちょっと言いたい気分です(笑)


   
2006 - October
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
Profile
名前MAYUMI
星座山羊座
最新記事
過去記事
カテゴリー