昨日、息子のクラスの女の子から電話がありました。

女の子「○○くん(息子のこと)いますか?」
私  「サッカ−に出かけていますけど、何か伝えることはありますか?」
女の子「いいえ、いいです。」
私  「帰ってきたら電話させましょうか?」
女の子「いいえ、いいです。(電話の向こうには女の子のお友達がざわついていた)」

電話を切ると、中間テスト中で早く帰宅していた娘と目が合った。

『きっと娘は私と同じことを考えてる!』

「ねぇねぇお母さん、告白じゃないの?」と娘が顔を赤らめて興奮しながら言って来た。
「えっ?そうかな?やっぱりそう思う?」と親バカな私。
そしてその後も電話をかけてきた女の子はどういう子かしらと娘と盛り上がっていました。

息子が帰宅後、電話があったことを伝え、「どうしてかかってきたんだろうね?」と含みを持たせて聞くと

息子「う〜ん、何か気に障ることしたかな。。。」
娘 「違うよ!絶対告白だよ!イヤ〜、告白なんて初めてだね〜。(また1人で興奮してる)電話しなよ〜、私も気になるしさっ。(それって自分の為じゃない!と言いつつそうして欲しい自分もいたりして。)」
息子「いいよ、明日学校で聞くから。文句だったらイヤだしさ。」
娘 「え〜、今電話しなよ〜。(あくまでも告白だと信じてる娘)

そんなやり取りが延々と続いたけれど結局電話をしないで今日に持ち越された。

息子帰宅後。。。

私 「告白だった?(親バカな私はまだ告白だと思っている)」
息子「何だと思う?(何かありそうな顔)」
私 「告白だったのね!!!」
息子「違うよ(笑)国語のワ−クを俺のを持って帰ちゃったという話だったよ。」
私 「えっ?国語のワ−ク。。。???」
息子「告白の訳ないよ〜(笑)」
私 「。。。。。。」

こうして告白騒ぎは幕を下ろしたのでした。
娘ががっかりしたのは言う間でもありません(爆)