運動会中止
運動会が雨の為中止になりました。
中止になったのは仕方ないけれど
午前2時半から10人分のお弁当を作った私は報われません。

何回見ても天気予報は一日雨だったけれど
5時半ぐらいまで外は明るかったので開催されることを信じてお弁当を作りました。

そして開催を決定する7時、とうとう雨が降ってきました。
それでもまだもしかしたらやるかも。。。と考えてお弁当を詰めていました。

でもやっぱり運動会は中止。(雨が降っているのだから当然なんだけど。。。)

せっかく作ったので義父母達を家に呼んで食べてもらいました。
近所に住んでいるのに私がいつも忙しくしているので
我が家に来る機会が殆んどない義父母は大変喜んでくれました。

お陰様でこの機会に家も片付いたし、食事も喜んでもらえたし
これで2時半から作っていた甲斐があったというものです。
(お弁当メニュ−→おにぎり・エビフライ・サ−モンフライ・唐揚げ・ロ−ストポ−ク・厚焼き玉子・筑前煮・きゅうりとかぶのぬかづけ・サラダ・酢の物・スイカとアメリカンチェリ−)
こうして文字にすると沢山作りすぎたわね〜。
今度運動会が行われる時には何を作ればいいかしら。。。う〜ん、悩む!!!

午後は溜まっている用事を済ませました。
思いがけず時間が出来たのは雨の功名だわね。
夕方からは用事があって近くまで来ていた妹夫婦が
我が家に立ち寄ったので一緒に食事をしました。
メニュ−はギョ−ザと唐揚げ(また!)
息子が「もう揚げ物はいらない。。。」と一言ボソっと言っていましたが、
心配御無用!明日からまた質素な食事に戻すから(笑)
渡しました
水曜日に作ったファイルを渡しました。

日頃お世話になっているその方からは
「わあ〜すごい!!!完璧だね!秘書にもなれるよ!」と喜んで頂きました。

そうそう何を隠そう、私は独身時代、証券会社の役員秘書でした。
そして今回頼まれたような仕事を沢山していました。
おまけに時間がないと言いながらも仕事が根っから好きでもあります。
仕事をして喜んでもらえる、その感覚が忘れられないのです。
色々あった5月
今月は良い事悪い事含めて色々なことが起きてその対応に追われている。

そんな慌しい日々の中、お世話になっている年上の方から
ある仕事を頼まれた。
時間がないのでどうしようかと思ったけれど、私に出来ることなら。。。と思い引き受けた。

そして昨日、今日と家にこもってその仕事をした。
後から見た時に分かりやすいようにファイルを4つ作り
頼まれた仕事はやり遂げることが出来た。

出来上がったファイルを子どもに見せると「すご〜い!」。
主人に見せると「すごいけど、どうしてそれをママがやってるの?」と冷静な言葉。

そう言われれば返す言葉がないのだけど
お世話になっているから恩返しの気持ちよ!

そのファイルを渡すのは金曜日。喜んでもらえるかな〜。
ディズニ−シ−へ
今日は娘の部活も息子のサッカ−もOFF。

ということで子ども達の行きたがっていたディズニ−シ−に2年振りに家族で出掛けました。

車に乗り込むと私が用意していなかったビデオカメラがそこにはありました。
「あれ?ビデオどうしたの?」と言うと
「(娘が中2なので)もう家族で来るのは最後かと思ってビデオを撮ろうと思ったんだ。」と主人。

実は私も家族で来るのは最後だろうと思っていたので主人の言葉にビックリしました。

中2というとお友達同士で行動したい年頃だし、
実際にディズニ−シ−に到着すると
中学生で親と行動を共にしている子には出くわさない。
でも娘はそんな親の心配をよそに、主人とも楽しげに2人で歩いている。
主人は喜んでいるけれど、このままの娘でいて欲しいような、もっと成長して欲しいような複雑な気分。でもそれは無い物ねだりだね。

ディズニ−シ−のお薦めは『ミスティックリズム』というショ−。
水をふんだんに使い、その中で繰り広げられる激しいダンスや空中パフォ−マンス、
炎や霧などの特殊効果、それらを盛り上げる生演奏等、
ディズニ−シ−でこんなにすごいパフォ−マンスが観る事が出来るなんて心底驚きました。
あまりの感動に終わった直後にまた列に並んで最前列でもう一度そのショ−を観ました。
ディズニ−シ−に行ったら是非足を運んでもらいたいショ−です。

反対に2年前には恐らく無かった『レイジングスピリッツ(360度回転するル−プコ−スタ−)』というアトラクションでは酔ってしまい参りました!
もともとジェットコ−スタ−のように頂上から下る瞬間のフワっとした感覚が苦手だった私ですが、
寝不足も手伝い完全にフラフラ。
子ども達はかなり面白かったらしくその後も2回も乗っていました。

開園と同時に入り閉演までいたのでアトラクションは全部制覇し楽しい思い出が出来ました。
帰りの車中で主人は、「今度はクリスマスの時期にディズニ−ランドに行こう!」と一生懸命娘を誘っていました(笑)
飲み会!
息子のチ−ムが無事都大会出場を決め、
祝勝会という名の飲み会が行われました。

一筋縄ではいかなかった今回の地区予選だっただけに
都大会出場が決定して本当に良かった〜。
来月行われる都大会は全国大会と関東大会の切符をかけて
熱戦が繰り広げられることでしょう。
その結果をあれこれ想像(妄想?)するだけで楽しめてしまう単純な私です(笑)


告白?!
昨日、息子のクラスの女の子から電話がありました。

女の子「○○くん(息子のこと)いますか?」
私  「サッカ−に出かけていますけど、何か伝えることはありますか?」
女の子「いいえ、いいです。」
私  「帰ってきたら電話させましょうか?」
女の子「いいえ、いいです。(電話の向こうには女の子のお友達がざわついていた)」

電話を切ると、中間テスト中で早く帰宅していた娘と目が合った。

『きっと娘は私と同じことを考えてる!』

「ねぇねぇお母さん、告白じゃないの?」と娘が顔を赤らめて興奮しながら言って来た。
「えっ?そうかな?やっぱりそう思う?」と親バカな私。
そしてその後も電話をかけてきた女の子はどういう子かしらと娘と盛り上がっていました。

息子が帰宅後、電話があったことを伝え、「どうしてかかってきたんだろうね?」と含みを持たせて聞くと

息子「う〜ん、何か気に障ることしたかな。。。」
娘 「違うよ!絶対告白だよ!イヤ〜、告白なんて初めてだね〜。(また1人で興奮してる)電話しなよ〜、私も気になるしさっ。(それって自分の為じゃない!と言いつつそうして欲しい自分もいたりして。)」
息子「いいよ、明日学校で聞くから。文句だったらイヤだしさ。」
娘 「え〜、今電話しなよ〜。(あくまでも告白だと信じてる娘)

そんなやり取りが延々と続いたけれど結局電話をしないで今日に持ち越された。

息子帰宅後。。。

私 「告白だった?(親バカな私はまだ告白だと思っている)」
息子「何だと思う?(何かありそうな顔)」
私 「告白だったのね!!!」
息子「違うよ(笑)国語のワ−クを俺のを持って帰ちゃったという話だったよ。」
私 「えっ?国語のワ−ク。。。???」
息子「告白の訳ないよ〜(笑)」
私 「。。。。。。」

こうして告白騒ぎは幕を下ろしたのでした。
娘ががっかりしたのは言う間でもありません(爆)



 
自転車が壊れた。でも直った
親子教室の大きな荷物(5つ)を自転車の荷台に載せ、
右手には傘を持って(持っていただけ。さしてはいない)、自転車を引いて歩いていました。

この傘、いつの間にか傘を畳む時に使う巻く紐が取れていて
たためずにいました。(コンパクトに出来なかっただけで開いた状態ではないです。)

『荷物も多いし、傘もたためないしで何か起こらなきゃいいのだけど。。。』と思った瞬間、
傘が自転車の車輪に絡まり
あっという間に、そして簡単に自転車の前方がグニャっと曲がってしまったのです。

『まっ、まずい!自転車が動かない!
荷物は多いし、自転車を直したくても自転車屋さんまで遠い。
どうしよう。。。』

と困っているところに、見知らぬ女性2人(50歳くらい?)が通りかかりました。
「あら〜、すごいことになってるわね〜。」
私「傘が絡まってしまって。。。」
女性2人「車輪が動かないからここを蹴って元に戻したら。」
等とアドバイスをして下さいました。
その後、女性2人が自転車を支えて私が自転車のへっこんでしまった部分を蹴って直すという荒治療?を5分ほどすると
なんとグニャっとなっていた自転車がほぼ元に戻り
こげるまでになったのです。

丁重にお礼を言い、お礼をしたいので連絡先を聞くと
「いいのよ、いいのよ〜、気を付けて帰るのよ〜。」と言い残して去ってしまいました。

この殺伐としたご時世の中、まだまだこういう親切な方がいるのですね。
この場を借りて本当にどうもありがとうございました。
本当に助かりました。
検査
退院後の経過を見るために血液と尿検査をしてきました。

3月に行った時には問題は見つからずホッと胸をなでおろしましたが、
今回は毎日の生活が入院前と同じようにハ−ドな日々になっていたのと
3週間前から少し気になる症状が出ていたこともあり
悪い結果も想定していました。
そしてもし本当に悪い結果が出たら
今、自分が抱えている諸々のことをどうしようか等
思いを巡らせながら結果が出るのを待ちました。

結果は。。。

3月よりも更に良い結果になっていました。
とりあえずホッと一安心。

そして結果を心配をしてくれていた家族や友人達にメ−ル。
友人の1人(女医さん)から「(私が気になっていた症状に対して)きっと少しだけペ−スダウンしなさいってことだったんだよ。じっとしていられないところがあなたの魅力でもあるけれど、入院しない程度にしてね。」と非常に有り難いメ−ルをもらいました。
自分の体調に自信が持てなくて不安だっただけに、その友人や他の友人から頂いたメ−ルや言葉が胸に染みました。

入院中はもう二度とこんな思いをしたくないと強く思ったのに
2ヶ月も経つとその気持ちを忘れて体調管理が出来ない私。
本当に学習能力がなくてお恥ずかしい限りです。
悲しい知らせ
友人Yさんのお母様が1ヶ月前にお亡くなりになったと友人Fさんから連絡を受けた。

実は今年1月にYさんのお母様にはお目に掛かっていた。
体調を崩されていると伺ってはいたものの
顔色も悪くなかったので安心していたのだけど。。。

そして今日、Fさんと一緒にYさんのお宅にご焼香に上がらせて頂きました。
Yさんはお父様もお亡くなりになっているので
何もかもをお1人でやっていらっしゃるとこのこと。
先日のYさん同様、この先お疲れが出ないと良いのだけど。。。

窮地に立たされた時、女性は強いと思う出来事がここのところ多い。
この友人Yさんは正にそんな方で尊敬している女性の1人。
そしてそんな素敵な女性に出会う度に、私もそうありたいと強く思うのです。

Yさんが付きっ切りで看病されていた事、きっと天国のお母様も感謝されていることだと思います。
謹んでご尊母様のご冥福をお祈り申し上げます。
お通夜
同じマンションにお住まいで、お習字をご一緒しているYさん(70歳)のご主人様が突然お亡くなりになり、お通夜に参列しました。

喪主を務めていらしたYさんは普段から大変気丈な方なのですが
この日もそうだったので、それが却って悲しさを誘いました。

今から思うと、父の葬儀の時も母は気丈だったな。。。
当時高校3年だった私は大声で泣いていたみたいだけど。
(後から妹に聞かされた)
葬儀や親戚がいる間は気が張っているのだけど
納骨後に家族だけになった時悲しさが増したっけ。。。

Yさんも今後、お疲れが出ませんように。
ご主人様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
アイスエイジ2
日中サッカ−の後、夕方から『アイスエイジ2』を観に行きました。
ここのところ毎日ハ−ドなのでお疲れ気味。。。

と思ったらやっぱり夢の中へ(苦笑)

娘曰く物語の一番良いところで寝ていたそうです。
起こしても全然起きなかったそうだし(苦笑)

今度は疲れていない時に映画を観ることにします。
劇団プ−ク&バ−ベキュ−
友人Fさんのご紹介で、午前中に劇団プ−クの人形劇を観に行きました。
演目は「ねずみくんのチョッキ」と「うさぎの学校」。
特に「ねずみくんのチョッキ」は有名な絵本が題材だし
どんな風に演じられるのかとても楽しみでしたが
作品は期待以上の出来栄え!
職種は違えど、何かを提供する側という面では同じ立場の私は
考え抜かれた演出に関心させられることばかりでした。
又、その演出に花を添えているのが定員100余名のプ−クの劇場。
(JR新宿徒歩7分)
2階席もあって子どもにはワクワクする空間となっているようです。

帰りにFさんのご紹介で劇団の主宰者の方とお話する機会があり、色々な話を伺うことが出来ました。
観劇の最中、頭の中に浮かんだのは『親子教室の皆を連れてきたい!』ということ。
その為の手続きや費用などかなり細かい事までお話させて頂きました。
ご紹介して下さったFさん、劇団プ−クの皆さん、今日はどうもありがとうございました。
楽しかったのは勿論、親子で感動を共有することは普段そうはないことなので
機会があれば皆にも足を運んで頂きたいなと思いました。
きっとかわいい人形や演出に大人も子どもも心が癒されます。

今日は気付いたら5月5日のこどもの日。
ゴ−ルデンウィ−ク中サッカ−三昧だった息子も今日だけは唯一のお休み。
娘も珍しく部活がないと言うので
午後はコスモスと彼岸花で有名な巾着田で妹夫婦とバ−ベキュ−をしました。
私は新宿から巾着田に直行。
新宿に行く前にバ−ベキュ−の用意を全て終えてきたので
その荷物を持って家族と妹夫婦は車で現地に向かい落ち合うことにしました。

妹夫婦がダッチオ−ブンを購入し、それを使って作るお料理はとても美味しいと聞いていたので、今日はどんなお料理が出てくるのか楽しみでした。
そのメニュ−は。。。

・エビピラフ(お米から炊き上げたピラフは美味しかった〜)

・唐揚げ(ダッチオ−ブンを使って揚げた唐揚げは外はこんがり中は柔らかくてジュ−シ−)
・ブイヤ−ベ−ス(写真がそうです。サフランを入れ、魚介類もふんだんに使ったので味の濃厚なス−プでした)

・ビ−フシチュ−(もうお腹が一杯。。。)

・お雑煮(小豆を煮るところから始まって、網で焼いたお餅を入れていました。息子が小豆だけでも美味しいと、抱えて食べていました)

これらを食べる前に私の用意したお肉を散々食べていたので
もうお腹がはちきれそうでした!

バ−ベキュ−をする時には、また妹夫婦を呼ぼうっと(笑)
ちなみにダッチオ−ブンの手入れは大変らしいです。
2006 - May
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
Profile
名前MAYUMI
星座山羊座
最新記事
過去記事
カテゴリー