母と妹が我が家へ遊びに来ました。
正確に言うと母は遊びに来たというよりは
私の体調が心配で顔を見に来たのだと思います。

食事はきちんと食べているのか、睡眠はきちんと取っているのか、教室はいつから始まるのか等々、3○才のいい年した私に
まるで小学生の子どもに対して話しているかのように質問攻めをする母。
「はいはい、食べてるし作ってます。」
「はいはい、早く寝ています。」
「はいはい、4月の中旬からです。」
とその場をしのいだ私。心配してくれるのはよ〜く分かるけれど
電話でも何回も同じ質問されているしな〜(苦笑)
まぁ、いくつになっても子どもは子どもなんでしょう。
心配してくれる人がいることに感謝の気持ちを持たなくていけないですね。