朝7時。ピンポ−ンと玄関が鳴った。
開けてみるとご近所の方。そして手には恵方巻き。
「作ったのよ〜。出掛ける前に食べてもらおうと思って。」
と有りがた〜いお言葉。
既に朝食は済ませていたけれど、南南東を向いて美味しく頂きました。
恵方巻きっていつから節分に食べるようになったのかしら?
お恥ずかしいことに昨日テレビで恵方巻きを紹介する番組を見るまでその存在を知らなかった。

節分だから鬼が来たわけではないのでしょうが、
昨日から主人がダウン。
熱があるから早く帰るとメ−ルが来たけれど
きっと37度ちょっとに違いないと予想していたらやっぱりその通りだった(苦笑)
男の人ってどうして熱があると分かった瞬間から
あんなに具合が悪くなってしまうのかしら???

そして息子。昨日のサッカ−スク−ルの時から
歩く度に左の膝がカクカクと鳴って痛さでまともにサッカ−が出来ませんでした。
長引いてはいけないと思い今日病院へ。
すると「お母さん、なんともないですよ。お子さんは一人っ子ですか?」
とまるで過保護だと言わんばかりのお言葉。
普段泣き言を言わない子どもが痛いと言っていたら
親だったら心配するわよ!と思いつつ、
「姉がいます。」と息子が返事をしているのを静かに聞いていました。
(でも先生のおっしゃる通り、それっきり痛がらなくなった。苦笑)

これでもううちの鬼は出て行ってくれたかしら?